ウインドウズ 7 から ウインドウズ 10。 Windows 10にアップグレードしたパソコンでは回復ディスクを作っておくべき

メール移行ガイド|Outlook 2010(Windows 7)からOutlook 2010(Windows 8)に移行する

ウインドウズ 7 から ウインドウズ 10

しかし、無料とはいえ「本当にアップグレードしても大丈夫なの?」と不安を感じる人も少なくないはずです。 ここでは Windows 8. データはもちろん、そのまま移行される Windows 8. [ドキュメント]に保存されている文書、[ピクチャ]に保存されているデジタルカメラの写真、[ビデオ]に取り込んだビデオカメラの映像、[ミュージック]にある音楽、さらにはデスクトップにあるファイルなど、 データはそのままWindows 10に引き継がれます。 ほかのハードディスクに保存されているファイルも、Windows 10で変わりなく利用できます。 Windows 7からWindows 10へアップグレードしたあと、[ピクチャ]フォルダー内のファイルを表示したところです。 7のときの写真がそのまま移行しています。 1からのアップグレードでも、ファイルはそのまま移行されます。 以前のデータを利用できるといっても、アップグレードの過程で何らかのトラブルが発生して、ハードディスクのデータがすべて失われてしまう可能性もゼロではありません。 Windows 10へのアップグレードを予約したら、アップグレードが実行される前に、外付けのハードディスクなどに大切なデータをバックアップしておくことをおすすめします。 互換性のない機能は引き継がれない Windows 8. ログインする際のアカウント、デスクトップのアイコン、ブラウザー(Internet Explorer)のお気に入り、IMEに登録した単語など、基本的な項目は以前のまま、使うことができます。 ただし、 Windows 10で廃止された機能に関連する設定は引き継がれません。 たとえば、Windows 7のデスクトップにガジェットを配置していた場合、同機能はWindows 8以降で廃止されてしまったため、引き継がれることはありません。 また、デスクトップの壁紙のうち、Windows 8. 自分で撮影した写真などを壁紙に設定していた場合は、アップグレード後も引き継がれます。 デスクトップのアイコンなど、ほとんどの設定はWindows 10でも再現されますが、Windows 8. また、Windows 7のガジェットなど、廃止になった機能も引き継がれません。 インターネット関連データは引き継ぎ先に注意 メールやアドレス帳の内容、ブラウザーの設定などインターネット関連のデータも、ほぼすべてがWindows 10に引き継がれます。 ただし、 「どのアプリに引き継がれるのか」には注意が必要です。 たとえば、Windows 8. Windows 10に標準搭載されている「メール」アプリには、Windows 8. 1のメールアプリのデータは引き継がれますが、Windows LiveメールやOutlookのデータが自動的に引き継がれることはありません。 Windows 10標準の「メール」アプリ。 Windows 8. 1のメールアプリの設定は引き継がれますが、Windows LiveメールやOutlookのデータは引き継がれないため、新規にアカウントを登録する必要があります。 ブラウザーの設定に関しても同様です。 Windows 8. また、Windows 8. ツールバーなどのアドインを利用していた場合、それがWindows 10のInternet Explorerにそのまま引き継がれる場合もあります。 Windows 10では既定のブラウザーが「Microsoft Edge」に変更されますが、 Internet Explorerのお気に入りやCookieは、Microsoft Edgeに自動的には引き継がれません。 お気に入りをMicrosoft Edgeでも使いたい場合は、Internet Explorerからインポートする必要があります。 Microsoft Edgeには、Internet Explorerに保存していたお気に入りは引き継がれません。 [お気に入りのインポート]からインポートを実行する必要があります。 Windows Liveメールなどのメールソフトを移行した場合、アカウントの設定や過去に受信したメールなどが自動的に引き継がれますが、環境によってはパスワードが自動的には引き継がれないことがあります。 Windows 10へのアップグレード後、初めて起動したときにパスワードが要求されたら、以前のパスワードを入力しましょう。 Windows Liveメールは、Windows 10での初回起動時にパスワードの再入力が必要になることがあります。 アプリケーションもそのまま移行できる Windows 7にインストールしていたアプリケーション(サードパーティ製を含む)も、特殊なアプリケーションを除き、Windows 10にそのまま移行できます。 Officeソフトはもちろんのこと、Windows Essentialsに含まれる「ムービーメーカー」、「秀丸エディタ」などのオンラインソフト、「Skype」などのコミュニケーションアプリ、さらに互換性が確保できていればセキュリティ対策ソフト(「マカフィー リブセーフ」や「アバスト! 無料版」などで確認済み)もそのまま移行できます。 色のカスタマイズなど、アプリケーションの設定もそのまま移行できるので、もう一度、自分仕様にカスタマイズし直す必要もありません。 秀丸エディタなど、互換性のあるアプリケーションもそのまま引き継がれます。 カスタマイズした設定なども、そのままの状態で利用可能です。 セキュリティ対策ソフトも移行できる場合があります。 「Windows 10 Upgrade Advisor」も活用しよう Windows 10へのアップグレードを予約した人は、通知領域にある[Windows 10を入手する]アプリ(Get Windows 10アプリ)から互換性のチェックを実行できます。 通知領域のアイコンをクリックしてアプリを起動後、[Windows 10を入手する]画面の左上にあるハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)をクリックしてメニューを表示し、[PCのチェック]をクリックすると、互換性の情報が表示されます。 アップグレード予約が開始された当初は、アプリケーションの互換性に関する情報が表示されないことがありました。 そのため、実際にアップグレードを行う前に、あらためて[Windows 10を入手する]アプリから[PCのチェック]を実行しておくと安心です。 互換性のないアプリケーションが表示された場合は、事前にアンインストールしてからアップグレードしましょう。 [Windows 10を入手する]アプリのUpgrade Advisor(PCのチェック)を利用すれば、アップグレード前にハードウェアやソフトウェアの互換性情報をチェックできます。 (清水理史&できるネット編集部) 関連まとめ記事•

