賜りますと幸いです。 「ご指導ご鞭撻のほど」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

忌憚のない /文例・敬語の使い方・意味

賜りますと幸いです

「指導」と「賜(たまわ)る」にはそれぞれ複数の意味がありますが、ここでは「ご指導賜る」とセットで使うときのそれぞれの言葉の意味を説明します。 まず「指導」とは、ある目的・方向に向かって教え導くことをいいます。 「賜る」とは、ここでは「もらう」の意味の謙譲語です。 目上の人から物をいただく、ちょうだいする、といった意味です。 「日ごろお客様からご愛顧を賜っております」というように使われます。 大変あらたまった表現なので、口頭表現ではあまり使われません。 「教えていただく」という意味 たとえば、「先日の件ではご指導を賜り、大変恐縮に存じます」という文においては、「先日の件ではいろいろと教えていただいて、ありがとうございます」という意味になります。 ご指導=教えること、賜る=いただくこと、と簡単に理解できる言葉に置き換えると、少し難解でとっつきにくい表現でも徐々に適切に使えるようになります。 また、意味を正しく理解して使用することで、不適切な使い方を減らすこともできます。 「ご指導賜る」の使い方:目上の人に対して教育をお願いする場合に使う 「ご指導賜る」は、謙譲語であることを意識して、適切な場面で使いましょう。 主にビジネスシーンにおいて多く使われる表現です。 目下の人から目上の人に対して、仕事上の教育をお願いしたいときによく使われます。 例として、入社したばかりの新人が挨拶のメールを部署の社員全員に送る際、「業界未経験ですが、精進して参りたく存じます。 皆様のご指導を賜りたく、お願い申し上げます。 」こうした表現ができると、国語力の心配はないという第一印象を持ってもらえるかもしれません。 また、社内ではなく社外の目上の人に対しても使えます。 「業界の大先輩である鈴木社長のご指導を賜れれば有難く存じます」といった挨拶のメールを送るときにも使えます。 「ご指導賜る」の使い方では「賜る」の変化に注意が必要 先ほど例に挙げた使い方をみると、「賜りたく」と「賜れれば」と語形変化がみられます。 賜るは「もらう」の謙譲語ですが、適切な使い方をするには、「いただく」で言い換えるとわかりやすいです。 ここでは、「皆さまのご指導をいたたきたく =賜りたく 、お願い申し上げます」「ご指導をいただければ =賜れれば 有難く存じます」と言い換えられます。 「ご指導賜れば」としている誤った使い方がよく見られるので、注意が必要です。 「ご指導賜る」のビジネスシーンでの使い方の例 ここでは、実際にビジネスシーンにおいて「ご指導賜る」の表現が使われる場面の使い方の例をご紹介します。 メールや手紙の挨拶言葉として、季節の挨拶の後に使えます。 「上村課長には日ごろよりご指導を賜り、感謝申し上げます」この場合は、「ご指導をいただき、」と言い換えると語形変化を理解しやすいでしょう。 また、文末の表現としても使えます。 「今後とも一層のご指導とお力添えを賜れれば、有難く存じます」ここでは、「ご指導とお力添えをいただければ、」と考えてみると、わかりやすくなります。 同じ意味で他の表現での言い換えもある ビジネスだけでなく洗練された会話や文面においては、同じ表現が続かないように配慮します。 特に「ご指導賜る」という表現は特徴的なので、できれば1度の会話や文面での使用の繰り返しは避けたいものです。 その場合の言い換え表現の使い方をご紹介します。 「ひとえに佐藤様のご指導の賜物と感謝しております」賜物 たまもの とは、成果のことをいいます。 また、「今後共ご指導の程、何卒よろしくお願い致します」という、こちらも同じ意味での言い換え表現としての使い方があります。 「ご指導賜る」は「教えて頂く」という意味で使い方では語形変化に注意 メールでの文頭のあいさつや文末での結びなど、ビジネスメールにおいて頻繁に使用される表現が「ご指導賜る」です。 この「ご指導賜る」は語形変化が少々難しいので、誤った使い方も多いようです。 日常生活で使わない言葉で、さらに誤用を多く目にしていると、いざというときに正しく使いこなせません。 「ご指導賜る」の意味と使い方をしっかり理解して、正しい使い方ができるようにしましょう。

次の

「ご助言」とは?意味や使い方・注意点・「ご教示」など類語との違いも徹底解説!

