便秘 で 胃 が 痛い。 胃が痛い!みぞおちなど気持ち悪い原因は?ストレスや便秘もある?

胃が痛い時の対処法や食事などの胃痛の知識…知っておいて損はない!

便秘 で 胃 が 痛い

最近、という人は必見です。 胃の痛みは急に痛くなる事が多く、だらだらと痛かったり、我慢できないほどの痛みだったりと症状は様々です。 ここでは胃が痛い原因と対処法を見ていきます。 胃が痛いときの考えられる原因と症状とは 胃が痛いときには、その症状に応じて原因があります。 忙しいとき、大きな悩みやストレスがあるとき、空腹時、逆に食後にも胃が痛くなることがあります。 胃が痛くなる原因とは何でしょうか。 以下に考えられる原因を挙げてみましょう。 過度なストレスが原因の場合 胃が痛いときの大きな原因として挙げられるのが、ストレスだとされています。 過度な精神的ストレスが胃に悪影響を与えます。 仕事の忙しさや労働環境、住居環境などライフスタイルの様々な場面でのストレスが大きくなると、私たちの自律神経はすぐに乱れてしまいます。 自律神経は胃酸の分泌や胃の動きを制御しており、自律神経が乱れることで胃酸が必要以上に分泌され、胃粘膜を守るしくみとのバランスが崩れ、胃の粘膜が傷つくといったことが起こります。 最近、胃が痛いことが増えたなと感じるようであれば、今一度環境を見直しストレスが過度にかかっていなかったか振り返ることが大事です。 自分でも心身を休めるように努めて、労わってあげましょう。 神経性胃炎、過敏性腸症候群の場合 神経性胃炎・過敏性腸症候群はいずれもストレスに大きく関係する病気ですが、これらがある場合、胃痛に加えて下痢・便秘も併発することがあります。 過食気味、食べ過ぎが原因の場合 これは、先のストレスに大きく関わりがありますが、人はストレスなどの精神的負荷がかかると飲食でストレスを発散しようとしてしまいます。 忙しさとストレスで、食べられるときに思い切り食べ、飲めるときに思い切り飲むといったように暴飲暴食をしてしまいがちです。 仕事が忙しいと、夕食の時間も遅い時間になりがちで体への負担は非常に大きくなってしまいます。 また、アルコール・タバコなど刺激物も痛みの原因となります。 コーヒーやお酒、香辛料や熱い食べ物、極端に冷たい食べ物などは極力控えるようにしましょう。 なるべく飲食でのストレス解消を避け、自分なりの健康的なストレスの発散方法を見つけることが重要です。 空腹が原因の場合 空腹が原因で胃が痛いという場合には胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。 胃は胃酸から粘膜を守る仕組みがありますが、十二指腸にはそのような仕組みが手薄で、胃よりも酸に弱いと言われており、過分に分泌された胃酸によって粘膜が傷ついてしまいます。 急性胃腸炎 胃の痛みに加え、水のような下痢、止まらない嘔吐、発熱など付随症状が激しい場合、急性胃腸炎が挙げられます。 ノロウイルスやロタウイルスといったウイルス性の胃腸炎が有名です。 風邪症状を伴うこともあり、「お腹の風邪」などと呼ばれることもあります。 胃がん 一般的にはがんは痛みが乏しいですが、胃の痛みに加えて胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、全身の倦怠感、吐血といった症状があると胃がんを疑う場合があります。 ピロリ菌という細菌感染があり慢性的な胃炎があると胃がんの発生率が上がると言われています。 胃潰瘍 胃潰瘍の痛みは強いズキズキとした痛みがみぞおちの辺りに起こります。 