トリス コンク ジュース。 アンクルトリス 柳原良平の生んだ昭和の人気キャラクター

アンクルトリス 柳原良平の生んだ昭和の人気キャラクター

トリス コンク ジュース

エノケンさんの「ホホイのホイ!」ですね。 なつかしいです。 森永の狼少年ケンの粉末ジュースもありました。 春日井や肉まんの井村屋も出してました。 基本、粉末ジュースはジュースといいつつも無果汁です。 むしろ、重曹が入っていて、粉末ソーダという感じです。 当時、街中やデパートの屋上、遊園地、行楽地に自販機があり、10円でカップが落ちて来て、そこに粉末とお水が注がれて完成というものが一般的でした。 本当によく飲みましたね。 物価的には、コカ・コーラは確か30円か40円でしたね。 雪印の赤カップのアイスが20円、大きい青カップのアイスが50円だったと思います。 サッカリン(現在は使用禁止)、酸味料、重曹のコラボでチープな、ちょっと塩味があるような感じの味でしたが、好きでした。 現代の感覚では決して美味しくはありません。 今でもサッカリンを砂糖に替えたものが100均などで売られています。 渡辺の復刻版も出ていたはずですよ。 当時、ビン入りのジュース(100%果汁)は一般家庭では買えませんでした。 お中元の贈答用です。 それもかなりハイクラスの。 一般家庭の贈答用はカルピスの3本セット(白、オレンジ、グレープ)でしたから。 一般家庭用の100%果汁はデルモンテ(キッコーマン)の小さなディズニー缶(プルトップなしで小さな穴あけ用の缶切りが付属していました)でした。 それでも結構贅沢でした。 普段瓶入りで飲んでいたのはリボンちゃんのオレンジかバヤリースでした。 もちろん、100%果汁ではありません。 当時は、コーラも三ツ矢サイダーもキリンレモンも含めて全部、子供も大人もジュースと呼んでましたね。 郊外に行くとセブンアップとかミリンダとか珍しい飲料が飲めました。 東京・大田区の洗足池の売店では明治のスカットとう炭酸飲料がありました。 アニメの「探偵スカット」のアレです。 その後はトリスコンクジュース(サントリーの濃縮タイプ)やファンタが登場し、世の中徐々に贅沢になりましたね。 ドクターペッパーは大阪万博よりも少し後の登場でした。 田舎の食堂に行くと、壁のメニューの札に、「コーラー」とか「ファンター」と書いてあって、末尾の「ー」が子供ながらに結構可笑しかったです。 「渡辺ジュースの素」の渡辺製菓は昭和48年に鐘紡(カネボウ)に吸収合併されました。 近所のスーパーで見かけました。 税込み126円。 クラシエ 「メロンソーダの素」「パインソーダの素」 昭和29年発売の「キリンオレンジジュース(10%果汁)」が1瓶35円だったそうですから、粉末ジュースの素の5円はかなり安いといえます。 ちなみに、昭和44年11月から「ジュース」という名称は果汁100%の飲料だけに限定されたので、甘味料・着色料・香料で組み立てた無果汁飲料や粉末飲料は「ジュース」と呼べなくなっています。

次の

オレンジのコンクジュースは今でも売っているのでしょうか?

