コンコルド の 誤り。 Concorde

失敗とわかってももったいないから続けてしまう悲しい習性「コンコルド効果」を知って無駄を省こう!|ferret

コンコルド の 誤り

しかし、コンコルドにはスピードが速いために発生する難題がいくつかありました。 飛行場に長い滑走路が必要であったこと• 騒音が大きいこと• 値段が大変高額であること せっかくイギリスとフランスが巨額と時間を費やした事業です。 さらに巨額を投じて改善に取り組みますが「長い滑走路」「騒音」「高額」の3大欠点はなかなか改善できませんでした。 これらのネックに拍車をかけたのは、第2次オイルショックによる燃料価格の高騰です。 ただでさえ高額な航空券がさらに急騰し、会社の経営を傾けました。 欠点はありましたが、真剣に向き合わず、なかなか中止を踏み切れませんでした。 そんな中、ついに起きてはいけないことが起こります。 墜落事故です。 しかし、度重なる航空事故のため、逆に最も高い「危険旅客機」という悪評に変わってしまいました。 2003年、定期運航を終了。 コンコルドは当時の注目を大きく集めましたが、商業的には最大の失敗作の1つと言われています。 これを「コンコルド効果」と呼びます。 投資が多くなるにつれて、投資がやめられなくなる状態を指します。 その後、経営者たちには悪い手本とされています。 何でもそうですが、巨額のお金や長い時間をかけたものは「手放しにくい」という心理が出てきます。 人間ですから、投資したことを手放すときには「もったいない」という気持ちが出てきます。 お金や時間をかけたものほど、手放したくない気持ちが大きくなり、経営判断を狂わせます。 先のコンコルドの例も、早い時期に撤退していれば、経済損失を小さくできたはずです。

