授乳 腰痛。 授乳中・育児中のママ必見!腰痛の原因と予防法とは?

授乳中のお薬Q&A

授乳 腰痛

スポンサーリンク 抱き方1:オーソドックスな横抱っこ 最もオーソドックスで楽ちんなのが横抱っこです。 授乳クッションなどを使って授乳しやすい抱き方になります。 横抱っこのやり方・コツ 赤ちゃんを横に抱っこして、赤ちゃんのおへそとママのおへそが向かい合うような形にします。 おっぱいをあげる方の腕で赤ちゃんの頭を支えます。 ポイントは、授乳クッションを使って赤ちゃんのおくちの位置がママの乳首の位置にくるようにすること。 高さが足りなければ、雑誌を踏み台がわりに使ったり、赤ちゃんの頭を授乳用まくらにのせたりして調節しましょう。 腰痛防止につながる 授乳中は前かがみになってしまうことが多いですよね。 そのため慢性的な腰痛で悩んでいる方が多いようです。 横抱っこはママは前かがみになることなく、授乳できるので腰痛防止になります。 スポンサーリンク 抱き方2:やってみよう、縦抱っこ 横ではなくて縦にするのが縦抱っこと呼ばれるものです。 こちらは赤ちゃんのむせ返りが少なくなるので母乳を飲みやすそうにしてくれます。 縦抱っこのやり方・コツ まずは赤ちゃんを縦に抱っこして、ママと向かい合うような形にします。 そして赤ちゃんのお口に乳首を合わせてをくわえさせてあげます。 首がすわる前の赤ちゃんは、ママの腕で赤ちゃんの首を支えてあげてください。 赤ちゃんの座高が足りず、乳首に口がこないこともあります。 その場合は、授乳クッションの上に赤ちゃんを座らせてみましょう。 ママの胸の位置に赤ちゃんの顔の位置がくるように、調節してください。 ママと赤ちゃんそれぞれの注意点 ママの背筋も赤ちゃんの背筋もピンとのばして、腰痛にならないように注意しましょう。 スポンサーリンク 抱き方3:授乳クッションで簡単に。 フットボール抱き 赤ちゃんを脇の下に抱えるような形がフットボール抱きです。 フットボール抱きのやり方・コツ フットボール抱きは、赤ちゃんをフットボールを抱えるような抱き方で抱っこしておっぱいをあげる方法です。 一見難しそうな抱き方ですが、クッションを使うと意外と簡単にできます。 クッションを前ではなく横につけて、その上に赤ちゃんを寝かせます。 ママの腕でしっかり赤ちゃんを支えてあげてください。 あとは、赤ちゃんに乳首をくわえさせるだけです。 赤ちゃんが安心しやすい フットボール抱きは赤ちゃんが足を自由にばたつかせることができます。 また、手で抱えられていることから安心感を得やすいと言われています。 個人差もありますが、一度フットボール抱きをするとハマってしまう赤ちゃんもけっこういるようです。 スポンサーリンク 授乳の時に楽な姿勢3つのポイント 赤ちゃんが生まれて授乳を始めるとわかること…それは慢性的な肩こり腰痛に悩まされるということ! 女性は元々、血行が良くない人が多いですから余計に辛いコリになってしまいます。 なるべく自然で楽な授乳姿勢を取ることが肩こり・腰痛の予防・改善に繋がります。 以下で3つのポイントをご紹介しますので参考にしてみてください! ポイント1:猫背にならないように! ママの背中は、猫背にならないように、前のめりにならないようになるのが楽な姿勢となります。 逆に猫背になってしまうと肩こり・腰痛の原因となりますので気をつけましょう。 授乳時にはできるだけ背もたれを利用して背筋を伸ばして授乳してください。 もし腰が浮いてしまう時は、クッションを間に挟んでみましょう。 いろいろと試して、猫背にならずなるべく楽な体勢を探してみてください! ポイント2:真っ直ぐ・深くくわえてもらう 赤ちゃんには、まっすぐに乳輪までくわえて深くくわえてもらうようにクセ付けしましょう。 浅いとついついママも「もっと飲んでもらう」と思ってしまい、前かがみになりやすいです。 結果として猫背の授乳姿勢になってしまうので肩こり・腰痛を引き起こしやすいです。 また、深くくわえてもらうと乳首が切れてしまうのも避けられます。 それに赤ちゃん自身もおっぱいを飲みやすいんですね。 まっすぐ乳輪までくわえてもらい授乳するクセをつけましょう! ポイント3:添い乳で楽ちん授乳 長い時間、座って授乳するのって大変…。 できれば寝っ転がって母乳をあげたいなぁ…。 そんなママにオススメなのは添い乳という方法です。 ママも赤ちゃんも一緒に横になり、ママと赤ちゃんが向かい合う形で母乳をあげます。 二人とも横になることができるので、ゆったりとおっぱいをあげられますね。 ただ、注意点もあります。 添い乳は体勢が固定されてしまい、逆に肩・腰が凝り固まることも 授乳の度に、右向き・左向きと変えたほうが良いでしょう。 またママは、つい寝てしまわないように気をつけてくださいね 自分の体で、赤ちゃんをつぶしてしまう可能性がありますので…。

次の

産後に腰痛がつらい…改善方法は?歩けないほど腰が痛い原因は?

