ヤバイ都市伝説。 【画像】漫画「私が見た未来」の予言がヤバイ!やりすぎ都市伝説でも話題の内容とは?

渡辺直美が絶賛! YouTuber・ナオキマン、日本&世界のヤバすぎる都市伝説を今夜紹介(クランクイン!)

ヤバイ都市伝説

志村けんはクイズ番組に出ない バラエティでよく見かける志村けんには都市伝説がある。 それは志村けんは クイズ番組には絶対に出演しないというものだ。 だがそれには実はちゃんとした理由があり、志村けんは師匠である東八郎が言った「文化人になろうと思った段階でコメディアンの命はおわりだから、 いつまでもバカやってればいいんだよ」という言葉を律儀に守り続けているからである。 にわかに信じがたい話かもしれないが、業界では割と有名な都市伝説らしい。 明石家さんまは物凄い男前である 芸人として大御所である明石屋さんまは、義理人情に熱い男前という都市伝説がある。 ある時、芸人である千原ジュニアが事故で入院してしまった時の話だ。 バイクで事故を起こしてしまい、長期入院を余儀なくされた千原ジュニアは、そのせいでレギュラー番組を全て失ってしまった。 芸人としてはかなり痛手だっただろう。 そして退院して間もない頃、明石屋さんまと出会った千原ジュニアは、「見舞いに行けなくて悪かった。 欲しいもん言えや、何でもやるわ」とと言った明石屋さんまに、冗談で「 番組レギュラー欲しいです」と回答した。 その時は冗談めかせて話は終ったらしいが、その後、千原ジュニアに一本の番組レギュラーの話が入り込んできたらしい。 そしてその話は、実は明石屋さんまが出演依頼されていた深夜番組へのレギュラーの話で、明石屋さんまは「 番組をやるには条件がある。 千原兄弟をレギュラーにすることが条件」と言ったらしい。 当時明石屋さんまはレギュラーをこれ以上増やしたくないと言っていたのに、千原ジュニアのためにその言葉を曲げてまでレギュラーの座を贈ったらしい。 本当にレギュラーをプレゼントしてしまった明石屋さんまは本当に男前だと、ちょっといい都市伝説では有名となっている。 タモリさんのグラサンに隠された意味 いつもサングラスをかけているタモリさんだが、実はいつもサングラスをしているのには、 義眼だからであるという都市伝説がある。 若い頃に鉄線が刺さった、割りばしが刺さった、などで義眼になってしまい、それを隠すためにサングラスをしていると言われているが、本当のところは確認できていないという。 また、芸人の都市伝説ではないが、伊集院光がラジオのリスナーから最終回で東京を破壊したウルトラマンがある、という都市伝説を発見したのは有名な話だろう。 こういう風に、芸人が見つけた都市伝説もこの業界では多いらしい。

