韓国 ドラマ 彼女 は キレイ だっ た あらすじ。 韓国ドラマ 彼女はキレイだった あらすじ 15話~16話(最終回) 放送予定

彼女はキレイだった

韓国 ドラマ 彼女 は キレイ だっ た あらすじ

子供のころのヘジンにそっくりなへリンを見たソンジュンは、一目でヘジンの妹だと分かった。 向かい合ったへリンとソンジュンを見て驚くヘジン。 へリンにお姉さんの友達だと話すソンジュン。 何か間違いがあったようだとあわてて編集長に会いに行くソンジュンの元に駆けつけるヘジン。 ヘジンの身なりにダメ出しするララ編集長。 会議でみんなの企画にダメ出しをするソンジュン。 20周年特集号の企画を白紙にすると言うソンジュンに戸惑う編集部の人々。 ジェームステイラーとのコラボの件をジュヨンに尋ねるソンジュン。 コラボは難しそうだと答えるジュヨンに、ジュヨン氏を過大評価していたようだ。 と言い、計画通り20周年特大号はジェームステイラーとのコラボの表紙にすると言うソンジュン。 これからは自分が接触してみると言うソンジュン。 外は綺麗な青空が広がり、携帯で写真を撮るソンジュン。 同じ空を見たヘジンも写真を撮っていた。 そんな姿を微笑ましく見るシニョク。 激務に疲れた仕事帰りにバスで眠りこけていたヘジンの姿を思い出すシニョク。 ヘジンはそれだけ疲れていてもお婆さんに席を譲っていた。 綺麗な青空を写真に収めるヘジンを見ながら。 ホテルのレストランで家族の姿を見たハリは、以前家族で誕生日祝いをした事を思い出し、寂しい表情になる。 父親から着信があり、この間父親に叩かれたことを思い出すハリ。 手はもう治った?というメッセージと共に、綺麗な青空の画像をハリに送るソンジュン。 へリンがソンジュンに会い、バレるところだったとハリに話すヘジン。 絶対にばれたらダメだ!と興奮するハリに驚くヘジン。 自分を馬鹿にするソンジュンの事はもう考えないほうが精神衛生上良いから、もうソンジュンの事は話すのはよそうとハリに言うヘジン。 翌朝、ララ編集長の言葉を思い出したヘジンはオシャレして出勤しようとする。 ひどいヘアメイクで出勤したヘジンに驚き、ため息をつくソンジュンww ジェームステイラーとのコラボを成功させようと接触するソンジュン。 北京から東京へ向かうジェームステイラーを韓国に寄らせることに成功した。 空港で1時間ミーティング出来ることとなった。 ソンジュンを空港に連れて行く人が必要になる。 シニョクにはめられ、手を上げさせられたヘジン。 ソンジュンを車で空港に連れて行くこととなったヘジン。 行き先は仁川空港で良いんですよね?と確認するヘジン。 何度尋ねても返事しないソンジュン。 集中したら他の事に気付かないソンジュンだった。 途中で気付き、どうして仁川に向かっているんだ!!金浦空港に行かないと行けなのに!!と叫ぶソンジュン。 仁川空港に向かう道はひどく混んでいて車が動かない。 行商のおじさんに話を付け、行商のバイクでソンジュンを金浦空港に向かわせるヘジン。 金浦空港にソンジュンを迎えに行くヘジン。 ソンジュンがミーティングに間に合いジェームステイラーとの話が上手くいったと聞き、安心するヘジン。 一人で飲んでいるヘジンを見つけ、同席するシニョク。 ソンジュンは落ち込むハリに運動をさせ、気分転換させる。 