カナヲ失明。 鬼滅の刃203話ネタバレ最新確定予想!瀕死状態のカナヲと鬼化に気づく炭治郎

【鬼滅の刃202話ネタバレ】「帰ろう」文字バレまとめ

カナヲ失明

「花の呼吸・終の型」 って何?|鬼滅の刃 カナヲは元々「花の呼吸」という水の呼吸から派生した呼吸を使いますが、それとは別に「目(視力)」が人並外れて優れています。 炭治郎は鼻・嗅覚、善逸は耳・聴覚、伊之助は直感・触覚(?)といったような感じでカナヲは視力がいいです。 (単に目がきく、というのもあるかもしれませんが「動体視力」も秀でているそうです。 ) そして、この「終の型・彼岸朱眼」はカナヲの視力を最大限生かすための技です。 ですが、目の中を走る神経や血管は非常に繊細で、あまりにも負荷をかけた場合、血管が破けてしまいます。 (あくまで「鬼滅の刃」内での設定です。 現実では目いっぱい「眼」をつかって少し赤くなるぐらいです。 (いわゆる血眼)) そのため、カナヲは 「終の型・彼岸朱眼」 を使用した際、白目の部分が赤く染まっていました。 そしてその状況が長く続けば、、、もう眼は機能しない。 つまり、何も見ることができなくなり「失明する」ということになってしまいます。 「鬼滅の刃」アニメと最新刊が無料で見れる!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読む方法を知っていますか? 違法性0なのに全ページ読み切れる、 そんなサービスを知ってますか? その方法とは、 「U-NEXTの無料トライアルを使う」です。 U-NEXTは電子書籍も読むことができる日本最大級の動画配信サービスです。 そして、31日間無料トライアルに登録すると 全員に必ず600円分のポイント が配られます。 そのポイントを使えば鬼滅の刃の最新刊を、 1冊無料 で読むことができるんです! 「でも、『無料』とか言って結局最後はお金とるんでしょ?」 ごめんなさい、 0円です。 「無料体験の期間中に600円分のポイントを使い切ったら、、、?」 1円も請求されません。 本当に無料なんです。 登録手順もシンプルで、 完了まで3分。 今すぐ鬼滅の刃のアニメと最新刊を無料で見たい方は からどうぞ!!.

次の

【鬼滅の刃】優等生の栗花落カナヲ!自分で意思決定できなくなった理由とは?師範であるしのぶとの関係は?

カナヲ失明

【本日『鬼滅の刃』コミックス最新刊発売!! 】 『鬼滅の刃』最新第18巻が本日発売!!! 栗花落カナヲは幼少期に貧しい暮らしをしていて、その苦しみから逃れる為に心を閉ざしてしまったのです。 幸いにも、人買いに縄で連れられているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されます。 そして「蝶屋敷」で剣士としての能力が磨かれ、鬼殺隊に入隊し胡蝶しのぶの継子として任務に赴いています。 上弦の弐・童磨はかつて胡蝶しのぶの姉・カナエを殺した張本人。 胡蝶しのぶは自分も毒も持った上で、「童磨に喰われ、その後に栗花落カナヲにトドメを刺させる」という作戦でした。 そして、作戦通りにいきました。 そして、先に戦っていた胡蝶しのぶが童磨に吸収されているところに、栗花落カナヲは駆けつけます。 胡蝶しのぶを殺された怒りで、栗花落カナヲは童磨に戦いを挑みます。 栗花落カナヲは、優れた目を持ち主で、肩・肘・膝・視線などのわずかな傾きで相手の次の動作を先読みすることができます。 途中から伊之助も加勢しますが、上弦の弐である童磨の強さに苦戦してしまいます。 しかし、徐々に胡蝶しのぶの毒がまわり、反撃のチャンスがまわってきます! そこでカナヲが繰り出した技は「花の呼吸:終の型・彼岸朱眼」。 この技は動体視力を極限まで上げて相手の動きを封じ込める大技なのですが、その強さ故に失明する恐れも伴ってしまう技でした。 しかし、胡蝶しのぶの想いがあったからこそ、危険を顧みず躊躇なくこの技を使うという選択をする栗花落カナヲ。 そして栗花落カナヲは、目を真っ赤にして戦い、童磨の頸を落とすことに成功します。 使用した時が童磨に「胡蝶しのぶ」の毒が回り、とどめを刺すという最終局面だけだったので使用時間が短く、目を酷使しすぎなかったため「右目がほとんど見えない」程度で終わりました。 涙を流すカナヲ 炭次郎と同期で人気も高いカナヲ。 重傷を負っていますが隊士としての能力も高くこのまま戦わず終わってしまうという事はないと思います。 しかし、現在の状態では今までのような戦い方は不可能どころか、失明した右側が死角になり強敵の前では命の危険があります。 カナヲが最終決戦に参戦するためには何らかの形で失った視力の補強が必要です。 例えば、愈史郎は血気術により相手の視力の補強が可能です。 以前、珠世の屋敷で炭次郎が矢琶羽(無惨配下の鬼)と戦った際、愈史郎が札を使って炭次郎に自分の視覚を貸した事がありました。 その力を使い、カナヲの視力を一時的にでも回復すれば戦いの場に復帰する事は可能です。 そして、もう一つの可能性は岩柱として悲鳴嶼行冥の様に視覚を超越した感覚の習得です。 悲鳴嶼行冥は盲目ですが心の目でまるで見えているかの如く戦います。 元々、継子に選ばれるほどセンスも能力も高いカナヲならば、この負傷を機に視覚を超越した感覚を身につけることが出来るはずと考えています。 胡蝶姉妹の意思を継ぐ.

