ポケモンボスゴドラ育成論。 ボスゴドラ:ポケモン ゴールド・シルバー攻略Wiki

メガボスゴドラの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモンボスゴドラ育成論

ボスゴドラの歴史 第三世代 メインウエポンとしては当時はアイアンテールが候補に挙がり、もう1つはのが候補に挙がった。 しかし当時環境で活躍していたラグラージやバシャーモとはタイプ相性が致命的に悪く、大会では活躍しなかった。 一方でシナリオでは相手次第で完封できる耐久性能からで一定の需要を集めた。 タイムアタックで使用されるオオスバメのメインウエポンをチャンピオンであるのボスゴドラが4分の1で受けるため、タイム短縮の際のネックになる存在としても印象に残る。 第四世代 として命中率が比較的安定した、奇襲戦法の要となるを獲得。 とのシナジーが抜群のはで覚えるようになった。 教え技ではを獲得。 同複合対応としてはとが新登場しており、ボスゴドラは火力・耐久共に物理に特化した性能で差別化が可能であった。 第五世代 レベルアップ技としてはを獲得。 の仕様変更によって大幅強化されたが、進化前のがLv1がんじょうループで十分な実戦性能を手に入れたことから、ハマった時は進化前のココドラの方が強力という皮肉な状況となった。 それでも、がんじょうの仕様変更による強化によってこだわりハチマキ型、を撒いてで退場する起点型などが真剣勝負でも通用するようになった。 総合的見ると運用幅がより広くどれもちょうはつで完全に詰むということはなかったため、Lv1がんじょうループ型のココドラと比べると汎用性は高かった。 第六世代 メガシンカを獲得し、ある程度相手は選ぶが圧倒的な物理偏重な環境にマッチしていたポケモンであったことなどからレーティングバトルでもそれなりに使われるようになった。 のに対しては通常のボスゴドラでを4分の1で受けることができる関係上極めて強気に出ることができ、に対してはメガシンカすることで不一致のや程度なら余裕を持って受けることができるなど、使用率最上位クラスのポケモンに対して有利が付いていた。 ただ、ガブリアスに関してはメガシンカしてものじしんを2倍弱点として受けてしまうなど注意は必要であった。 それでも、ようきメガバシャーモのフレアドライブを物理耐久完全特化型メガボスゴドラがフィルター込みで確定3発で受けるなど、弱点すら克服する圧倒的物理耐久には捨てがたいものがあった。 流石に使用率30位以内にランクインするほどの力は持っておらず、この点ではレーティングバトルXYリーグローテーションバトルでシーズン11からシーズン12、シーズン14からシーズン15にベスト30入りを果たし、最高位がシーズン11の6位と、時期とバトル形式を限定すれば大流行したと言えるココドラに爆発力で劣っていた。 といっても、ココドラとはプレイング難易度やに対する脆弱性が無い点で差別化が可能であった。 PGLレーティングバトル統計データを鑑みるに、シングルバトルでの主流構築は、、、であることがうかがえ、耐久力を活かして安全に起点作りする役割を持っていた。 を持たせてさせることが基本であったものの、メガシンカさせないなら、、がとしては好まれた。 はが最も割合を多くしており、低めの特殊耐久を補強する単体構成が主流であったと言える。 2015年1月に行われたホウエン図鑑限定戦「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率28位、マスターカテゴリで24位と、ホウエン図鑑のポケモンとしては立場が良いことを示した。 第七世代 ボスゴドラ自体には大きな変更はなし。 やなどの登場でが普及したことによってタイプで弱点を突けるボスゴドラはさらに強化されたように見え、とりわけ役割論理パーティの天敵であるミミッキュを安定して狩ることができるポケモンとして役割論理パーティでは少なからずの需要が生まれた。 だが、カプは以外が特殊アタッカーでありフィールドを張る特性で特殊火力を大幅に強化することからボスゴドラにとっては手こずる相手であり、カプとの対面でメガシンカしてがんじょうを捨てるのは考え物。 一方でのでボスゴドラなどをから守りつつカプ・ブルルやボスゴドラの火力で攻めることなどを目的とした「ブルルボスゴ」というサイクル戦向けの相性補完構築が誕生した。 メガボスゴドラは元々タイプとに受け性能を依存しているため、等倍ので攻められるとキツく、実際ボスゴドラを倒したポケモン1位には(ゲッコウガの使用率ベスト3の常連という前提はあるが)がしばしば挙がる。 一般的な育成論 とが高い。 しかし・タイプがで、は低いため得手不得手のはっきりしたポケモンと言える。 まず第一候補に反射型が挙げられる。 で物理・特殊問わずにダメージを与えられる。 前述のとおり、弱点が4倍だったり特殊に弱いこともあって、この防御力を持つにもかかわらず、を持たせることが多い(メタルバーストを確実に成功させるため。 第五世代で特性がならタスキは不要であり、4倍弱点のじめんわざをかわすためにを持たせてもよい)。 しかしこの戦術は非常に読まれやすい。 そのため相手が警戒している間にやを駆使したり、でステルスロックのダメージを与えるという読みが必要となってくる。 もう一つは、相手をでんじはでにして、タイプ一致のやの効果と共に相手を行動不能にする戦術も存在する。 他の技としては、、、、、、、、、、、、、などなど、非常に豊富。 HGSSでを習得、とシナジー抜群の技である。 が低いので、やでんじはをうまく使いたい。 隠れ特性はあまり採用されないが、自身のおもさが720. 0kgと見なされ、144. 0kg以下の相手ならを最高威力で撃てるようになる。 メガボスゴドラ することで特性がになり、タイプも単体に変化。 苦手としていた、タイプに対しても1. 5倍に抑えることで、ほとんどの物理攻撃が脅威ではなくなる。 ほぼ全ての相手との殴り合いができるタフさを手に入れた。 その一方で、ボスゴドラのときとあまり変わらず特防の値が低く、特にはがね単タイプになったことによりタイプが弱点に加わったため、特防に努力値を振っていなければ特にタイプ一致の、などの一撃で倒される場合もある。 一応ボスゴドラのときと比べても特防は上がっており 種族値は80 、や次第ではのを耐えることができる。 メガシンカすることで攻撃が上昇したため物理技を中心に構成しがちだが、別には下がったわけでもないため、サブウエポンとして用意しておくのも悪くはない。 なお、いわタイプでなくなったと言う事は、やがタイプ一致でなくなり、威力が低下したという意味でもある。 攻撃そのものは強化されていても一撃で倒せなくなった相手は多い。 そのため防御面も考慮して、ほのおやひこうタイプと相対した場合は、メガシンカせずにいなす事も重要になってくる。

