ポケモン 剣 盾 ダイ マックス バトル。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスポケモンの入手方法と一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

【ソードシールド】合計23体のダイマックスポケモンがマックスレイドバトルに出現!【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ダイ マックス バトル

レイドバトル全然勝てないんだけど!ネットは怖いからひとりでやってるけど、コンピューター弱すぎ!何なのあの人たち… マックスレイドバトルは 4人でダイマックスポケモンに挑むシステムですが、確かに残り3人がNPC(サポートトレーナー)だと苦戦を強いられることがかなりありますね…プレイヤーに比べてNPC(コンピューター)トレーナーはどうしても弱いです。 そこで今回は 「マックスレイドバトルをソロで楽しみたい!けどNPCが弱すぎて全然マックスレイドバトルに勝てない!」という方向けに、 「ひとりでもマックスレイドバトルに勝てるようになるコツ」をまとめてみました! マックスレイドバトルは強いポケモンをゲットできたり、レアなアイテムをもらえたり…とメリットが多いので、ぜひ積極的にチャレンジしていきたいです! 改めてマックスレイドバトルについて知りたいです。 ポケモンの巣で「ダイマックス」バトル レイドバトルできる光から2000Wもらって回ってねがいのかたまり買ってレイドして…このループが意外とハマる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ワイルドエリアにある 「ポケモンの巣」にはダイマックスポケモンが潜んでいます。 もし、 ポケモンの巣から「空に伸びる赤い光」が出ていれば、そこをAボタンで調べると「マックスレイドバトル」が可能です! ルール:4人1チームでダイマックス可能 「マックスレイドバトル」は「ダイマックス(キョダイマックス)した野生のポケモン」と 4対1でバトルをします。 プレイヤー(自分)を含む 4人のトレーナーがそれぞれ1体だけポケモンを繰り出すことができ、1ターンごとにダイマックスできるトレーナーポケモンが順番に廻っていきます。 逆に言えば「タイプ相性が不利だったから控えのポケモンとチェンジしよう」という、普段の戦い方はできません。 入れ替え不可のため、 「どのポケモンでマックスレイドバトルに挑むのか?」が重要となってきます。 ポケモンの捕獲は倒してから! レイドバトルの捕獲率、個人的にはリピートボールが安定してる気がする。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 普通の野生ポケモンを捕まえる時は、倒す前に(HP0になる前)モンスターボールなどを投げて捕まえますね。 しかし、 マックスレイドバトルでは「先にポケモンを倒してから捕獲」という流れになります。 そのため、まずは相手のダイマックス(キョダイマックス)ポケモンを倒す必要があります。 マックスレイドバトルのメリットは? ところで、マックスレイドバトルをしていくメリットは何かありますか? 「マックスレイドバトル」は敵が強いですが、その分メリットがいろいろあります!マックスレイドバトルをこなしていくことで、より強いポケモンと出会えたり、思わぬ貴重なアイテムが入手できたりします! メリット1: 「強い」個体値のポケモンが手に入る いわゆる6Vってまだ見たことないなあ… — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルで捕まえられるポケモンたちは ポテンシャルが高いことが多いです。 ポケモンは「HP」「こうげき」「ぼうきょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」というステータスを皆持っており、それぞれのステータスがどの程度優れているかを示す「個体値」があります。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 「マックスレイドバトル」のもう一つの大きなメリットは 「レアアイテム」が手に入ることです。 マックスレイドバトルに勝利すると、「けいけんアメ」や「きのこ」類、さらには「ほしのかけら」などショップで売れるアイテムも含め 「これはありがたい!」というアイテムがよく手に入ります! 他にも「わざマシン」や「わざレコード」も手に入ることが多く、中には貴重なわざが含まれていることもあります! 「けいけんアメ」や「ダイマックスアメ」はほぼマックスレイドバトルでしか入手できませんし、わざマシンやわざレコードも買うと高いものも多いです。 ですので、 積極的にマックスレイドバトルをこなすことで、ポケモンの強化や貴重なお金稼ぎの手段にもなります! 「ひとりで挑戦」と「みんなで挑戦」って具体的に何が違うんですか? ソロ(ひとりで挑戦)は自分+NPC3人 「ひとりで挑戦」は プレイヤー(自分)+3人のNPC(サポートトレーナー)の4人でマックスレイドバトルに挑みます。 