食事前後にこのような痛みが現れる場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。 原因としては、ピロリ菌感染に加え、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などといった薬物が胃の粘膜を傷付け、胃が溶かされることが原因とされます。 胆のう・胆道・膵臓の病気 胃以外にもみぞおちのあたりにある臓器として、胆のう・胆道・膵臓などがあります。 胆のうの中にいつの間にか胆石ができていて、それが何かのきっかけで移動し、狭い胆道に詰まると、胆汁の流れが妨げられ、胆道の筋肉がけいれんして強い痛みが起こります。 放置すると高熱、黄疸が起こります。 脂っこいものを食べた後に、みぞおちから右わき腹に強い痛みがある場合に胆石発作を疑います。 また、膵臓に炎症や何らかの問題があると、みぞおちから背中にかけて痛みが起こります。 心臓の病気 狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気が、胸ではなくみぞおちの痛みとして自覚される場合もあります。 胃が痛いときは無理をせず専門医療機関の受診を 軽い胃の痛み、またいつもの痛みなどといって放っておかず、無理をせずに専門の医療機関を受診しましょう。 胃が痛いときの対処法とセルフケア 上記のように、胃が痛い原因は様々です。 胃が痛いときに、とにかくすぐに出来る対処法を挙げてみましょう。 静かに横になって寝る 環境的に可能な限り、横になって安静にして胃が痛いのが和らぐのを待ちましょう。 食後の場合、胃の出口がある右を下にして休むと、胃の中身の流出を促すことができます。 ゆったりとリラックスを心がけることが大切です。 温かい飲み物を飲む 油っこい食事や刺激物を控えて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。 白湯やホットミルクが良いでしょう。 軽いストレッチと深い深呼吸をする ゆったりとリラックス状態を心がけて、優しく体をストレッチすることと深呼吸することをおすすめします。 痛みが和らぐかどうか、様子を見ながら行ってみてください。 胃が痛いときの薬の服用はどうすればよい? 胃が痛い症状のなかでも、食べ過ぎ、飲みすぎの場合には胃腸薬が効くことが多いです。 胃腸薬のなかでも、総合胃腸薬などといったものはいずれの胃痛にも効果的とされています。 しかし、胃が痛い原因の特定が必要ですので、いつまでも市販薬に頼るのではなく、早めに専門医療機関の受診をおすすめします。 胃が痛くなる前にしておきたいこと 胃痛の大きな原因である「ストレス」を極力なくすことが重要です。 ストレス原因を遠ざけることが自分の身を守ることにつながります。 環境を変える、気分転換を工夫するなど、自分に合ったストレス発散法を見出しましょう。 どういった時間を過ごせば自分がリラックスできるか把握しておくことはとても重要です。 バランスの取れた食事と良質の睡眠、適度な運動といった、健康的な規則正しい生活スタイルを心がけましょう。 生の大根に含まれるジアスターゼ、生のキャベツに含まれるビタミンUなど、消化を助ける酵素が含まれる食品をうまく取り入れましょう。 最後に医師から一言 胃が痛いときはセルフケアを行うこと、そして早めに消化器内科など医療機関を受診するように心がけましょう。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