次の

【都市伝説】日本に存在するヤバイ集落、閉ざされた村【閲覧注意】

ヤバイ都市伝説

エヴァンゲリオンは社会現象にまでなったアニメである。 非日常の中で描かれるリアルな心情を映し出しており、それらが絶妙にマッチしていることで多くの人が共感を得て人気となったのだ。 今回は、エヴァンゲリオンにまつわる都市伝説をご紹介していく。 エヴァンゲリオンが社会現象になった理由… エヴァンゲリオンの都市伝説として有名なのが、 何故社会現象になったのか?という問いに対する答えだ。 キャラクター設定が当たったのか?背景にある存在が今までに無いものだったのだろうか? 話題に上がるのは「ストーリー」である。 エヴァンゲリオンでは、主人公の「碇シンジ」が自分が信じていた世界とはおよそ違う現実で、試行錯誤しながら良く分からない乗り物にのり、父親に「逃げるな!」と怒られながらも自分の道を模索していく。 およそ、ストーリーはそのような展開で進んでいく。 ここに、一種の共感を得た人が多いのだ。 では「碇シンジ」の行動や思想はどういった状態の人を指しているのだろうか?それは 「思春期」である。 親や先生からは「これをしないさい!しなきゃダメだ」と毎日のように言われる。 しかし、本人はそれをしなければいけない理由が分からない。 「何故しなければいけないのか?」「どうして私がそれをする必要があるのか?」こうした疑問を感じながらも「逃げてはいけない」と心の中で叫び、そして試行錯誤しながら前を向いてくというのは 「思春期」ならではの行動である。 エヴァンゲリオンの主人公が14歳という思春期真っ只中に設定してあるのも、もちろん上記のようなことが原因だからだ。 エヴァンゲリオンでは、他の作品に見られなかった思春期の時の気持ちをリアルに演出していると言われている。 それが 社会現象にまで発展したひとつの理由である。 続きます・・・ スポンサーリンク 声優に異変が起こった… エヴァンゲリオンがヒットした都市伝説で有名なのが 声優の演技力だ。 アニメを監督した庵野監督は非常に厳しい人だと言われている。 声優を担当した人も常に現場はピリピリしていたと証言しているほどだ。 そんな中主人公の「碇シンジ」の声優を務めたのが「緒方恵美」だ。 中々1発でOKを出すことが無い監督が、珍しく1発でOKを出したのも緒方恵美が担当したワンカットである。 そこで、シンジが乗るロボットに敵がレーザー光線を照射し、ロボットの胸の部分が焼け 「熱い熱い!」と叫ぶシーンである。 緊迫した中での迫真の演技だったのだそうだが、その日の夜、緒方恵美は胸に違和感を覚えることになる。 次の日も違和感が取れなかったので病院に向かい診察をしてもらったのだ。 その時に医師からとんでもないことを言われたというのだ。 「通常こんなことは起きないのだが、 胸の内側が火傷している」と言われたそうだ。 アニメでの演技が、声優の身体にまで影響を及ぼしたということになる。 それだけ、 声優の演技がズバ抜けていたので、エヴァンゲリオンはここまでヒットしたのだ。 以上が、都市伝説となる。 エヴァンゲリオンのヒットにはこうした裏側の背景があったのだとされているのだ。