次の

サンクコストとコンコルド効果|損失が拡大するもったいない心理とは

コンコルド の 誤り

サンク(Sunk)は直訳すれば「沈んでしまった」といった意味。 だからサンクコストは、沈んでしまったコスト=もう取り返しがつかないコストということです。 なぜつまらないDVDを見続けることが「取り返しのつかないコスト」の「誤り」になるのでしょうか。 ちょっと違うバージョンを考えてみて下さい。 テレビをみていたら、面白そうな映画がはじまったので見てみた。 でも5分も見たらつまんなそう。 さて、この映画を最後まで見るでしょうか? そんな映画より、さっさとチャンネルをかえてしまいますよね。 そりゃそうだ。 雨の中わざわざ借りてきたDVDだからもったいないじゃないか。 タダで見られるテレビの映画とは違うよ。 そう思いませんでしたか?それこそが「サンクコストの誤り」なのです。 なぜ? つまらないDVDを見続けたとして、レンタルDVDショップまでの往復にかかった時間は返ってきますか?車のはねた水で汚れてしまった服はきれいになりますか?レンタルショップに払ったお金は返ってきますか?返ってこないですよね。 だから取り返しのつかないコスト、サンクコストなのです。 でもどうでしょう。 もう取り返しのつかないコストにこだわるよりも、今からの2時間を楽しくすることの方が、ずっと大事ではありませんか? 2時間あったら、もっと面白いテレビ番組を見られたかもしれない。 友だちと楽しく電話できたかもしれない。 睡眠不足を解消できたかもしれない。 そもそも、タダでみられるテレビの映画だったら、さっさと見るのを止めるんじゃなかったでしょうか。 だけど人間のこころはそのようにはできていないんですね。 「これだけ払ったんだから、これを続けないとモッタイナイ」そう思ってしまうようなのです。 他にもこんなサンクコストの誤り、してませんか? ・壊れててデカくてジャマなんだけど100万円もしたものだから。 ・才能ないし好きでもないけど、10年続けてきたピアノだから。 ・5万円つぎ込んだスロットマシンだから、もう1万円。 もっと大規模な「サンクコストの誤り」の例もあります。 「コンコルドの誤り」です。 コンコルドとは超音速(時速2000キロ超)で飛ぶ、夢の旅客機です。 ちなみに一般的なジェット旅客機は亜音速といって、時速1000キロ弱です。 計画段階では、みんな「これができたら凄い!」とにワクワクドキドキしたことでしょう。 しかし開発が進むにつれて、完成には膨大なお金と時間がかかること、そして実現してもそれほどの利益を生まないことがわかってきたそうです。 「でも、もうこんなに時間とお金を使ってしまったから、今さら止められないんだ」という理屈でプロジェクトが進められたそうです。 2003年にコンコルドの運航は終わったのですが、Wikipediaには「コンコルドは、商業的には失敗であった」という実も蓋もない説明がつけられています。 それにしても、なぜ人はこんな「誤り」をしてしまうのでしょうか。 人の「こころ」は分からないものです。 そんな「こころ」の分からなさにハマった人たちが世の中にはいて、一般に心理学者と呼ばれています。 心理学の世界には、こころについての、奇妙だったり興味深かったり俄には信じがたかったり思わず納得してしまったりするような研究結果が満ちあふれています。 そうした研究成果を、皆さんに紹介して楽しんでもらえたら...。 「こころ学」は、そんな風に考えています。 さて、サンクコストの誤りですが、最近、ちょっと面白い研究がありました。 West Virginia大学のJoNell Stroughさんのグループは、75人の大学生と、73人の地域住民の方に実験への協力をお願いしました。 大学生は18才から27才だったので、いわば若者代表です。 地域住民の方々は58才から、最高齢はなんと91才の方!中高年代表になっていただきましょう。 そして合計148人の協力者に、次のような質問をしたのです。 「有料テレビで、ある映画に10. 95ドル払いました。 みて5分でもう飽きてきました。 つまらない映画です。 この先どうするか、選んでください」 ・見るのを止める ・もう10分見る ・もう20分見る ・もう30分見る ・最後まで見る 有料テレビ(Pay TV)の話になっているあたりがアメリカンですね。 さて10. 95ドルといえば1000円強。 ちょっとしたお金です。 皆さんならどうしますか? 結果、若者も中高年も、サンクコストの誤りをおかしました。 お金を払わずに見られる映画のときよりも、長く見続けると答えたのです。 ここまでは予想どおり。 気になるのは、若者と中高年の差です。 だんだん頭が固くなって融通のきかない中高年のほうが、過去にしばられやすいのか。 お金に余裕のない若者のほうが「もったいない」と払ったお金を惜しむのか。 はたしてどうでしょう。 Stroughさんたちによると、中高年のほうが誤らなかったそうです。 中高年のほうが若者よりも、理性的であったということですね。 もっとも中高年もサンクコストの誤りを全くしなかったわけではないので、あくまで比較の問題ですが。 ともあれ、年を取るのも悪いことばかりではないようです。 ただ、なぜ中高年のほうがサンクコストの誤りをしないのか、それは、はっきりとは分かっていないようです。 筆者などは、中高年のほうが余生が短いから、時間を大切にするんじゃないか?と思いましたが、それは単なる思い付き。 科学的に正しいかは、わかりません。 興味ある方、いっしょに研究してみませんか? 「こころ学」今回はヒライシが担当いたしました。 次回は11月14日に更新予定。 どうぞごひいきに。 Are Older Adults Less Subject to the Sunk-Cost Fallacy Than Younger Adults? (中高年は若者よりもサンクコストの誤りにはまりにくいか?) Strough, J. , Mehta, C. , McFall, J. 2008. Psychological Science, 19 7 , 650-652. doi:10. 1467-9280. 2008. 02138. (雑誌へのリンク) Psychological Scicence - Illustration by.