この場合、 NPCはデフォルトで用意されているコンピュータートレーナーからランダムで3人選出されます。 ですので、NPCの3人の組み合わせは毎回異なります。 オンライン(みんなで挑戦)はネットで3人を募集 「みんなで挑戦」は プレイヤー(自分)+他のプレイヤーたちでマックスレイドバトルに挑みます。 やり方はインターネットにつないだ状態で「みんなで挑戦」を押すと、残り3人の募集が始まります。 人数が4人集まらなかった場合は、いる人だけ+NPCで挑むことになります。 ソロ(ひとりで挑戦)のメリットは? 「ひとりで挑戦」ってやっぱりメリットあまりないのかな… マックスレイドバトルの「ひとりで挑戦」でもメリットはたくさんあります!また、もらえる報酬とかに差はありません。 インターネット接続が不要 「ひとりで挑戦」ではインターネットを使わないので、 外出先などでWi-Fiがなくてもマックスレイドバトルができます! また、 「みんなで挑戦」の場合はインターネット環境+Nintendo Switchオンラインサービス(定額制)の加入が必要ですが、「ひとりで挑戦」ならその必要もありません。 ポケモン捕獲率が高い マックスレイドバトルは勝利後にボールを投げてポケモンを捕獲しますが、 「ひとりで挑戦」時の方が捕獲成功率が高いです。 特にオンラインで ゲスト側(誰かが「みんなで挑戦」で募集したレイドバトルに参加した場合)に比べると一目瞭然、というレベルで捕獲成功率が違います。 マイペースな 「ながらプレイ」も可能 「みんなで挑戦」の場合、他のプレイヤーと一緒なので「急な宅配や電話が来た!」となったときにとても困りますね。 また、「みんなで挑戦」では毎ターン制限時間がります。 他のことをしながら、とか他のプレイヤーを待たせるのができません。 そういう意味では、「ひとりで挑戦」はパートナーがNPC(コンピューター)なので、時間を気にせずマイペースでプレイが可能です! いよいよマックスレイドバトル!弱すぎるNPCと一緒でも勝てるようになるにはどうしたらいいですか!? ここからは 「マックスレイドバトルをソロでも勝てるコツ」を見ていきましょう!マックスレイドバトルをソロでも勝てるようにするコツは以下の3つです!• ムゲンダイナを育てる!(最優先)• はがねタイプのポケモンを育てる(できれば)• バトルはとにかく「アタッカー」に徹する!(重要) それぞれ詳しく見ていきましょう! NPC(サポートトレーナー)の特徴は? 「ソロ(ひとりで挑戦)」のコツを見る前に、マックスレイドバトルでパートナーとなる 「NPC(サポートトレーナー)とはどんな人たちなのか?」を改めておさらいしておきます! 1:基本的に弱い、ひんしになりやすい マックスレイドバトルの NPCはシンプルに弱いです。 ソロバトル最大の難題として、 NPCが弱いために「4人で4回ひんしになったら終了」というレイドバトルのルールに負けやすいことです。 2:NPCによっては攻撃すらしてくれない マックスレイドバトルのNPCにも様々なトレーナーがおり、ソロバトルでは毎回ランダムで3人が選ばれる仕組みです。 このNPCにも当たりはずれがあり、中でも 「イーブイ」「ピッピ」「ソーナンス」あたりは 「攻撃すらしてくれない」ターンもあるという、味方ながら非常に厄介な存在です(笑)。 また、 NPCはマックスレイドバトル中にダイマックスもしてくれません。 マックスレイドバトルの敵は「不思議なバリア」を張りますが、これを破るために有効なダイマックスをNPCはしてくれないので、より苦戦しやすいとも言えます。 3:プレイヤーポケモンによって能力変化 「レイドバトルのNPC サポートトレーナー はプレイヤーポケモンのレベルに応じて強さが変わる」とは、このことだった… — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルのNPC(サポートトレーナー)のポケモンたちは、 プレイヤー(自分)のポケモンのレベルによって強さが変化します! 例えば、自分のポケモンのレベルが100の時と80の時では、NPCポケモンのレベルも10以上異なります。 プレイヤー(自分)のポケモンレベルが高いほどNPCポケモンのレベルも上がる仕組みです。 ということは、自分のポケモンのレベルを極力上げておいた方がいいってことだね! 「ソロ」のコツ1:ムゲンダイナを強化!(最優先) ムゲンダイナ強化してから一気にワイルドエリアが楽しくなった! — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ストーリー最終盤で手に入る伝説のポケモン 「ムゲンダイナ」が、マックスレイドバトルのエースとして大活躍してくれます!その理由やコツを紹介します! ダイマックスほうがとにかく強い デフォルトで捕まえたときからムゲンダイナが覚えている 「ダイマックスほう」というわざがとにかく強いです! どう強いかといいますと、「ダイマックスほう」は元の威力も高いわざですが、 「ダイマックスしているポケモンに2倍のダメージが入る」という、まさに「VSダイマックス」のためのわざなんですね! また、「ダイマックス砲」のわざタイプは「ドラゴン」ですので、フェアリー以外にはほぼ相性関係なくぶっ放せます! 