胃の痛みや不快は機能性胃腸症、便秘や下痢、下腹部の張りなどは過敏性腸炎が大部分の原因であることをご存じですか?

便秘 で 胃 が 痛い

動くと胃が痛い原因とは 動くと胃が痛い原因と一口に言っても、様々な疾患があります。 まずは、動くと胃が痛いといった症状が出る中でも緊急性の高い疾患からご紹介していきます。 自分の症状が当てはまるという場合は、救急外来を受診する事をお勧めします。 一般的に「 盲腸」という俗称で呼ばれています。 虫垂炎の症状• みぞおちの激しい痛み• 時間が経つと右下腹部に痛みが移動してくる• 吐き気、嘔吐• 食欲不振• 下記は虫垂炎の特徴です。 当てはまらないかチェックしましょう。 ジャンプして着地したときなどの 衝撃・振動で痛みが響く• 右下腹部を押してパッと手を放すと、押さえていた時より強い痛みが出る( 反跳痛)• 下痢を伴わない(感染性胃腸炎などとの区別) 虫垂炎は時間経過と共に悪化します。 24時間を経過すると虫垂破裂の可能性が生じます。 虫垂が破裂すると腹膜炎を併発。 高熱と激痛を伴い、命の危険にさらされることもあります。 一度できると生涯そこに残ります。 多くの場合は無症状である為、治療の必要はありません。 憩室炎とは 憩室炎(けいしつえん)は、憩室内部に細菌が繁殖して起こる炎症を指します。 憩室炎の多くは大腸憩室に便のつまりなどが生じて起こる大腸憩室炎です。 大腸憩室炎の症状• 胃から腸にかけての痛み• 圧痛(お腹を押すと痛む、特に右下腹部である事が多い)• 反跳痛• お腹の張り(膨満感)• 重症化していない健康成人であれば、通常は外来治療で治癒できます。 早め早めの受診を心がけましょう。 憩室炎が進行すると穿孔(せんこう(穴が開くこと))、穿孔性腹膜炎を発症する場合もあります。 (緊急性が高くない=病院に行かなくても大丈夫という意味ではないのでご注意を!) 急性胃炎 病院から今戻る。 急性胃炎でダウン。 辛いでござる。 イテテテ、イテッ。 動くとお腹全体が痛い。 — cawamichan cawaichan 様々な原因から胃の粘膜が炎症を起こし、突然キリキリと痛みます。 急性胃炎を繰り返していると慢性胃炎になってしまいますので、胃炎の根本原因から取り除く事が大切です。 胃・十二指腸潰瘍 胃潰瘍は食後に、十二指腸潰瘍は空腹時に特に胃が痛むという特徴があります。 衝撃が響くと言う痛み方ではありませんが、症状が重い場合は歩くのも辛い状態に。 よくあるのが、胃カメラを飲むのが怖くて病院へ行くことを躊躇ってしまい重症化するケース。 痛みが続く場合は、無理せず早めに医療機関にかかり、適切な診断・治療を受けましょう。 スポンサーリンク こんな痛み方はすぐ病院へ! ここまで、動くと胃が痛いといった症状が出る主な疾患をご紹介しました。 ここからは「危険な痛み方」の特徴と、その代表的な疾患をご紹介します。 こんな痛み方をした場合は、速やかに医療機関へかかる事をお勧めします。 歩いたり、振動が加わるとお腹の痛みに響く 腹膜炎 この症状で一番怖いのが 腹膜炎です。 腹膜炎は他の消化器がなんらかの病気にかかったときに 合併症として起こる病気で、虫垂炎や憩室炎などの重症化によっても併発します。 お腹の激痛を伴い、振動が痛みに響く他、下記のような症状が出ます。 発熱(高熱)• 悪心(みぞおちや胸の不快感)• 浅い呼吸 何の前触れもなく強く痛む 狭心症・心筋梗塞 突然胃が強く痛んだ場合、胃の病気ではない場合があります。 これは痛みの原因となる内臓と胃が近い為、脳が胃の異常と誤認して起こります。 よくあるケースが 狭心症や心筋梗塞よる胃の痛みです。 