次の

余録:行動経済学に「コンコルドの誤り」という言葉がある…

コンコルド の 誤り

今まで費やした時間やお金がもったいなくて、損だと分かっているのに投資を続けていませんか? 投資の心理学には 「無駄な投資と分かっているのに止められない心理効果」を意味する「コンコルド効果」があります! 人は時間やお金を多く 費やしてしまった分、あとになってそれを惜しんでしまい、損失と分かっていてもそのまま投資を続けてしまいます。 そこで、自分が損失へとつながるものに投資していることに気付く必要があります。 コンコルド効果でいう損失への投資とは、下記のものに投資することをいいます。 パチンコやギャンブル• ダラダラ恋愛• 赤字ビジネス• 課金ありゲーム• 映画鑑賞 この記事でコンコルド効果を理解すれば、 損失になる ものに投資してしまうのを止められる ようになります。 投資の心理学を学んで、利益の出せる投資をしていきましょう! 目 次• 膨らむ損失!コンコルド効果の意味とは? コンコルド効果の意味は 「対象に投資を続けることが損失になると知っているのに、それまでのお金や時間がもったいなくて投資を続ける」心理状態のことをいいます。 別名「サンクコスト効果」や「埋没費用効果」とも呼ばれています。 コンコルド効果は、例えばパチンコで「もう3万円も投資したから、そろそろ勝てるだろう」とか「3万円を取り返すまでは止めない」といって損だと分かっているのに投資を続けるといった感じです。 恋愛での例としては、「もう5年以上付き合っているけど、結婚が考えられない。 けれど、今までの時間やお金がもったいなくて別れを切り出せない」といった心理状態になります。 このような無駄と分かっているものに、お金や時間などの 投資を続けるのは、破滅を生んでしまうので非常に危険なことですよ。 コンコルド効果の由来 コンコルド効果の由来は、1962年にイギリスとフランスで共同開発された高性能旅客機「コンコルド」から来ています。 開発当初は売れ行き上々でしたが、時代の変化によって大型旅客機へ需要が傾き、コンコルドのキャンセルが相次ぎました。 開発を続行しても利益が見込めないと気付いたときには「今すぐ開発を止めて、違約金等を旅客機の会社へ支払った方がだいぶ安く済む」ほどの大赤字であったことが分かりました。 しかし、今止めてしまうとこれまでコンコルドに投資したお金や時間、労力に対して意味がなくなってしまうことや、責任追求の不安から、赤字続きのまま開発を進めたのです。 以来、 それまでの投資を惜しんで、損だと分かっているのに投資を続けてしまうことを 「コンコルド効果」と呼ぶようになったのです。 コンコルド効果とサンクコスト効果の意味は同じ コンコルド効果とサンクコスト効果は、ほとんど同じ意味です。 心理学では「コンコルド効果」、経済学では「サンクコスト効果」や「埋没費用効果」と呼ばれています。 サンクコスト効果の意味は、事業に投資したお金や労力のうち、その事業が撤退や縮小しても戻ることがないお金や労力のことをいいます。 例えば、あるビジネスを始めるために多額の資金や労力が必要になったにも関わらず、失敗してしまい費やしてきた資金や労力が回収できなくなるといったことになります。 コンコルド効果と意味は似ていますが、経済学的な観点から見てみると違ってきます。 分かっているのに止められない!コンコルド効果の5つの具体例 コンコルド効果による投資を止められない心理は、具体的にどんな感じなのでしょうか。 理解を深めるために、身近な具体例を5つ紹介します。 パチンコやギャンブル• 課金ゲームのガチャ• ダラダラ続く恋愛• 赤字ビジネス• つまらない映画 コンコルド効果の具体例1. 元を取るまで止められないパチンコやギャンブル パチンコやスロットなどのギャンブルにおけるコンコルド効果は 「ここで止めたら損だ、元を取るまで続けよう!」というものです。 例えば、パチンコで3万円損しているとしたら「3万円も入れたんだから、あと1万円入れれば勝てるんじゃないか」という根拠のない自信を持ってしまいがちです。 その自信から、 さらに1万円から2万円以上をつぎ込んでしまった場合、 結果的に損失を大きくしていることになりますよね。 コンコルド効果の心理状態に陥ってしまうと、3万円で済んだ損失が4万円以上に大きく膨らんでいきます。 