賜りますと幸いです

「賜る」は「目上の人からものや意見をいただく、頂戴する」という意味と「目上の人が目下の人にものや意見を与える」という意味があり、相手を敬い立てる時に用いられます。 「賜りますよう」には「頂戴させてください、お願いいたします」という意味合いで使われ、目上の相手に対して何かをお願いしたいときにこのフレーズを使用します。 「賜る」の中には「こんなにたいそうなものを頂き、恐縮である」という意味合いが含まれていますので、使う場面によっては大げさに感じてしまう場合もあります。 普段何かをもらった場合には「いただく」という表現で充分でしょう。 厳粛な雰囲気の場などで「賜る」という表現を使用するのが適切です。 読み方 このフレーズは、相手に何かをお願いする場面などで良く使用されます。 意味合いとしては「どうぞ分かってください、了承してください」というものです。 相手にこちらからお願いをする場合は、失礼のないようにきちんと丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。 また、このフレーズを使用する場合は、下の例文のように「ご迷惑をお掛けいたしますが」や「大変恐縮ですが」などのひと言を添えるとより丁寧で良いでしょう。 使い方の例 ・「こちらの都合でご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」 ・「大変恐縮ですが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ご面倒をお掛けして申し訳ございません」 「ご高配賜りますよう」 「ご高配賜りますよう」は間違い? 「高配」とは「相手の配慮や心配り」という意味の尊敬語です。 ですので「ご高配賜りますよう」とは「配慮や心配りをお願いします」といった意味合いとなりますが、配慮や心配りはこちらからお願いするものではないので、少し違和感を感じるフレーズでもあります。 「ご高配」を使用する場合は、「ご高配を賜り大変恐縮です」というように「相手の配慮に感謝する」といった意味で使うのが一般的です。 そしてこういった場合には、「お引き立てを賜りますよう」や「ご支援を賜りますよう」といった表現に直した方違和感なく自然に聞こえるでしょう。 「ご高配賜りますよう」が必ずしも間違っているとはいえませんが、できれば上のようなフレーズに言い換えるとスマートです。 使い方の例 「ご指導ご鞭撻」とは「鞭を打つほど強く励まし厳しく教えてください」という意味合いとなります。 そこに「賜りますよう」を合わせて「強く厳しく教えてください、どうぞよろしくお願いします」といった意味です。 相手にとても強くお願いしているフレーズであり、相手にとってもそれなりに重みのあるフレーズですので、むやみやたらと使わないようにしましょう。 使い方の例 ・「若輩者ではありますがこれからより一層努めてまいりますので、何卒ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます」 ・「本日よりこちらに参りました〇〇と申します。 精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう、深くお願い申し上げます」 「ご用命賜りますよう」.

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

賜りますと幸いです

忌憚のない / 「きたんのない」と読む。 「遠慮なく」「率直な」という意味を持つ。 否定語「ない」をつけて使用することが多い。 ご購人後に何かご不審な点がございましたら、ご遠慮なくお申し出ください• 忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう、お待ち申しあげます• ご入り用の物がございましたら、ご遠慮なくなお申し付けしつけください。 お役に立てれば幸いです。 弊社と長年のお取引がある貴社に、忌憚のないご意見をご教示いただければ幸いに存じます。 忌憚のないご意見ご批評をお寄せいただければ幸いです。 このほど発売の弊社新製品について、お客様の忌憚ないご意見ご感想をお聞かせいただければ幸いでございます。 忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう、お待ち申しあげます。• 忌憚のないご意見を弊社あてにお送りください。

次の