アッタス 11。 【シャフト研究】4大ブランドの新作モデル性能診断。ゆったりはツアーAD、アッタス。叩くならスピエボ、ディアマナ

【楽天市場】(先着エコバックプレゼントキャンペーン中) USTマミヤ アッタス 11 ジャック ATTAS 単体販売用:神戸ティーオリーヴ楽天市場店

アッタス 11

ダブルキックシャフトの特徴 アッタスシリーズの新製品登場 ATTAS 11 アッタスジャック)のキャッチコピーは【飛びの切り札】。 [2019年9月発売/40,000円(税別)] 最先端カーボン繊維素材と新技術のデュアル・トルク・システムが高弾道を実現したと話題になっている。 今回は、ATTAS 11 アッタスジャック)4S・5S・6Sの3本を比較しながら、このシャフトの最大のセールスポイントでもある ダブルキックの特徴についてご紹介する。 プロクラブフィッターによる試打データ、ATTAS 11 アッタスジャック)の特徴紹介、フィットするゴルファーの特徴など、ドライバーシャフトを検討中の方にはオススメだ。 特に、 球が上がらない方には必読の内容である。 ダブルキックシャフトの特徴 ATTAS 11 アッタスジャック)の一番の特徴であるのがこのダブルキック。 過去のアッタスシリーズでも取り入れられている仕組みではあるが、今回の紹介でこれがわからないと説明の理解が難しくなるので、馴染みのない方などのために、わかりやすく説明をしておく。 ダブルキックシャフトの最大の特徴は 手元と先端が動き中が硬めで運動量が多くスイング中に2度しなることにある。 つまり、バックスインから切り返す瞬間、インパクトの瞬間の2回しなることで 高弾道&飛距離アップにつながるのだ。 ダブルキックを試すべきゴルファー このATTAS 11 アッタスジャック)は、これまでの11種類のアッタスシリーズ史上、最も高弾道の球が出やすいシャフトだと言えよう。 以下がダブルキックの恩恵を受けられるゴルファーだ。 スピン量の少ない方• ドロップする方• 低弾道による飛距離ロスに悩む方 上記のような方は、ダブルキックシャフトの特徴、インパクトの瞬間にしなることでロフト角が大きくなり 打ち出し角が高くなる効果に最大の恩恵を受けられはずだ。 ATTAS 11 アッタスジャック)はアッタスシリーズの4U、G7の良いとこ取りをしているシャフトでもあるので、これまでこの2種類のシャフトを使用している人には、試してもらいたいシャフトともいえる。 また、アッタス COOOL愛用者にも試すべきシャフトであることも付け加えておく。 ましてや、自分のスイングタイプを自分自身で見分けるのはハッキリ言って無理ゲーだろう。 自分のスイングタイプを知るには、 クラブフィッティングで数値化するか、 他人にスイングを横から見てもらうしか方法はないだろう。 2つのスイングタイプ ここからは2つのスイングタイプについて解説しよう。 正しいシャフトを選ぶためには自分のスイングタイプを知ることが最も近道なのだから。 シャフトをしならせてスイングをする人の特徴 以下が自分でシャフトをしならせるタイプの特徴だ。 切り返しで一気に力を入れる• 切り返しが早い 上記のような方は ダブルキックは不向きだと言える。 シャフトをしならせずにスイングをする人の特徴 次にシャフトをしならせない方の特徴だ。 切り返しがゆっくり• インパクトに向けて徐々に加速するスイング 上記のような方は、今回ご紹介した ダブルキック(アッタスジャック)の恩恵を受けられるゴルファーだ。 分かりやすい動画で見る、高弾道シャフト、アッタッスジャック(ダブルキック)の特徴。 球が上がらないゴルファー必見!マジで。 今回、紹介したATTAS 11 アッタスジャック)はアッタス史上もっとも 高弾道を期待できると言ってもいいシャフトだ。 打ち出し角やスピン量で、球が上がらないゴルファーをアシストしてくれる2019年期待のシャフトのひとつである。 今回の内容を下記にまとめておく。 アッタスジャックは史上最高の高弾道で飛ばせるダブルキックシャフト• スイング中に2回しなるからダブルキック• 自分のスイングスタイルを知るべき•