ミニスカートをはいて不利だと言うハリの腰に自分の服を巻き付けるソンジュン。 ドキッとするハリ。 へリンと会った話をするソンジュン。 今度3人で食事をしようと言うソンジュン。 さっきはどうして泣いていたんだ?と聞くソンジュンに、仕事でトラブルがあったと誤魔化すハリ。 お母さんを思い出すのはどんな時?と聞くハリに、爪切りをする時かな?と言うソンジュン。 お母さんが傍に居ないのは、幼い時大変だっただろうと言うハリに、それなりに耐えたみたいだ。 キムヘジンという良い奴が傍に居てくれたんだ。 と笑顔で話すソンジュン。 焼酎を何本も空け、すっかり酔っ払うヘジン。 ソンジュンの愚痴をシニョクに言うヘジン。 ソンジュンとの別れ際、もう会えないと言おうとするハリだったが、言えないハリ。 短いスカートを履くハリに注意するソンジュン。 酔っ払ったヘジンはソンジュンに電話をかける。 私が誰だと思っているんだ??私はあのキムヘジンだ!と叫ぶヘジン。 ヘジンは翌朝、二日酔いで記憶が無い。 送って来た男は誰なのかとヘジンに尋ねるハリ。 それはヘジンを家まで送ったシニョクだった。 週末ハリと一緒に家に来いとヘジンに連絡してくるヘジン母。 自身の携帯にソンジュンとの通話履歴があることに驚くヘジン。 昨晩ソンジュンに電話したことを思い出すヘジン。 出勤するシニョクに、昨晩の事を尋ねるヘジン。 忙しいと断るソンジュンにも参加するように言う編集長。 全員参加、特にジュヌに参加するように言うララ編集長に、会長はジュヌだと思うハンソル。 書類をソンジュンの元に持って行くヘジン。 昨晩の事を謝ろうとするヘジンに、昨晩の事は無かったことにしようと言うソンジュン。 昼間の事も無かったことにしようと言うソンジュン。 編集部のメンバーはパーティーをする。 酒を薦められるが飲もうとしないソンジュン。 ララ編集長やメンバーに薦められ、仕方なく飲むソンジュン。 酒に弱いソンジュンは一杯飲んで床に倒れる。 潰れたソンジュンを家に送って行くシニョクとヘジン。 眠るソンジュンをソファーに寝かせるシニョクとヘジン。 昔は食べることが大好きだったソンジュンの冷蔵庫に水しかないことに驚くヘジン。 ソンジュンの部屋のカードキーを間違えて持って帰るシニョク。 ずっとからかうシニョクに腹を立てるヘジン。 ごめん・・妹みたいだから。。 と謝るシニョク。 だったら妹のところに行って妹へしたら!と言うヘジンに、妹は13歳の時に死んだ。。 と話すシニョク。 シニョクに謝ろうと思うヘジンは携帯を探すが、ソンジュンの部屋に携帯を忘れたことに気付く。 ソンジュンの部屋の暗証番号を推測して部屋に入るヘジン。 ソファーで眠るソンジュン。 スイートルームの客の落とし物を届けようとするハリ。 ハリはジェージー姿でVIPフロアを歩く男を浮浪者だと思い、はやく出て行けと声をかける。 その男はスイートルームに住む男、シニョクだった。 シニョクに謝罪して落とし物を渡すハリ。 ソンジュンの部屋で、1ピースだけ欠けたパズルを眺めるヘジン。 ヘジンが部屋に居ることに驚き、どうしてここに居るんだ??と声をかけるソンジュン。 ソンジュンの声に驚いたヘジンはパズルのガラスケースを落として壊してしまう。 ガラスを踏みそうなヘジンを咄嗟に引き寄せるソンジュン。 第5回に続く。