これを繰り返すことによって損失はどんどん膨らんでいき、ひどければ多額の借金をしたり、金銭トラブルに発展することもあります。 パチンコやスロットに限ったことではなく、カジノや麻雀などのギャンブルにおいても同じです。 コンコルド効果の具体例2. コンプリートするまで終われない課金ガチャ スマホゲームによくある基本無料だけど、課金することでレアアイテムが手に入るような専用ガチャが回せるコンテンツがありますよね。 中には、コンプリートすることで限定アイテムがゲットできる「コンプガチャ」というものも存在します。 簡単にコンプリートできるものは少ないので、完成させるためには、ひたすらガチャを回してアイテムを集めていく必要があります。 スマホゲームの課金は後払いのものもあるので、特に未成年が仕組みを知らず課金を続けた結果、 請求金額が大変なことになっていたという経済的な問題 も過去には発生していました。 また、最初は無料で引ける分だけで我慢していても、ほとんど集まってきて課金が必要になってくるレベルまで行ってしまうと「ここまで集めたんだからコンプリートしたい!」とコンコルド効果が発動してしまい、投資が止まらなくなってしまいます。 コンコルド効果の具体例3. 長続きほど別れられない恋愛 恋愛では、最初は恋人とラブラブでいたのに、付き合っている期間が長くなるにつれてマンネリ化してしまう場合もありますよね。 マンネリ化によって好きという感覚が薄れてくると、なんとなく付き合ってしまい別れづらくなってしまいます。 例えば、付き合って5年になる恋人がいたとします。 惰性で付き合っていることもあり、好きという感覚も初デートに比べると薄くなってきています。 しかし、結婚は考えていないので、思い切って別れるという選択肢もありますが、 今まで恋人に費やしてきた時間やお金がもったいなくて別れられないということになります。 別れるほうが早いと分かっていても、コンコルド効果の思考状態になると、ズルズルと引きずってしまって時間もお金もさらに費やしてしまいます。 コンコルド効果が恋人同士で発動している場合は、 なかなか別れられないでしょう。 コンコルド効果の具体例4. 赤字続きのビジネス 赤字続きで利益が見込めないビジネスに投資を続けている場合です。 例えば、成功を見込んで、ある事業を立ち上げるために大金を投資したとします。 しかし、結果は失敗に終わり、 赤字続きで撤退を余儀なくされてしまいました。 ここで コンコルド効果が発動すると「せめて初期投資分のお金を取り戻すまでは」とか「あと1年続けたら黒字になるかもしれない」 という心理状態になって投資を止められなくなってしまいます。 撤退する基準を明確に設けていない場合は、いつまでもビジネスにしがみついてコンコルド効果から抜け出せません。 損失が損失を生む悪循環に陥ってしまい、ますます経営は悪化していくでしょう。 コンコルド効果の具体例5. つなまらいのに抜け出せない映画 映画館で楽しみしていた映画を見ているときに、実は内容がつまらないと気付いた場合です。 あなたなら、このとき途中退席できますか? それとも、せっかく1500円も払ったんだから、つまらなくても最後まで観ますか? 圧倒的に後者のほうを選ぶ人が多いでしょう。 本当は つまらないと分かった時点で、割り切って外に出て時間を有効に使うことが理想的ですが、できる人はひとにぎり程度でしょう。 元を取るために払ったお金の代わりに2時間を無駄にするか、お金は無駄になったけど残りの時間は有効に使えると考えるか、判断は難しいところですよね。 内容がつまらないのに抜け出しにくい映画館にも、コンコルド効果が絡んでいるのです。 損思考を捨てよう!コンコルド効果の投資を止める3つの対策 コンコルド効果において、止められない投資を防ぐには、思考を変えるしかありません。 そこで、コンコルド効果に陥らないための対策を3つ紹介します。 損思考を持たない人は、どんな対策をしているのでしょうか。 投資を続けるメリットを考える• 結婚につながる恋愛をする• ゼロベース思考を持つ コンコルド効果の対策1. ギャンブルや赤字ビジネスを続けるメリットを考える パチンコや赤字ビジネスなど、損だと分かっていることに投資し続けるメリットを考えてみましょう。 パチンコなどギャンブルを続けて本当に元が取れますか?• 赤字続きのビジネスで利益を出せるのでしょうか?