これには下記のような特徴があります。 みぞおちや胸が締め付けられるように痛む• 胸が重苦しい• 背中や左腕が痛い なお、 痛みの強さと重症度は比例しません。 狭心症の場合、安静にしていると発作が5~15分くらいで治まるため、安心してしまい見逃す事があるので注意が必要です。 激痛 胆石症による疝痛(せんつう) 胆石が胆管を塞ぐと激痛が走ります。 これを「疝痛発作」といいます。 食後に症状が出る事が多く、結石の大きさによってはのたうち回るほどの痛みを感じる場合も。 急性膵炎 膵臓は食べ物を消化・分解する酵素を作り出しています。 急性膵炎は、 活性化された膵酵素により膵臓自体が消化され、膵臓や周囲の主要な臓器に炎症と障害を引き起こします。 仰向けに寝るように動くと胃が痛い事が多く、膝を抱えて背中を丸めることで痛みがやわらぐのが特徴です。 痛みが何時間も治まらない(持続痛) 痛みが 6時間以上続く腹痛は、手術が必要な疾患である場合が多いです。 冒頭でご説明した虫垂炎や憩室炎も対処が遅れれば手術が必要になる可能性があります。 他にも腸閉塞(イレウス)などみぞおちに持続痛の症状が見られる危険な病気は沢山あります。 3時間以上、強い痛みが続くようであれば医療機関にかかる事をお勧めします。 いつもの腹痛と痛み方が明らかに違う 子宮内膜症 子宮内膜症は、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜が、骨盤の腹膜や卵巣などの中に入り込んでいる状態です。 胃痛と婦人科系疾患との関係は見過ごされがちですが、子宮内膜症によって胃に癒着が起こると、胃痛を伴う場合があります。 子宮収縮と連動して痛むため、 生理が始まると胃の痛みが激しくなるようなら、子宮内膜症を疑ってみて下さい。 妊娠 ハッピーな胃痛も! 胃が痛いと思ったら妊娠だったwwww — Meゐ riorioru 今朝5時頃胃が痛くて目が覚めた。 十数年前急に胃痛に襲われ、穴があいたかもと思ってたら実は妊娠だった。 そして娘誕生。 しばらくしてまた胃痛に襲われ、また穴があいたかもと思ったら今度は息子誕生。 ってなわけで胃痛には注意ってことですよ!今回は絶対に違うけど、って朝から何言ってんだ、私。 — ikemisa ikemisaranger スポンサーリンク 便秘は万病の元?怖い腹痛疾患にならない為に 虫垂炎を防ぐには 虫垂炎の原因は様々なものがあります。 細菌、ウイルス感染• 暴飲暴食• ストレス• 過労 こうして見ると、生活習慣を改善する事は虫垂炎予防に大変有効であると言えますね。 中でも 便秘の予防は虫垂炎の予防に直結します。 便秘により出来た、糞石(ふんせき)という便が化石化したもので、虫垂の入口が塞がれて虫垂炎になるケースが多く見受けられるからです。 憩室炎を防ぐには 憩室炎は再発しやすい病気でもあります。 一度出来た憩室は生涯なくならない上に、年を重ねるごとに増えていくからです。 大腸憩室炎は便の詰まりが原因で起こる事が多いため、 便秘の予防が大切になります。 便秘の人は、元々排便の際にいきんで腹圧が上がるので憩室が出来やすい傾向にあります。 まとめ 動くと胃が痛いという症の中でも、特に振動や衝撃が痛みに響くような場合は注意が必要です。 他にもすぐに医療機関にかかった方が良い痛み方をいくつかご紹介しましたが、もちろん当てはまらないからと言って安心して良い訳ではありません。 痛みがあるのであれば何かしらの原因がある事は間違いありません。 たかが胃痛と思わず、少しでも不安に思う事があればきちんと医師に相談して下さいね。

