手洗い ソング。 札幌市オリジナル手洗いソング「しろくま忍者の手あらいソング」/札幌市

エチオピアのJICAボランティア、水の一大イベントで「手洗いソング」を発表

手洗い ソング

(Youtubeサイトより) 一目瞭然ですね。 これは現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの予防対策として、手洗いを推奨している曲です。 ピコ太郎はそんな中「ピコ太郎として何かできないか?」と考えて、プロデューサー・古坂大魔王の自宅で撮影したそうです。 見て頂いた通り、大ヒット曲「PPAP」の替え歌になっているのでおなじみのメロディー、振り付けで非常に覚えやすいです。 最後には世界の平和を祈る。。 という形で結んでいるため、世界中の人たちの手洗いを促進して、感染防止に役立つ曲になっていると感じました。 まさに絶賛の嵐で、中には感謝の声もありました。 その一部をご紹介いたします。 (本ブログ著者による翻訳となります) 「彼は世界最高のエンターテイナーだ!」 「こんな動画、予想だにしなかったよ! 彼はほんとうに素晴らしい奴だ!」 「日本を代表するコメディアンの登場だ。 みんな手洗いしようぜ!」 「これで退屈せずに手洗いできるよ」 「洗って、洗って、洗いまくれば、俺たちはWINできるよ!」 「愛してるよ」 「彼は名誉ある人物だ.. 」 「彼は偉大だ.. 」 「絶対すべらないよね」 「最後は涙が出たよ。 ピコ太郎、愛してるよ。 みんな手を洗おうね」 「コロナウイルスに打ち勝つには、このダンスさえ覚えればいいよ」」 「こんなつらい時に笑顔にしてくれてありがとう!」 「僕にはこれが必要だったんだよ」 「ありがとうピコ太郎。 世界のために祈ろう」 「最高の曲だ!」 「ピコ太郎のダンスと曲のとりこになってから4年が経つけど、この曲は最高のメッセージソングだ。 洗って、洗って、洗いまくろうぜ!」 (Youtubeコメントより引用) いろんな国から続々とコメントが寄せられていますが、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、この手洗いソングで世界中の人が笑顔になり勇気づけられていることが分かります。 ペンパイナッポーアッポーペン。 ぜひここでこのyoutube動画をご覧ください。 ペンパイナッポーアッポーペン「ロング」バージョン/PIKOTARO ピコ太郎 」より) 久しぶりに見ましたが、ヒットした理由が分かります。 だって分かりやすいですから 笑 英語なのでやはり世界中の視聴者をとりこにしますよね。 今回の手洗いソングもまた世界中の人たちがまねをして踊りながら手を洗う動画がYoutubeにアップされまくるでしょうね。 まとめ:ピコ太郎 手洗いソングのyoutube動画!世界の声を翻訳でご紹介! ピコ太郎の新曲の手洗いソング動画と世界の声をご紹介しました。 今回の新型コロナウイルスの脅威を受けて作成された新曲「PPAP2020」の手洗いソング。 この曲は日本、そして世界中の人たちの手洗い励行を促し、コロナ拡大、感染防止の一助となりますね。

