テキーラ ウルフ。 【ワンピース968話以降考察】テキーラウルフの橋とラフテル|700年かけて完成しない理由

[ワンピース 伏線] 東の海の巨大な橋「テキーラウルフ」が造られ続けている理由

テキーラ ウルフ

ads テキーラウルフに飛ばしたくまの狙いは? シャボンディ諸島編の中で、七武海の1人 バーソロミュー・くまが麦わらの一味を 全員バラバラにさせてましたね。 しかも、後日談として、くまは革命軍の 幹部であることを告白していました。 つまり、くまは麦わらの一味、 1人ひとりに対して、目的を持って 指定した場所に飛ばしていたという事に なるでしょう! となれば、ロビンが東の海のテキーラウルフに 飛ばされたのも、くまやドラゴンの何かしらの 意志があるのかもしれませんね。 例えば、革命軍と一緒に活動をさせるのなら 本拠地「バルティゴ」に飛ばせばいいと 思いますが、どうしてわざわざ東の海の テキーラウルフに飛ばしたのでしょうか? そもそも、テキーラウルフってどんな所かと 言うと・・・ 各国から集められた犯罪者- または「世界政府」への加盟を拒んだ国の 国民達・・・ という紹介がなされていましたね! 東の海にて、天竜人の命令で700年以上も 前から巨大な橋の建設がなされていました。 おそらくですが、くまとしてはロビンに この島の出来事を見せたかったのかなあと 予想をしています! 以前にも「かつて栄えた巨大な王国」は ルフィたちが生まれた「ドーン島」である ことは伝えてきましたね! 東の海は最弱の海で、平和の象徴とも言われて いますが、実際のところは、ドーン島が その島だったと予想をしてきました。 テキーラウルフで巨大な橋を建設してるのも このドーン島と関係しているのかもしれない ですね。 次に、バルティゴでは何が行われて いたのでしょうか? ロビンは革命軍と何してたの? ドレスローザ編の中で、サボとコアラが ロビンについて少し話をしているシーンが ありましたね。 なんとなく、 会社の研修みたいなイメージ にはなりますが(笑) 最後に、 革命軍がこれまで見てきた ポーネグリフをロビンに共有して、 それをロビンに読ませていたのかも しれません! おそらく、 これが革命軍がロビンを必要と していた最大の理由だと思ってます! 革命軍といえば、これまでもたくさんの 島を自分たちの領土としてきたので、 そこでたくさんのポーネグリフを 発見したのかなあと思いますね! それを読めるのは全世界では ロビン1人しかいないとすれば、 正に「革命の灯」といえるのでは ないでしょうか。 まぁ、こちらもあくまで予想でしか ありませんが(笑) まだロビンがじっくり腰を据えて 革命軍での活動について話をする機会が ありませんが、今後は少しずつ明らかに なっていくのではないでしょうか。 1つだけ確定的なのは、くまの身に何が 起きたのかをロビンは把握している事は 間違いないと思われますね。 シャボンディ諸島を出て、魚人島へ 向かっている中で、 くまの話になり、 ロビンは何か物思いにふけってました。 簡単にまとめてみると・・・• くまの身に何が起きたか?• どうして麦わらの一味をバラバラにしたか?• 革命軍は何をしようとしてるか?• ドラゴンの悪魔の実の能力は何か?• ポーネグリフには何が書いてあるのか? などなど、情報共有が行われたのでは ないでしょうか。 また、ロビンは革命軍の幹部たちと修行も 行い、かなり強くなったのかなあと 予想もできそうですね! ということは、ロビンはすでに革命軍の 幹部の一員として認められていることも 十分に考えられるでしょう! シャボンディ諸島でロビンを追いかけてた人は誰? 管理人がすごく気になっていたこととして 新世界編に入った時に、ロビンを追いかけて いた人物が気になりました! そう、ロビンは誰かに追いかけられて いたのです! おそらくはCP-9のような世界政府の 役人だと思いますが、ひょっとすれば CP-0という可能性もあるでしょう! 世界政府としては最も危険な人物として 要注意人物として扱っているので、 ロビンを見つけたらすぐに捕まえようと 考えているのかもしれません! ただ、世界政府以外でもロビンを狙ってる 人たちもひょっとすればいるのかも しれませんので、その辺りも分かり次第 別途書いていこうと思います。 まとめ ロビンがどうしてテキーラウルフに 飛ばされてしまって、革命軍でどのような 活動をしてきたのかお伝えしてきました! 管理人的にはロビンが革命軍と活動してたのは 「研修」みたいなものかなあと思ってます(笑) 今後の新世界編が進むに連れて、ロビンの 研修の成果が発揮されていくのかも しれません。 ぜひ、その辺りについても今後の新世界編で 語られる日を楽しみに待ちたいと思います!.