育成法:「けいけんアメ」でレベル100にする! 「けいけんアメ」が便利すぎる!昔はレベル上げ本当に大変でした… 笑 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ただでさえ「ダイマックスほう」が強力なムゲンダイナですが、 レベル上げ=ステータス強化をしていけばさらに「マックスレイドバトル」が楽になります!また、先ほど書いたように 「プレイヤーポケモンのレベルとNPCの強さも比例する」ので、その観点からもレベル上げは必須です! そのため、ムゲンダイナをレベル上げをしていくわけですが、おすすめは 「けいけんアメ」でコツコツレベル100を目指していくことです! もちろん、「チャンピオンになった後のポケモントーナメント」をひたすら周回して経験値を稼ぐ手もありますが、 「けいけんアメ」の方が一気に経験値がもらえてお得です! でも、けいけんアメってマックスレイドバトルで手に入るんですよね?そのレイドバトルにソロじゃきついんですが… マックスレイドバトルを始まる前に見られる シルエットと難易度(星の数で表記されています)を確認してください。 星3つくらいまでなら育成前のムゲンダイナで勝てることが多いです! レイドバトルの対象が弱ければ星4つでも勝てる可能性が大いにあります! キョダイマックスだとシルエット変わるのワクワクするなー。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 星5つの難易度のマックスレイドバトルでも、ムゲンダイナのレベルが100まで上がっていれば「ひとりで挑戦」でもなんとか勝てることも多いです! 余裕があれば「とくこう」をさらに強化! ムゲンダイナはレベル100にするだけでも十分強いですが、お金に余裕があれば「栄養ドリンク」でムゲンダイナをさらに強くしましょう! シュートシティのこのポケモンセンター、利益率高そう 笑 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame シュートシティのポケモンセンターで、各ステータスの基礎ポイントを上げてくれる栄養ドリンクが売っています! 1本1万円と高額ですが、確実にステータスアップができるのでおすすめです。 ちなみに「マックスレイドバトル」対策としては 「リゾチウム」という栄養ドリンクを26本、ムゲンダイナに与えると良いです! リゾチウムは「とくこう」のステータスをアップしてくれますが、「ダイマックスほう」は「とくしゅ」(とくこう)わざなので、さらに威力を高められます! これでフェアリータイプ以外はほぼ無双 ここまでやれば「マックスレイドバトルのエース」としてのムゲンダイナは完成です!思う存分マックスレイドバトルを楽しみましょう! ただし!そんな ムゲンダイナでも「フェアリータイプ」が相手のマックスレイドバトルでは大活躍がむずかしいです。 というのも、 「ダイマックスほう」=ドラゴンタイプのわざですが、 ドラゴンタイプのわざは「フェアリータイプ」にはむこう(こうかがない)だからです! ですので、余裕があれば フェアリータイプに有効な「はがね」タイプとかのポケモンを用意しておきたいですね! 「ソロ」のコツ2:「はがね」タイプのポケモンを強化! (優先度高め) というわけで、ムゲンダイナだけでほぼ事足りるマックスレイドバトルですが、万全を期すなら 「対フェアリータイプ」用のポケモンを用意しましょう! フェアリータイプの代表例としては「マホイップ(キョダイマホイップ)」とかですね。 不思議なバリア、仲間が全員NPCだとかなり重く感じる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame おすすめはザシアンorザマゼンタ レイドの相手がフェアリーとかだとザマゼンタさん大活躍。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルの「対フェアリータイプ」で最もオススメなのは 「ザシアン・ザマゼンタ」です! こちらもムゲンダイナ同様伝説のポケモンで すね。 ムゲンダイナ同様 、 ザシアン(ソード)・ザマゼンタ(シールド)も「ダイマックス相手に2倍になるわざ」(きょじゅうざん・きょじゅうだん)を持っていて大変強力です! しかもこの「きょじゅうざん(ザシアン)」「きょじゅうだん(ザマゼンタ)」はタイプが「はがね」タイプなので、フェアリータイプに相性抜群です! これで「キョダイマホイップ」などにも対抗可能 ザシアン・ザマゼンタもコツコツ育成していけば、キョダイマホイップなどのやっかいな フェアリータイプのレイドバトルも安心です。 補足:回復わざや強化わざもいらない レイドバトルは「4人で4回ひんし(HP0)になったら負け」というルールがあります。 プレイヤーが1ターン相手に攻撃せずに消化してしまうと、その分敵の攻撃機会が増えていく=NPCが攻撃される回数も増えるので、プレイヤーはひたすら攻撃がおすすめです! バリアを貼られてもとにかく攻撃 不思議なバリア、仲間が全員NPCだとかなり重く感じる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルでは敵が 「不思議なバリア」を張ってきます。 このバリアを破るためには攻撃するしか手段がありません。 さらに、 攻撃力が高ければ、バリアを張られていても少しながらダメージを与えられます!NPCのポケモンは攻撃力が貧弱なので、バリアを張られている間にNPCたちはダメージを与えられないパターンが多いです(バリアはけずってくれますが)。 となると、 やはりプレイヤーがひたすらアタックしていく!これがマックスレイドバトルのソロ(ひとりで挑戦)の最適な行動といえます! だからこそ、ムゲンダイナやザシアン・ザマゼンタをコツコツ育成することが、マックスレイドバトル(ソロ)で勝つために必要になってきます!.

