ミートソース レシピ プロ。 つくれぽ1000特集!ミートソース人気レシピ【15選】|クックパッド殿堂入りレシピ集

【隠し味】ミートソースに◯◯を加えるとコクが豊かに?市販からプロの味へ!

ミートソース レシピ プロ

玉ねぎ、にんじん、セロリはにする。 ホールトマトはなめらかにつぶす。 ひき肉は、脂身が多くてうまみのある豚と、肉そのものの食感や風味がしっかりとある牛を1:1の割合で使う。 作り方• 大きめの鍋にオリーブ油大さじ3とにんにくを入れ、で焦がさないよう炒める。 うすく色づいたら玉ねぎ、にんじん、セロリを加え、濃い茶色になるまで30〜40分炒める。 初めは時々混ぜながら弱めので炒め、色づいてきたらにして、絶えず混ぜながら炒める。 牛ひき肉、豚ひき肉を加えて塩小さじ 、こしょう少々をふり、ひき肉をほぐしながら炒める。 ポロポロになってからさらに炒め、肉から脂が出て、鍋底が少し焦げるくらいになったら、ワインを加えてさせる。 ローズマリー、ナツメグ、半分にちぎったローリエを加え、さらにホールトマトを缶汁ごと加える。 したらブイヨンを加え、にする。 にし、時々鍋底からかき混ぜながら、2時間以上煮込む。 ミートソースは少量より一度にたくさん作るほうがおいしくできるので、ぜひ多めに作って。 すぐ食べない場合は冷凍用保存袋に小分けにして入れて冷凍すれば、1〜2カ月保存可能。 使うときは保存袋ごとしばらく湯につけて解凍して使用するとよい。 鍋に塩適宜を入れたたっぷりの湯を沸かし、スパゲッティを袋の表示より1分短くゆでる。 フライパンに2を約260g入れて火にかけ、温める ソースが固い場合はスパゲッティのゆで汁適宜を加えてのばす。 スパゲッティの湯をきって ゆで汁はとっておく フライパンに加え、であえる。 器に盛り、好みでさらに粉チーズを。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。 切り方 縦薄切り 4〜5cm長さに切ってから縦に1〜2mm厚さに切ります。 せん切り 縦薄切りにしたものを、少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 拍子木切り 5〜6cm長さに切り揃えて、1cm幅の棒状に切ります。 薄切り 小口切り 端から薄く切ります。 薄切りにすると繊維が切れるので、筋は取らなくてOK。 斜め薄切り セロリに対して斜め45度程度に包丁を入れ、薄く切ります。 サラダにするときなどに。 乱切り 細い部分はそのまま、太い部分は縦半分に切ってから、手前に90度ずつ回しながら斜めに切ります。 そぎ切り 斜めに包丁を入れて好みの幅に切ります。 葉と細い茎は細かく刻むと食べやすい 葉のついている細い茎は、かたくて筋っぽいので、生で食べるのには向いていません。 料理に入れるときは、葉ごと細かく刻んで。

次の

ミートソースの隠し味一覧!ちょい足しの調味料で本格的に作ろう!

ミートソース レシピ プロ

パスタ(スパゲッティーニ)・・・4人前• 合挽き肉・・・約240g• にんにく・・・2片• 赤ワイン・・・100cc• チキンコンソメ・・・大さじ1• ローズマリー・・・1〜2本• ローリエ・・・2枚• 水・・・2カップ• バター・・・小さじ1• オリーブオイル・・・適量• 塩・・・適量(パスタをゆでる用、味付け用)• こしょう・・・適量• ミートソースは大量に作るからこそ、より美味しく仕上がるのだそう。 冷凍保存もできるので、作るときは最低でも4人分から作るのがおすすめとのことです。

次の

うまみがすごい! 絶品『ミートソース』のレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

ミートソース レシピ プロ

ひと口に 『ミートソース』といっても、家庭やお店によって入れる具材や味つけはさまざま。 また、どんな料理に使うかによっても作り方が変わってきたりしますよね。 そんなミートソースの中なかから、今回はグラタンやラザニアにぴったりの、うまみがギュギュッと詰まった絶品レシピをご紹介。 一段上のおいしさを引き出すための工夫がたくさん詰まった特別な一品です。 それではどうぞご覧ください。 作り方 (1)フライパンにオリーブオイル大さじ1を強めの中火で熱し、玉ねぎを炒める。 透き通ってきたら、砂糖小さじ2を加える。 【POINT】玉ねぎをしっかり炒めて砂糖でキャラメリゼすることで、香ばしさや甘みやこくを手早く引き出すことができます。 (2)3~4分炒め、薄茶色に色づいたら、ベーコンを加える。 【POINT】合いびき肉のほかにベーコンを使うことによって、うまみや燻製の香りが加わりより奥深い味に。 (3)セロリ、にんにくを加え、全体がなじむようにさっと炒め合わせる。 肉の色が変わるまで炒め合わせる。 (5)カットトマト、しょうゆ小さじ1、白ワイン、あればローリエを加えて、混ぜ合わせる。 じゃがいもやブロッコリーといっしょにグラタンにしても……、 ホワイトソースといっしょにラザニアにしても、そのうまみがダイレクトに伝わってくる存在感のあるソースです。 保存は冷凍で約1ヵ月OK。 使うときは、電子レンジで1分30秒ほど加熱してから小鍋に移して。 中火にかけて様子をみながら水を大さじ1ずつ加え、とろみがつくまで煮てください。 一度作ったら、リピートしたくなることうけあい! 絶品『ミートソース』のレシピ、ぜひ一度お試しあれ。 料理/近藤幸子 撮影/竹内章雄 文/編集部・持田 ( より.

次の