次の

『ワンピース』第967話〝ロジャーの冒険〟ロジャー海賊団に会ってたフランキーと謎の橋「テキーラウルフ」

テキーラ ウルフ

労働者となるお前はただ橋を造りゃいいんだよ!!! しかし、監督する立場のこの人物でさえ、その本当の理由は知らない可能性がありそう。 一体この橋は何の為に、誰の為に建設されているのだろう? 「700年前」と言えば、「空白の100年」のちょうど100年後… 世界政府が樹立されて100年経った後、この橋が建設され始めたという事だ。 天竜人の命令という事だから、天竜人自身の為? 少なくとも天竜人にとって利のあることなんだろうか。 しかし約700年かけても完成しない計画… 普通の寿命を持つ者にとっては、些か長過ぎる展望じゃないだろうか。 では、島から島へと続くというこの橋はどこへ向けて作られているのか。 やはり思い当たるのは最後の島「ラフテル」? そう考えると、この橋が東の海から作られ始めたことは、場所のわからないラフテルの位置を考えるきっかけにもなるかもしれないね。 ちょっとした小ネタだけど、この「テキーラウルフ」という名前を組み替えると「ラフテル」という言葉が潜んでいるってのも面白い。 ラフテルには天竜人、世界政府側が海賊に見つかったら不都合なものがあるんだろう。 それを海賊より先に押さえておきたい気持ちもあるのかもしれない。 だとすると世界政府側はラフテルの場所を知っていることになる? でも、ただの橋で行ける様な場所とも思わないが… この謎は深まるばかり。 元の投稿: ワンピース.

