如意 伝 実話。 如懿伝(中国ドラマにょいでん)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

如懿伝(にょいでん)の動画の日本語字幕!あらすじやキャスト相関図も

如意 伝 実話

なお、原作小説はテレビドラマ『』の続編であるが、テレビドラマ版は続編的な位置づけではなく、一部設定が異なる。 中国では2016年8月23日から撮影開始。 2017年5月5日製作終了。 この節のが望まれています。 キャスト [ ] 主演 [ ]• — () 役• — 役 主な出演 [ ]• — () 役• — () 役• — () 役• — 役• — () 役• — () 役• — 役• — () 役• — 侍衛 凌雲徹(りょううんてつ) 役 その他のキャスト [ ]• — () 役• — 如懿の侍女 惢心(ずいしん) 役• — 玫答応(まいとうおう) 白蕊姫(はくずいき) 役• — 役• — 太監 李玉(りぎょく) 役• — 役• — 役• — () 役• — 役• — 侍医 江与彬(こうよひん) 役• — 養心殿副総管太監 王欽(おうきん) 役• — 役• — 役• — 役• — 役• — 恪貴人 拜爾果斯氏 役• — 役• — 御前二等公公 進忠(しんちゅう) 役• — 皇后大宮女 容珮(ようはい) 役• — 西藏大喇嘛 安吉波桑 役• — 産婆 田雲児娘 田芸角(でんげいかく) 役• — 新疆准格爾蒙古可汗 那爾布(ナルプ) 役• — 江南名妓 水玲瓏 役• チュー・チューシアオ(屈楚蕭) — 五阿哥 役 各話タイトル [ ]• 第1話 「如意の行方」• 第2話 「移りゆく時代」• 第3話 「新帝即位」• 第4話 「新しい名」• 第6話 「新しい妃嬪」• 第7話 「雪夜の裁き」• 第8話 「疑惑の塗り薬」• 第9話 「後宮の新年」• 第10話 「冷遇」• 第11話 「皇子の選択」• 第12話 「悲しき婚礼」• 第13話 「やまない雨」• 第14話 「心ない噂」• 第15話 「新妻の妙計」• 第16話 「取り戻した信頼」• 第17話 「啓蟄の悪夢」• 第18話 「裏切り」• 第19話 「断ち切れぬ情」• 第20話 「冷宮送り」• 第21話 「凌霄花と銀子」• 第22話 「返り咲き」• 第23話 「出会いと別れ」• 第24話 「ひそかな見守り」• 第25話 「身ごもらぬ理由」• 第26話 「止まぬ攻撃」• 第27話 「冷宮を出る日」• 第28話 「寵愛の裏側」• 第29話 「毒の贈り物」• 第30話 「命懸けの出産」• 第31話 「亡霊騒動」• 第32話 「身代わり」• 第33話 「末期の報復」• 第34話 「献身と思惑」• 第35話 「女官の野望」• 第36話 「敵討ち」• 第37話 「譲れぬ親御心」• 第38話 「権勢と犠牲」• 第39話 「皇后の死」• 第40話 「貴妃の台頭」• 第41話 「疑心暗鬼」• 第42話 「窮余の一策」• 第43話 「翊坤宮の刺客」• 第44話 「対句の意味」• 第45話 「七宝の赤い石」• 第46話 「侍女の門出」• 第47話 「孤独な頂へ」• 第48話 「戒めの耳飾り」• 第49話 「子宝の薬」• 第50話 「腹いせの昇格」• 第51話 「太監の誤算」• 第52話 「最後の告白」• 第53話 「甘言と苦言」• 第54話 「皇子か公主か」• 第55話 「木蘭囲場の罠」• 第56話 「君主の苦悩」• 第57話 「絶望の果てに」• 第58話 「抜け駆け」• 第59話 「寵妃の復活」• 第60話 「誤算」• 第61話 「皇子の悲劇」• 第62話 「赤い衣の公主」• 第63話 「ついえた野心」• 第64話 「虚しい最後」• 第65話 「悲しみの雪」• 第66話 「深い溝」• 第67話 「非情な選択」• 第68話 「新たな後ろ盾」• 第69話 「大局と忍耐」• 第70話 「異郷の公主」• 第71話 「偏愛の波紋」• 第72話 「皇后の責任」• 第73話 「届かぬ想い」• 第74話 「剣と琴」• 第75話 「勇敢な侍衛」• 第76話 「雲の刺繍」• 第77話 「沈黙の夕餉」• 第78話 「御花園の幻」• 第79話 「残された指輪」• 第80話 「舟上の誘惑」• 第81話 「決別」• 第82話 「愛と復讐」• 第83話 「格格の告発」• 第84話 「残された時間」• 第85話 「口封じ」• 第86話 「暴かれた真実」• 第87話 「緑梅の記憶」 脚注 [ ].

