出勤 簿 テンプレート。 出勤簿|Excel作成の無料テンプレート・1ヶ月分の出勤時間と時間外

出勤簿テンプレート 02(Excel)|無料ダウンロードできる雛形書式テンプレート

出勤 簿 テンプレート

従業員の労働時間を把握するために作成する出勤簿。 労働基準法で雇用主は出勤簿の作成が義務付けられ、従業員が退職してから3年間は保管しておく必要があります。 出勤簿には正社員、パート・アルバイトといった雇用形態に関係なく、従業員全員の勤務状況を記載します。 法律で決まった様式はありませんが、出社・退社時刻、労働時間数、出勤・欠勤・遅刻の状況、時間外労働・休日労働・深夜労働の状況を記入できるようにしておきます。 大規模事業者向けの出退勤管理システムを利用すれば、出勤簿も自動的に作成できますが、導入コストがかかります。 出勤簿をエクセルで自作してもよいですが、手間と時間がかかります。 そこで、今回は出勤簿(勤怠管理表)のテンプレートが無料でダウンロードできるサイトを紹介します。 自社に適したものをダウンロードし、活用してください。 bizocean エクセルの無料テンプレートが充実しているサイト「bizocean ビズオーシャン 」。 エクセルの無料出勤簿もたくさん掲載されています。 その中から、以下のファイルをピックアップしました。 出勤簿02 従業員1人につき1ヵ月1枚のタイプ。 押印スペースがある書式で、プリントアウトして配布し、各従業員に必要事項を手書きしてもらう昔ながらのタイプです。 始業・終業時刻が一定の人向けのシートと、シフト勤務の人向けシートがあり、前者は早出・残業をした場合のみ本人が始業・終業時間を記入するかたちになっています。 月末に回収し、別途入力したり計算したりする手間がありますが、こうしたスタイルは今も根強い人気があります。 勤怠管理表001 こちらは、日々の勤怠や勤務時間を管理するファイル。 あらかじめ始業時刻・終業時刻・休憩時間を設定しておき、各人の勤怠管理表シートに始業時刻・終業時刻を入力していくと、勤務時間や残業時間が自動計算されます。 出勤・欠勤日数など勤怠の集計も行います。 タイムカードで打刻し、月末にカードを集めて集計するときに活用できます。 [文書]テンプレートの無料ダウンロード ワードやエクセルで作成したビジネス文書や手紙などのフォーマットを数多く掲載しているサイト。 「出勤簿(勤怠管理表・勤怠管理簿)」のカテゴリには、シンプルなものやエクセル関数やVBAを使ったものなど、4種類のテンプレートが用意されています。 その中から、今回ご紹介するのは下記のファイルです。 「出勤簿(出勤表・勤怠表・勤怠管理表・勤怠管理簿) 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(無料)01(タイムカード)(PC入力)(時間自動集計)(エクセル Excel) 基本就業時間や休憩時間、早出・残業を設定し、従業員のタイムカードの記録を転記すると、就業時間や出勤・欠勤日数などを自動計算してくれるファイルです。 勤務の区分表記のセルにカーソルを合わせると、出勤・欠勤・有給・代休を選択できるようになっていて、入力の手間が省けます。 勤怠管理表エクセルテンプレート 飲食や小売など、店舗で働く人向けの勤怠管理表に特化したエクセルテンプレートをあげているサイトです。 時給が割増となる時間帯・曜日や、シフト制での残業計算に対応したものなど、アルバイト・パートの勤怠管理にフィットするテンプレートがみつかります。 その中から、今回は下記のファイルをご紹介します。 時給計算エクセルテンプレート 店舗で働くアルバイト向け。 ひとりにつき1ヵ月単位で1シートになっています。 タイムカードなどの記録をもとに従業員の出勤日に出社・退社時刻、休憩時間を入力すると、その月の給与などを自動計算してくれます。 時給の設定は、基本時給のほかに2段階で割増時給を設定できます。 「勤怠管理」のカテゴリには、シフト勤務向けの勤務表や遅刻届、早退届のフォーマットがあがっています。 その中から、下記のファイルをピックアップしました。 スタッフ勤務表01. xlsx 従業員1人につき、1ヵ月分が1枚となっている勤務表。 勤務表とは別にスタッフ名簿のシートがあり、スタッフ名や時給、交通費を設定しておくと、個別の勤務表に転記されます。 