次の

YouTuber・ナオキマンがヤバイ都市伝説を8連発で紹介!『爆報!THE フライデー』7・10放送

ヤバイ都市伝説

プロフィール 名前:室井 滋(むろい しげる) 本名:室井 滋(むろい しげる) 生年月日:1958年10月22日(58歳) 出身地:富山県 身長:160cm 血液型:O型 所属:ホットロード ・1981年:「風の詩を聴け」で映画初出演。 ・1987年:「東京ブギウギ」で歌手デビューする。 ・1988年:ドラマ「やっぱり猫が好き」に出演する。 ・1995年:映画「居酒屋ゆうれい」に出演する。 ・1996年:バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ」に出演する。 ・2015年:第36回松尾芸能賞・優秀賞を受賞する。 室井滋の本名や若い頃の活躍がヤバイ!? 室井滋さんは女優として大人気ですよね。 室井さんは大学生の頃から女優として活動を始め、これまでに日本アカデミー賞最優秀助演女優賞なども受賞しています。 そんな室井さんなのですが、本名や若い頃の活躍が話題になっているそうです。 では、室井さんの本名や若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、室井さんは本名も室井滋というそうです。 室井滋というと、その語感などからどうしても芸名のように感じてしまうのですが、本名をそのまま使っているということで驚きですよね。 また、室井さんは富山県の出身で早稲田大学を中退しているのですが、その時から本名の室井滋で女優として活動していたのだとか。 そして、そんな室井さんは、若い頃には自主映画の女王と呼ばれることもあったそうです。 室井さんは早稲田大学のシネマ研究会に所属していて、長崎俊一さんや大森一樹さんらと共に自主映画を多く作成していたのだとか。 そして、1981年に村上春樹さん原作の「風の歌を聴け」という作品で本格的に女優デビューし、その他にも「パン屋襲撃」などの村上春樹さんの原作作品に出演しています。 スポンサーリンク また、1987年には「東京ブギウギ」で歌手デビューをして歌手としても活動するようになったのだとか。 室井さんは現在もナレーターとして活動しているので、室井さんの声の良さというのは当時から高く評価されていたようですね。 このように声も高く評価されていた室井さんは、1988年に「やっぱり猫が好き」に出演して、その演技も高く評価されました。 この「やっぱり猫が好き」に出演したことで、室井さんの女優としての知名度も大幅にアップしたそうなのですが、1995年には映画「居酒屋ゆうれい」で報知映画賞最優秀助演女優賞や日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞しているのだとか。 さらに、1996年には「ウッチャンナンチャンのウリナリ! 」にレギュラー出演するなどバラエティ番組でも大活躍していました。 このように学生の頃から女優として活躍し、その後は歌手、タレントとして活躍していた室井さんなのですが、室井さんの本名や若い頃の活躍がヤバイですよね。 現在も女優として活躍し、歌手としての活動にも力を入れているということで、今後もそんな室井さんには注目していきたいですね。 スポンサーリンク 室井滋の都市伝説となった怖い話の衝撃の真相とは!? 世の中には様々な怖い話や都市伝説などがありますよね。 特に都市伝説には様々なものがあるのですが、室井滋さんの都市伝説となった怖い話についても注目が集まっているそうです。 では、室井さんの都市伝説となった怖い話とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、室井さんが経験したとされる怖い話をダウンタウンの松本人志さんがラジオなどで話をしたことがきっかけで都市伝説として多くの人に伝わっていったのだそうです。 この話は「松本人志の放送室」や「やりすぎ都市伝説」でも放送されているそうなのですが、「エレベーター男」という都市伝説になるのだとか。 「エレベーター男」は、室井さんが仕事から帰ってきた時にエレベーターに乗ったところ、そこには帽子をかぶった男たちがいて先にエレベーターを降りていったそうです。 男たちが降りる際に、室井さんに軽くぶつかったそうなのですが、部屋に帰ってぶつかったところを見ると血が付いていたのだとか。 それから数日経ったある日、室井さんの家に警官がやってきて、そのマンションで殺人事件があったことを伝えたそうです。 そして、室井さんに事件について何か知らないか質問をしてきたのだとか。 しかし、室井さんは何か面倒になると困るので、 「知らないです。 」 と答え、その警官は帰っていったそうなのですが、それから数回、警官が家に立ち寄ることがあったそうです。 そうしている内に、その殺人事件がニュースで取り扱われるなどして後に犯人が捕まったそうなのですが、その犯人というのが室井さんに話を聞きに来た警官だったのだとか。 スポンサーリンク これが室井さんの経験した怖い話として松本人志さんがラジオで話したものだそうなのですが、かなり怖い話ですよね。 一歩間違うと室井さんも何かしら危害を加えられていたかもしれないのですが、このような怖い話が都市伝説として拡散されてしまったものの、実はこれは室井さんの経験したことじゃないのだとか。 松本さんは後輩の今田耕司さんからこの話を聞いたそうなのですが、今田さんが室井さんが経験した話だと勘違いして松本さんに話をしてしまったそうです。 そもそも、この怖い話についてなのですが、室井さんが週刊文春で連載していた「すっぴん魂」というものに書いた話なのだとか。 室井さんによると、この怖い話は室井さんの友達のスタイリストが経験した話で、室井さん自身が経験した話じゃないそうです。 ただ、今田さんから松本さんに室井さんが経験した話として間違って伝わってしまって、室井さんが遭遇した事件となってしまったのだとか。 なので、話の根本が間違ってしまったということになるのですが、室井さんの都市伝説となった怖い話の衝撃の真相ですよね。 この話は室井さんのエッセイ「あなたが怖い すっぴん魂5」に収録されているそうなのですが、ドラマとして再現されたりもしていて、かなり有名な都市伝説なのだそうです。 なので、今後も引き続きこの話は注目されていきそうですね。 本名を芸名と同じ室井滋といい、若い頃は自主映画の女王と呼ばれ、村上春樹さん原作の映画などに多く出演して若い頃の活躍が話題となった室井さんなのですが、殺人事件の犯人に出くわし、後日その犯人が警官としてマンションにやってきたという都市伝説があるものの、実際には室井さんの友人が経験したことというでその真相が注目されるなどしていて、今後もそんな室井さんは様々なことで注目されていきそうですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の