上咽頭炎 東洋医学。 【6月16日発売!『慢性上咽頭炎は東洋医学で治す』購入者特典、受付開始】|WAVE出版

楽天ブックス: 慢性上咽頭炎は東洋医学で治す

上咽頭炎 東洋医学

5年前に風邪を繰り返し、それから 微熱、頭痛、だるさ、喉の痛み、声枯れ、寒気、睡眠をとっても次の日まで疲れが残るといった症状が何ヶ月も続きました。 原因をつきとめるため、大学病院で検査を受けたのですが、特に異常がないと判断されてしまいました。 そこからは 病院をたらい回しにされ、どこへ行っても大したことはないと親身になって話を聞いてくれる先生は一人もいませんでした。 その後、友人がある耳鼻科を紹介してくれて、そこで 初めて自分は「上咽頭炎」であると知りました。 そこからはBスポットという、とても激痛の伴う処置を続けました。 最初は週4回、慣れたら週2回ペースで2年半通いました。 それでも元通りになることはありませんでした。 ある日、インターネットで調べていると「上咽頭炎」を鍼で施術ができるというニュースを目にしました。 そして足を運んだのが、はりきゅうルーム岳でした。 ここの先生は親身になって話を聞いてくださり、そこでまず不安がなくなりました。 鍼もほとんど痛みはなく、苦痛になりません。 日がたつにつれ、1つずつ症状が改善され、なんと3ヶ月で全ての症状がなくなりました。 そして再び夢に向かって挑戦できるようになりました。 言葉では表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。 決して西洋医学を否定しません。 けれど僕は東洋医学の力で、5年間治せなかった、「上咽頭炎」をたったの3ヶ月で改善することができました。 もっとたくさんの人に東洋医学の偉大さと素晴らしさを知ってもらいたいです。 そして、僕と同じように病気で苦しんでいる人が、1人でも多くはりきゅうルーム岳さんと出会い、笑顔になることを心から願っています。 声帯を痛め病院に行った所、声帯の炎症の他に、「 上咽頭炎」であると医師に言われました。 声帯は回復したものの、声が思うように出ず、ライブも続くため、不安に思っている時でしたので、思いきって鍼をお願いすることにしました。 最初のカウンセリングを丁寧にして頂けて、不安な事は全てお伝えできました。 施術は私には痛みが少なく、なのに声(高音)が施術後すっと出る様になり、大変驚きました。 身体全体がのどや声に関係しているのだなと感じています。 おかげ様で連日のライブも声の調子良く乗り切る事が出来、歌の講師の仕事も安心して取り組む事が出来ています。 上咽頭炎も数回の施術にも関わらず、症状がほぼなくなっていて、とても嬉しいです。 院内の第一印象は、とてもきれいで好感がもてました。 また、先生は 患者の声を丁寧に聴いて下さり、それに対して 的確な施術計画を立てて下さるので、安心してお任せする事ができました。 声帯溝症と医師に言われ10年以上声で苦しみましたが、その根本原因を上咽頭炎ではないかと一発で見抜いて下さり、たったの半年でほぼ元通りの状態にまで改善して下さいました。 そのおかげで、海外映画出演オファーも、自信をもって受ける事ができました。 先生に心から感謝しております。 声で悩んでいる方は、是非一度、はりきゅうルーム岳にご相談される事を強くおすすめ致します。 鼻の奥がいつもヒリヒリする、酷くなるとそのヒリヒリが喉まで達し先日まで出ていた音域が出ない!声が出ない!近隣の耳鼻咽喉科で 「上咽頭炎」と言われ、強い抗生物質を処方されました。 服用している間は緩和するのですが、 少し経つと再発。 「Bスポット」を受けに別の耳鼻咽喉科へ。 「Bスポット」を実際受けてみると痛みが非常に強く、その痛みを何度も繰り返しながらも自身は違和感があり半ば諦めていました。 この間3年ほど。 その様な日々、ある日ネット上で「はりきゅうルーム岳」を知り、直感のまま予約し、施術を受け驚きました!! 初回施術からその効果を実感でき、施術に通うごとに「声」「喉」に自信がついてきます。 鍼もいたさや怖さもなく、先生の腕の素晴らしさに感動し、さらに一言一言に安心できるのです。 最近は周囲からも声にパワーが出たと言われます。 もう一歩で施術も終了と仰っていただいていますが、今後もメンテナンスを含め通いたいと思います。 上咽頭炎に関することで調べていた所、こちらの院を知りました。 メールで質問した所、 当院の施術で上咽頭炎の施術は可能です。 と聞き、通う事を決めました。 月に数回ライブで歌を歌っており、その前日などに喉の痛み等の症状が出る事もよくありました。 初回のカウンセリングでは、上咽頭炎はどうして起こるのか、普段の生活で気をつける事などをくわしく説明して頂きました。 喉とはまったく関係ない所に鍼を打つのに、 打つ前と後で比べて高音が楽に出るようになったのはとてもびっくりしました。 まだ施術中ですが、 通う前と比べて鼻の通りが良くなったり、歌っていて声が響く感覚が出てきたり、毎日のようにしていた歯ぎしりをしなくなったりと嬉しい変化を感じています。 発声に関する事などわかりやすく説明して下さり、アドバイスを頂けて とても頼りになる先生です。 そして、上咽頭部を擦過します。 この方法は、 薬剤がしみてヒリヒリ感が生じるとともに、痛みを強く感じ、 激痛のあまり失神してしまう方もいるようです。 また、時に出血も伴うこともあります。 痛みや出血は翌日まで続くこともあります。 炎症の程度が強い人は、 Bスポットで中程度までは改善することがありますが、それ以下に改善を抑えることは難しいようです。 効果を感じた方は、Bスポットを継続し、通院間隔は個人差はありますが、週1〜2、3回程度です。 数年にわたりBスポットをやり続ける人も少なくなりません。