こちらも出退勤時刻を入力すると、勤務時間や賃金、勤務日数、交通費、賃金と交通費を合わせた総支給額を自動計算。 実際の出退勤時刻だけでなく、1ヵ月のシフト予定を記入することもできます。 Vector さまざまなジャンルのアプリケーションやファイルが紹介されている「Vector」。 もちろん出勤簿関係のファイルもアップされています。 そんな中から、下記のファイルをご紹介します。 Excel 時給で給与計算 従業員1人につき、1ヵ月で1枚のシートになっています。 休日設定や有休設定もできるので、出勤簿としても使えます。 時給を設定しておき、始業・終業時刻を入力するとその日の給与を自動計算。 就業時間や残業時間、通常賃金や残業代もわかります。 手当も2つまで設定可能。 ダウンロードファイルには通常版のほか、派遣推奨版も同梱。 派遣社員は残業の取り扱いが直接雇用と異なる(派遣は勤務時間を8時間超えないと残業割り増しにならない)ことが多く、派遣推奨版はそうした状況に対応したものになっています。 Excel Free 見積書や報告書、会計・支払い関係の無料エクセルファイルを多数集めたサイト。 「予定と時間管理」カテゴリには、出勤簿や残業時間管理表、実働日数テンプレートなどがあがっています。 そんな中から、今回は下記のファイルをご紹介します。 出・退勤、早退・遅刻・欠勤、残業時間を記録するシンプルな出勤簿です。 早退・遅刻・残業時間は1ヵ月のトータルを自動計算。 正社員の勤怠管理ができ、給与計算など複雑な機能は不要という人向きです。 Windowsパソコン初心者ナビ Windowsパソコンの初心者向けに、パソコンのさまざまな活用法を紹介するサイト。 エクセルで作成した出勤簿・勤怠管理のテンプレートが7つアップされています。 また、エクセルを使った出勤簿の作り方を解説する記事もあるので、興味のある方は閲覧してみてください。 掲載されているテンプレートの中からご紹介するのは、下記の2つです。 出勤簿3 従業員1人につき、1ヵ月で1枚の出勤簿。 基本設定場面で年・月・その月の祝休日を入力すると、出勤簿の当該日に網掛けがされます。 遅刻や欠勤、早退、有休については届出を出したかチェックできる欄も設けられています。 従業員全員分をプリントアウトして配布して各自記入してもらうか、管理者が記入するなど、手書きで使うことが想定されています。 出勤簿4 こちらは従業員1人につき、12ヵ月分の出社・退社時間を1枚のシートに記入できる出勤簿。 こちらも関数などを用いていないので、自動計算機能はありません。 自分で関数を入れてカスタマイズしてもいいですし、プリントアウトして手書きで使ってもよいでしょう。 System Watanabe Windowsパソコンの初心者向けに、パソコンのさまざまな活用法を紹介するサイト。 エクセルで作成した出勤簿・勤怠管理のテンプレートが7つアップされています。 また、エクセルを使った出勤簿の作り方を解説する記事もあるので、興味のある方は閲覧してみてください。 掲載されているテンプレートの中からご紹介するのは、下記の2つです。 Excel One出勤簿 Ver. 22 フリー版 アクセスやエクセルで動かすソフトウェアを制作・販売しているサイト。 エクセルで作成されたソフトには、出勤簿のほかに見積書や売上帳、工程表などビジネスシーンで使えるものがたくさんあります。 ひとつのソフトウェアに対して、フリー版とシェアウェアがあり、フリー版は一部の機能が使えないなど、お試しの意味合いが強いようです。 こちらのサイトで公開されている出勤簿ソフトが「Excel One 出勤簿」。 勤務時間が一定の正社員向けです。 1人の従業員につき1ヵ月単位で1枚のシートになっています。 終業時刻や普通残時刻、休憩時刻などを設定しておき、毎日の出退勤時刻を入力すると、就業や残業時間などを自動計算します。 タイムレコーダーのように、出退勤時刻をリアルタイムで入力できる打刻ボタンがあり、時刻の入力に便利です。 まとめ 労働基準法では、正社員やアルバイト等の雇用形態に関係なく、すべての従業員の出勤簿を作成、保管が義務付けています。 今回紹介したサイトに掲載されているエクセルを使えば、フォーマットで悩むことがなく便利です。

次の

雇用調整助成金の申請に使う出勤簿・給与明細の作り方のポイント!