次の

【ポケモン剣盾】新要素「ダイマックス・キョダイマックス」の仕様まとめ

ポケモン 剣 盾 ダイ マックス バトル

構築経緯 机上論で動ける対面構築 序盤に数的有利を取れればその後の詰めの展開は機械的に技を選択できるようになるため、初手からダイマックスをして数的有利を取る、いわゆる対面構築を目指しました。 まず、軸となる初手に置くダイマックスポケモンとして ホルード を採用しました。 ホルードは対面の相手を倒した後も行動できるようになる超強力なダイマックス技である「ダイジェット」が使え、かつ相手の後続として出てくるミミッキュ の「かげうち」を受けない優秀なタイプを持ち合わせています。 また、「じしん」や「ギガインパクト」といった高威力のタイプ一致技を使えるため、 序盤の荒らしとしては最適であると考えました。 対面構築ではお馴染みのポケモン達• ホルードから展開する対面構築としたので、 後続にその数的有利を活かして戦えるポケモンを用意する必要があります。 そこで、まず ダイマックスせずとも相手のダイマックスポケモンとダイマックスターンを消費させつつ殴り合えるミミッキュ を採用しました。 加えて、ホルードとミミッキュの2体を選出すると、相手のナットレイ やアーマーガア などに詰まされやすくなるため、 それを解消でき、「カウンター」や「ふいうち」でタイマン勝負も強く出られるエースバーン を採用しました。 苦手なポケモンを対処する補完ポケモン 上記の3体 を基本選出としましたが、ガオガエン 入りのサイクル構築には「いかく」と「おにび」で簡単に受け流されてしまうという問題を抱えることになりました。 そこで、 そういったサイクルパに強く、殴り一辺倒のこの構築では相手が難しい壁構築にも強く出られる強運型のトゲキッス を採用しました。 ここまでの4体を見ると、相手のカビゴン やこちらと同様のタイマン勝負を意識したパーティ への回答が曖昧であると感じました。 そこで、 それらを「コットンガード」で詰ませることができ、対面構築で苦戦しがちな受け構築へTODを仕掛けられるエルフーン を組み込むことにしました。 最後に、氷技の一貫を切ることで ガラルヒヒダルマ やパルシェン の相手ができ、第2のエースとしたトゲキッスと相性が良いギルガルド を採用し、完成しました。 個別解説 ホルード 特性 ちからもち 性格 いじっぱり 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 161-118-97-x-97-130 技 ギガインパクト じしん とびはねる ほのおのパンチ 調整意図 HP:端数 A:特化 S:準速 解説 数的有利を狙う初手ダイマックス要因 近頃のホルードは「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」を持った型の採用が多く、 初手のダイマックスは相手の想定外からの攻撃となることが多々あります。 これらの型を想定した相手は、水ロトム に交代してきたりトゲキッス で居座ってきたりするので「ダイアタック」を撃つことで数的有利を取ることが可能です。 状態異常耐性を付与する「ラムのみ」 殴り合いに重きを置いているパーティである 対面構築では、「みがわり」や「ちょうはつ」といった状態異常への回答を採用することが難しいです。 そこで、 火力を補強する持ち物がなくとも特性「ちからもち」で十分な火力を出すことのできるホルードに「ラムのみ」を持たせ、ドラパルト の「おにび」やカビゴン の「あくび」といった展開を阻害してくる技への耐性を付けました。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 131-142-100-x-125-162 技 じゃれつく ゴーストダイブ かげうち つるぎのまい 調整意図 HP:端数 A:振り切り S:最速 解説 優秀な2、3番手 「ダイドラグーン」を撃つことでホルードに殴り勝てるドラパルト を先制技である「かげうち」で縛ったり、相手のダイマックスターンを「ゴーストダイブ」+「ばけのかわ」で消費させたりと、 2または3番手として非常に優秀なポケモンです。 また、ほぼ全ての攻撃に対して行動できる特性「ばけのかわ」とフェアリー・ゴーストの広い技範囲により、 どんな相手でもある程度削る、または倒しきることができる点も対面構築と噛み合っています。 