次の

万病の元!上咽頭炎

上咽頭炎 東洋医学

上咽頭炎が酷くなったのは、今年のGWの頃です。 花粉症は終わったはずなのに、とにかく鼻の奥 上あごの裏 のヒリヒリとした痛みが酷く、痰のような塊が常にへばりついていました。 また 後鼻漏のため、就寝時、無意識に唾を飲み込むたび、その痛さで目が覚める日が続いていました。 花粉症や蓄膿症の治療で耳鼻科にも通ってはいましたが、 上咽頭の症状に薬が効かないことは、前から感じていました。 あのものすごい痛みのBスポット療法も1回だけ経験があります。 何か他の治療法はないかとネット検索していた時「はりきゅうルーム岳」のHPを見つけました。 「はりきゅうルーム岳」のHPを読むと、上咽頭炎の原因には頸こりが隠れているとありました。 思い当たることもあったので早速予約をして伺いました。 先生はこちらの話をよく聞いてくれて、 初回の治療はカウンセリングも含めて、1時間ほどでした。 鍼の痛みはほとんどなく、驚いたことに鼻の奥の痛みが翌日には治まったのです。 本当に驚きました。 2回3回と通う毎に鼻の奥にへばりついていた塊も、確実に小さくなっています。 薬ではなかなか治らないと思われる 「上咽頭炎」は本当につらいです。 同じような症状で苦しんでいる方が快適な日々を取り戻すために、ぜひ「はりきゅうルーム岳」を訪れていただきたいと思います。 こんな経験はありませんか? 声枯れを一生懸命早く治そうと、様々な薬を服用しても全然改善しない・・・。 病院を何件も回り、やっと「上咽頭炎」という診断をされたという人も少なくないと思います。 上咽頭に炎症が起きると、上咽頭の部分に鼻水などの粘液がへばりつきます。 すると、 声が鼻腔に響かなくなります。 鼻腔に響かないということは、声が通らなくなるため、 無理に響かせようと喉が力む状態になるのです(のど声状態)。 のど声状態が続いてしまうと、 発声に必要な筋肉が疲労し、声帯の微細なコントロールが出来なくなります。 すると 声枯れ、 かすれ、 裏返りなどの症状が出現します。 この状態が続いてしまうと 本来の発声の仕方を忘れてしまい、「 発声障害」へと移行してしまうケースもあります。 上咽頭炎ってどんな病気? 上咽頭炎とは、上咽頭に炎症が起きている状態をさします。 上咽頭(鼻咽腔)はの場所は、「喉の奥」と「鼻の奥」の境目です。 上咽頭炎は、耳鼻科で判断してもらえると思われがちですが、実際はそうではありません。 都内でも「 数件の耳鼻科」しか判断できる病院がないのが現状です。 そのため、 一般的な耳鼻科で原因不明と言われ続けて、 病院を何件も回っている人もいます。 そして病院での上咽頭炎に対する処置方法は、現在「 Bスポット」しかありません。 そしてそのBスポット治療ができる耳鼻科も限られています。 また必ずしもその治療をしたからといって、良くなる訳ではありません。 西洋医学では未だ方法が確立しておらず、まだまだ研究の余地がある病気と言えます。 上咽頭炎の症状って? 上咽頭炎が発症するきっかけ Bスポットとは、鼻や口の中から器具(金属の棒の先に綿花を巻いた物)を用いて、 塩化亜鉛液を上咽頭部に塗布し、擦過します。 この方法は、薬剤がしみてヒリヒリ感が生じるとともに、痛みを強く感じ、激痛のあまり失神してしまう方もいるようです。 また、炎症が強い時には出血を伴うこともあります。 出血は長時間継続することは少ないですが、痛みは炎症が強い場合には、翌日まで続くこともあります。 炎症の程度が強い人でも、 Bスポットを行うことで中程度までは改善することがありますが、それ以下に改善を抑えることは難しいように感じます。 効果を感じた人は、Bスポットを継続します。 その通院間隔に個人差はありますが、炎症が強い人は週1〜2、3回程度から開始し、炎症の度合いを見て、つい院間隔が延びたりします。 そして経過が長い人では、数年にわたりBスポットをやり続ける人も少なくなりません。 鼻うがい.

