ツイッター高度。 Twitterの高度な検索の使い方【高度な検索・検索オプション】

ツイッターでプロフィール検索できるの?やり方・表示されない原因・バレる可能性・外部webサービスなどをまとめて紹介【Twitter】

ツイッター高度

twコマンド検索のポイント• アカウント(ユーザー)指定• 日付・期間指定 ざっくり言えば「ユーザー名 ()と日時を入れて検索すればok!」という感じですよ。 順番に説明していきますね。 基本的なコマンド検索方法(sinceなど) では、実際に基本的なコマンド検索のやり方を見てみましょう。 スマホでツイッターのアプリを開いたら、画面の下部の 「虫めがね」マークをタップして検索モードに入ります。 画面の上部に検索窓が表示されるので、ここに「コマンド」を入力していけばokです。 まずは、検索したいアカウント(ユーザー)の指定の仕方を紹介しますね。 検索窓で「 from:アカウント」と入力してください。 「コマンド」と言っても、たったこれだけのことなんですよ!全然ビビることありません(笑) じゃあ、さらに「特定の日付・期間」を指定してみましょう。 「〜まで」のように日にち指定したい場合は、「 until:年月日」と入力してください。 例えば「2017年4月21日まで」の投稿を範囲指定したいなら「until:2017-04-21」となります。 これで日付の指定はばっちり。 例えば「2016年12月31日から」の投稿を見たいなら「since:2016-12-31」となりますよ。 ツイッターを日付指定して遡るにはこんな感じでコマンドを入れればokです。 日付指定・期間指定の応用(時間指定) 日付の指定については、「日にち」だけでなく「時間」まで指定することも可能です。 ハイフンとを間違えると検索できませんので! 公式サイトの「高度な検索」を使う方法 2つ目は、ツイッターの公式サイトが用意している『高度な検索』を使う方法です。 これはスマホではなく pc(ブラウザ)限定の方法ですね。 インターネット検索で「ツイッター 高度な検索」と入力して探してみてください。 一番上に表示されるはずですよ。 なんとこんな便利なページが用意されていたんですね〜。 「高度な検索」では、以下の4種類の内容が指定できますよ。 キーワード• ユーザー• 日付 アプリ(webサービス)を使う方法 最後はアプリを使う方法です。 ツイッターの公式アプリ以外に、過去の投稿が検索できるアプリ・webサービスが幾つかあるんですよ。 いろいろありますが、最も有名なのは「twilog(ツイログ)」ですね。 画像引用:twilog 公式サイト こちらはダウンロード不要なwebサービスです。 こういったサービスを利用しても昔の投稿を検索できますよ。 過去ツイートをうまくコマンド検索・日付指定検索できない4つの原因 ラストは、うまくコマンド検索できない原因も紹介しておきますね。 コマンド検索がうまくできない時は、以下の4つの原因をチェックしてみてください。 コマンド検索がうまくできない原因• アカウント直前に「:」を付けていない• コマンドを並べるとき、間に「半角スペース」を入れていない• 日付の入力で「0」を忘れている(例:4月なら「4」ではなく「04」)• 「-(ハイフン)」と「-(アンダースコア)」を間違えている 僕も「:」の付け忘れや「半角スペース」の入れ忘れで検索できなかった経験があります。 ええ、それはもう何度も(笑) これらをミスすると絶対にエラーになってしまうので、くれぐれも気をつけてくださいね! まとめ:日付検索・期間指定検索はコマンドで! 最後に、今回ご紹介した「特定の日付・期間指定できる3つの検索方法」をまとめて並べておきますね。