授乳 腰痛

新生児の頃は赤ちゃんの体重が軽いため、負担を感じることが少なかった授乳も、同じ授乳姿勢を続けているとわが子の成長に辛くなってくることがありますよね。 また、同じ授乳姿勢ばかりだと飲み残しができ、古くなった母乳がつまって乳腺炎になってしまうこともあります。 今回はママの身体に負担が少ない正しい授乳姿勢・抱き方のコツについてご紹介します。 基本の授乳姿勢・抱き方4つ 横抱き 体を安定させやすいので飲ませやすく、一般的な授乳姿勢です。 授乳用のクッションを使うとより安定します。 縦抱き 赤ちゃんの体を起こし、お母さんの足に赤ちゃんの足をまたがらせるようにして、正面から授乳します。 乳輪までしっかりとくわえこむことができる姿勢なので乳頭が短い人におすすめです。 赤ちゃんの身体が小さい生後3ヶ月くらいまでの首が座らない時期はぐらぐらして大変かもしれません。 ですが、赤ちゃんの首をしっかりと支えて、赤ちゃんのお腹とママのお腹を近づける様にして態勢を整えましょう。 【動画で解説】横抱き・縦抱き 記事だけではわかりづらい姿勢は、動画で確認してみてくださいね。 横抱き・縦抱きの方法に加えて、外出時に授乳クッションを使わない場合の授乳方法についてもお伝えしています。 フットボール抱き 赤ちゃんを小脇に抱え、頭だけ乳房のほうに出して飲ませる授乳姿勢です。 ママが赤ちゃんの姿勢をコントロールしやすい体勢なので、乳房への吸い付きがうまくできない赤ちゃんや乳腺炎になりやすい方にオススメです。 また、授乳クッションを縦に使うと首の固定もしやすいので、首が座る前の赤ちゃんも授乳しやすい姿勢です。 身体をまっすぐにして、しっかりと頭と身体を支えましょう。 双子のママは一度に授乳ができるメリットもあります。 【動画で解説】フットボール抱き 普段横抱きばかりで授乳するママやしこりができやすいママは、フットボール抱きも取り入れてみましょう。 いろいろな抱き方をすることで飲み残しによるしこりを防ぐことができます。 授乳クッションがない場合に、家のクッションで代用する方法もご紹介しています。 添い乳 赤ちゃんとママが向かい合って横になり、赤ちゃんに乳首をふくませる授乳姿勢です。 夜中の授乳では、お互い起き上がる必要がないので、楽な姿勢です。 しかし、ゲップが出にくい姿勢のため、赤ちゃんがゲップをしない時は、授乳後に縦抱きで背中をさすってあげましょう。 また、添い乳は乳腺が折れ曲がってしまうため、乳口炎(白斑)のある人や乳腺炎になりやすい体質の人は夜でもしっかり抱っこして飲ませたほうがよいでしょう。 いつも同じ姿勢だと乳腺炎に? 乳腺は放射状に広がっているため、いつも同じ姿勢で授乳をしていると飲み残しの部分がしこりになります。 乳腺炎の原因にもなるので、ご紹介した横抱き・縦抱き・フットボール抱きをバランスよく取り入れ、色々な方向から飲ませましょう。 他にも上のイラスト「四つん這い授乳」では、重力がかかっておっぱい全体から母乳が出やすくなるので、つまりやすいママは試してみるとよいでしょう。 赤ちゃんをクッションに寝かせ、その上に四つん這いになって乳房を吸わせます。 関連記事: 授乳姿勢・抱き方のコツは? ママ自身に負担がある抱き方は、赤ちゃんも母乳を飲みづらい状態にあると思ってください。 辛い姿勢を続けているとママのストレスも大きくなり、母乳の量にも影響することがあります。 背もたれやひじかけの椅子を利用する 背もたれやひじかけのある椅子など、何かにもたれながら授乳すると体への負担が少なくなります。 姿勢が左右に傾いたり、前かがみになっていたりすると、肩こりや腰痛の原因にもなるので注意してください。 授乳中は猫背になりがちなので、少し胸を張るくらいの気持ちでいると良いでしょう。 赤ちゃんの体がまっすぐである 顔だけおっぱいを向いていても、体がよじれていては十分に母乳が飲めません。 授乳時に、顔だけでなく赤ちゃんの耳・肩・腰もそれぞれママの体の方を向いているようにし、ママと赤ちゃんの体を密着させるようにしましょう。 正面を向かせ、乳輪部までくわえさせる 授乳クッションなどを使って、赤ちゃんの口の高さがママの胸の高さと同じになるように調節しましょう。 そして、赤ちゃんの顔が乳頭に対して正面を向くようにします。 斜めだとくわえ方が浅くなり、おっぱいが出なかったり乳頭が傷つく原因になります。 おっぱいは乳輪部にたまっているので、アヒル口のような形で深くくわえさせるとうまく授乳できます。 授乳用クッションを活用 ネットショッピングやデパートなどで、最近は授乳クッションがたくさん販売されています。 個人差はありますが、授乳中の身体の負担を軽減するために授乳用クッションを活用するママも多いようです。 クッションを選ぶ時のポイントは、 1. 赤ちゃんの顔が乳房の高さになる厚み 2. 程よい固さがある 3. カバーは取り外して洗える などが挙げられます。 赤ちゃんとママにぴったりのクッションを選びましょう。 赤ちゃんもママも快適な授乳姿勢を 初めての授乳はどんなママにとっても難しいものです。 ママだけでなく、赤ちゃんも日々練習しています。 何度も繰り返していくうちに、赤ちゃんとママの息が合って上手な授乳ができるようになります。 色々な授乳姿勢を試して楽になるポジションを探しましょう。