エースバーン 特性 もうか 性格 ようき 持ち物 きあいのタスキ 努力値 HP:0 攻撃:252 防御:4 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 155-168-96-x-95-188 技 かえんボール とびひざげり ふいうち カウンター 調整意図 A:振り切り B:端数 S:最速 解説 優秀な技による高いタイマン性能 前述した通り、ナットレイ やアーマーガア で詰まないための炎アタッカーではありますが、 「とびひざげり」や「ふいうち」といった優秀な技のおかげで撃ち合える範囲が非常に広いので、どんな相手にでも出していけます。 また、初手でダイマックス権を使うパーティコンセプトの都合上、相手のダイマックスポケモンと対面してしまう場面が多く発生してしまいます。 しかし、 環境のほとんどを占める物理ポケモン へは「カウンター」によって大ダメージを与えることができるので、「ふいうち」やミミッキュの「かげうち」を合わせて倒しきることができます。 トゲキッス 特性 きょううん 性格 ひかえめ 持ち物 ピントレンズ 努力値 HP:244 攻撃:0 防御:0 特攻:156 特防:0 素早さ:108 実数値 191-49-115-176-135-114 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ くさむすび 調整意図 HP:16n-1最大値 C:余り S:準速バンギラス抜き 解説 ダイマックス前提の「きょううん」 一般的なトゲキッスは「てんのめぐみ」+「エアスラッシュ」のコンボによる怯みの押し付けを行います。 しかし、 本パーティでは初手でダイマックスをして数的有利を取ることを目的としているため、非ダイマックス技である「エアスラッシュ」を撃つ場面がほとんど存在しません。 そこで、持ち物「ピントレンズ」と合わせて ダイマックス技含む全ての技の威力期待値を1. 25倍に上昇させられる特性「きょううん」で採用し、ダイマックス中の火力の底上げを図りました。 副産物として、「めいそう」による要塞化を狙ってくるピクシー や「タラプのみ」を持ったアーマーガア にも強く出られるようになりました。 エルフーン 特性 いたずらごころ 性格 ずぶとい 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 167-64-150-97-96-136 技 ムーンフォース コットンガード みがわり やどりぎのタネ 調整意図 HP:振り切り B:特化 D:端数 解説 防御的な詰ませ 対面構築の2体目以降は、先制技や高い素早さのポケモンで疲弊した相手を削りきって詰ませるといったイメージが強いですが、 エルフーンは序盤に相手の特殊型のポケモンを排除することで物理相手に防御的な詰ませを行うことができます。 また、「やどりぎのタネ」を用いた戦術は3体ポケモンが残っている相手には、外し待ちのチャンスを多く与えてしまうためあまり有効ではありませんが、 このパーティは初手で数的有利を取るよう組まれているので相性が良いです。 本来対面構築では勝つことが難しい受けループなどの高耐久サイクル に対しても、初手のホルードで数的有利を取った後TODを仕掛けることができます。 ギルガルド 特性 バトルスイッチ 性格 のんき 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:252 攻撃:4 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:0 実数値 167-71-211-70-160-72 技 シャドーボール アイアンヘッド かげうち キングシールド 調整意図 HP:振り切り A:端数 B:特化 解説 氷耐性と高耐久 上記5体 で氷耐性があるのは耐久の低いエースバーンだけで、「からをやぶる」を使ったパルシェン や「こだわりスカーフ」を持ったガラルヒヒダルマ への回答がほぼ存在しません。 これらへの後出しが安定し、高い耐久値のおかげで確実な削りが行える性能は唯一無二です。 その後、削れた相手2体をミミッキュ とエースバーン で倒しきることを狙います。 ミミッキュとエースバーンにはそれぞれ「ゴーストダイブ」と「カウンター」といった、ダイマックスポケモンに対処できる技があるので、相手のダイマックスするポケモンに合わせて適切な方を2体目に繰り出せるよう意識するようにします。 おわりに 以上がPWT 11にて優勝、ランクマッチS5で使い続けたパーティの詳細です。 対戦回数を増やしても「絶対に勝てない」という構築に出会うことも少なかったので、幅広く対応の利く構築が組めたと思います。 何よりも選出もある程度決められているので誰でも扱いやすいです。 ただし、4月中盤までとそれ以降ではダイマックスホルードの通りが段違いに変わってしまったことが問題点として挙げられると思います。 ダイアタックをゴーストタイプで透かされたりされ、立ち回りが窮屈になってしまいました。 しかし、初手ダイマックス構築が強いという事実も間違いないと考えているので、今後も安定して勝てる構築を求めて考察を進めていきたいと思います。 最後まで読んでいただいてありがとうございました! (ede).

