立花孝志 ホームページ。 手越祐也と「ゆづか姫」出したい 立花孝志氏が衆院選に向け力説

【顔画像】立花孝志の家族は離婚した嫁・子供2人で娘は父親に激似!

立花孝志 ホームページ

新藤氏はアベノマスクをブラジャー代わりにしたポスターを作成し、ネット上で批判にさらされ、涙ながらにブラ部分の修正を余儀なくされる騒動にもなった。 「選挙をオモチャにしている」「当選する気がないのに出るな」などとバッシングされたが、立花氏や新藤氏にとっては、無党派層や若者に少しでも政治に興味を持ってもらうための売名行為でしかない。 炎上商法ともいえる今回の選挙戦で、ホリエモン新党のホームページへのアクセスは20倍に跳ね上がり、「ゆづか姫」の検索は大手検索サイトのランキングトップ5にも入り、お釣りが来るほどの広告効果があった。 立花氏は都知事選で6位に沈んだが、既に視線は次の衆院選や2年後の参院選へ向けられ「ゆづか姫はもちろん衆院選にも出すし、 なんとか手越くんを説得したい」と話す。 以前からジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也をホリエモン新党の目玉候補として迎え入れたい意向を明かしていたが、既に手越本人と面会できるよう親交の深い堀江氏や周辺に打診しているのだ。 ジャニーズを敵に回した手越は今後、以前のようにテレビ出演するのは至難の業だ。 そこで立花氏が提案するのが国会議員になるプランだ。 「 僕みたいに当選して、すぐ議員を辞めてもらってもいい。 今後の手越くんの活動を考えた時に『元国会議員』の肩書があった方が絶対に動きやすい」と立花氏は力説する。 新藤氏も「美男美女戦略で、なかなか美男枠の候補がいなかった。 あんなズバ抜けたイケメンが来てくれれば、うれしい。 [東スポ] [スポンサーリンク] 早くもYoutubeチャンネルの登録者数が100万人を突破するなど、退所直後なのに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍し始めている手越くん。 今回の都知事選を見ても分かる通り、選挙で勝つのは政治家として有能で実績のある人ではなく、どれだけ有名か、どれだけパフォーマンスが上手か、という点で優れている人であることは明らかですからね。 もしも手越くんが出馬すれば、ステイホーム破りの過去など関係なく当選することは確実でしょう。 過去には何の実績もない知識ゼロの元タレントがたくさん国会議員になっていますし、手越くんが「オレだって政治家くらいできるっしょ」と考える可能性は高いです。 立花さんはホリエモンとも仲良しなので、そのラインから「手越!オマエ、国会にいけ!」と言われたら「了解っス!テイッ」となるんじゃないかなあ… 記事にもある通り、国会議員という肩書きは今後の活動にプラスになりますし、黙っていても給料と経費で年間3000万円以上も貰えるし、不逮捕特権までオマケで付いてきますからね。 これはスキャンダルの宝石箱と言われる手越くんにとっては、かなりオイシイ案件でしょう。 もちろん、立花さんにとってもオイシイのは言うまでもなく、たとえ擁立に失敗しても「手越くん!ぜひウチから出て欲しい!」と騒ぎ立てるだけで、N国党の宣伝には大いに役立ちます。