次の

上咽頭炎を治すツボはこの二つだ 完骨と翳風

上咽頭炎 東洋医学

ここ数年、喉と鼻の奥が重い感じが続いており痰がよく絡むため、耳鼻科に通っていましたが、中々改善されぬまま、不安な日々を過ごしておりました。 私は声楽家なのですが、響きが足りないことが悩みで、それも喉と鼻の症状が原因なのでは、という悩みもあり、オペラのキャストオーディションも控えていたため、声楽の師匠に相談したところ、一度「はりきゅうルーム岳」へ行ったら?と竹内先生を紹介していただきました。 初めて来院した時に不調の原因は「上咽頭炎」だと診断を受けました。 3日後にオーディションがあることを相談すると、まずは3日後に声がしっかり出せるようになるよう、調整してくださり、同時に「根本的に完治させたいのであれば、定期的な通院を」と勧めていただきました。 試しに声を出してみたところ、明らかにいつもより違う響き方で声を出すことができました。 変化が顕著に現れたのはその翌日のことで、いつもは声を慣らすために長く発声を行わければならないところ、 理想の声がスルッと気持ちよく出てきました。 そんなことは今までになく、「これは」と驚きながら、オーディションに臨みました。 オーディション当日には、 もう何年も感じたことがないような理想の声で歌うことができ、自分でも信じられないくらいに良いパフォーマンスで希望の役をいただくことができ、これはとても素敵な先生を紹介していただけたと思い、1週間に1度の通院を1ヶ月続けながら練習に励みました。 長年苦しんでいた原因の解明、そしてその解消を約1ヶ月で行うことができ、もっと早く「はりきゅうルーム岳」さんを知りたかったな、と今では思っております。 数年前の春先、鼻水や痰がつまる感じがあり、ついに花粉症になってしまったと思い、少しでも楽に声が出せるようにと、変な体勢で歌う練習をしておりました。 しばらくすると、それまで出ていた音域が出ず、キーを調整しても不安定ばかり。 友人に紹介してもらったボイスクリニックに行き、そこで初めて「上咽頭炎」を知ることになります。 原因がわかり、安心していましたが、実際ここからが地獄でした。 吐き癖のある私にBスポット療法は不可能だと言われ、服用していた漢方薬を飲んでも症状は改善できず。 様々なことを調べる内視鏡も、全身麻酔をしながらと一苦労でした。 通常の生活にほとんど困ることがなかったので、歌うことを我慢すればいいのだと、しばらくの間、音楽からできるだけ離れるようにしていました。 薬以外で治す方法はないよなと諦めかけていた時、インターネットで「はりきゅうルーム岳」での鍼治療という文字が目に飛び込んできたのです。 また、同じ症状の方が良くなったとの感想もあり、天にすがる思い出お願いすることにしました。 初回のカウンセリングで先生からは、数回で良くなる感じにならなければ難しいですと言われましたが、今思えば、治しますという強い気持ちがあってのことだったのですね。 鍼治療と聞いて喉に直接打つのかと怖いイメージをしがちですが、繋がりのある異なる部分に打つので、安心且つ痛みもほとんどありません。 治療を重ねていくうちに、少しずつ良くなる実感が湧いてきます。 多少波はありますが、徐々に歌うことを再開していきました。 始めの頃は、調子を気にし過ぎて出場を辞退することもありましたが、先生の熱い激励もあり、何とか結果が出るようになり、某大会の全国大会まで進むことができました。 今でも本番前日等に治療を受けているのですが、その他にも精神面でも気合を入れていただき、有り難いです。 以前の自分に戻るのではなく、更に良くなる自分になるのだと先生がおっしゃるように、以前では考えられないくらいに楽しい日々が送れているのも、先生のお陰だと思います。 先生方はとても明るく、優しくて様々なことを相談し易いと思います。 僕は5年間 『上咽頭炎』に苦しんできました。 5年前に風邪をくり返し、それから微熱、頭痛、ダルさ、のどの痛み、声がれ、寒気、睡眠をとっても次の日まで疲れが残るといった症状が何ヶ月も続きました。 