次の

ポケモン剣盾!ダイマックス技の仕様を知ってバトルしよう!!

ポケモン 剣 盾 ダイ マックス バトル

ようやくをそれなりの確率で倒せるがまとまりました。 トップクラスの難敵、 剣盾マックスレイドバトルをソロで周回しているトレーナーにとって厄介な相手。 はそのうちの一体です。 今回は、そんなを「 それなりの確率で倒せる」ソロ用の紹介です。 使用は 使用するは です。 はがねタイプで、かつダイアース(味方全体特防アップ)を撃てる物理型という、対に理想的なです。 どちらのバージョンでもゲット可能で、育成しやすいこともグッド。 以前までの記事と同じく「 適当でもどうにかなる」をコンセプトに、無振り、も適当です。 以前までの記事に興味を持たれた方は、カテゴリーの「マックスレイドバトル」から見ることができます。 特性は3種ありますが、今回は特にどれも役に立つことはないのでお好みで。 技構成 順番が変ですが、とじしん以外使いません。 一応説明を入れておきます。 (ダイスチル) 非ックス時のメインウエポン。 わざレコード74で覚えられます。 バリア時にはダイスチルでバリアの上からダメージを与えてやりましょう。 じしん(ダイアース) 今回のメイン技。 ックス終了後は使用しないので自力で習得できるじしんでいいです。 ダイアースで味方の特防を上げ、全員の生存率を上げます。 波動で打ち消されてしまうことがありますが、それでも撃つ価値アリ。 自由枠 まず使いません。 何をしても上2つの技より優先する理由がなく、本当に自由枠です。 攻略 さて、の攻略に挑戦します。 厄介なのは、のようなハズレ枠を引かなかったとしても、 やのようにパーであっさり落ちる味方が多い点ですね。 ナゲキは全体攻撃ですぐに落ちますし、どう挑んでも運が絡むのは仕方ありません。 気を取り直して、1ターン目の技選択。 ックスし、ダイアースを選択します。 味方の特防が上がり、これで多少生存率が上がります。 はともかく。 2ターン目はバリアが張ってあるのでダイスチルを選択。 どうせ追加効果が発動しないなら少しでもダメージを与えてやれの精神です。 3ターン目はバリアが張っていたらダイスチル、張っていなければダイアースを選択。 この間もは容赦なく攻撃をしてきますが、が生き残るよう祈りましょう。 が3回落ちることはザラなので、その辺は割り切りましょう。 後は連打で。 いつものことですがゴリ押しでどうにかなりました。 結論 で勝てました。 仲間のが貧弱すぎるため、こちらがどれだけ強力なを用意しても無駄なことがある……というのが難点です。 没案(対になれるかわからない達) どうせなので、ここに至るまでに用意したも紹介しておきます。 かいでんぱで特攻を下げる前回のと同じ作戦でしたが、あまりうまくいきませんでした。 1ターン目にかいでんぱ使用のため、ックスするタイミングを失うデメリットが大きかったです。 で味方を守る作戦。 リフレクターやは、相手の波動で打ち消されないため有効かと思いきや、 と同じくックスのタイミングを失うのが大きく、採用には至りませんでした。 どちらも「勝てないことはない」ですが、まぁ、はい。 微妙です。 振ってないので火力ないですしね(特に)。 さて、今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の