吉本 興業 契約。 「吉本興業と芸人の取引」は下請法違反~テレビ局、政府はコンプラ違反企業と取引を継続するのか

「契約書のない契約」という“闇”~吉本興業の「理屈」は、まっとうな世の中では通用しない

吉本 興業 契約

友近(吉本興行公式サイトより) お笑い芸人の友近(46)のパワハラ問題が、再びクローズアップされている。 所属する吉本興業は、友近との契約を解除し「エージェント制」に移行したがっているという。 特に問題視されているのは、友近のマネージャーへの態度だ。 最初に友近のパワハラ報道が出たのは、今年8月のことである。 8月といえば、吉本興業株式会社所属芸人の闇営業問題で吉本興業のみならず、「何が真実なのか」と世間もまだ右往左往していた時期だ。 7月に宮迫博之と田村亮が涙の会見。 それに応えるようにして開かれた吉本サイドの延々と続く異例の長時間会見。 ダウンタウン松本人志を筆頭として巨大化しすぎた吉本ファミリーの統率力のなさ。 今夏はネットで上もニュース番組でも「吉本闇営業問題」についての議論が多くかわされたものだ。 その渦中に、友近によるマネージャーへのパワハラ疑惑も噴出。 「週刊新潮」(新潮社)の記事によれば、友近の以下のような言動が問題視されていたという。 ・歴代マネージャーに関する暴言の数々。 「こんなできひんやつ初めて見たわ」「向いてないから辞めろ」など。 ・マネージャーへの深夜まで及ぶ説教、夜中に電話を繰り返す。 ・パワハラに耐えかね、友近のマネージャーは過去10年で20人も替わっている。 ・友近の複数のマネージャーがパワハラを訴える嘆願書を吉本に提出した。 友近本人も一部、事実関係を認めた上で「週刊新潮」に釈明。 いわく、「嘆願書を出したのは、キツい言葉に免疫がない、いままで怒られたことがないような人やないですか」「すべて仕事をうまく回すためで、私自身にパワハラという意識はありません。 正義感で言っているんです」「現場で挨拶ができないとか名刺を持ってこないとか、そんなところから教えるんです」とのことだった。 だが友近にいい印象を抱いていないのはマネージャーだけではなく、番組制作スタッフにも多いと報じた週刊誌もあった。 現場でもスタッフに大女優然とした態度で接するため「友近とは仕事をしたくない」と嘆くスタッフは多く、若手のディレクターや放送作家などに「嫌いなタレント」を聞くと筆頭で友近の名前が上がってくるというのだ。 ただ当時、吉本興業上層部によるタレントへの恫喝が問題となっており、友近は「(松本人志以外は)芸人と社長との信頼関係というのが成り立ってない。 あの会見(=吉本興業岡本社長の会見)を見て余計に不信感を抱いてしまった」とワイドショーで話していた。 このことが吉本側の逆鱗に触れ、友近のネガティブな情報が流されたのではないかと見る向きもあった。 そして冬になり、今回「FRIDAYデジタル」(講談社)が伝えたところによると、やはり吉本側は友近に辞めてもらいたいようだ。 吉本解雇ならテレビの仕事は 「FRIDAYデジタル」はマネージャーの関係者だという人物の証言を掲載。 本当に友近の担当マネージャーが20人も辞め、なおかつ現場でも悪評が立っているならば、彼女をマネジメントする立場の吉本興業もさすがに傍観しているわけにはいかない。 同誌では、友近が「次にパワハラでマネージャーを辞めさせたら専属エージェント契約に変える」と宣告されたと伝えている。 吉本側は友近の解雇も視野に入れているとあるから穏やかではない。 友近は「正義感から」と弁解しつつも、マネージャーたちに厳しく接してきたこと自体は認めている。 これまでに辞めた友近のマネージャーのうちの誰かが彼女によるパワハラ被害を告発する可能性もあるかもしれない。 そうなる前に切りたいという吉本側の思惑もわからなくはないが、しかしである。 ロンドンブーツ1号2号の田村亮は会見で、闇営業問題について「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」と吉本上層部の人間から言われ、不信感を抱いたと泣いて語っていた。 吉本が主要各局と昵懇の間柄にあることは確かであり、専属エージェント契約への切り替えならともかく、もしもフリーになったら友近をテレビで見る機会はなくなってしまうのだろうか。 (文=エリザベス松本).