ピーク時は朝目覚めても起き上がるのに何時間もかかり、仕事に行くのもやっとでした。 原因をつきとめるため、大学病院で検査を受けたのですが、特に異常がないと判断されてしまいました。 そこからは病院をたらい回しにされ、何処に行っても「大したことはない」と、親身になって話を聞いてくれる先生は一人もいませんでした。 その後、友人がある耳鼻科を紹介してくれて、そこではじめて自分は『上咽頭炎』であると知りました。 そこからはBスポット治療という、とても激痛の伴う治療を続けました。 最初は週4日、慣れたら週2回ペースで2年半通いました。 それでも完治することはありませんでした。 ある日、インターネットで調べていると 『上咽頭炎』に鍼が効果的というニュースを目にしました。 そして足を運んだのが当院でした。 先生は親身になって話を聞いてくださり、症状の原因を1つずつ解りやすく説明してくれます。 そこでまず不安が無くなりました。 鍼施術もほとんど痛みはなく、苦痛になりません。 日が経つにつて1つずつ症状が改善され、なんと3ヶ月で全ての症状が無くなりました。 現在では『上咽頭炎』がウソだったかのように元気になり、毎日笑顔で過ごせています。 そして再び夢に向かって挑戦できるようになりました。 先生には言葉では表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。 決して西洋医学を否定しません。 良い点もたくさんあると思います。 けれど僕は東洋医学の力で、 5年間治せなかった『上咽頭炎』をたったの3ヶ月で完治させることができました。 もっとたくさんの人に東洋医学の偉大さと素晴らしさを知ってもらいたいです。 そして、僕と同じように、病気で苦しんでいる人が、1人でも多くはりきゅうルーム岳さんと出会い、笑顔になることを心から願っています。 はりきゅうルーム岳さんを選んだ一番の理由は、 喉の施術を専門に行なっているという事で、早速予約を入れました。 院内の第一印象は、とてもきれいで好感がもてました。 また、先生は 患者の声を丁寧に聴いて下さり、それに対して 的確な施術計画を立てて下さるので、安心してお任せする事ができました。 声帯溝症と医師に言われて10年以上声で苦しみましたが、 その根本原因を上咽頭炎ではないかと先生は一発で見抜いて下さり、 たったの半年でほぼ元の状態にまで改善。 そのおかげで、 海外映画出演オファーも、自信をもって受ける事ができました。 声で悩んでいる方は、はりきゅうルーム岳さんにご相談される事を強くおすすめ致します。 声帯を痛め病院に行った所、声帯の炎症の他に、 「上咽頭炎」であるとの診断を受けました。 声帯は回復したものの、 声が思うように出ず、ライブも続くため、不安に思っている時でしたので、 思いきって鍼をお願いすることにしました。 施術は私には痛みが少なく、なのに声(高音)が施術後すっと出る様になり、大変驚きました。 身体全体がのどや声に関係しているのだなと感じています。 おかげ様で連日のライブも声の調子良く乗り切る事が出来、歌の講師の仕事も安心して取り組む事が出来ています。 とても嬉しいです。 2~3年前から喉のかすれが気になりだし、耳鼻科で処方された薬や吸入で対処していたのですが、症状はひどくなるばかりで、ライブの1 stステージまで歌えていたのに、2 ndから急に声が出なくなったり、 司会のお仕事でも本番中に声が枯れてほとんど聞き取れないような声になってしまうなど、仕事にも日常生活にも大きく支障をきたすようになりました。 何とかしなければ、と有名耳鼻科に通い上咽頭炎治療のBスポット治療を受けるようになりましたが、 一年経っても改善が見られない上に毎回涙が出るほど痛く、その上「完治は無理」と言われてしまい、もう歌は歌えないだろうと絶望していました。 藁にもすがる思いで「上咽頭炎 治らない」とネット検索していたところ、「はりきゅうルーム岳」さんに辿り着きました。 