次の

受信料不払い 立花孝志ひとり放送局公式HP 受信料裁判

立花孝志 ホームページ

この記事をカンタンに言うと ・埼玉県参議院補欠選挙の情報が県ホームページに掲載されていない ・立花孝志党首みずから埼玉県選挙管理委員会に電話して問い合わせ ・選管の担当者の回答とは? 立花:はい、元国会議員YouTuberがNHKをぶっ壊す、ということで令和元年の5月…10月の23日なんですけども、お昼15時6分です。 今日この後5時から浦和駅のほうで演説をするんですが、6時からは青汁王子こと三崎優太君も来てくれる予定でございます。 立花:で、え、昨日ホリエモンですこと堀江貴文さんとお話をしてですね、埼玉県のホームページにはこの選挙の事について書いてないと、ゆうことで批判したところですね、今日ですね、今日付け10月23日付でこのように新着情報ということで、27日は埼玉県のせん…参議院、埼玉県選出議員補欠選挙の投票日ですと。 立花:まあ8日前になってですね、やっとこの新着情報というのが出てきたんですが、まあ少なくともこのホームページのトップ画面のところには一切出てない…と。 えー、まあ…ねぇ、こういうここですが、ここも今出てましたね、今、今出てましたけど、変わりましたね。 この、これを押すと出てくるのか? 立花:こう、この程度ですよ。 で、しかもこれがずーっと止まってるんじゃなくて、こうやってすぐ変わるんですよね。 いやいや、なかなかすごいですねえ。 知事はこのね、大野さんという立憲民主党の、立憲民主党と国民民主党がまあ、え、で、当選、埼玉県の参議院選挙で当選して、8月1日に辞職してですね、知事になった方なんですが、 立花:ちょっとねえ、あの投票率を上げたくないんだろうなっていうのは はっきりしてるんですが、これが県選管の、埼玉県の選挙管理委員会のところなんですけども、まあ新着情報でも10月18日に補欠選挙のお知らせとかぐらいしか載ってなくて、選挙自体は10月の10日から始まってるんですけども、ちょっとまぁ、あんまりこうね、選挙自体投票率が上げたくないんじゃないかと言うことで、ちょっと埼玉県のけん…選挙管理委員会にちょっと電話してみますね。 アオキ:埼玉県選挙管理委員会のアオキです。 立花:あ、すみません。 あのー、選挙に立候補します立花孝志と言うものなんですが、お世話になります。 アオキ:あっ、お世話になります。 立花:あの、ちょっとお尋ねしたいんですが、 アオキ:はい。 立花:あの、埼玉県さんのホームページには、 アオキ:はい。 立花:あの、今回の参議院の補欠選挙ってのは、 アオキ:はい。 立花:やってるっていうことすら表記されてないんですけど、 アオキ:はい。 立花:こういうのって、 アオキ:えぇ。 立花:ちょっとまあ他の市とか県とかだと、だいたいトップページに、 アオキ:えぇえぇ。 立花:ある程度大きく載せると思うんですけど、 アオキ:えぇえぇ。 立花:これ、なんか理由があるんですかねえ。 アオキ:まあ、えっとですねえ、あのそもそも埼玉県のトップページに、 立花:はい。 アオキ:その選挙の告知用のバナーというものを載せてはいたんですけれども、 立花:載せていた、はい。 アオキ:ええ、ただ先週おこな…あの、ありました台風のその緊急の避難所の情報ですとか、 立花:はい。 アオキ:あと今埼玉県でこう、あのー、広がってしまっている豚コレラの県の対応の状況などが今載っておりまして、 立花:はい、そうですね。 アオキ:ただそのバナー自体はその緊急情報で落とさなければいけない状況になってしまったんですね。 立花:なるほど、はい。 アオキ:で、ただですね、まあそういうあのホームページ、県のホームページに載せたほうがいいっていうような、そういうご意見はいただきまして、 立花:えぇ。 アオキ:ちょっとそういう形では、大きくは載せられてはいないんですけれども、 立花:うん。 アオキ:県の新着情報というところに、県のトップページに新着情報というところがあるんですけれども、 立花:うん、そこには今日、今日付けで載ってますよね。 アオキ:あ、はい、そうですね。 そこに載せさせていただきました、今日。 立花:今日載せたっていうことは、 アオキ:えぇ、 立花:台風があったのは10月… アオキ:先週ですねえ。 立花:10月の11日とか12日とか。 アオキ:そうですね、そうですね。 立花:で、選挙の告知が10月10日ですよね? アオキ:そうですねぇ。 立花:だから10月の10日の頃には上に載ってたですね、バナーに。 アオキ:そうですね、そうですねぇ。 立花:まあ地震…ごめんなさい。 台風の影響があったので、 アオキ:ええ。 立花:それはそちらに譲って、 アオキ:ええ。 立花:で、10月23日までは何もしなかったと。 選挙に関しては。 アオキ:どうしてもホームページのは、県のトップページにはちょっと載せられていなかった、ってところですね。 立花:で、これも新着でどんどん下に下がっていくってことですよね、そうあるとねえ。 アオキ:あ、えっとですね。 ここちょっとお待ち下さい。 アオキ:あ、大変お待たせしました。 立花:いえいえ、はい。 アオキ:あ、そうですね。 ここは通常であれば新着情報なので、確かに仰せのよう新しい情報が、 立花:そうですよね。 アオキ:上にきてしまうんですが、今回はこういう選挙の告知という意味であの、そういう上のほうでは、そういう緊急情報を載せざるを得ない所なので、 立花:はい。 アオキ:今回に関してはこの選挙の情報は、選挙が終わるまではここにこう1番上に載ってるような状況に、しております。 立花:あぁ、今回についてのみ、この新着情報の23日っていうのは、いわゆるこの新着情報の上から消えないようにしてる、と。 アオキ:そうですね、選挙が終わるまではですね~。 立花:あぁ、わかりました。 まあ、入れろと僕のところにも意見が寄せられてね。 アオキ:そうですよね~。 立花:うーん、その、やっぱりね、その、 アオキ:えぇ。 立花:ホームページのトップに載ってないってことは投票率上げるなって意味、ちょっと多くの人が、 アオキ:えぇ。 立花:わかりました。 あの、選管さんのほうにね、あんまりこちらも言っても仕方ないので、はい。 アオキ:いえいえ。 立花:そういう事だという事ですね。 アオキ:選管、選管の人は当然告知はしたいともちろん思ってたんですけれど、ちょっとなかなか他の状況との、 立花:まあ、そうですよね。 選管さんとしては告知をしたいけども、当然その当のホームページを管理してるのは知事になるわけですもんね、簡単に言えば。 アオキ:最終的にはそうですね。 立花:最終的には責任者は大野知事ですよね。 アオキ:そうですね~。 立花:だから大野知事がそこについては最終判断されるわけだから、それは選挙よりも、選挙よりも だから簡単に言えばこういう災害情報災害情報のほうが上に載せるほうが良いだろうと判断をされてるから、選管はもう別組織ですもんね、だって。 一応ね。 アオキ:ま、まあ、そうですね。 立花:ですよね。 アオキ:まあちょっと、なかなかそうですね、選管の人もどちらの情報が重要か、ちょっといけるのかなかなか難しくて。 立花:そうですよね、いや、それは、あの、私もそこは一応公の人間でいるので。 アオキ:えぇ。 立花:それは十分理解はしていますので、ちょっとねえ、あんまりにも、まあ昨日も堀江さんと話をして、 アオキ:ええ。 立花:ちょっとまあ、多くの人が驚いたわけですよ。 これ今日やっと入っただけでね。 アオキ:え、えぇ。 立花:昨日までは選挙のことが一切ホームページにはどこにも書かれてなかたのでね、 アオキ:えぇ。 立花:しかも低票投率だっていうことがメディアに騒がれているので、 アオキ:えぇ。 立花:投票率を下げたいんじゃないかっていう、まあ、そういう穿った見方をする人もいらっしゃるので、 アオキ:えぇ。 立花:まあ選管としてはもちろん頑張ろうと。 アオキ:そうですね~。 立花:はいっ、わかりました。 それはもう全然その気持ちはよく分かりました。 アオキ:申し訳ないです。 立花:はい、ありがとうございました。 はい、失礼致します。 どうも~、はい。 アオキ:失礼致します~。 立花:ということでね、まあこの選挙管理委員会は全然そういうね、意図的に投票率を下げようという、上げようとするわけですね。 もう埼玉県のホームページを最終的に管理してるのは、その大野さんっていう知事なわけです。 立花:で、この大野さんっていう知事が、いやっ今回は台風情報の、被災者の人の情報を優先するんだという判断をする。 これはけして僕はその判断が間違ってるとは思いません。 ただ、こうやって既得権益はやってくる、ということを攻撃というか、そういう作戦を使ってくるんだと、いう事でね。 立花:皆さんにはこういったことをお知らせしたいと思ったまででございます。 以上です。 元国会議員YouTuberがNHKをぶっ壊す。 既得権益もぶっ壊す。