次の

如意伝(中国ドラマ)ネタバレ!乾隆帝と如懿その恋路は?

如意 伝 実話

C 2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved 総製作費約96億円!大ヒットドラマ「宮廷の諍い女」の原作者が贈る宮廷時代劇「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」(全87話)毎週土曜午前11:00(2話ずつ)日本初放送中!8月17日(土)第25話~第30話のあらすじを紹介、番組公式サイトで予告動画などが公開されている。 本作は、WOWOWメンバーズオンデマンドで放送終了後 各話見逃し配信する。 結局、燃やしていたのは紙銭ではないことが判明し、如懿は事なきを得るが、皇太后に襲いかかった吉太嬪は死罪に処されてしまう。 一方、寵愛が復活し、身ごもった海蘭は、懐妊を利用して如懿を冷宮から出す方法を考える。 ある日、江侍医の診察を受けていた如懿は、長年付けていた腕輪を誤って床に落とす。 すると丸薬のような物が散らばり……。 乾隆帝は意歓を気に入り、貴人に封じる。 だが乾隆帝と妃嬪たちが花火を観賞している間、冷宮は火事になっていた。 如懿と惢心は逃げ場を失うが、間一髪で凌雲徹に助けられる。 現場へ駆けつけた乾隆帝は、憔悴しきった如懿に外套をかけてやる。 一方、海蘭と江与彬は、如懿と惢心を冷宮から出すため、とある計略に打って出る。 それは海蘭のおなかの子を危険にさらすものだった。 如懿に危害を加えてきた后妃たちは、何とか手を打たねばとおびえ始める。 一方、その状況を察した如懿も、黙って待つのは危険だと考えていた。 そんなある日、海貴人の香に辰砂が仕込まれ、更には冷宮の如懿と惢心が砒素の中毒で危うく死にかけるという事件が起きる。 知らせを聞いた乾隆帝はすぐさま冷宮に駆けつけ、如懿の称号を戻して冷宮から出すことを決意する。 ところが海蘭も如懿を救おうと毒をあおっていたと言うのだった。 二人は絆を深め、海蘭は生まれてくる子を如懿に育ててほしいと告げる。 その後、慈寧宮へ挨拶に訪れた如懿は、后妃1人だけに権力が集中せぬよう皇太后より暗示される。 同じ頃、阿箬は如懿が冷宮を出たことで焦燥を募らせていく。 阿箬は寵妃と見なされていながら誰にも言えぬ苦しみを抱えていたのだった。 上の者から叱責されて泣く様子に同情した凌雲徹は、仕事を手伝ってやり、別の部署へ異動できるよう如懿にお願いまでする。 そんなある日、迎春の宴で后妃たちに乾隆帝から真珠の贈り物が配られる。 ところが阿箬に渡されたのは辰砂だった。 乾隆帝は皆の前で如懿の潔白を証明すべく、毓瑚に追跡調査した内容を報告させ、黒幕を突き止めようとするのだが……。 同じ頃、皇子を出産した海蘭は、出血が止まらず昏睡状態に陥ってしまう。 駆けつけた斉侍医のおかげで事なきを得たが、如懿は海蘭を狙った誰かが罠を仕組んだように感じていた。 数日後、宮中では阿箬が火葬される際に奇妙な現象が起きたという噂が広まる。 そして阿箬の三十五日忌にあたる晩、如懿の寝殿では鬼火が現れたという。 それを聞いた慧貴妃は……。

次の

にょいでん(如懿伝)のあらすじやキャストは?最終回ネタバレも!