出勤 簿 テンプレート

出勤簿は、会社で働く従業員の労働時間を記録するための帳簿で労働基準法で作成が義務付けられています。 出勤簿に記載する内容自体は具体的に定められてはいません。 しかし賃金台帳で記入すべき事項と関連づけると労働日数、休日日数、残業時間などを記録して保管することが求められているといえるでしょう。 出勤簿は決まったフォーマットの書式がないためエクセルで自作したり、勤怠管理ソフトを利用することが一般的です。 従業員が少ない場合は、エクセルでの管理で十分ですが、エクセルに慣れていないと1から作るのも大変なのでテンプレートなどを活用するといいでしょう。 今回は 出勤簿のエクセルテンプレートを紹介しますので、是非自分の会社で使いやすいテンプレートをダウンロードしてみてください。 出勤簿とは 出勤簿とは、 従業員の労働日数や労働時間、残業や休出などを記録する帳簿のことです。 出勤簿、労働者名簿、賃金台帳の3つは「法定三帳簿」として労働基準法で定められています。 ただし、出勤簿のフォーマットについては特に指定はなく、労働者の始業や終業時間を含む出勤状況がわかるならどのような形式でも自由に管理が可能です。 以前は出勤簿の記録は自己申告でよかったのですが、2019年の4月からは、出勤簿と共にタイムカードなどの客観的な時間が把握できる機器と併用することが求められています。 詳細については、厚生労働省のページで確認できます。 出勤簿の書き方の例 出勤簿をエクセルで管理する場合は、その日の出勤時間、退社時間をセルに記入していきます。 残業がある場合は残業時間も記入します。 その出勤簿を上司が確認して承認するという流れです。 エクセルで出勤簿を管理する利点は、自動的に計算できるということです。 計算式さえ入れておけば、出社時間と退社時間を入れておくだけ、月の労働時間、残業時間などは自動計算できる場合が多いです。 出勤簿はタイムカードと併用が必要に 労働基準法によって、会社は出勤簿やタイムカードなどで労働者の労働時間を3年間保存することが義務付けられています。 いままでは、労働者が各自で出勤簿を記入していればよかったのですが、2019年の4月からは、自己申告で出勤簿に労働時間を記入するという方法が禁止になりました。 これからは、労働時間を把握するために、タイムカードやICカード、パソコンなどの機器の使用時間の記録が必要になりました。 しかしタイムカードがシステム化されていればいいですが、単なる出勤と退勤の打刻だけのタイムカードでは自分の労働時間を一覧で見ることができません、 タイムカードのデータを元に出勤簿を作成すると毎月の労働時間を簡単に見ることができるので両方を併用するのがいいでしょう。

次の

雇用調整助成金の申請に使う出勤簿・給与明細の作り方のポイント!

出勤 簿 テンプレート

出勤簿とは、従業員の出退勤時間や時間外の労働時間を記帳した帳簿のことで、給与計算や有給休暇の管理などで使用します。 掲載していいるような出勤簿の作成は、労働基準法で定められていますので、必ず作成する必要があります。 ここでは、A4縦とA4横のフォーマットが異なる2種類を掲載しています。 縦用紙は1ヶ月用、横用紙は2ヶ月用になっています。 SUM関数で時間の合計ができるようにしたり、COUNNTIF関数で出勤日数を表示できるようにするなど、エクセルでカスタマイズも簡単にできます。 SUM関数での時間計算は24時以上になると異常な表示になるので、セルの書式設定で「[h]:mm」に設定してください。 エクセル97-2003ブックで作成しているので、どのバージョンでも開くことができます。 ダウンロードファイルは圧縮しているので、エクスプローラーでファイル名をダブルクリックして展開してください。 セキュリティソフトでチェックしています。 同じ系統の「」もご参照ください。 スポンサーリンク.

次の