次の

ウィンドウズ7から10への無償アップグレード期間はいつまでですか。

ウインドウズ 7 から ウインドウズ 10

Windows 10の公開以来、手持ちのパソコンのWindows 10アップグレードをしながら、あれこれ検証しています。 Windows 10の無償アップグレードが発表された時から気になっていたのが・・・ 一旦Windows 10にアップグレードしたパソコンが故障等でハードディスク(HDD)やSSDのドライブを交換する場合、Windows 10でセットアップすることができるのか? ・・・ということ。 1に戻ります。 Windows 10の無償アップグレード期間中であれば、再度アップグレードすることができますが、1年後の無償アップグレード期間終了後はアップグレードができなくなるはずです。 せっかく最新のWindowsを使えるようになったのに、HDD等の故障で元に戻ってしまうのは残念・・・Windows 10アップグレード後は万一の故障の際も修理してWindows 10を使い続けることが出来ないのか? Windows 10の回復ディスク Windows 8以降、Windowsには 回復ディスクを作成する機能があります。 回復ディスクは、USBメモリにWindowsのリカバリー用のドライブを作る機能で、これがあれば、HDD等を新しいものに交換しても、Windowsをセットアップすることができます。 回復ディスクはそのパソコン専用でライセンスも含まれる 回復ディスク作成後、そのパソコンのHDDを交換し、回復ディスクを使ってWindows 10のセットアップを実施してみました。 指示に従って作業していくと、Windows 10が起動します。 ライセンスを確認すると、きちんと「Windowsはライセンス認証されています」との表示があります。 Windows 8以降、パソコンにプロダクトキーが記入されているシールが貼られなくなりました。 「プロダクトキーはWindowsに格納されている」ということだそうですが、回復ドライブではこのプロダクトキーも一緒に保存されているみたいで、作成したWindowsはインターネットで再認証ができるようになっています。 回復ドライブはそのパソコン専用のものであり、他のパソコンでは利用できないと思います。 実証していないので明言はできませんが、ライセンス認証ができるということは、そのパソコン固有のものになるので、流用はできないはずです。 また、作成するパソコンによって回復ドライブに必要な容量も違う(のところでは、4GBのもの2台、8GBのもの1台でした。 )ので、そのパソコン専用の回復ドライブになると思われます。 Windows 10アップグレード後は回復ドライブの作成を忘れずに! パソコンの故障で圧倒的に多いのがHDDの故障。 HDDが故障すれば交換することになりますが、この際に再セットアップをしなければなりません。 通常のパソコンではリカバリーディスクやWindowsのインストールディスクを使ってセットアップしますが、Windows 10にアップグレードしたパソコンを、再度Windows 10でセットアップするには、回復ドライブが必要となります。 Windows 10にアップグレードしたら、まずは回復ドライブを作成しておきましょう。 回復ドライブの作成にはUSBメモリ(4〜16GBのもの)があればOK。 作成に要する時間は1時間程度です。 注意点 回復ドライブでセットアップされるWindows 10は、Windowsのみで、Office等のソフトは別途インストールすることになります。 アップグレード以前からプレインストールされていたソフト等は、リカバリディスク等からインストールできる場合は復旧できますが、それができない場合は復旧することができませんのでご注意下さい。 いずれにしても、 Windows 10アップグレードは自己責任で行うものということを忘れずに取り組みましょう。 かなりパソコンに習熟されているように感じて恐れ入りますが、書き込ませて頂きました。 Win 7から 10にアップグレードした中古パソコンがあり、トラブルに備えておきたいのですが、そのためにはリカバリディスクというものを作った方がいいのでしょうか。 ネットでみると回復ディスク、システムイメージを作成するのがいいと思うのですが、どうでしょうか。 ここをみてシステム修復ディスクを作成しようとしたのですが 記載通りに作成しようとしたところ、USBを認識しないので先に進めませんでした。 どこか私が間違って操作したのかもしれませんが 今ある中古パソコンのスペック、状態ですが Win7 pro 64bitからWin10 pro64bitにアップグレードされたパソコンです。 リカバリー領域のあるもの。 Win7のリカバリディスクはありません。 OSはwin10、アプリはoffice2010インストール済みのものです。 office2010は認証済みと書いてあります。 ハード面は インターフェースはUSB2. 0と3. 0 記憶装置はDVD-ROM トラブルがあり、処置を講じたときに 出荷時ではなくて 今の環境 パソコンのなかにwin10とoffice2010がある を再現したいのです。 できるだけパソコンが常に使用できる環境にしておきたいのです。 Win10だけでなく、 msのOffice2010も入っているのですが、それも使えるようにと。 個人のデータや撮りためた画像データは 無くなっても構いません。 トラブルに備えてリカバリディスクがいいのか、無理なのか、 できるとしたらどの作成方法を選んだらいいのか、 安価でできる形で USBは購入しました 深い経験で得られた知識で教えて頂けると助かります。