如意 伝 実話

如懿传 Ruyi's Royal Love in the Palace 第1話「 如意の行方」 時は清朝雍正 ヨウセイ 皇帝の第4皇子・弘暦 コウレキ は必死に城内を走っていた しかしひと足遅く、門を開けた時には想い女・青桜 セイオウ の手に金色の如意が… 「青桜っ!」 長椅子でうたた寝していた弘暦はそこで飛び起きた。 現実では第3皇子・弘時 コウジ が嫡福晋 正室 に董鄂 ドンゴ 氏を選び、青桜は側福晋にも落選したという。 皇后烏拉那拉 ウラナラ 氏は3兄の育ての母、当然、姪の青桜が選ばれると思っていたが…。 しかも青桜は福晋選びの途中で姿を消し、行方が分からなくなっていた。 青桜は回廊の片隅でひとり千里鏡をのぞいていた。 すると弘暦が息急き切ってやって来る。 弘暦はなぜ落選したのかいぶかしむと、青桜は選ばれないよう豆をたくさん食べてオナラをしたと暴露した。 母と叔母がうるさいので参加したものの、第3皇子を慕っていないという。 来月はいよいよ弘暦の福晋選びだ。 弘暦は青桜を福晋選びに誘い出すため、見る目のある青桜に自分の妻にふさわしい者を選んで欲しいと頼んだ。 「私を選ばないのね?約束よ?」 「…良い娘を選んでくれればいいんだ」 しかし青桜は弘暦の母のことを思い出し、やはり断って帰ってしまう。 弘暦は別れ際、青桜が来るのを待っていると伝えたが、返事はもらえなかった。 いよいよ第4皇子の福晋選びの日、青桜は皇后の寝宮を訪ねた。 皇后は早速、新調した旗袍 チーパオ に着替えさせたが、青桜は弘暦に手伝いを頼まれただけで選ばれないと教える。 しかし皇后はとにかく参加しろの一点張りだった。 叔母の口癖と言えば『我々一族に高官がいないため、女が後宮に入って一族を繁栄に導かねばご先祖様に顔向けできぬ』だ。 青桜は空返事で逃げ出すと、入れ替わるように思わぬ知らせが舞い込んだ。 「皇后娘娘 ニャンニャン !陛下が三阿哥にお怒りで娘娘をお呼びですっ!」 絳雪軒 コウセツケン に良家の娘たちが集まった。 弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は権勢を誇る富察 フチャ 家の娘を嫡福晋にと推す。 弘暦はギリギリまで青桜を待っていたが結局、吉時となっても現れず、仕方なく母の希望通り琅嬅 ロウカ に如意を渡すことにした。 しかしその時、遅れて青桜が現れる。 弘暦は琅嬅の手に乗せた如意を引っ込めると、福晋選びは仕切り直しとなった。 その頃、皇帝は第3皇子が朝臣と結託して皇太子の座を狙ったと糾弾、皇籍の剥奪を命じた。 弘時は弁明さえ許されず、その場で玉牒を外され連行されてしまう。 すると皇帝は何かと政事や軍事に口を出していた皇后の差し金だと疑い、これまでの不満を爆発させた。 「そなたとは死しても見えぬっ!」 こうして皇后は景仁宮での生涯禁足の刑を言い渡された。 弘暦は富察氏に側福晋の巾着を下賜し、青桜の前に立って如意を差し出した。 「冗談が過ぎるわよ?帰るわ」 「受け取らぬのか?」 青桜は熹貴妃の不満げな顔をチラッと見てから、ついに如意を受け取った。 しかし突然、皇帝が絳雪軒に現れる。 