次の

ボスゴドラ:ポケモン ゴールド・シルバー攻略Wiki

ポケモンボスゴドラ育成論

ページ:• 投稿者:ぐぇ• コメント 36 みんなの評価 :• 投稿者:サケメスイッチ• コメント 50 みんなの評価 :• 投稿者:ness• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:frill• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:毒いちご• コメント 44 みんなの評価 :• 投稿者:竜巻• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:カノープス• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:日向• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:ウァーム• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:燐• コメント 11 みんなの評価 :.

次の

ボスゴドラ育成論

ポケモンボスゴドラ育成論

ボスゴドラの歴史 第三世代 メインウエポンとしては当時はアイアンテールが候補に挙がり、もう1つはのが候補に挙がった。 しかし当時環境で活躍していたラグラージやバシャーモとはタイプ相性が致命的に悪く、大会では活躍しなかった。 一方でシナリオでは相手次第で完封できる耐久性能からで一定の需要を集めた。 タイムアタックで使用されるオオスバメのメインウエポンをチャンピオンであるのボスゴドラが4分の1で受けるため、タイム短縮の際のネックになる存在としても印象に残る。 第四世代 として命中率が比較的安定した、奇襲戦法の要となるを獲得。 とのシナジーが抜群のはで覚えるようになった。 教え技ではを獲得。 同複合対応としてはとが新登場しており、ボスゴドラは火力・耐久共に物理に特化した性能で差別化が可能であった。 第五世代 レベルアップ技としてはを獲得。 の仕様変更によって大幅強化されたが、進化前のがLv1がんじょうループで十分な実戦性能を手に入れたことから、ハマった時は進化前のココドラの方が強力という皮肉な状況となった。 それでも、がんじょうの仕様変更による強化によってこだわりハチマキ型、を撒いてで退場する起点型などが真剣勝負でも通用するようになった。 総合的見ると運用幅がより広くどれもちょうはつで完全に詰むということはなかったため、Lv1がんじょうループ型のココドラと比べると汎用性は高かった。 第六世代 メガシンカを獲得し、ある程度相手は選ぶが圧倒的な物理偏重な環境にマッチしていたポケモンであったことなどからレーティングバトルでもそれなりに使われるようになった。 のに対しては通常のボスゴドラでを4分の1で受けることができる関係上極めて強気に出ることができ、に対してはメガシンカすることで不一致のや程度なら余裕を持って受けることができるなど、使用率最上位クラスのポケモンに対して有利が付いていた。 ただ、ガブリアスに関してはメガシンカしてものじしんを2倍弱点として受けてしまうなど注意は必要であった。 それでも、ようきメガバシャーモのフレアドライブを物理耐久完全特化型メガボスゴドラがフィルター込みで確定3発で受けるなど、弱点すら克服する圧倒的物理耐久には捨てがたいものがあった。 流石に使用率30位以内にランクインするほどの力は持っておらず、この点ではレーティングバトルXYリーグローテーションバトルでシーズン11からシーズン12、シーズン14からシーズン15にベスト30入りを果たし、最高位がシーズン11の6位と、時期とバトル形式を限定すれば大流行したと言えるココドラに爆発力で劣っていた。 といっても、ココドラとはプレイング難易度やに対する脆弱性が無い点で差別化が可能であった。 