次の

吉本「契約書ない」問題、吉本に芸人を闇営業禁止&謹慎処分にする“権利がない”可能性

吉本 興業 契約

吉本興業は8日、反社会的勢力との闇営業問題などをめぐって設置した「経営アドバイザリー委員会」の第1回を、8日午後2時から東京・新宿の同社東京本部で開催。 委員会から、すべての芸人・タレントの意向やニーズに合わせた契約形態を提案されたことを受けて、共同確認書をすべての芸人・タレントを交わす方針を固めた。 その上で、従来のマネジメント契約に加えて、専属エージェント契約という形態を導入すると発表。 この「エージェント契約」を巡って、報道陣からの質問が相次いだ。 委員会後に、座長である国際医療福祉大学の川上和久教授が会見を開き、この日の大きな議題は「反社会的勢力との決別」「契約の問題」の2つであったと報告。 「反社会的勢力との決別」については「属性調査、取引の相手が反社勢力と関わりがないのか調査」「知識と意識の乖離を埋めていく」「吉本が取引をした以外の会社と仕事をする『直営業』を行う場合には、情報共有できる体制を取ることが大切」との提言を行い、それに対する岡本昭彦社長の見解を聞いていったと明かした。 「契約の問題」については、まずは約6000人いると言われている全芸人・タレントと「共同確認書」を書面で交わしていくことを確認。 これをベースとして、芸能活動の仕事の獲得・契約交渉の締結などに加えて、タレントのスケジュール調整なども管理していく「専属マネジメント契約」に加えて、マネジメント契約の中からスケジュール調整などといったマネジメント部分を除き、会社は仕事の獲得や契約交渉を主に行い、タレントが個人でマネジメントをする「専属エージェント契約」も導入する方針であることを、川上座長が明かした。 川上座長は、エージェント契約ついて「これまで、日本の芸能プロダクションの慣行としてなかったもの」とした上で「今まで通りではだめだという中で、吉本が今後さらにグローバルに発展していくには、アメリカの大リーグなども取り入れている(エージェント契約を)いち早く導入することで、グローバルな展開に耐えられるようなことになる」と意義を強調。 手間はかかりますが、個々のタレントさんと丁寧に進めていただきたい」と語った。 川上座長は、共同確認書をベースとしながらも、すべての芸人・タレントが「マネジメント契約」「エージェント契約」のどちらかを選択するという訳ではないと説明。 「プロ野球にも1軍から育成契約までがあるように、吉本の場合もいろんなタレントさんがいらっしゃいます。 吉本で育成投資として、劇場で芸を磨いてくださいと。 そしてブレイクしたら、エージェント契約を結ぶということもあるかもしれない。 そういった吉本スタイルがちょっと古い部分があるとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう形を必ずしも否定する訳ではない。 吉本を含め、芸能プロダクションというのは、明日を夢見て、自分の芸を磨いて、自分の持っているパフォーマンスを最大限に発揮して収入を得ていく世界。 ベストパフォーマンスを発揮できる環境を整えるのが、プロダクションの使命で、近代化した形で(契約を)やろうじゃないかということです」と意図を明かした。 突如として登場した「エージェント契約」という言葉に、会見後にも記者から質問が噴出。 タレント個人がマネジメント部分も担うという形であることから「エージェント契約を結んだ場合、今のマネージャーとの関係はどうなるのか?」との質問に、吉本の広報担当者は「タレント本人が『今のマネージャーとの信頼関係があるから、それを続けたい』と希望した場合には、それに沿った形で契約を進めていきたい。 個々の事情に合わせていきます」とし、エージェント契約では所属タレントが代理人を立てることも可能だと説明した。 同社所属タレントではが個人事務所を構えているのを筆頭に、()、()、()ら一部の芸人もプライベートオフィスを立ち上げ、自己裁量でクライアントと直接仕事をしている。 今回の騒動が起こる以前から、将来を見据えて行動してきた芸人も多数おり、今回の委員会をもって同社は専属エージェント契約形態を導入すると大々的に発表した形となる。 どういった仕事をしたいのか、週にどれくらい働きたいのかといったことをタレント自身の裁量で決めることができる「専属エージェント契約」の導入は、これまでの芸能界においても画期的な決断となるだろう。

次の

千原ジュニア 吉本興業が契約書交わすことは「絶対にない」 過去のエピソードで理由を解説― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本 興業 契約

ダウンタウンなどで結成された吉本芸人ユニットRe:Japanの『明日があるさ』に乗せ、 「みんなのためになるならと エージェント制度を提案し みんなやると 思っていたら、気づけば俺1人」と自虐的に歌ったのだ。 加藤浩次に続き、1月10日にはロンドンブーツ1号2号の田村亮が専属エージェント契約を結んだばかりだが、同契約を結んだ芸人はそこまで多くはない。 その理由を、バラエティー番組スタッフが教えてくれた。 「 昨年12月に所属芸人向けの契約に関する説明会が行われたそうです。 その際の説明が、エージェント契約を極力結ばせたくないようなものだったそうです」 専属エージェント契約のマイナス面ばかりを話し 専属エージェント契約とは、タレントが個人でマネージメントを行い、取引先を自由に選べるというもの。 しかし、吉本が提案した内容では決して旨味がないというのだ。 「 専属エージェント契約をする場合、吉本という看板の利用を許可するため、発生したギャラの3割を事務所に納める。 一方で、マネージャーの給料や不祥事などで発生した違約金などは個人負担とのこと。 「『これまで通り』を選んだ芸人には『所属覚書』と書かれたA4サイズの紙が1枚渡され、サインをさせられたとか。 『これまで通り』の芸人に関しては、1年ごとの更新で契約解除の申し出がない場合は自動的に延長されるとのことでした。 専属マネージメント契約も内容はほとんど一緒ですが、こちらは5年に1度の契約更新と説明されたそうです」(お笑い関係者) 実質、専属マネージメント契約はマネージャーがつくような売れっ子クラスだけが選択でき、それ以外の芸人は『これまで通り』しか選択できない状況なのだという。 ダウンタウンやナイナイ、渡辺直美を稼働させます! 「 劇場クラスの若手芸人は数人のマネージャーが数百組の芸人のスケジュールをパソコン上で管理しているだけです。 現場にマネージャーが同行することはほとんどないので、専属マネージメントと呼べるものではありませんし、当然かもしれませんね(笑)。 でも売れっ子芸人が軒並みエージェント契約をしてしまえば、今までのように事務所サイドが強く出ることができなくなりますからね。 交渉でもなんでもないやん。。。 マジか。。。 何にも変わってへん。。。 結局、フタを開けたら何も変わっていなかった……とならないことを願うばかりだ。

次の