次の

Twitter検索を使いこなすための便利な11の高度な検索テクニック

ツイッター高度

ツイッターって、プロフィールの内容でも検索できるの? 答えは「Yes」! Twitterは公式にプロフィール検索が可能ですよ。 スマホアプリでも、パソコン(webブラウザ版)からでもokです。 次の章で具体的な手順を紹介していきますね。 1分でok!プロフィール検索のやり方【スマホ・PC】 では、実際にプロフィール検索をやってみましょう。 まずスマホアプリでのやり方を紹介しますね。 例として「プロフィールにドラゴンボールと書いているアカウント」を探してみます。 スマホで公式のTwitterアプリを開いたら「虫眼鏡マーク」をタップして画面上部の検索スペースに調べたいキーワードを入力してください。 キーワード検索の候補がいくつか出てくるので、自分が調べたいキーワードをタップします。 検索結果の選び方の中から「ユーザー」をタップしてください。 すると、に「ドラゴンボール」が入っている人はもちろん・・・ アカウント名には入っていなくてもプロフィール欄に「ドラゴンボール」と書いている人たちがヒットします! パソコン(webブラウザ版)の場合もやり方はほぼ同じです。 検索スペースに入力・検索して「ユーザー」をクリックすればokですよ。 複数ワード検索もok! ちなみに、複数ワード検索も可能です。 例えば「ドラゴンボール」ではなく「ドラゴンボール 好き」で検索することもできるんですよ。 どうもツイッター独自のアルゴリズムで判断しているらしく、直接「ドラゴンボール 好き」と書いていなくても、関連性が高いアカウントは表示されるんです。 優秀ですね〜。 複数ワード検索の他には、特定のワードを含まない「マイナス検索」などもできますよ。 マイナス検索などについては「」の記事に詳しくまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。 ・・・ばれる? プロフィール検索したら、相手に通知が行ってばれちゃったりするのかな!? これ、気になりますよね〜。 安心してください。 答えは「No」。 プロフィール検索しても相手に通知が行ってバレることは無いです! 僕ので何度も実験して確かめたので、間違いないですよ。 相手の「おすすめアカウント」に自分が出やすくなるということもないはずです。 おすすめアカウントに選ばれる基準として、ツイッターの公式ヘルプページには以下のような記載があるのを知っていますか? これまでのツイートやフォローのほか、普段閲覧または反応しているアカウントやツイートといったTwitter上のアクティビティに基づくおすすめをします。 — ツイッター公式ヘルプページ — つまり、「自分が閲覧・反応したアカウント」が「自分へのおすすめ」に反映される可能性があるというだけです。 自分が相手に出やすくなるという意味にはならないですよね。 バレる・バレないは気にせずにプロフィール検索してokですよ! ツイッターのプロフィール画像の検索はできないの? そういえば、は検索できるのでしょうか? あれこれ実験してみたのですが、どうも プロフィール画像の検索はできないようですよ。 ツイート・ハッシュタグ内にその検索ワードがある画像は引っかかりますが、は出てこないんです。 ツイッターのプロフィール画像には「alt(=検索の手がかりとなる画像の名前)」が付けられないからですね。 (ファイル名ではないですよ) 「プロフィール画像の検索はムリ!」と覚えておいてください。 Twitterプロフィール検索に役立つアプリ・webサービスまとめ プロフィール検索に役立つアプリ・webサービスについても触れておきますね。 ここまで紹介してきたように公式のTwitterアプリでふつうにプロフィール検索できるので、ぶっちゃけプロフィール検索の目的では他のアプリ・webサービスは特に必要ないです。 でも、いちおう有名な3つのサービスを紹介しておきますね。

次の

PC版Twitterで特定のツイートを頑張って検索する方法(高度な検索)

ツイッター高度

Twitter検索の上部に上の様な場所があるので、入力窓にキーワードを入力し、「検索」をクリックすれば、ツイートが検索可能です。 これでRTを除いた検索結果を表示する事が可能です。 RT除外機能を使わないと同じ内容のツイートだけで一覧が埋まってしまうことがあるので、僕はいつもこの機能を使って検索しています。 僕はこの機能とRT除外を合わせて使って検索しています。 例えば「リツイートがやたら多くて、本人が何をツイートしているか分からないアカウント」はこの検索で本人のツイートだけを抽出する事が出来ます。 リツイートがめちゃくちゃ多い人のツイートを検索するときには重宝しますね。 「Twitter検索」のデメリット 「Twitter検索」のデメリットは検索出来るツイート対象の期間が限られています。 なので、より長い期間を遡って検索をしたい場合にはTwitter純正の検索機能を使った方が良いです。 Twitter純正のサービスの様ですが、アカウントにログインをしていなくても使用する事が出来ます。 上の入力窓では、キーワード検索に関する様々なオプションが選択出来ます。 言語も選択出来るので、日本語のツイートが検索したいのに英語のツイートが多く引っかかってしまう・・・なんて時にも便利です。 ユーザー名を指定してツイートの検索をする事も出来ます。 入力は「 〇〇〇」の形でユーザー名を入力します。 例えば堀江貴文さんのアカウントであれば「」と入力すればOKです。 ツイートをされた場所から検索する事も出来ます。 日付を指定して検索する事も可能です。 「〇〇〇~〇〇〇」の部分の期間を埋めて検索すればOKです。 かなり昔のツイートまで振り返る事が可能なので、面白いです。 これが数十年経って来たら、歴史的資料になりそうな気もしますね。 ポジティブ• ネガティブ• 疑問系• リツイートを含む のオプションが選択出来ます。 ポジティブとネガティブの意味は分かりにくいのですが、恐らく「いいね」の数やツイートの内容自体が関係しているのだと思います。 「Twitterの高度な検索」はかなり自由度の効く検索が可能です。

次の