圧勝 漫画。 圧勝(漫画)のネタバレ!吉田さんの正体は?最新刊情報も!

マンガ「圧勝」は面白い?つまらない?評判や吉田の正体について調べてみた

圧勝 漫画

漫画「圧勝」の感想 3回だまされた まず、この記事のタイトルにも書きましたが。 序盤 といっても、1巻分はかかってるかもしれませんが でいきなり、3回も騙されたんですよね。 こんな感じで。 確信犯的な感じなのが憎たらしい^^ ミステリー系(?)の漫画にしようと思ってなかったら。 最初にバイオレンスっぽい感じの絵は、描かないですからね。 途中まで、ストーリーには全く関係ないわけですし。 吉田さんの謎 キャラに関しては、元引きこもりで大学に入学したばかりの主人公の篠山誠と。 同じく大学に入学したばかりの、隣に住む吉田さんの2人がメインになっていきます。 誠は、ちょっと気弱などこにでもいる大学生という感じなんですが。 吉田さんがかなり変わった人物になっています。 美人で、モテるけど、プチ引きこもり。 そして、男性との距離感がちょっとおかしく。 ほぼ初対面の誠の家で、薄着でくつろいでゲームしたり。 天然系で、男に勘違いさせちゃう美人なのかなーと、一時期は思っていたんですよ。 でも、それだけでは説明できないレベルで、距離感がおかしくて。 子供の頃になにかしらのトラウマとかある女性なのかな?と思い直したんですが。 さらにそれでも説明できない事態になっていきました。 だって、吉田さんに近づいた涼(チャラい大学生)が。 急に被害妄想的な幻覚を見始め。 バイト先で、意味もなく攻撃し始め。 その後に、意識障害になってしまったんですから。 この辺りから、なんとなく吉田さんのことを、「食虫植物みたいだなー」と思うようになりましたね。 かっこよくいうと傾国の美女とかになるんでしょうが。 でも、エサ(美しく、無防備な姿)で男性を集め。 集まってきた男性に害(幻覚、意識障害)を与える存在で。 しかも、それに対して、悪意がなさそうな姿を見ていると、ね。 大きな物語が眠っていそう そんな吉田さんは、刑事(目黒刑事)に目をつけられています。 その理由に関しては、まだ読んでいないのでわかりませんが。 目黒刑事がおっていた1年前のなにかの事件が絡んでいる様子。 そして、その時期にさらに何かが起こったようですが。 その時に関係してくるのが、目黒刑事の娘(目黒マメ)と。 現在、吉田さんに彼氏がいるものと勘違いして、誠がつくった彼女である。 ハルコの2人だというんですから。 まだまだ全貌が明らかになってませんが、何かしら大きな謎が残っていると思ってしまうんですよ。 それに、吉田さんを過去を知り、吉田さんの後を追いかけている謎の人物(神田零)が現れたり。 また、上に書いたように、吉田さんに近づいたから始まってしまった。 涼の幻覚と意識障害もあるんですから。 背景に大きな何かがあると考えるなという方が無理ですよね^^ 先が気になって仕方がない そんなわけで、真実が何かが知りたくて、続きが気になって仕方がありません! どう考えても、まともでない吉田さんがどういった存在なのか。 持っている能力的なものは何か。 なぜ「友達」にこだわるのか 1年前どのようなことが起こったのか。 神田零が何者なのか。 そして、現状ハルコといちゃいちゃできて浮かれまくっている^^ 主人公の誠は、事件にどのように絡んでくるのか。 これら以外にもいろんな疑問があるんですもん。 後、個人的に「圧勝」に意味があるなら、はよ知りたいと思っているんですよね^^ 現状、吉田さんが、部屋着に「圧勝」と書かれた無地のTシャツを書いていることだけしか、「圧勝」に意味はなさそうですが。 第1話最初の数ページに描かれた荒れた教室にも、その「圧勝」Tシャツがあるんですから。 何かしらの意味があるんじゃないかなと思っちゃいますよ。 終わりに というわけで、漫画「圧勝」の感想を書いてきました。 本当に、読んでいて思いもよらない方向に進んできましたね。 表紙や序盤を読んで、美人のご近所さんとのドキドキキャンパスライフとか思っていたのが、懐かしい^^ でも、今は次がどうなるのかが気になっている気持ちが一番大きいですかね。 主人公が、厳密には問題に絡んでいない状況なので。 すべての謎が一気にとかれるということはないでしょうけど。 それでも気になるのは気になりますからね。 以上、漫画「圧勝」の感想!不思議な美女の謎に迫るミステリー?【マンガワン】、でした。 追記(2巻以降) 第1巻に相当する部分を読んで以降も、チェックしていましたが。 少しずつ動きがでてきましたね。 主人公がストーリーに絡んでいないのは、まだ変わっていませんけど^^ でも、あんなにイチャイチャしていたハルコが目の前で攻撃されたり。 また、吉田さんと絡んだ人間で、他者への攻撃性が増すのは男性だけで。 逆に、女性は自分への攻撃性が増していくということがわかったり。 なにより、吉田さんが普通にしている、不気味さが明らかになってきたりと。 多少はあった日常系の姿はお亡くなりになり。 サスペンスやミステリー要素が、ガンガン上がってきましたよ。 表紙を見て買った人の中には、思っていたのと違うと思う人も増えるかもしれませんが。 私は、この「謎が徐々に明らかになってきたけど、まだまだ全容がまったくわからない。 」という雰囲気は嫌いじゃありません。 というか、大好物です^^ ですので、より続きが楽しみになっており、続きが楽しみにでしょうがないです。 あるていど話が貯まるごとに読んでいるので、次に貯まって頃にはどうなっているんでしょうね。 以上、漫画「圧勝」の感想の追記でした。

