ガムランボール。 ガムランボール 銀座店

ガムランボール/Sサイズ/雪の結晶~Chantii~

ガムランボール

ガムランボールは、日本人観光客の定番お土産です。 そのため、多くのお土産物屋さんや観光市場、デパート、シルバーショップなどで売られていますが、中には粗悪品を売りつけたり、法外な価格で売る悪質なお店もありますので、ご注意ください。 最近は、あまり聞かなくなりましたが、お土産物を探している日本人観光客に日本語で声をかけ、怪しげなショップに連れ込み、数万円という高額なガムランボールをかわせる、インドネシア人や長期滞在の日本人もいましたので、街中で知らない人に声をかけられても、ついていかないように。 残念ながら、私はクタ、スミニャックエリアで、おすすめできるシルバーショップは存じません。 チュルクは、銀職人の村で村内に多くの工房があり、表通りには工房直営のお店が並んでいます。 しかし、これらお店の大半は観光客向けのお店で、品物はいいのですが価格が高いです。 観光ツアーの途中に寄る事があるかもしれませんが、高額商品が多いと思っていてください。 よいガムランボールの条件は「音・装飾・材質」です。 音は、必ず耳元で振って「しゃらららーん」と澄んだ綺麗な音が鳴るものをお選びください。 鈴のように「コロンコロン」といった鈍い音のものは不良品です 装飾は、好き好きです。 ただし、あまり凝ったものは、外れたり曲がったりすることがあります。 また、最近銀価格が高沸して、装飾品や本体の厚みが薄くなってきています。 持って、異様に軽く感じる物は避けたほうがいいでしょう。 材質ですが、これは素人にはわかりません。 ガムランボールのように、細かい細工をする銀製品は、強度を出すために925シルバーと言って銀に7. また、銀は空気中の硫黄分と反応して黒ずんできます。 黒ずまない銀製品は怪しいです。 「うちの店は良いシルバーを使っているから、さびないよ」なんていうお店は超あやしいです。 現在、銀相場が上がっているため、ガムランボールの価格もかなり上昇しています。 小さなものでも2,000円くらい、大きなものになると、4,000円、5,000円となります。 あまりに高額なものや、逆にあまりに安いものは、ちょっとさけたほうがいいと思いますよ。

次の

ガムランボール 新宿本店

ガムランボール

ガムランボールはたくさんのデザインや種類が色々あって「どれにしようかな?」と迷っていませんか? ここではガムランボールの基礎知識(種類、大きさ、音色 についてをご紹介させていただきます。 また、ガムランボールを大切な人にプレゼントしたい思っている方もぜひ参考にしてください! ガムランボールは大きく分けてジャワンタイプとバスケットタイプの2種類になります。 ジャワンタイプは銀の粒と銀を細い糸状にしたもので装飾しています。 その中に真鍮でできたボールが入っています。 バスケットタイプは銀のバスケットの中に真鍮のボールが入っていて、取り外しができます。 またバスケットの先にストーンを埋め込んでいます。 当店ではSSサイズ~LLサイズまで取り揃えております。 ただ、同じサイズでも種類によって大きさは少し変わってきます。 さらにガムランボールは全てひとつひとつ手作りのため、若干1点1点ですがサイズが違ってきますが、それも手作りの魅力として、ご了承ください。 ネックレスとして使われる場合は、Sサイズがオススメです。 LLサイズは輪っかがついていないため、インテリアとしてご使用ください。 Sサイズよりも小さいSSサイズは、音色があまり良くないため、入荷数は少なめとなっております。 ガムランボールの音色は一般的に、サイズが大きくなればなるほど音色も大きくなります。 また、ジャワンタイプとバスケットボールを比較すると、ジャワンタイプの方が少し音色は大きいです。 ただ、同じ種類のガムランボールでも、1点1点音色は違ってきますの一概に比較はできませんので、参考としてお考えください。 ガムランボールの音色を聴くときは、指で持って聴くよりも、手のひらの上で転がして聴くことをお勧めします。 そうすることで、より一層ガムランボールの神秘的な音色をお楽しみいただけます。 大切な方やお世話になっている方への贈り物として選ぶ時は、携帯ストラップやネックレスのトップとしても使いやすいSサイズがオススメです!また、相手の誕生日がわかっている場合は、バスケットタイプの誕生石が付いたガムランボールを贈ると、さらに喜ばれると思います。 相手の誕生日がわからなかったり、その月の誕生石が付いたガムランボールがない場合は、相手の方が今必要としているパワー ストーンのパワー で選んでみてもいいでしょう。 シンプルなデザインの方がお好みであれば、ジャワンタイプやアラベスクタイプがオススメです。 誕生石が付いたバスケットタイプ シンプルなデザインのジャワンタイプ.

次の

バリ島、ガムランボールのあるお店。

ガムランボール

当店のガムランボールは、銀細工で有名な、バリ島チュルク村の工房で製作しております。 いろんな工房によって、腕のよい職人さんがいるのですが、 職人さんによっても得意分野があるんですよね。 たとえば。。 Aさんはバスケット作りがとっても上手。 Bさんは、美しい銀細工が上手なのでボールタイプのガムランボール。 Cさんは音色に全てをかけてます! なんて、高い技術を持った職人さんが、バリ島にはたくさんいるんですよー 店長自らバリ島にいるので、腕のいい職人さんの噂をキャッチしたら、すぐさまチェックに行けるフットワークの軽さ! こうして、いつも村で一番の工房に直接オーダーし、デザイン・音色とも質をキープしてるんですよ! 腕のよい職人さんたちによって、ひとつひとつ時間をかけ手作りで作られたガムランボール。 まずは、大きな真鍮の板から、ガムランボールの型を切り抜いていきます。 ガムランボールのサイズにあわせて、色んな大きさに切り抜いた材料たち。 円形に切った真鍮の板を型に入れて、半球状になるように、ひとつひとつ叩いて形を整えます。 簡単そうに見えるけど、力のいる作業が続きます!• これが出来上がった、ガムランボールのボールの部分。 ちょっとでも歪んでいると、あの美しい音色は出ないんですよー!• ジャワンタイプのガムランボールは、ここでシルバーの装飾をつけます。 半円の上に細かいシルバーの粒々を貼りつけ、模様をつくっていきます。 目が眩むような細かい模様を作ったら、半球をバーナーであぶり、模様を溶接します。 真鍮のボールの中に入れる部品を作ります。 これによって、あの美しい音色が作られているんですよ!• 切り込みを入れた真鍮の半球を、外側の半球の中にはめ込みます。 ボールの外側と音色の仕掛け部分をノリで固定し、バーナーでしっかり接着させます。 ガムランボールの内側は、こんなふうになってます。 音色の美しさのポイントは、この形状! キレイに並んだ真鍮の切れ込みにボールがあたって、繊細な音色を奏でるんですよー• もうひとつ、大事なポイントがコレ!この小さな金属のボール「べロール」。 これを、ボールの中に仕込みます。 たったこれだけの仕掛けで、あんなに美しい音色を奏でるなんて。。 不思議ですよね~• 半円のボールをしっかりとくっつけて、ボールを1つに溶接します。 溶接部分を平らになるまで、ヤスリで磨きキレイに整えていきます。 根気のいる作業が続きます!• 溶接部分をしっかりと整えたら、最後の仕上げ、機械で磨いていきます。 バスケットタイプのガムランボールは、シルバー925製のバスケットを付けて。。 バスケットタイプのガムランボールが完成!.

次の