実は皇后が簒奪 サンダツ を目論んで生涯禁足となり、皇后の姪である青桜は伴侶にふさわしくないと言うのだ。 熹貴妃はほくそ笑み、せめて第3皇子には寛大な処遇をとしらじらしい嘆願をする。 すると総監・蘇培盛 ソバイセイ は第3皇子がすでに皇籍を剥奪され、庶人に降格されたと報告した。 青桜はすぐ出宮するよう命じられた。 しかし見送りを任された蘇培盛の情けで景仁宮に立ち寄ることができる。 青桜は戸越しに叔母に声をかけ、皇帝に酌量を求めると言った。 驚いた皇后は烏拉那拉氏一族全体に塁が及んでしまうと止め、陛下を怒らせぬよう酌量を求めてはならないと伝える。 青桜は蘇培盛に急かされると、仕方なくまた来ると約束して帰って行った。 翌日、弘暦は養心殿を訪ね、生まれて初めて父皇に嘆願した。 青桜とは幼なじみで心の通じ合う仲、氏素性など気にしないという。 確かに以前なら構わなかったが、皇帝はこれからは気にかけなければならないと言った。 皇族というものは何一つ思うままにならず、玉座に座っても手に入らぬものもある。 一切の言動が国の繁栄のためなのだ。 「婚姻はお前1人のことではない、朕にとっても望ましい形であって欲しい 国事と婚姻は結びついている 最適なものが望むものとは限らぬ、すべきことが望むこととも限らぬ 決断を下して何かを得る時、必ずや犠牲を伴うのだ」 弘暦はすぐ父の教えを理解し、嫡福晋には富察琅嬅がふさわしいと意向を受け入れる。 ただしやはり青桜のことは自分が面倒見たいと訴えた。 弘暦はひざまずいて感謝すると、皇帝は穏やかで実直な弘暦を宝 ホウ 親王に封じた。 一方、後宮争いに勝った熹貴妃は惨めな皇后の姿を見るために景仁宮に乗り込んだ。 「弘暦皇子を宝親王に封じ、富察琅嬅を嫡福晋に、高晞月を格格に迎える…」 熹貴妃は申し分ないと満足したが、まだ続きがあった。 「…烏拉那拉氏は側福晋とする」 蘇培盛が引き上げると、皇后は顔がほころんだ。 「どうやらこれで幕引きではなさそうね、このお芝居はまだまだ続く…」 皇后は貴妃がわざと臣下たちに連名で第3皇子を皇太子にと奏文を書かせたことに気づいた。 いつも巧妙な手を使って来る貴妃、しかしどうやら計算外のことが一つあったらしい。 それは弘暦がこれほど青桜に執着していたことだ。 貴妃は顔色が一変したが、どうせ側福晋だと言って帰ってしまう。 確かに青桜は側福晋、しかし皇后は弘暦の深い愛情が大きな後ろ盾になると期待した。 寝耳に水だった熹貴妃は弘暦を寝宮に呼んだ。 弘暦は母が怒っていないことにいささか拍子抜けしたが、母が青桜を嫌いだと知っている。 しかし熹貴妃は好き嫌いの問題ではないと否定し、皇后が禁足の刑を受けたので息子に累が及ぶのを恐れたのだと言った。 どちらにしても皇帝の認めた婚姻では反対できるはずもない。 「望み通り末長く夫婦円満だといいけれど…」 青桜の父・那爾布 ナルプ は一族連座を心配し、今は皇帝へ酌量を求めないと決めた。 夫人は福晋選びに2回も落ちた娘に嫁ぎ先がないと心配したが、そこへ宮中から詔勅 ショウチョク が届く。 なんと青桜が宝親王の側福晋に封じられたというのだ。 こうして宝親王と富察琅嬅の成婚は8月1日、青桜と高晞月は8月2日に輿入れと決まる。 つづく.

次の