ツインレイ 2020。 ホロスコープから見る、ソウルメイト、ツインソウル、ツインレイ

ツインレイ女性には本物の美人が多い!|TwinSoulStory

ツインレイ 2020

Contents• 自己統合とは(ツインレイ男性の一例) 自己統合とは、自分自身の内側に存在する、2つの相反するエネルギーであったり感情を、どちらも否定することなく、等しく受け入れていくことです。 陰(女性性)、陽(男性性)• 弱さ、強さ• 優しさ、厳しさ• 怒り、歓び• 怖れ、希望 通常私たちは、無意識にですがどちらかを否定しています。 分かりやすいのが、強いことが良いことで、弱いことはダメなことという思い込み。 男は泣くべきではない、女は優しくたおやかであらなければならないなど、こうあるべき、とどうしても物事を二元性で捉えてしまいます。 でも本来私たちの魂が求めるのは、その相反するものの融合、調和です。 どちらのエネルギーにも感情にも、善悪はなく、どちらかを消し去る必要もなく、ただありのままを受け止め、愛していくこと。 それはツインレイの相手をありのまま愛していくことと同じなのです。 ツインレイの相手は、自分の中にある不調和をあぶりだす存在。 だからこそ、相手から逃げたくなります 例えばツインレイ男性は、自分の内側にある女性性(弱さ)を否定していることが多く、仕事や趣味に没頭することで自らを鍛えて生きることが男らしさだと強い信念で考えています。 愛するツインレイ女性には自分の弱みを絶対に見せません。 悟られまいと必死になりながらも、相手を通して鏡のようにこれまで目を背けてきた自らの弱さやコンプレックスを見せつけられます。 逃げようとしても、逃げれば逃げるほどその投影は大きくなり、自分自身と向き合わざるを得なくなるのです。 その過程は、強さこそ男らしさだと信じ、強さで持って愛する人を守りたい、世の中に貢献したいとずっと生き続けてきたツインレイ男性にとってはとても苦しいことです。 その過程で、どん底を味わうかもしれません。 でもそこから、真の男らしさとは、自らの弱さも受け入れ許すことで得られる調和の上に成り立つことをツインレイ女性の愛から学んでいきます。 これが、ツインレイ男性の自己統合の一例です。 自己統合とは(ツインレイ女性の一例) 今度はツインレイ女性の統合の一例を私の体験から紹介したいと思います。 私は1年半ほど前に、自分の男性性エネルギーが彼として外側に立ち上がる感覚とビジョンをはっきりと見ました。 これまで、意識の高いやる気に満ちた男性というのが苦手だったり、仕事に没頭することをどこか冷めた目で見ていた自分。 父親の権威を憎悪していた自分。 そして自らの内側にある男性性も否定し、仕事に情熱を持てないままに何年も過ごしてしまい、結果自分がコンプレックスの固まりとなり傷ついてきました。 でも、出逢ったツインレイの相手は、まさに自分が嫌ってきた男性性をそのまま形にしたような人。 自分の中に閉じ込めていた男性性がうずき出し、相手に対し嫉妬し、張り合う気持ちすら湧いて、なぜなのか最初まったく理由が分かりませんでした。 なおかつ、好みのタイプでは決してないのに、どちらかと言うと苦手なタイプなのに、惹かれて仕方ない。 自分と向き合い続けた中で、相手が自分の中に押し込めてきた男性性を見せてくれたこと、相手は私自身なのだということに気がつきました。 内側にある自らの男性性を受け入れ、やっと愛することができるようになりました。 それは、彼であるから。 それが、自己統合でした。 まとめ ~自己統合からツインレイ統合へ~ 自分の内側で調和が生まれどんな自分をも愛せるようになると、外側にツインレイパートナーが立ちあがります。 ツインレイと出逢います。 もしくは、すでに出逢っていたとしても、再び出逢い直すのです。 そして、どんな相手のこともジャッジすることなく受け入れ、愛せるようになっていきます。 それは、自分自身を愛することと同義です。 その過程には、相手と分離するサイレント期間があるかもしれません。 でも、だからこそ、真に気がつくことが出来るのです。 私はあなた、あなたは私、なんだと。 鏡に映る自分を抱きしめるように、相手を抱きしめること。 自己統合とは自己愛であり、ツインレイの相手との統合のために必要不可欠なプロセスなのです。

次の

【ツインレイ2020年】今こそ内なる魂の伴侶と統合せよ!