次の

腰痛・肩こりを減らす授乳時の抱き方と楽な姿勢6つのポイント

授乳 腰痛

授乳する時にきついし、体が痛くなる 母乳をあげるにしても、ミルクをあげるにしても、赤ちゃんを抱っこして授乳しますよね? 間違った授乳姿勢をしていると、 体や腰、肩が痛くなるし、腕や手首まで痛くなるという人もいます。 一日の内に何度もある授乳時間なので、できるだけ疲れず痛くない姿勢でやりたいもの。 もし今、授乳している時に 「きついなぁ、体の〇〇部分が痛いなぁ」 と感じている人は、楽な姿勢をとると授乳時間が楽しくなるかもしれません。 また、 母乳は出ているはずなのに、赤ちゃんが飲んでくれない、乳首をよく噛まれるという人も授乳姿勢に問題があるのかもしれませんよ。 だら~っとあぐらで座っているのは、もちろん骨盤にも良くありません。 間違ったあぐらの座り方をしているとどんな悪影響があるのかというと、 ・姿勢が悪くなり猫背になる。 猫背になることで、背中や腰、肩が痛む。 ・骨盤のゆがみの原因となりやすい ・骨盤がゆがむことで、下半身太りが元に戻りにくい ・ひざが痛む ・母乳を飲ませる時に、乳首を深くくわえさせられない。 ・赤ちゃんが満足に母乳を飲めないので、乳首を噛む ・母乳がうまく吸われないことで乳腺炎になる可能性がある などです。 間違ったあぐら姿勢で授乳をさせていると、赤ちゃんの頭の位置が低い位置になるので、お母さんが 猫背になる必要があります。 あぐらで猫背になると、どうしても腰に負担がかかり 慢性的な腰痛に悩まされたり、背骨から上がって 肩がこってしまいます。 こりが生まれるという事は、 血行がそこで悪くなってしまうので、母乳の出も悪くなります。 赤ちゃんをしっかりお母さんの胸に近づけないと、乳首を浅くしかくわえられないので、母乳が出てこないことで乳首を噛みます。 乳首痛が出ている人は毎度の授乳がつらいと思います。 また背中が丸まった状態であぐらをかくことで 骨盤がさらにゆがみ、下半身太りがなかなか戻らない原因にもつながります。 間違ったあぐらは体がきついなぁ、疲れるなぁというだけじゃなく、こんなにデメリットがあります。 でも、 あぐらが悪いわけではありません。 授乳の時に 楽で疲れにくいあぐらの座り方にはポイントがあります。 授乳時間で体が疲れるなぁ、大変だなぁという人は、早めに授乳姿勢を見直して楽な姿勢をマスターしましょう。 朔夜ママのようにあぐらで座った時に、背中をまっすぐにするのが難しい人は、 壁がある場所であぐらで座りましょう。 ・背中・腰を壁にくっつける ・背中からお尻にかけてのラインが直角になるように座る この2点に気を付けてまずはあぐらで座ります。 座布団は半分に畳んでお尻だけで座るようにします。 そうすると、自然と骨盤が立つ姿勢になりますよ。 骨盤を立てるように座らないと、結局背中が丸まってしまいます。 赤ちゃんの頭を引き寄せるのが難しい場合は、 授乳クッションを使いましょう。

次の