トリス コンク ジュース

2の方が書かれている「トリスコンクジュース」じゃないでしょうか・・・・ 15年以上経っているとラベル等も変わってしまっているとは思いますが、 商品画像としてトリスコンクジュースのビンが見られるページがありましたのでどうぞ。 現在はカクテル等のブレンド用として流通してるみたいですね。 〓補足〓 調べてみたら、1984年ごろには「ポンキューブオレンジ」という 冷凍ポンジュースが存在したみたいです。 4キューブ300円で 溶かして薄めるとポンジュースになる・・・というものだったそうですが。 sakayadd. 2の方が書かれている「トリスコンクジュース」じゃないでしょうか・・・・ 15年以上経っているとラベル等も変わってしまっているとは思いますが、 商品画像としてトリス... A ベストアンサー 【生活保護は相談に来たというのではなくちゃんと申請に来ましたと言えば市役所は申請を拒むことはできないのですか?】について 生活保護の相談と申請の違いは、相談はあくまでも相談であり、あなたの意思で生活保護開始申請をすると示さないと申請書を出すことはないです。 OW 福祉事務所 は、生活保護法第7条保護申請の原則「保護は、要保護者、その扶養義務者又は同居の親族の申請に基ずいて開始るもとのとする。 但し要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、費用な保護を行うことができる。 」 同法第4条保護の補足性の原理「保護、生活に困窮する者がその利用し得る資産、能力その他あらうるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行なれる。 」2項「民法に定めっる扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。 」3項「前2項の規定は、窮迫した事由がある場合に、必要な保護を行うことを妨げるものではない。 」 保護申請は、憲法でも保障をして入り権利です。 しかし、保護する否かは、保護の実施機関である居住地を管轄するOW 福祉事務所 が責任を負うことから、保護開始申請があれば、法第24条(申請による保護の開始及び変更)5項「申請日から14日以内に決定して申請者に書面で通知する。 但し、扶養義務者等の調査に卑知事を要する場合は30日まで延すことができる。 」 つまり、保護の要否判断を決定して、申請者に、種類、程度、方法等を保護の可否を決定して書面で知らせる。 申請は何時何処でも申請はできますが保護の決定はOWの専権事項であり保護の可否は別になります。 保護は、原理、原則をの要件を満たす要保護者は保護はします。 あなたの現況が分かりませんが、資産及び能力等で困窮している要保護者は保護することで自立を目的として保護を行ないます。 又、扶養義務者の調査を厳密にする保護が必要な要保護者が保護できないことがない様に、保護決定の日限をきって書面で通知することになっています。 上記の他に色々とありますが正直に申告することです。 【生活保護は相談に来たというのではなくちゃんと申請に来ましたと言えば市役所は申請を拒むことはできないのですか?】について 生活保護の相談と申請の違いは、相談はあくまでも相談であり、あなたの意思で生活保護開始申請をすると示さないと申請書を出すことはないです。 OW 福祉事務所 は、生活保護法第7条保護申請の原則「保護は、要保護者、その扶養義務者又は同居の親族の申請に基ずいて開始るもとのとする。 但し要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、費用な保護を行うことが... Q 勤務先の本社住所が見たこともない住所になっています。 どういうことなのか知りたいです。 わが社は創立30年、社員数150名、年商20億円程度の中小企業で、国内に3ヶ所の拠点があります。 数年間赤字が続いていましたが、昨年からかろうじて黒字に転じました。 先日、ふとしたことで勤務先の登記簿抄本を目にしました。 そこに書かれていたのは、たまに仕事で訪れ、会社案内や名刺に記載している本社の所在と全く違うものでした。 関連書類を過去にさかのぼって閲覧すると、何年も前から変わっておらず、最近変更したもの でもなさそうです。 登記簿謄本の住所を検索してみると、ただの賃貸マンションでした。 何か経営上の事情でこうなっているのでしょうが、全く意味がわかりません。 因みにわが社は典型的なオーナー企業で、株を社長一族が所有していて、自社向けに社用車や機材をリースする同族会社があったり、会社敷地の一部が社長個人名義の土地であったりします。 純粋に興味本位で、どのような理由でこうなっているのか知りたいので、会社経営に詳しい方に教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。 勤務先の本社住所が見たこともない住所になっています。 どういうことなのか知りたいです。 わが社は創立30年、社員数150名、年商20億円程度の中小企業で、国内に3ヶ所の拠点があります。 数年間赤字が続いていましたが、昨年からかろうじて黒字に転じました。 先日、ふとしたことで勤務先の登記簿抄本を目にしました。 そこに書かれていたのは、たまに仕事で訪れ、会社案内や名刺に記載している本社の所在と全く違うものでした。 関連書類を過去にさかのぼって閲覧すると、何年も前から変わっておらず...

次の

渡辺のジュースの素 つべで古いCMを見てたのですが、渡辺のジュースの素と...

トリス コンク ジュース

「ある日突然、学校に大手広告代理店、電通の人がやってきて、休み時間、僕を含めた3人をベランダで写真に収めたんです。 何が起きているのかさっぱり分かりませんでした…」。 これが実はオーディションだった。 「結果、トリスコンクジュースのマスコット坊やに選ばれたんです」。 寿屋だった頃のサントリーの商品。 ヒロさんは小学3年から5年までの2年間、マスコット坊やとしてポスターや新聞、電車内のつり広告などに登場した。 「大阪市内の電通のスタジオで撮影がありました。 当時ほとんど目にしなかったポラロイドカメラなどを目にし、まさにスター気分。 あの体験以降、間違いなく『有名になりたい、注目されたい』と願うようになりました」と振り返る。 「当時、プロになるための登竜門といわれた桃山学院大学(大阪市)でのオールナイトコンサートに出場したんです。 約千人の聴衆を前に演奏しましたが、ヤマハの全国グランプリレベルのジャズのビッグバンドや、あの上田正樹さんのバンドとの差は歴然。 音楽で食べていくのは無理だと悟りました」 PR それから慌てて就職活動に入るも、時既に遅し。 あの原体験の憧れの電通には「鼻で笑われました」。 結局、父が長野県で設立したギターメーカー、ヤマキ楽器に就職する。 当時、この会社は名古屋の貿易商社を介して海外にギターを売っていた。 そこで父に提案した。 「新たに貿易部を作り、直に海外にギターを売るのはどうか。 名古屋の貿易商社を介さずに済むから、その分、安く売れる」。 この提案を父が快諾。 するとヒロさんは、海外との円滑なビジネスのためには本格的な英語力が必要との理由から「カナダのバンクーバーの楽器卸メーカーに『働かせてほしい。 最低賃金でいいから』」と直訴し、働くことに。 入社から約1年後、1975(昭和50)年5月のことだった。

次の