PGLレーティングバトル統計データを鑑みるに、シングルバトルでの主流構築は、、、であることがうかがえ、耐久力を活かして安全に起点作りする役割を持っていた。 を持たせてさせることが基本であったものの、メガシンカさせないなら、、がとしては好まれた。 はが最も割合を多くしており、低めの特殊耐久を補強する単体構成が主流であったと言える。 2015年1月に行われたホウエン図鑑限定戦「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率28位、マスターカテゴリで24位と、ホウエン図鑑のポケモンとしては立場が良いことを示した。 第七世代 ボスゴドラ自体には大きな変更はなし。 やなどの登場でが普及したことによってタイプで弱点を突けるボスゴドラはさらに強化されたように見え、とりわけ役割論理パーティの天敵であるミミッキュを安定して狩ることができるポケモンとして役割論理パーティでは少なからずの需要が生まれた。 だが、カプは以外が特殊アタッカーでありフィールドを張る特性で特殊火力を大幅に強化することからボスゴドラにとっては手こずる相手であり、カプとの対面でメガシンカしてがんじょうを捨てるのは考え物。 一方でのでボスゴドラなどをから守りつつカプ・ブルルやボスゴドラの火力で攻めることなどを目的とした「ブルルボスゴ」というサイクル戦向けの相性補完構築が誕生した。 メガボスゴドラは元々タイプとに受け性能を依存しているため、等倍ので攻められるとキツく、実際ボスゴドラを倒したポケモン1位には(ゲッコウガの使用率ベスト3の常連という前提はあるが)がしばしば挙がる。 一般的な育成論 とが高い。 しかし・タイプがで、は低いため得手不得手のはっきりしたポケモンと言える。 まず第一候補に反射型が挙げられる。 で物理・特殊問わずにダメージを与えられる。 前述のとおり、弱点が4倍だったり特殊に弱いこともあって、この防御力を持つにもかかわらず、を持たせることが多い(メタルバーストを確実に成功させるため。 第五世代で特性がならタスキは不要であり、4倍弱点のじめんわざをかわすためにを持たせてもよい)。 しかしこの戦術は非常に読まれやすい。 そのため相手が警戒している間にやを駆使したり、でステルスロックのダメージを与えるという読みが必要となってくる。 もう一つは、相手をでんじはでにして、タイプ一致のやの効果と共に相手を行動不能にする戦術も存在する。 他の技としては、、、、、、、、、、、、、などなど、非常に豊富。 HGSSでを習得、とシナジー抜群の技である。 が低いので、やでんじはをうまく使いたい。 隠れ特性はあまり採用されないが、自身のおもさが720. 0kgと見なされ、144. 0kg以下の相手ならを最高威力で撃てるようになる。 メガボスゴドラ することで特性がになり、タイプも単体に変化。 苦手としていた、タイプに対しても1. 5倍に抑えることで、ほとんどの物理攻撃が脅威ではなくなる。 ほぼ全ての相手との殴り合いができるタフさを手に入れた。 その一方で、ボスゴドラのときとあまり変わらず特防の値が低く、特にはがね単タイプになったことによりタイプが弱点に加わったため、特防に努力値を振っていなければ特にタイプ一致の、などの一撃で倒される場合もある。 一応ボスゴドラのときと比べても特防は上がっており 種族値は80 、や次第ではのを耐えることができる。 メガシンカすることで攻撃が上昇したため物理技を中心に構成しがちだが、別には下がったわけでもないため、サブウエポンとして用意しておくのも悪くはない。 なお、いわタイプでなくなったと言う事は、やがタイプ一致でなくなり、威力が低下したという意味でもある。 攻撃そのものは強化されていても一撃で倒せなくなった相手は多い。 そのため防御面も考慮して、ほのおやひこうタイプと相対した場合は、メガシンカせずにいなす事も重要になってくる。

次の