ツインレイ 2020

昨日28日に火星が牡羊座に入りました 火星は、12星座のスタートである牡羊座からスタートして約2年かけて1周して魚座を回り、またスタートに立ちます 牡羊座に入った火星は、今回、そのまま牡羊座に年明けごろまで長期滞在することになります。 自分が情熱をかけて取り組むこと、熱を入れて取り組むこと、そんな活動をしてみたいと思う、興味を持つ、行動したくなる。 そんな感じがします。 牡羊座は、行く先も、なすべきことも、答えも分からないけど動くように駆り立てられたり行動した方がいい、そんな直感的な感じを抱きやすい星座です。 自分が行動をすること、それはツインレイ プログラムにおいては自分のすべき使命を果たすというソウルワークで生きること、それがこの火星牡羊座という熱を上げて自分で行動することというスタート地点に立とうとする そんな印象を受けます 自分らしくあるために、自分にしかできないこと、自分が夢中になってやりたい何か、そんなことにこれから関心が向いていくことになります そして、牡羊座ははっきりとした答えを探すというよりも、分からないながらもスタートしてみる、行動してみる、スタートするために準備をする、そんな星座です 答えというものが見つからなくとも、進んでみたり、行動したいという思いを実現するためにできる準備をして、年明けあたりまでは試行錯誤しながら準備したり、タイミングがきたらスタートして飛び出す、そんな流れになりそうです 現在、火星が牡羊座に入りましたが、引き続き、深く大きな影響を与える星たちは逆行しています。 そして、一旦、水瓶座に入った土星は、山羊座に今週2日に戻ります コロナでの自粛期間に、技術革新という水瓶座の時代に一気に入りました。 しかし、この自粛解除に合わせたかのように、土星が水瓶座から、元の、山羊座に一旦戻ります。 新しい暮らし方、あり方、働き方、と一気に進んだように見えた世界は、土星と共に、元の古きあり方にいったん戻ることになります。 土星とともに、元のこれまでのあり方に一度社会は戻り、ここで改めて「この先変えていくべき現実を見据える」という行動を私たちはすることとな理、それを経て、本当に新しいあり方、技術革新へと土星が本格的に水瓶座に入るタイミングに合わせるかのように社会全体が進んでいく流れになると感じます 未来に本当に必要な改革は何か、土星の動きとともに、私たちのすべきことが見えてくるはずです。 この土星と火星の動きから、この時代の変化とともに、私たちは必要な変化を感じ、自分のすべき使命を果たしたい、そう駆り立てられることになります ソウルワークを実現したい、自分の使命を果たす生き方にシフトしたい、そんな気持ちと、まだはっきり先のわからない状態にモヤモヤするところもあるかもしれません 何年もかけて成し遂げていく自分の使命に気づきたい、スタートしてみたい、そんな流れが今週から、年末あたりまで続くことになります。

次の

ツインレイの統合とは?サインや前兆がある?統合後は?男性は?

ツインレイ 2020

昨日28日に火星が牡羊座に入りました 火星は、12星座のスタートである牡羊座からスタートして約2年かけて1周して魚座を回り、またスタートに立ちます 牡羊座に入った火星は、今回、そのまま牡羊座に年明けごろまで長期滞在することになります。 自分が情熱をかけて取り組むこと、熱を入れて取り組むこと、そんな活動をしてみたいと思う、興味を持つ、行動したくなる。 そんな感じがします。 牡羊座は、行く先も、なすべきことも、答えも分からないけど動くように駆り立てられたり行動した方がいい、そんな直感的な感じを抱きやすい星座です。 自分が行動をすること、それはツインレイ プログラムにおいては自分のすべき使命を果たすというソウルワークで生きること、それがこの火星牡羊座という熱を上げて自分で行動することというスタート地点に立とうとする そんな印象を受けます 自分らしくあるために、自分にしかできないこと、自分が夢中になってやりたい何か、そんなことにこれから関心が向いていくことになります そして、牡羊座ははっきりとした答えを探すというよりも、分からないながらもスタートしてみる、行動してみる、スタートするために準備をする、そんな星座です 答えというものが見つからなくとも、進んでみたり、行動したいという思いを実現するためにできる準備をして、年明けあたりまでは試行錯誤しながら準備したり、タイミングがきたらスタートして飛び出す、そんな流れになりそうです 現在、火星が牡羊座に入りましたが、引き続き、深く大きな影響を与える星たちは逆行しています。 そして、一旦、水瓶座に入った土星は、山羊座に今週2日に戻ります コロナでの自粛期間に、技術革新という水瓶座の時代に一気に入りました。 しかし、この自粛解除に合わせたかのように、土星が水瓶座から、元の、山羊座に一旦戻ります。 新しい暮らし方、あり方、働き方、と一気に進んだように見えた世界は、土星と共に、元の古きあり方にいったん戻ることになります。 土星とともに、元のこれまでのあり方に一度社会は戻り、ここで改めて「この先変えていくべき現実を見据える」という行動を私たちはすることとな理、それを経て、本当に新しいあり方、技術革新へと土星が本格的に水瓶座に入るタイミングに合わせるかのように社会全体が進んでいく流れになると感じます 未来に本当に必要な改革は何か、土星の動きとともに、私たちのすべきことが見えてくるはずです。 この土星と火星の動きから、この時代の変化とともに、私たちは必要な変化を感じ、自分のすべき使命を果たしたい、そう駆り立てられることになります ソウルワークを実現したい、自分の使命を果たす生き方にシフトしたい、そんな気持ちと、まだはっきり先のわからない状態にモヤモヤするところもあるかもしれません 何年もかけて成し遂げていく自分の使命に気づきたい、スタートしてみたい、そんな流れが今週から、年末あたりまで続くことになります。

次の