すぐに予約が取れ、スタッフの方の対応も優しく丁寧で、 「完治します」と言って下さったことに心から救われ、現在週1回の治療を2ヶ月続けていますが、目に見えて声の出が良くなっています。 痛みもほとんどなく、薬を飲まなくて良いのも嬉しいですね。 先日も仕事中に「いい声ですね」とお客様に言って頂き、失った希望を取り返した気がしました。 岳さんに出会えて本当に良かったです。 1年半ほど前に風邪をひどく悪化させたことがきっかけで、 めまいや息苦しさ、不眠などを中心とした不調を発症するようになってしまいました。 最初は何か大病を患ってしまったのではないかと、 いくつか病院を回りましたが特に大きな病気は見つかりませんでした。 それでも不調は一向に回復しませんでしたので、インターネットでいろいろ調べたところ 「上咽頭炎」の症状に非常に似ていたため代表的な改善策として挙げられているBスポットという治療を耳鼻科で受診することにしました。 Bスポット治療は一定の効果はあったものの、全快することはなく、いろいろと調べた際に 「この症状は完治しない」という情報なども目にすることもあり、「自分はこれから一生この不調と付き合っていかなければならないのか」と 暗い気持ちになりつつも、仕事の合間を縫って耳鼻科に通うという日々が数ヶ月続きました。 ある日症状が強く出たタイミングで何とか改善する方法が他にあるのではないか、と再度色々調べていたところ、はりきゅうルーム岳のことを知り 藁をもつかむ想いで診ていただいたところ、先生は親身になって話を聞いてくださいました。 また施術1回目が終わった時点でめまいなど不調がかなり軽減されたことを実感し、 「ここに通えば治るかも!」と完治に向けた道が開けたような気がして、とても明るい気持ちになったことを今でもはっきりと覚えています。 現在も定期的にメンテナンス目的で受診していますが、 不調の症状は全てなくなりました。 本当に感謝しています。 ありがとうございました。 私は、 2年ほど前から鼻つまりと後鼻漏で悩んでいました。 最寄りの耳鼻科に行っても異常はなし。 いろいろな病院をまわってようやく自分が 「慢性上咽頭炎」という疾患かかっていることがわかりました。 これを治すには、 悶絶級の痛い「Bスポット療法」を受ける以外に方法はないと言われ、なかなか勇気を出せず悩んでました。 他に治療法はないものかとネットで調べてみると、はりきゅうルーム岳さんの鍼施術を見つけて治療を受けてみることにしました。 注射が苦手な私は、針を刺すことに抵抗がありましたが、実際受けてみるとほとんど痛みなく治療ができて驚きました。 これなら通えるかも!と思い、週一で鍼治療を受けました。 私の場合、最初はすぐによくならなかったものの、 継続することで少しずつ後鼻漏と上咽頭炎の違和感がなくなっていき、わずか4ヶ月でほぼ完治まで治すことができました。 まさか鍼を刺すだけでここまで改善されるとは驚きでした。 私は20数年間、鼻や喉の不調があり、でもそれが 何の病気によるものなのかずっと分からずにいました。 鼻の奥の違和感、後鼻漏が常に喉に下りてイガイガしたり、胃のムカつきもありました。 耳鼻科では軽い副鼻腔炎と言われ薬を飲んでも症状はなくなりません。 3人の子育てに追われながら、更年期も重なり、首や肩の凝り、寝起きの倦怠感、頭痛と頭重感、ふわふわとしためまい、手の平の謎の水疱と段々症状が増えていきました。 ある日、耳鼻科の待合室で流れているモニターで上咽頭炎という初めて聞く病気の症状を紹介していました。 私の症状にピッタリ。 これだ!と思い、上咽頭炎の治療を始めました。 Bスポットという、かなりしみて痛い治療でしたが、症状が軽くなったし、何しろ病名が分かって治療できることが嬉しく、続けてみようと思いました。 しかし 8ヶ月くらい続けても後鼻漏は完全に消えることはなく、医師からはBスポットは上咽頭炎を軽くすることはできるが、 完治はできないと言われてしまいました。 