次の

ロビンがテキーラウルフに飛ばされた理由は?革命軍で2年間活動?|ワンピース ネタバレ考察

テキーラ ウルフ

Sponsored Link 2年の間にロビンが革命軍で関わっていたと思われる人物 モンキー・D・ドラゴン ルフィの父親であるドラゴンに会っているのは、ほぼ確実でしょうか。 ロビンが革命軍にバルディゴへ連れていかれる際に、「ドラゴンさんはずっとあなたに会いたがっていましたので」と言われていたので、ドラゴンに会っていたのは間違いないでしょう。 ドラゴンがロビンに会いたかった理由ですが、恐らく世界政府と戦った「オハラの生き残りである事」「ポーネグリフを読める事」が関係していると思われます。 革命軍は「世界政府を直接倒そうとしている集団」であり、その頂点に立つのがドラゴンですが、政府を倒すにはポーネグリフに書かれている「真の歴史」が大きな手がかりとなるはず。 オハラのクローバー博士と、五老星の会話を聞いていても、オハラが知ったことは政府にとって都合の悪い事実なのは間違いなさそうです。 ドラゴンはロビンを連れて各国を回り、ポーネグリフを一つ一つ解読していたのではないでしょうか。 またロビンはこの時すでに、アラバスタ・空島の両方のポーネグリフを読み、古代兵器のプルトンとポセイドンのある場所を把握しています。 ドラゴンがこの話を聞いていれば、いずれ革命軍は世界政府と対決する際に、古代兵器を呼び起こし戦争に使う可能性もありそうです。 う~ん、、こう考えるとロビンって、本当に恐ろしい女ですね。 ルフィとの関係も知っていたようなので、ルフィやエースとの子供の頃の関係もロビンは知っているんじゃないでしょうか。 またサボについては、七武海のバーソロミューくまとの関係も気になります。 コアラとハックについてもすでに面会済みですね。 ロビンが魚人島でジンベエの事を「色男」と立てていたのは、2人からジンベエの事をよく聞いていたからでしょう。 コアラにとってジンベエは恩人、ハックにとっては友人なので、ジンベエの話で花が咲いたことだと思います。 バーソロミュー・くま ロビンが革命軍と会ったのは頂上戦争が終わった後なので、くまの人格はすでにほとんど無くなっていました。 Sponsored Link ただくまがサニー号を2年間守っていた話を聞いたときに、ロビンは「くま・・・」と意味深な表情をしていたので、何かしら関係があったか、革命軍の他のメンバーから話を聞いて何か知っていたと思われます。 気になるのは「世界政府に志願して自ら人間兵器となったこと」「2年間サニー号を守っていた事」の2つですね。 くまがサニー号を守っていたことについては、頂上戦争で傷ついた弟のルフィを守るために、サボがくまにお願いしたことだと思うんですがどうなんでしょう。 サボは兄弟であるエースを失ったばかりでしたし、無理なお願いでもしていた可能性はありそうです。 テキーラウルフの橋についての謎 ロビンが革命軍に会う前に、テキーラウルフと言う橋の国でどれいとして働かされる場面がありました。 ここは結構謎の多いシーンで、ワンピースの歴史に深くかかわってくる部分と思われます。 テキーラウルフの情報をまとめてみると、 ・場所は東の海(イーストブルー)にあるテキーラウルフと呼ばれる橋の上の国 ・島と島をつなぐ橋が700年前から作られている ・労働者は世界政府の加盟を拒んだ国、各国から集められたはんざいしゃなど ・橋を作るのは天竜人の命令で、目的は不明 ・橋が完成していくごとに、国単位で移動が行われる まず700年前と言う時代についてですが、ワンピースでいうと「空白の100年」が900年前から800年前に当たります。 そして800年前にはポーネグリフで語られる「巨大な王国」が消滅し、20人の王が集まって世界政府を作り出します。 (その中にはドンキホーテ家も含まれる) 700年前はその100年後と言う事ですね。 世界政府を作り上げた20人の王と言うのが現在でいう天竜人になるので、この橋は天竜人が作らせていることになります。 そして気になる橋を作る目的は現在のところは全く不明ですが、一番考えられそうなのは 「ラフテル」へつながる橋ではないかと言う事でしょうか。 テキーラウルフと言う名前を並び替えてみると、その中にはラフテルと言う文字が含まれます。 ラフテルは二子岬のクロッカスさんが話していましたが、グランドラインの最終地点に存在すると言われている幻の島です。 どんな島なのかは分かりませんが、あるネタバレによると世界政府が空白の100年に滅ぼした「巨大な王国」の残骸と言われています。 そこには現在の世界政府が過去に行った悪事や、政府がもみ消したがっている内容が描かれている、ポーネグリフが存在すると言う事も。 テキーラウルフの橋が作られているのは、天竜人がグランドラインを通らずにラフテルに到達し、そこにある自分たちにとって都合の悪い真の歴史をもみ消すことなのかもしれません。 ちなみに話は変わりますが、日本の瀬戸大橋は全長が約10kmで建設期間は約10年だそうです。 それをもとに単純に考えるとテキーラウルフの橋の長さは700年で700km程度の長さでしょうか。 700kmと言うと、東京から札幌くらいまでの距離ですね。 ワンピースの世界が地球全体の大きさと考えると・・・ラフテルまではまだまだかかるかなぁ。

次の