次の

マンガワンの圧勝(裏サンデー)のコメント欄閉鎖の理由は?

圧勝 漫画

以前、同じマンガワンで連載中『』のユーリがかわいい!という記事を書いたんですが ふと、 マンガワンにはランキングがあったことを思い出し、何気なしに見てみたらこちらの漫画『圧勝』が目に止まりまして。 たぶん、健全な男子なら誰しも 「おっ!?」となるのではないでしょうか? そうです。 早速表紙に釣られ途中まで閲覧したんですが、疑問点がいくつか浮かび上がってきまして、ネットの感想を見てみたところ、、、まぁ めちゃ酷評。 さらに Amazonレビュースコア 1. 加えて 公式コメント欄炎上状態。 と色々酷い有様でした。 そこで本記事では、 なぜここまで酷評されているのか?にも関わらず、マンガワンの看板作品になっているのか? ネットの評価&感想と疑問に思った点をまとめてみたいと思います。 美人なお隣さんとアレコレする「圧勝」っていう漫画がハチャメチャにオススメなんで、みんな何も言わずに読んでくれよな — なでシコ松 ndsc25 「何も言わずに」・・・ この漫画においては非常に難易度が高い。 追記: 中盤以降 おクスリ決めるよ!とりあえずヤりまくるよ!人殺しまくるよ!主題の「ラブ」は飾りだよ!でもサスペンスも適当だよ! ちなみに 「大学生達の歪んだ性と愛を描いた、衝撃のラブサスペンス。 」この一文は公式にはなく、のほうで追記されていました。 さすがに「吉田さん云々」だけ書かれていても訳が分からないので補足したのだと思われますが、 「衝撃のラブサスペンス」には疑問が残ります。 マンガワン公式ランキングでトップ10入り!?• 2017年末にはアニメ化が発表され今波に乗っている 『ケンガンアシュラ』• 界隈では大人気、Amazonレビューも高評価の 『血と灰の女王』 これら2作品に続き、 Amazonレビュースコア1. 2の『圧勝』がトップ10にランクインしているのは正直、ちょっと違和感がありますね。 ネット上の反応 ネット上では意味不明な展開に批判の声が 当然ですが、ここまで炎上しているのには訳があります。 これからその理由を ネット上の生の声から深掘りしていきたいと思います。 まずは『圧勝』がなぜ批判されているのか?の問いに対して あとは、叩かれている原因として、マンガワンのアプリ内で看板漫画扱いされているからというものがあります。 上記の私の感想のような感じで、この作品について批判的なコメントはとても多く、今やコメント欄は見るからにに荒れている状態なのですが、何故かマンガワンアプリ内では大人気もヒット作のように扱われているんですよね。 そうなんです。 マンガワン公式がなぜか『圧勝』を推してるんですよね。 もしかして 圧勝って漫画おもしれえんじゃねえか? って思い始めちゃうよねこんなププププププププッッッッシュされると 数話で切ったけど — ヤスダ 0306TEMPEST しかし、面白ければ炎上なんてしないですよね。 一番の炎上理由は漫画の内容(シナリオ)です。 恋愛漫画だと謳っているけれど2大ヒロインの片方は死んでるしあとの1人は頭がおかしい性病?持ちの女の子。 死んでる方の女の子と主人公は一応お付き合いしたのですが、彼女から性交する為に彼氏になったらいいやん!と告白?した事から始まり、その動機は主人公は浮気しそうに無いからであり、浮気を疑った時には元彼?に電話して 元彼の為に怪しい薬を試して結果死んでしまいました。 直感みたいなものですが、なんかイラストが良いだけで面白い作品だと思っちゃうんですよね。 しかし、以下の声を聞いたらもう表紙買いはしたくなくなるかもしれません。 平積みされててPOPが目に入り表紙買いしたこの漫画、ヤバい 語彙力 読み進めるために消費されるHP 精神力 が㌧でもない…本屋で手に取った時にはさ、こんなことになるとは思っていなかったんだ。