次の

【2019】Windows7からWindows10への移行方法!サポート期限後のアップグレード方法は?

ウインドウズ 7 から ウインドウズ 10

Windows10がリリースされ、Windows10を搭載したPCが各メーカーから続々と出されていますね。 ところが、 Windows10はWindows8. 1以前のOSとは異なる箇所があります。 中でもネットワーク関係では、非常に大きな変更が加えられました。 Windows7からWindows10への無償アップデートした方が、特に ネットワーク関連で非常に困 惑 して いる・・という情報もあります。 そこでWindows7からWindows10PCの共有フォルダにアクセスする方法をご紹介します。 別のアプローチからの設定をしています。 アップデートの際に、ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントを使用するように変更し、『 ローカルアカウント』 と 『マイクロソフトアカウント』 のパスワードに相違があった場合に生じる現象。 2つのPCにおいて、PC2からPC1の共有フォルダへアクセスする際、PC1の ローカルアカウントの認証情報でアクセスしようとしても失敗することがあります。 この場合、 ローカルアカウントのユーザーIDと、 マイクロソフトアカウントのパスワードを入力するとアクセスが可能になります。 マイクロソフトアカウントとローカルアカウントって? Windows10をはじめるとマイクロソフトアカウント 以下MSアカウント が作成されます。 これにより、 Windows10で使用するソフトは、MSアカウントで使用することになります。 一方、Windows7以前に使用していたこれまでのアカウントはローカルアカウントと呼ばれます。 「 ローカルアカウントでのサインインに切り替える」を選ぶことで、これまで使用していたWindows7時代のログインユーザーにすることができます。 切替のしかたはコチラ 特に、MSアカウントを使用することによって、MS Officeの無料版を利用できるようになり、USBなどでデータのやり取りを行う手間がなくなってきつつあります。 ユーザー名やパスワードを入力しないWindows10の共有設定 Windows10の共有はハードディスク全体を共有化することを推奨していません。 基本的には、フォルダを作成しそれを共有するようになっています。 多少手間ですが、システムファイルを改ざんされて使用できなくなるリスクを排除した結果、この仕組みになったわけです。 さて、Windows10の共有フォルダの作り方ですが、 ユーザー名やパスワードを利用しないで共有するには、確認すべき点があります。 いかがでしょうか。 少々難しいところもあると思いますが、この共有を行うことで、非常に便利な環境を作ることができます。 ぜひ、環境に最適化したネットワークを作ってください。 冒頭にも書きましたが、この設定でも接続できない場合は、こちらの確認も試してください。 それまでにアップグレードしていれば、それ以降のバージョンアップも無料で自動的にアップデートしてくれる。 ・・・そこで大きな疑問が。 無償期間にアップグレードしていたが2年後にHDDが故障した場合。 しかし、Windows10への無償アップグレード期間は終わっています。 このとき、Windows10にリカバリーする際は有償なのか?無償なのか? あわせて読みたいWindowsトラブル対処法 コチラには、Windows10のトラブルシューティングと使い方をまとめています。 不具合はこの際、直してお帰りくださいませ。

次の