次の

胃が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

便秘 で 胃 が 痛い

胃が痛いとき、あなたはどんな対処法を行なっていますか? 胃腸の病気に対する正確な知識を持って、生活習慣を見直しましょう。 なぜ胃腸の病気が日本人になりやすいのでしょうか。 日本は、漬物などで塩分を摂りすぎるため、胃壁が傷つき、胃腸の病気になりやすいといわれています。 また、近年は、食の欧米化に伴い大腸の病気が増えている傾向にあります。 食習慣が欧米化し脂肪の摂取量が増えてくるにしたがって、大腸がんなどの胃腸の病気も増えています。 そして、胃腸の病気は、ストレスにも大きく影響されやすいもので、最近では、胃の痛みがあるにもかかわず、内視鏡検査をおこなっても、はっきりとした原因がわからない、ストレスで悪化するやも増えています。 胃腸の病気の原因は、 食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な生活、喫煙、運動不足、ストレスなどといわれています。 しかし、逆に考えれば、胃腸の病気の主な原因が生活習慣の悪化ならば、胃腸の病気は、バランスよい食生活や生活習慣によって予防ができるのではないでしょうか。 胃腸の病気の種類 胃の病気 || | | 胃以外の胃腸の病気 食道炎()|食道潰瘍 |腸炎| 潰瘍性大腸炎|| || |急性虫垂炎|腹部大動脈瘤 | 胃の病気 胃潰瘍とは、不摂生やピロリ菌の影響で保護膜が壊され、胃壁が浸食され、えぐられているような状態のこと。 症状 胃痛(さしこむような痛みやおなかの張ったような痛みなど)、膨満感、吐き気、嘔吐、吐血、食欲不振、やせなど。 胃が痛い(さしこむように痛い)• 食後の(食べ物が潰瘍を刺激することで痛みがある)• 胸やけ・呑酸(どんさん:すっぱい液体が口まで込み上げてくる)• がする• 食欲がない 原因 胃潰瘍の原因は、胃酸の消化作用によって、自分の粘膜が攻撃されるために起こります。 胃粘膜を守る働きと胃粘膜を攻撃する力のバランスが崩れ、攻撃側が優位になった状態によるものです。 また、胃潰瘍のほとんどでヘリコバクター・ピロリ菌が発見されています。 抗生物質を使って除菌すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発が抑えられます。 対策・対処法 内視鏡検査で確実な診断が行われます。 ピロリ菌感染が確かめられた場合は、再発防止の除菌治療が有効だと考えられています。 詳しくは医師の指導に従ってください。 急性胃炎 ストレスや化学的な刺激が原因で、胃粘膜に急性の炎症が起こり、出血、ただれなどが生じた状態。 症状 急激に激しい胃痛、吐き気、嘔吐、胸やけ、などが起こる。 原因 ・強い精神的。 ・アルコールの摂取、暴飲暴食など。 対策・対処法 安静にし、できるだけ水分などをとり、医師の指導に従ってください。 慢性胃炎 慢性胃炎は、40歳以上に多く見られる病気です。 いつも胃の調子が悪く、食後胃もたれがある、逆に空腹時に胃が痛む、食欲不振など、慢性的な胃の不調を抱えている方は多いです。 内視鏡でみると、胃粘膜のあちこちが赤くただれていたり、逆に萎縮して胃液分泌が不十分になっている場合や胃が垂れ下がって動きが鈍くなっている場合などが見つかります 症状 特徴的な症状は少なく、みぞおちの痛み、食欲不振、食後の膨満感、胸やけ、、悪心、嘔吐などがある。 原因 主な原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によるもの。 対策・対処法 腹八分目の規則正しい食生活、十分な睡眠など生活改善が重要です。 症状が改善されない場合、医師の指導に従ってください。 ピロリ菌の除菌が非常に効果的な場合があります。 しかし、胃がんは、治療法の進歩と検査の普及で、今では早期がんならほとんど治すことができます。 みぞおちの痛み(不快感、膨満感)• 吐き気• 胸やけ• げっぷ• 体重減少• ほとんど無症状で、定期検査や人間ドックのX線や内視鏡の検査で発見されます。 先頭にもどる 胃アニサキス症| 胃腸の病気 胃アニサキス症とは、アニサキスが胃の中に潜伏した状態です。 激しいお腹の痛み• 吐き気や嘔吐• 蕁麻疹(じんましん) 胃けいれん、、虫垂炎などの症状と似ているので、このような症状が現れた時には、病院で診てもらって下さい。 先頭にもどる 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)| 胃腸の病気 最近では、胃カメラや内視鏡で胃を診ても、胃に異常がないにもかかわらず、胃の不調を訴える人がいます。 そうした不調のことを「機能性ディスペプシア(FD:Functional Dyspepsia)と呼びます。 原因は脳へのストレスだと考えられています。 胃腸は自律神経によってコントロールされているので、脳にストレスがかかると、自律神経が乱れてしまい、胃の消化などの機能異常を起こしてしまいます。 