次の

NHK受信料不払い保険 立花孝志ひとり放送局

立花孝志 ホームページ

NHKから国民を守る党(N国)の代表で、25日に政治団体「ホリエモン新党」を立ち上げて代表を兼務する立花孝志氏(52)が26日、東京・都庁記者クラブで会見を行い、「ホリエモン新党」の結成経緯や目的を説明。 「ホリエモン」が商標登録済みであることは「知らなかった」とし、会見中に関係者に電話で確認する一幕もあった。 「ホリエモン新党」のネーミングについては、親交の深い実業家・堀江貴文氏(47)の名を用いていると説明。 堀江氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬することが決定的だとし、堀江氏の「合法的な宣伝活動」が結成目的であるとした。 「ホリエモン」は堀江氏の愛称で、2006年8月に堀江氏がファウンダーを務める「SNS media&consulting株式会社」が商標登録している。 立花氏は商標登録について問われると「それは知らなかった」と回答。 会見中に関係者に電話で確認した。 会見後に「商標登録はされていました」とした上で「堀江さんにはLINEで(党結成について)伝えてあるし、拒否はされていない」と問題がないことを説明した。 また、堀江氏は5月30日に新著「東京改造計画」を発売。 都政に絡んだ内容だけに、立花氏の活動自体も堀江氏の著書宣伝になるとの声がネット上でも上がっている。 宣伝目的があるのかと問われた立花氏は「宣伝には…、なるといえばなってるんでしょうかねえ」と明確な回答はせず。 「実際に選挙活動が始まってからは、もちろんそんな話はしない」としつつ、「自分が(堀江氏から)お金をもらっていなければ大丈夫だと聞いている」と話した。

次の