次の

ピコ太郎さんが手洗いソング「PPAP

手洗い ソング

ジャニーズが作った手洗いソング『Wash Your Hands』を狂ったように聴いてる。 このままだと手洗いすぎて指紋なくなる。 はじめてこの曲を聴いたのは数日前の朝の情報番組で、色んなアイドルたちが曲に合わせてかわるがわる手洗いダンスを披露していて、その日もその日とて自粛の「じ」の字もなくゴリゴリの出勤だった俺は、奴らの底抜けの明るさに超絶イライラして 「は?なんだコラ。 朝っぱらからなに見せられてんだ?なにがねじねじWashじゃボケコラぁ大人舐めてんじゃねぇぞ?オイ?」 って兼末健次郎ばりにキレてた。 しかし、しばらくするとそんなことも忘れかけ、トイレから出て手を洗おうとした瞬間、頭の奥に鳴り響く「なにか」… (…め…し手…よ…ろ…手…) は…? (おい…り…手…おま…な…手…) な…なん… (にぎりしめ手……レッツウォッシュユアハンズ…ウォッシュユアハンズ…!すりすりWash〜!!のびのびWash〜!!ごしごしWash〜!!にぎにぎWash〜!!ねじねじWash〜!!くるくるWash〜!!レッツウォッシュユアハ〜〜ンズ!!ウォッシュユアハ〜〜〜ンズ!!はじめまし手〜!よろしくし(無限エンドレス) 全っっっ然メロディ頭から消えねぇ…… なに!?なにこの中毒性!?!?手洗って清潔にしてるハズなのに耳から毒回ってるんですけど!?!?なにこれ!?一日中ずっと流れてるんですけど!?そもそも一回しか聞いてない、しかもほぼ流し聞き状態のはずなのになんだこのキャッチーさ… 「いやこれはおかしい…クオリティが単なる手洗いソングの「それ」じゃねぇ…なにこれ怖ッ……」 そう思って、楽曲制作のクレジットを調べると 「作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二」 一生消えない鳥肌立った そう、もうおわかりでしょう。 『Wash your hands』、ただのおちゃらけソングじゃありませんでした。 マジ中のマジでした。 ジャニーズ『本気100%』エグたまヤバ太郎でした。 そして間髪入れず2番「すりすりWash」「のびのびWash」「ごしごしWash」「にぎにぎWash」「ねじねじWash」「くるくるWash」と繰り返し言葉(畳語)で統一させWash(uou)でまとめる。 どこをどう流し聴きしても勝手に「手」と「Wash」が耳に入ってくるおそろしい曲構成。 だが、これだけありません。 この曲のおそろしさを10000%感じることができるのが、嵐が「単体」で歌っている『Wash Your Hands』、 え、ちょっと待って お、「お元気手洗いソング」が「すさんだ心まで洗い流してくれる聖歌」になったんだが…? なんですかこれは。 めちゃくちゃガチじゃないですか。 なんだその美しすぎるユニゾンは。 やめろ『果てない空』みたいなテンションで「にぎにぎWash」って歌うのやめて。 泣くから。 二宮、大野、ビブラートをめちゃくちゃに効かすな。 泣くから。 『Wash Your Hands』っていうかもう『WISH Your Hands』になってるんですけど? えっ?この『Wash Your Hands』ってもしかして 「人はみんな手を繋ぐことができる…はじめて会った人も…知らない人も…祈りの手を握ってくれる人はきっと現れる…だから手を洗おう…辛い過去を悲しみと一緒に洗い流しそう…」 的な意味の歌ですか…? そう、これはいわば「パプリカ現象」。 「元気元気!みんなハッピー!イエーー!」みたいな印象しかなかった子供バージョンのパプリカが、米津本人が歌い出した瞬間に急に「死の匂い」がしたあの感覚と同じ。 ここまで雰囲気を変えられる嵐の「歌力」ヤバいし、そしてなにより全人間が一発で理解できながらも歌い手によって「含み」をもたせられる『Wash Your Hands』の「曲力」がヤバい。 俺の中ではもうレコ大確定です。 CDはよ。 頼むから金払わせてくれ…経済ブン回させてくれ…俺はいいからジャニーズ給付金をみなさんに… 見える…赤ん坊から老人までみんながちゃんと手を洗う未来が。 櫛森秀一もビトも成瀬領も神山悟も貴族探偵もみんなが手を洗ってる未来が。

次の

ピコ太郎さんが手洗いソング「PPAP

手洗い ソング

youtube. 本家の「ひとり」を越えちゃう勢いですよ。 youtube. あと、村上さんの「シュワシュワっ」てあたりがツボすぎます。 ありがとうございます。 涙がでました。 医療現場も本当に頑張っていて、介護士身体張って毎日頑張ってます。 毎日何人とも濃厚接触していて本当に怖いです。 介護の名をあげてくれて本当に嬉しかった…がんばります。 泣けた。 優しい歌をありがとう。 この歌は「ひとり」ではなく。 「みんな」ですね。 もう、悲しい歌 ニュース は聞きたくない。 ゴスのみなさん、そして私達を支えてくださっているみなさん、本当にありがとうございます。 保育士してます。 やっぱりゴスペラーズ世界一。 ゴスマニでよかった。 youtube.

次の