次の

マンガ「圧勝」は面白い?つまらない?評判や吉田の正体について調べてみた

圧勝 漫画

漫画「圧勝」の感想評価 漫画「圧勝」とは 高校時代に、ゲームにハマって引きこもっていた主人公(篠山)が、大学の入学式で美人の女性(吉田さん)と出会う。 吉田さんのことが気になっていたら、なんと同じアパートに住んでいることが判明。 そして、ちょっと天然入っていて距離感が近すぎるインドア派の吉田さんと仲良くゲームをしつつ、少しずつ、お近づきになっていく。 そんな恋愛日常系漫画! だと、よかったんですけどね・・・ 実際のところは、最初はそんな雰囲気だったんですよ。 最初の数ページ以外は。 でも、篠山のしらないところで、ドロドロしたことや、不思議なことが起こり始めていくんです。 吉田さんはエロいけど・・・ ヒロインだと思っていた吉田さんは、まずエロさが目立ちますね。 スタイルがいいのに、薄着で、しかも距離感がおかしくて。 なので、最初のころは、純粋無垢なのかなって思っていたんです。 でも、吉田さんは、なぜか友人というものに、固執しています。 たとえ、上手く利用されていても、相手のいうことを聞くという、ちょっと偏屈さがあるレベルで。 その姿を見ていると、過去にいじめや虐待といったことを受けていたのかと思わされるんですよね。 特に、吉田さんの中で、「男性と友人になる=男性と寝る」という公式が成り立っているのを見たら、絶対にそうだと。 なので、吉田さんには、エロさの他に、うすら寒さも感じてしまいましたね。 少しずつ怖くなっていく で、その状態で終れば、「吉田さんのトラウマを取り除き、ゆっくりと恋愛になっていくのかな」という風に思えたんですけどね。 篠山、さっさと別の彼女(ハルコ)作っちゃってそんな感じではなくなっちゃうんですよねw そして、それ以上の異変も起きていきますし。 一番大きいのは、吉田さんと寝た涼が、しばらくして発狂。 そして、バイト先で、いきなりお客に殴りかかり殺害。 さらに、殺害した側の涼が意識障害になってしまう。 そんな不可思議な現象が起きてしまうんです。 また、吉田さんのまわりにちらほら現れる男性(神田)。 単なるストーカーかと思いきや、思わせぶりな発言を繰り返しますし。 吉田さんのことや、涼に起こったことも知ってそうな雰囲気をもっているんです。 さらに、吉田さんのことを調べる、刑事(目黒)。 彼が調べ始めるきっかけになった1年前の事件に、娘(マメ)がかかわり。 しかも、その際には、DVでも受けたかのようなハルコも、マメのバイト先の先輩として現れるんです。 ここまでくると、ほのぼのとか、トラウマをどうにかするとか、そういったことを言ってられなくなりますね。 むしろ、「圧勝」は、吉田さんの正体と、そして引き起こされる事件の謎を調べていく、ミステリーなんだと。 いや、よく考えたもんです。 ほのぼのから、少しずつ怖くしていく、この手法は、こちらを引き込んでいきますからね。 温度差がなくなったときどうなるか ただ、裏でそんなことが起きているとは、ほとんど知らず。 篠山は、ハルコといちゃいちゃしてますw ちょっと、ハルコが、吉田さんとの関係を邪推して、落ち込んでますけどね。 第1巻の段階だと、まだまだ吉田さんの周りで起こっていることと。 篠山の周りで起こっていることの楽さが、非常に大きいです。 でも、今後は、その落差がなくなっていき、篠山も吉田さんのまわりで起こることに首をつっこんでいくはず。 ハルコのこともありますし。 そうなったときに、どうなっていくのか。 今から、楽しみなんです。 追記 その後、元彼に会いに行ったハルコが、篠山の目の前で殺されたり。 また、吉田さんの能力の影響を受けたと思われる山村ゆみが、他者への攻撃ではなく自殺したりと、大きな変化が訪れました。 正直、どちらも意外でしたね。 目黒の過去が絡んでくるまで、ハルコがいなくなるなんて予想つきませんでしたし。 また、第1巻の冒頭から、全員他者への攻撃性が増すもんだとばかり思っていましたから。 でも、これらのおかげで、第1巻で見えていた闇の部分が一部だったことがわかるとともに。 見えていたなかった部分へ、ストーリーが入っていったのがわかりましたね。 主人公なのに、まだストーリーに絡み切れていない篠山。 少しずつ事件に近づいて言っている目黒たち刑事。 悪さをしだした神田。 彼らがどう動いていくのか。 続きを見ていくしかないですね。 まとめ 漫画「圧勝」のおすすめポイントをまとめますと。

次の