もっと良くすることはできないかとネットで検索していると、「上咽頭炎は治せます!」というこちらのHPを見つけ、藁をもつかむ思いで予約してみました。 光山先生は、問診をとても丁寧にして下さり、今までの経過をお話すると、辛く大変だった気持ちに寄り添い共感してくれました。 耳鼻科は混んでいて流れ作業のようなので、それだけで気持ちがほぐれました。 そして施術がはじまると、驚きの連続!!症状がある所と全く違う場所に鍼を一本だけ打つのに、 え!?と声が出てしまうほど凝りや痛みが消えてしまい、首や肩の凝り頭重感が楽になりました。 そして 通う毎に薄皮がはがれていくように症状がさらに改善されていきました。 同時に、股関節と肘の痛みがあったのも治療して下さり、大変助かりました。 トントン拍子に良くなっていった症状も3ヶ月たった頃、後鼻漏だけがなかなか無くならず、私は本当に治るのだろうか?と不安になってしまった時、光山先生は 身体全体から原因を探り、お腹や婦人科系のツボへのアプローチ、食べ物、特に白砂糖とお酒を控えるようにと指導して下さり、 半信半疑で、白砂糖とお酒を完全に断ってみると、なんと後鼻漏を感じない日が出てきたのです。 ついに施術開始から6ヶ月後にはほとんど後鼻漏を感じなくなりました。 長いキャリアの症状にも、根気強く治そうとしてくださったおかげです。 またそのスキルをお持ちです。 今、本当に頭も身体も軽く、 今まで年齢のせいかなと思っていた凝りやダルさが普通でなかったことに気付かされました。 あのまま病名が分からずにどんどん症状が悪くなっていたかと思うと、はりきゅうルーム岳との出会いは私にとって本当に大きく、感謝でしかありません。 もっと早くに上咽頭炎という病気に気付き、治せていたら、 もっと楽で楽しい子育てができていたかもと思っています。 なかなか耳鼻科でも気がついてもらえない上咽頭炎という病気。 多くの辛い症状を抱えている人がはりきゅうルーム岳に出会い、 私のように元気を取り戻せることを願いながら体験談を書かせていただきました。 今まで不調のたびにさまざまな耳鼻咽喉科で診察・処方してもらいましたが、効いた実感がなく「喉は痛めたらおしまい、痛めないように使うしかない」がモットーでした。 こちらに通い始めたのは、ライブ出演直前に声がかれてしまったのがきっかけです。 はじめは症状を少しでもマシにしたいという思いでうかがったのですが、 HPの症例にたくさん出ていた「上咽頭炎」の症状が普段のわたしの状態と酷似しているのが気になっていました。 初回施術後、マッサージ等では届かないような身体の内側が驚くほどゆるみました。 不調をカバーするために筋肉がこわばりさらに症状が悪化する負のスパイラルに入っていた身体をあるべき状態に戻していただいたことで、声がれも明らかに改善しました。 たった1回、数本の鍼で、です。 鍼治療はじわじわ効くイメージがありましたが、どんな喉の薬やエクササイズより即効なので、本番前に岳に通うことをひそかに「ドーピング」と呼んでいます 笑。 さらに、わたしはやはり上咽頭炎のようで、治療を重ねるごとに声の響きが増していくのを感じています。 今まで上咽頭炎の状態が普通だと思っていたので、自分の本来の声は今よりもっと良かったのだと、歌うことが改めて楽しくなりました。 決して安くないお金を払って少し根気のいる治療を続けることに、最初はためらいもありました。 ですが現在では、 通うたびに目に見えて効果が出る、こんなにコストパフォーマンスの高い治療はないと思っています。 また、普段の食事や生活にもアドバイスをいただけるので、 喉だけでなく身体全体の状態が向上している実感があります。 声を使う人にとって、思うように発声できないことほど不安で辛いことはありません。 わたしのようにあまり効かない喉の治療にかけたコストを悔やんでいる方、そしてこれから起きる声のトラブルに使う時間とお金とストレスを軽減したい方は、岳で根本的な改善を始めてみてはいかがでしょうか。

次の