「食後に胃もたれ感がある」• 「食事をしてもすぐおなかがいっぱいになる」• 「みぞおちに差し込むような痛みや焼ける感じがある」 先頭にもどる 十二指腸潰瘍| 胃腸の病気 最近では、胃カメラや内視鏡で胃を診ても、胃に異常がないにもかかわらず、胃の不調を訴える人がいます。 そうした不調のことを「機能性ディスペプシア(FD:Functional Dyspepsia)と呼びます。 原因は脳へのストレスだと考えられています。 胃腸は自律神経によってコントロールされているので、脳にストレスがかかると、自律神経が乱れてしまい、胃の消化などの機能異常を起こしてしまいます。 上腹部やみぞおちの持続的な痛み・不快感や圧迫感• 十二指腸潰瘍の症状の特徴は、空腹時に激しい痛みが起こり、食事をとると痛みが治まること。 それは、胃酸が潰瘍を刺激して痛みが起こるためと考えられます。 胸やけ・呑酸 胃酸の出過ぎ・幽門や十二指腸が狭くなったことによる胃酸の逆流• 進行すると患部から出血することで、便に血液が混ざることで黒色に変化することがある• さらに、ひどくなると、十二指腸潰瘍穿孔となって、十二指腸の壁に穴が開いてしまい、腸管外に空気や食べ物が漏れてしまう 先頭にもどる ・感染性胃腸炎| 胃腸の病気 「感染性胃腸炎」の原因は、ノロウイルスなどのウイルスの感染によるもの。 ノロウイルスにかかると、発熱、下痢、嘔吐などの症状があります。 感染防止のためにも、手洗いや塩素系消毒薬による嘔吐物の処理といった予防対策が重要です。 先頭にもどる | 胃腸の病気 過敏性腸症候群の症状は、や下痢を数ヶ月以上の期間にわたって繰り返している人で、便秘や下痢に際して腹痛や腹部不快感があり、排便があると症状が落ち着く時、そして、腸の検査や血液検査で便秘や下痢の原因になりそうな異常がみつからないものをいいます。 一般的な検査で、腹痛や便秘、下痢の原因となるようなものあるいは血液検査の異常を確認できず、ストレスで悪化することがあることから、ストレスが大きな影響を及ぼしていると考えられています。 便通異常の人の中には、同じ原因から便秘と下痢を繰り返している人もいます。 虫垂炎 胃と腸の神経は近い場所にあるため、胃の痛みと勘違いしやすい。 は胃の裏側に位置しているので、胃が痛いと勘違いすることがあるそうです。 痛みの特徴としては、肋骨の周りが痛くなり、前かがみになると楽になるのだそうです。 心筋梗塞になると、胃や肩が痛くなることがあります。 そして、バランスよい食事をすること。 【胃腸の病気を予防する食事】 緑黄色野菜や果物を摂る 生野菜、果物(パイナップル、いちご、パパイア、キウイ、イチジク、バナナなどに豊富)で酵素を補給。 厚生労働省によると、野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることを目標としています。 納豆、漬物、味噌などの発酵食品を食べる 発酵食品は、発酵時点でタンパク質が分解されているため、そのままでも消化に役立ちます。 白米よりも玄米、胚芽米を食べる にはミネラルが豊富です。 甘いものや脂っぽい食事を避ける 甘いものや高脂肪のものの食べ過ぎには気をつける。 薄味の食事 塩分を控えめに塩分の多い食事は、胃腸の病気(胃炎、胃潰瘍、胃がん)を増加させます。 決まった時間に時間をかけて食事する 食事時間は規則正しく 毎日の快調なリズムが大切です。 食事は就寝3時間前までにすること。 就寝直前に食物を摂ると、胃に長時間滞留し、胃もたれや膨満感の原因となりますので避けましょう。 よくかむこと 咀嚼(そしゃく)を十分にしていないと胃の負担を倍増させます。 腹八分目を守ること 食べ過ぎ、飲み過ぎは胃腸が疲れてしまいます。 ゆっくりかんで食事をすることが腹八分目であっても満足感を与えます。 肉よりも魚介類を食べる 肉食が腸を悪くする最大の理由は、肉にはがなく、脂肪やを大量に含んでいることにあります。 肉食を続けていると、腸壁がどんどんかたく厚くなりますが、これは食物繊維がないために便の量が極端に少なくなり、その少ない便を排出するために腸が必要以上に蠕動(ぜんどう)しなければならなくなるからです。 【胃腸の病気を予防する生活習慣】 適度な運動 運動によって、全身の血液循環を促進し、胃液の分泌を活発にし、胃の消化機能を高めます。 ただし、過激な運動は胃の負担を増やすこともあるので注意が必要。 充分な睡眠 睡眠不足は神経のバランスを崩し、胃の運動や胃液分泌機能がかき乱され、胃の不調・胃腸の病気につながります。 お酒を飲み過ぎないこと 少量のアルコールは血液の循環を盛んにし胃の働きを活発にするといわれていますが、アルコールは胃壁を刺激して、胃に負担をかけてしまうので飲みすぎないことが大事。 【関連記事】 ・ 禁煙 喫煙は胃の血行を阻害し、胃腸の病気(胃炎や胃潰瘍)を引き起こします。 喫煙は、呼吸器だけでなく、胃にも影響があります。 先頭にもどる.

次の