次の

流行のシャフトを徹底試打「ATTAS11(アッタス ジャック)」編

アッタス 11

Contents• 大型ヘッドとの相性抜群 11代目『アッタス ジャック』は 高弾道&低スピンシャフト ギアの賢者永井延宏プロの試打評価 『ATTAS 11』の最大特徴は、 球の上がりやすさ。 シャフト先端部へ東レの最新素材「M40X」を採用して、トルクを抑えようという意図が伝わってきます。 ただ、チップ側を抑えて、打出角を上げようとすると、インパクト時にヘッドが左を向いてしまうきらいがありますが「ATTAS 11」は果たして? 「6S」から打っていきます。 一発目からナイスショット。 今、時代は大型ヘッドが主流ですが、ヘッドそのものが持つ重心の深さ、つまり倒れようとしている力を抑え、シャフトに圧力をかけながらインパクトする現代のスイングにミート。 先日開催された「センチュリー21レディストーナメント」で稲見萌寧選手が初優勝し、ドライバーへ『ATTAS 11』(5X)を装着していましたが、まさに460㎤でスイングを覚えた黄金世代にハマるシャフトといえるのではないでしょうか。 トラックマンの数値で検証していく ATTAS11(アッタスジャック)6S トラックマン試打データ そのことはデータをみても明らか。 ミート率は1. 48でインパクト効率が非常に高い。 これは自分でヘッドをコントロールして厚いインパクトが出来ている証なんです。 リンクする形でスピン量は2200回転に抑えられ、風に強くランが出る、というシャフト特性が伺えます。 自分の中ではかなり抑えて打ったつもりですが、打出角15度を確保した結果、キャリー229. 1Y、総飛距離256. 8Yを記録。 先述したとおり、近代的な大型ヘッドとの相性の良さが見えてきます。 『5S』はさらに好結果に ATTAS11(アッタスジャック)5S トラックマン試打データ 『5S』はさらに結果が良かったですね。 軽量の分、HSが0. 9上がってスマッシュファクターも1. 49を弾き出しました。 『6S』と同じスイングで打ちましたが、ボールスピン量は1850回転とさらに低スピン化。 なのに打出角は13度を確保しており、これが動きの少ないシャフトだったら11度前後の数値になっていると思われます。 特にHSが落ちてきたゴルファーは、ボールスピン量が減少する傾向が見られますが、『ATTAS 11』は低スピン系シャフトですので、打出角を上げないと飛距離を稼げません。 そういった意味で、ボリューム的には「5S」になりそうですが、40g台(R、S、X)もラインアップされているので、多くのゴルファーが恩恵を授かれるでしょう。 40g台を長尺で組めば、打出角が上がり、さらに低スピン・高弾道を期待できると思います。 コスメについてもオレンジとブラックのグラデーションが入っているので、視覚的に短く見える効果もあります。

次の

【楽天市場】(先着エコバックプレゼントキャンペーン中) USTマミヤ アッタス 11 ジャック ATTAS 単体販売用:神戸ティーオリーヴ楽天市場店

アッタス 11

ご容赦を! こちらよろしくおねがいします。 マーク金井は、このシャフトを キャロウェイ エピックフォージドドライバーに装着しています。 T島はテーラーメイド M3 440に入れています。 素直な特性のヘッドが合うんじゃないかなぁ なんて思います。 皆さんも是非チャンネル登録お願いします えーっとこちらにT島も登場しております。 (ジャックとよみます)いよいよ正式発表です。 この上で試打データでておりますが、皆さんキャリーが室内のトラックマンで打つほどでてないんですよ。 撮影時アゲンストだったんです!(マジこれ!!)T島的には、安定して飛んでたと思うんですけどね・・・ このですが、発表のタイミングがチョット微妙でした。 というのも・・2019年7月最終週に開催された センチュリー21レディスゴルフトーナメントで、1、2フィニッシュと遂げております。 でも情報は出せない的な・・・・T島もこのタイミングでガッツリとレポートしたかったのですが、情報を発表までに一切口外しないことの誓約書を書いておりましたので・・・筋は通す訳で・・ いきなりチェンジして、活躍というのはなかなか売りになると思います。 とことん一番ホールなどを観察していただくと、結構目にされるかもしれませんね。 発表前に使用プロが大活躍しているに、上手く打ち出せず、その後 渋野日向子プロが、全英女子でフジクラのスピーダーエボリューション6で優勝してしまうという(こちらは発表済) えーっとこの君ですが・・・ まずどの重量帯でも共通するのは、手元のしなり感ですね。 タイミングがとりやすいシャフトですよ。 そしてインパクト付近では先端が動いてくれるので、打ち出し角が高くなります。 いつもの弾道よりも出だしが高いので えっ? と思いました。 先端が走るシャフトっていうのは、ヘッドスピードが上がりやすいメリットがあるとT島は思うのですが、デメリットがスピン量が増えること。 アッタスジャックはかなり低スピンなので、高打ち出し、低スピンのいわゆる飛ぶ弾道が楽しめるシャフトになっていると思います。 なのでハマると飛びますよ・・・ あと全スペック打ちましたが、重さと硬さが変わってもフィーリングが変わらない点もいいなぁと思いました。 T島ですが、この頃はスイング的にも過渡期で、8月に入りかなりやりたいことが出来てきたので、もう一度しっかり打ってみたいと思いましたね。 飛ばないタダのオジサンT島のインプレですから、あまり参考になさらないだろうということを前提に、言わせていただきますと・・・ イマドキの捕まらない、ボールが上がりにくいドライバーにかなり意識して作っている感じ。 ココからは、ホント適当なんで最初から誤っておきます ちなみにアッタスジャックの発売は9月13日からだそうです この秋の新製品シャフト つかまるなあ と言う順番• スピーダーエボリューション6• ディアマナZF• ツアーAD XC ジャックの捕まりの良さが特徴的、とは言えチーピンはかなりやらかさないと出ませんでした。 スピーダーエボリューション6とディアマナZFはほぼ同じぐらいの印象です。 XCですは、左が怖い人が安心して振り抜けるでしょう。 シャフトのしっかりしている感じもこの順番ですね! ボールの上がりやすさ• ディアマナZF• スピーダーエボリューション6• ツアーAD XC こんな感じ・・ 面白いのは今年のシャフト、どのシャフトも手元のしなり感があります。 ディアマナZFは手元というのは少し違うかもしれませんが、タイミングが取りやすいことは間違いないです。 話をに戻しましょう。 T島ももう一回試打してどれを選ぶか 考えたいですね。 準備ができ次第、アッタスジャックもフィッティングできるようです。 是非試して欲しいと思います の橋添 恵さんが、あなたをお待ちしてるはず・・・(多分指名はできません。

次の