次の

【韓流ドラマおすすめ】彼女はキレイだった 、キャスト、相関図、あらすじ

韓国 ドラマ 彼女 は キレイ だっ た あらすじ

子供のころのヘジンにそっくりなへリンを見たソンジュンは、一目でヘジンの妹だと分かった。 向かい合ったへリンとソンジュンを見て驚くヘジン。 へリンにお姉さんの友達だと話すソンジュン。 何か間違いがあったようだとあわてて編集長に会いに行くソンジュンの元に駆けつけるヘジン。 ヘジンの身なりにダメ出しするララ編集長。 会議でみんなの企画にダメ出しをするソンジュン。 20周年特集号の企画を白紙にすると言うソンジュンに戸惑う編集部の人々。 ジェームステイラーとのコラボの件をジュヨンに尋ねるソンジュン。 コラボは難しそうだと答えるジュヨンに、ジュヨン氏を過大評価していたようだ。 と言い、計画通り20周年特大号はジェームステイラーとのコラボの表紙にすると言うソンジュン。 これからは自分が接触してみると言うソンジュン。 外は綺麗な青空が広がり、携帯で写真を撮るソンジュン。 同じ空を見たヘジンも写真を撮っていた。 そんな姿を微笑ましく見るシニョク。 激務に疲れた仕事帰りにバスで眠りこけていたヘジンの姿を思い出すシニョク。 ヘジンはそれだけ疲れていてもお婆さんに席を譲っていた。 綺麗な青空を写真に収めるヘジンを見ながら。 ホテルのレストランで家族の姿を見たハリは、以前家族で誕生日祝いをした事を思い出し、寂しい表情になる。 父親から着信があり、この間父親に叩かれたことを思い出すハリ。 手はもう治った?というメッセージと共に、綺麗な青空の画像をハリに送るソンジュン。 へリンがソンジュンに会い、バレるところだったとハリに話すヘジン。 絶対にばれたらダメだ!と興奮するハリに驚くヘジン。 自分を馬鹿にするソンジュンの事はもう考えないほうが精神衛生上良いから、もうソンジュンの事は話すのはよそうとハリに言うヘジン。 翌朝、ララ編集長の言葉を思い出したヘジンはオシャレして出勤しようとする。 ひどいヘアメイクで出勤したヘジンに驚き、ため息をつくソンジュンww ジェームステイラーとのコラボを成功させようと接触するソンジュン。 北京から東京へ向かうジェームステイラーを韓国に寄らせることに成功した。 空港で1時間ミーティング出来ることとなった。 ソンジュンを空港に連れて行く人が必要になる。 シニョクにはめられ、手を上げさせられたヘジン。 ソンジュンを車で空港に連れて行くこととなったヘジン。 行き先は仁川空港で良いんですよね?と確認するヘジン。 何度尋ねても返事しないソンジュン。 集中したら他の事に気付かないソンジュンだった。 途中で気付き、どうして仁川に向かっているんだ!!金浦空港に行かないと行けなのに!!と叫ぶソンジュン。 仁川空港に向かう道はひどく混んでいて車が動かない。 行商のおじさんに話を付け、行商のバイクでソンジュンを金浦空港に向かわせるヘジン。 金浦空港にソンジュンを迎えに行くヘジン。 ソンジュンがミーティングに間に合いジェームステイラーとの話が上手くいったと聞き、安心するヘジン。 一人で飲んでいるヘジンを見つけ、同席するシニョク。 ソンジュンは落ち込むハリに運動をさせ、気分転換させる。 ミニスカートをはいて不利だと言うハリの腰に自分の服を巻き付けるソンジュン。 ドキッとするハリ。 へリンと会った話をするソンジュン。 今度3人で食事をしようと言うソンジュン。 さっきはどうして泣いていたんだ?と聞くソンジュンに、仕事でトラブルがあったと誤魔化すハリ。 お母さんを思い出すのはどんな時?と聞くハリに、爪切りをする時かな?と言うソンジュン。 お母さんが傍に居ないのは、幼い時大変だっただろうと言うハリに、それなりに耐えたみたいだ。 キムヘジンという良い奴が傍に居てくれたんだ。 と笑顔で話すソンジュン。 焼酎を何本も空け、すっかり酔っ払うヘジン。 ソンジュンの愚痴をシニョクに言うヘジン。 ソンジュンとの別れ際、もう会えないと言おうとするハリだったが、言えないハリ。 短いスカートを履くハリに注意するソンジュン。 酔っ払ったヘジンはソンジュンに電話をかける。 私が誰だと思っているんだ??私はあのキムヘジンだ!と叫ぶヘジン。 ヘジンは翌朝、二日酔いで記憶が無い。 送って来た男は誰なのかとヘジンに尋ねるハリ。 それはヘジンを家まで送ったシニョクだった。 週末ハリと一緒に家に来いとヘジンに連絡してくるヘジン母。 自身の携帯にソンジュンとの通話履歴があることに驚くヘジン。 昨晩ソンジュンに電話したことを思い出すヘジン。 出勤するシニョクに、昨晩の事を尋ねるヘジン。 忙しいと断るソンジュンにも参加するように言う編集長。 全員参加、特にジュヌに参加するように言うララ編集長に、会長はジュヌだと思うハンソル。 書類をソンジュンの元に持って行くヘジン。 昨晩の事を謝ろうとするヘジンに、昨晩の事は無かったことにしようと言うソンジュン。 昼間の事も無かったことにしようと言うソンジュン。 編集部のメンバーはパーティーをする。 酒を薦められるが飲もうとしないソンジュン。 ララ編集長やメンバーに薦められ、仕方なく飲むソンジュン。 酒に弱いソンジュンは一杯飲んで床に倒れる。 潰れたソンジュンを家に送って行くシニョクとヘジン。 眠るソンジュンをソファーに寝かせるシニョクとヘジン。 昔は食べることが大好きだったソンジュンの冷蔵庫に水しかないことに驚くヘジン。 ソンジュンの部屋のカードキーを間違えて持って帰るシニョク。 ずっとからかうシニョクに腹を立てるヘジン。 ごめん・・妹みたいだから。。 と謝るシニョク。 だったら妹のところに行って妹へしたら!と言うヘジンに、妹は13歳の時に死んだ。。 と話すシニョク。 シニョクに謝ろうと思うヘジンは携帯を探すが、ソンジュンの部屋に携帯を忘れたことに気付く。 ソンジュンの部屋の暗証番号を推測して部屋に入るヘジン。 ソファーで眠るソンジュン。 スイートルームの客の落とし物を届けようとするハリ。 ハリはジェージー姿でVIPフロアを歩く男を浮浪者だと思い、はやく出て行けと声をかける。 その男はスイートルームに住む男、シニョクだった。 シニョクに謝罪して落とし物を渡すハリ。 ソンジュンの部屋で、1ピースだけ欠けたパズルを眺めるヘジン。 ヘジンが部屋に居ることに驚き、どうしてここに居るんだ??と声をかけるソンジュン。 ソンジュンの声に驚いたヘジンはパズルのガラスケースを落として壊してしまう。 ガラスを踏みそうなヘジンを咄嗟に引き寄せるソンジュン。 第5回に続く。