次の

鬼滅の刃158話ネタバレ!童磨 (どうま)カナヲ戦!助っ人は伊之助!|厚い壁上弦の弐

カナヲ失明

栗花落カナヲは幼少期に貧しい暮らしをしていて、その苦しみから逃れる為に 心を閉ざしてしまったのです。 幸いにも、人買いに縄で連れられているところを 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されますが! そして「蝶屋敷」で剣士としての能力が磨かれ、鬼殺隊に入隊し 胡蝶しのぶの継子として任務に赴いています! しかし、保護された時には既に自らの意思で行動できなくなっていた栗花落カナヲ。 ( 胡蝶カナエからもらった 銅貨を投げ、表か裏かで物事を判断するほど!) なんと、 炭治郎との出会いで自主性が芽生えていきます! 徐々に意思表示ができるようになってきた栗花落カナヲなのでした! 【鬼滅の刃】栗花落カナヲが片目を失明!?その戦いとは! では、ここからは気になる栗花落カナヲが 失明してしまった戦いについてご紹介していきます! まず、場所は 鬼舞辻無惨が出した 無限城の中。 戦いの相手は上弦の弐・ 童磨。 この童磨との戦いには負けられない理由があったのです! なぜか最近、童磨のコスしたいなーとか思ってる  ̄¬ ̄ っていうか『十二鬼月』併せしたい。 胡蝶しのぶは事前に童磨を倒す作戦をたてていました。 栗花落カナヲはそんな作戦ではなく二人で協力して倒したいと主張しますが、そんな甘いものじゃないと一蹴されてしまいます。 胡蝶しのぶを殺された怒りで、栗花落カナヲは童磨に戦いを挑みます! 栗花落カナヲは、 優れた目を持ち主で、肩・肘・膝・視線などのわずかな傾きで相手の次の動作を先読みすることができます。 途中から伊之助も加勢しますが、上弦の弐である童磨の強さに苦戦してしまいます。 しかし、徐々に 胡蝶しのぶの毒がまわり、反撃のチャンスがまわってきます! そこで栗花落カナヲが繰り出した技は 「花の呼吸:終の型 彼岸朱眼」。 この技は動体視力を極限まで上げて相手の動きを封じ込める大技なのですが、その強さ故に 失明する恐れも伴ってしまう技でした。 しかし、胡蝶しのぶの想いがあったからこそ、危険を顧みず躊躇なくこの技を使うという選択をする栗花落カナヲ。 そして栗花落カナヲは、目を真っ赤にして戦い、 童磨の頸を落とすことに成功します!! その代償として 失明してしまいますが、胡蝶しのぶの毒のおかげか使用時間を抑えることができ、左目は無事なままで終えることができたのです! 【鬼滅の刃】栗花落カナヲ片目を失明:涙を思い出す 胡蝶しのぶが殺されたと知った栗花落カナヲは 「よくも殺したな 私の肉親を!!」 と心の中で叫びます。 それほどまでに 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹を 本当の肉親のように慕っていたのでしょう。 そして、童磨を倒した栗花落カナヲ。 本心では胡蝶しのぶとともに生きて帰りたかった栗花落カナヲは、胡蝶しのぶが亡くなってしまった現実に直面し、 泣くことを思い出すのです。 その際、 胡蝶カナエが亡くなった時に涙を流せなかったことを後悔しています。 ですが、感情を出せなかった栗花落カナヲが「悲しい」という感情を持ち、 涙を流せるようになったのです! 切ない戦いになってしまいましたが、胡蝶しのぶと栗花落カナヲの想いの強さで勝てた戦いだったのではないでしょうか! 鬼滅の刃 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹と栗花落カナヲ。 涙しか出ない。 負荷が強すぎて眼球は出血で真っ赤に染まります。 上弦の弐・童磨の頸を落とすべくこの技を使いましたが、しのぶの毒の助けがあり、右目を失明するだけで済みました!.

次の