• 課金ゲームのガチャを続けて、あと何回引けばコンプリートできるのでしょう? 冷静に考えてみればメリットなんてありませんし、 元が取れる保証はどこにもありません。 ちょっとだけのつもりが、気が付けば大金を使っていたなんてことになってしまいますよ。 損思考を捨てるために、必ずメリットを考えるようにしましょう。 コンコルド効果の対策2. 結婚につながる恋愛をする 結婚を前提とした恋愛 をすることで、恋人とダラダラ付き合ってしまうのを防ぐことができます。 結婚を意識しないと、いつまでたっても踏ん切りがつかず、だらしないまま恋愛をすることになりますよ。 そして、自分がコンコルド効果に陥らないことはもちろんですが、パートナー選びも大切なことです。 せっかく結婚しても、パートナーがコンコルド効果の心理状態になっていては、上手くいく保証は減ってしまいます。 パチンコやギャンブルだけでなく、問題を抱えて冷静に判断できなくなった場合など、 止めてくれるパートナーであることも重要ですね。 コンコルド効果の対策3. ゼロベース思考を持つ 白紙の状態で物事を考えることによって、投資に対して損失を生まない選択ができるようになります。 「この前もギャンブルで勝ったから、今回も負けないだろう」とか「元を取るまでは、帰れない」などの思考を持つことは投資を止められない原因となりますよ。 また、自分の思考だけでなく、他人の思考に影響を受けて自分に制限をかけている場合も考えられます。 ゼロベースで物事を考えることによって損思考を捨てることができ、ムダな投資を止めることができますよ。 そして、ゼロベース思考はもちろん大切ですが、悩んだときは周りに相談してみることも、コンコルド効果の対策として重要です。 【まとめ】コンコルド効果を克服して利益になる投資をしよう! ここまで、コンコルド効果について紹介してきましたが、いかがでしたか? 繰り返しますが、コンコルド効果とは 「対象にお金や時間などの投資を続けることが損失になると知っているのに、それまでの投資がもったいなくて投資を続ける」心理状態の ことでしたね。 パチンコやスロットなどのギャンブルに加えて、恋愛や課金ガチャ、ビジネスにも心理学的な影響を与えていることが分かりました。 特にギャンブルや課金ガチャはほとんど損失ですし、ビジネスや恋愛においては相談して再起することも不可能ではありません。 これらの損失に投資することはコンコルド効果だということを思い出して、ゼロベース思考や周りに相談することで解決しましょう。 そして、コンコルド効果を克服して、利益の出やすいビジネスや結婚につながる恋愛に投資していきましょう! 今回は、コンコルド効果をテーマにして、損失を回避する方法を解説しました。 この記事を読み終えたあなたは、今やコンコルド効果と投資に関する知識を得たも同然です。 もしかして、コンコルド効果の記事を読み終えて、満足したままマナレンを閉じようとしていませんか? せっかく学んだ知識を実際にビジネスや投資に活用しなければ、何の意味もありませんよ! 実際に「知識はあるけど、ビジネスや投資に関しては素人同然だから分からない」とか「投資もギャンブルと同じで失敗しないか不安」なんて声が聞こえてきそうです。 だからこそ、学んだ知識を投資やビジネスに活用するためには「実践的なノウハウ」が必要なんですよ。 やみくもに投資したところで、失敗は見えていますからね。 マナレンでは、コンコルド効果を含めた心理学や経済学といった知識だけでなく、 で 「学んだ知識をお金に結びつける方法」 も 紹介しています。 知識にノウハウが合わされば、起業して成功を収めたり、投資で安定した利益が得られるようになりますよ。 メール講座では、勉強で学んだ多くの知識を活用できずにいた僕が、コンコルド効果のような心理学を 「セールスプロモーションや投資で利益に繋げた方法」をお話ししています。 コンコルド効果に陥りやすいギャンブルや娯楽にお金や労力を投資して損するくらいなら、 あなたが学んだ知識を確実にお金に変えていく「マナレンの完全無料ノウハウ」を活用した投資で成功をつかみましょう! きっと 「あのときマナレンのメール講座を読んでいて良かった!」と思えるときが来ます。 最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

次の