次の

韓国ドラマ|彼女はキレイだったのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国 ドラマ 彼女 は キレイ だっ た あらすじ

【彼女はキレイだった-あらすじ-15話~16話 最終回 】 💛 彼女はキレイだった 15話 シニョクはTHE MOSTが20周年特集号で1位を取るようにするため、自身が正体不明の有名作家テンだと正体を明かすことにした。 シニョクは自分が誰なのか、今までどう生きて来たのかが録音されているレコーダーをソンジュンに渡すとこれで20年特集号を作れと言ったのだ。 ソンジュンはシニョクの申し出に戸惑いを隠せない。 シニョクはTHE MOSTを再生ためにはこれが最善の方法だと思い、必ず記事を書くようにとソンジュンに頼んだのだった。 自宅に帰ったソンジュンはテンであるシニョクの録音を確認する。 印刷所に連絡をし、追加記事は無いと告げると印刷を進めるように指示したのだ。 しかし出来上がって来たTHE MOSTの表紙にはテン単独インタビューとの文字が印刷されていた。 ソンジュンは驚愕するw 世界的に有名な小説家テンの正体は話題になり、ネットニュースにも掲載される。 慌ててホテルに向かおうとするヘジンと出くわしたソンジュン。 ソンジュンはヘジンにシニョクはもうホテルを引き払ったと告げると、シニョクから渡されたレコーダーをヘジンに渡したのだ。 ヘジンはシニョクの録音を聞く。 養子や年齢、そういった偏見無しに小説を読んでもらうために正体を隠して小説を書いてきたシニョク。 THE MOST編集部のモニターにはシニョクの姿が映し出された。 シニョクは動画で編集部メンバーたちに別れの挨拶をする…。 テンのインタビューが載ったTHE MOST20周年特号は過去最高の販売部数を記録した。 しかし編集部のメンバーはあまりうれしそうではなかった…。 20年特集号を成功させたソンジュンは、本社に戻って来いと言われる。 ヘジンはソンジュンの昇進を喜ぶが、ソンジュンは今回の事は自分の成果ではないから辞退するつもりだと話したのだ。 THE MOSTが1位になったらプロポーズするつもりだったソンジュン。 しかし今回の成果は自分が考えていたものとは違うと言い、一度アメリカに戻り初めからやり直しが必要かもしれないと言った。 そしてプロポーズはきちんとするから待ってろと告げたのだ。 ヘジンと夕食の約束をしたソンジュンは指輪を用意していた。 ヘジンはソンジュンのマンションに行くなり突然プロポーズする。 しかしヘジンの気持ちを察知したソンジュンは1年後に結婚してくれるかとプロポーズしたのだった。 ヘジンは童話の共同作業をすることを決め、1年間他の童話作家たちと一緒に暮らしながら作業をすることにした。 ソンジュンは郊外にある童話作家のアトリエまでヘジンを送って。 スポンサードリンク 💛 彼女はキレイだった 16話 最終回 ヘジンはソンジュンと一緒にアメリカには行かず、1年間童話作家たちと住み込みで共同作業することにした。 童話作家たちと楽しく作業するヘジン、そしてソンジュンはアメリカで仕事に励んでいた。 大学院で勉強を頑張っているハリがヘジンに会いに来る。 ハリはヘジンが生き生きと楽しんで童話の共同作業をしていることを感じていた。 毎日通話していたソンジュンの携帯が繋がらなくなった。 メールしても返信がない…。 心配し妄想が広がるヘジン。 そんな時サプライズでソンジュンが目の前に突然現れたのだ。 ヘジンと1年も離れていられないと考えたソンジュンは、NYのアパートを引き払い韓国にやって来たのだった。 ソンジュンは韓国THE MOST編集部の新しい編集長となった。 そしてララ編集長は15歳年下のイタリア人モデルと結婚することがきまった。 ヘジンたちの1年の童話共同作業が終わり童話全集が出来上がった。 ヘジンは絵本に刻まれた作家キム・ヘジンの名前を確認し感動する。 ソンジュンは編集部のメンバーに結婚式の招待状を渡したのだ。 それを見た編集部メンバーは相手がヘジンだと知り驚きを隠せなかった!! ヘジンとソンジュンは結婚式を挙げた。 童話作家として活動するヘジンとソンジュンの新婚生活が始まった。 ヘジンはテンの新刊を読んでいた。 その本の最後に書かれた私のベストフレンド、ジャクソンへと書かれた文字を見てヘジンは驚いていた…。 月日は流れ・・・ソンジュンは娘と信号を待っていた。 ヘジンと同じようにカシオと言って信号を渡る娘と手をつないで渡っていく。 💛 💛.

次の