ホッケ 栄養。 ほっけ

ほっけ

ホッケ 栄養

分類と近縁種 [ ] ホッケ亜科 はホッケ属 1属のみを含み、 ホッケ P. azonus と キタノホッケ P. monopterygius の2種が属する。 Pallas, 体長40cm程度。 英名は、。 通称は。 マホッケよりも水深の深い海域を好む。 分布 [ ] 日本付近では、以北、、ロシア、、沿岸。 東北から北海道周辺に分布する個体は分布域や産卵時期の違いから、4つの系群に分けられている。 沿海州系群 - ユーラシア大陸東岸の沿海州沿岸に分布。 羅臼-太平洋系群 - 襟裳岬西岸から南部千島、羅臼沿岸にかけて分布。 道南-本州系群 - 道南日本海から道南太平洋および本州沿岸にかけて分布。 北部日本海-オホーツク系群 - オホーツク海から道北日本海にかけて分布。 生態 [ ] の生息水深は、100m前後の大陸棚で、産卵期の春秋では浅くなる。 は9月から2月で婚姻色が現れる。 水深20m以浅の岩の間に卵を産み、孵化するまでオスが餌を食べずに保護をする。 なお、緯度と産卵期のずれの関係は水温差が要因とされているが、十分な研究はされていない。 主な餌は底生生物、他魚類の卵 、海底に沈降するで、北海道の日本海沿岸周辺(など)においては初夏から春の間にかけて、海面近くで群れになって上向きで泳ぐことにより(「 ホッケ柱」)渦巻きを発生させ、海面のプランクトンを引き込んで捕食する。 この現象は2009年9月5日放送の『「驚異の海 ホッケの柱」』 、及び同年10月4日放送の『「北の海にホッケが舞う 群れ、その神秘の物語」』 において取り上げられた。 形態 [ ] 成魚の全長60cm。 が5本あり、体にはっきりしない黒色横帯がある。 幼魚は海の浅いところに住み、体色は青緑色をしているが、成長につれて海底付近に住むようになり、体色はを帯びる。 このため、ほかのに見られるを欠くのが特徴(同様に底生性のなども、浮き袋は小さい)。 成長の度合いは海域によって差があり、道北系ホッケでは、満2歳で体長26-28cm、満3歳で28-32cm、満4歳で31-34cmに成長する。 一方太平洋海域ホッケでは道北系より成長が早く、満2歳で体長27-32cm、満3歳で29-34cm、満4歳で33-36cm。 俗説によれば、、の上人が、蝦夷地を去る礼として、これまでいなかった魚を獲れるようにし、地元の人はその魚を「ホッケ(法華)」と呼び、村落を「トドホッケ(唐渡法華)」と名づけたとなっているが 、の地名はアイヌ語だというのが通説である。 「」は、文字コード規格においては:2000およびそれに追随した 3. 1 2000 で追加され、JIS第4水準に分類される。 利用 [ ] のホッケの 本種の鮮度が落ちやすいため、流通や冷凍技術が発達していない時期にほとんど食用とされなかった。 しかし、近海でが獲れなくなると、代替品としてホッケの需要が急増した。 また後の食糧難に伴い、本種は安易かつ大量に捕れる食材として重宝され、関東地方などに配給された。 しかし、前述のとおり冷蔵技術がまだまだ発達していない時代ゆえ鮮度と味が落ちてしまったことから、戦後の食糧難を経験した世代には当時の記憶もあり本種をあまり好まない向きもある。 流通する際には、開いた干物として並ぶことが主流である。 干物にすると、淡泊な味に独特の食感がある。 また骨が取りやすく食べやすい。 北海道などでは生のホッケも普通に販売されている。 このほか、粕漬けやみりん漬けもスーパーなどで容易に購入することができる。 特にホッケのミリン干し・ホッケの燻製は美味とされている。 しかしこれらの加工品はほとんどがとは別種の であり、マホッケの加工品はあまり出回らない。 2015年度の漁獲高は約1,7000トン。 1キロ当たりの価格は272円と、かなりの高級魚となっているが、資源の減少が本格化する前である2007年当時のキロ当たりの価格は48円とかなり安く、かつてホッケは「庶民の魚」とされていた。 漁業 [ ] 底曳網、巻網、定置網等で漁獲される。 によると、マホッケの漁獲量は、1980年代は30万トン程度で推移したが 、の約24万1千トンから、2010年代に入ると水温上昇や乱獲のために漁獲量が激減。 特に道央の日本海からオホーツク海にかけての海域でよく獲れたが、この地域では2012年より漁獲制限がかけられている。 料理 [ ]• 水産庁. 2013年7月18日時点のよりアーカイブ。 2013年5月29日閲覧。 社団法人全国豊かな海づくり推進協会. 2014年10月14日時点のよりアーカイブ。 2015年4月16日閲覧。 東京大学大気海洋研究所 2012年2月20日• 須藤, 隆仙『』敎学研究会、1966年、111頁。 - 毎日新聞 記事:2017年1月26日• 水産庁増殖推進部漁場資源課• 日本気象協会 記事:2014年12月27日、閲覧:2015年4月16日• 日本経済新聞 記事:2014年2月19日• 杉山広、森嶋康之、荒川京子、木白俊哉、川中正憲.旋尾線虫をめぐる新しい展開.寄生虫分類形態談話会報,25, 4-7 2007• 杉山広 日本食品微生物学会雑誌 Vol. 27 2010 No. 1 P1-7• 東京都健康安全研究センター 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (稚内水産試験場) - (2015年9月24日アーカイブ分) この項目は、 に関連した です。

次の

妊婦はホッケを食べちゃダメ?妊娠中のほっけ栄養素や影響と3つの注意点

ホッケ 栄養

ほっけとは? よく干物として食卓に並べられることがありませんか?以前は、鮮度が落ちやすいためまずい魚として嫌われていたほっけですが、干物にすることで長持ちさせることはもちろん、今では脂ののったおいしいほっけとしてよく食べられるようになりました。 活けしめにしたものも流通されていますが、アニサキスなどの寄生虫のリスクもあるのでよく管理されたものを食べるようにしましょう。 北海道などで刺身として提供されている場所もあるようです。 ほっけの種類 ほっけには縞ほっけと真ほっけがあります。 縞ほっけはオホーツク海で獲れるほっけです。 体に黒い帯の柄があるのが特徴で、脂がのっており肉厚なものが多いです。 真ほっけは函館沖、函館近海で獲れるほっけです。 縞ほっけに比べて脂は少ないですが、シンプルな味わいで地元の方や魚通の方に人気です。 ちなみに、丸々と肥えて脂が乗っている真ほっけは、根ほっけとも呼ばれている上等なほっけです。 これは、夏に栄養を豊富に蓄え、晩秋の産卵に備えるため、丸々とした脂ののったほっけに育つからだそうです。 ほっけは脂質が高いため高カロリーな食材であると言えます。 カロリー制限によるダイエットの場合は、カロリーが高いほっけはあまりおすすめできません。 しかし、ダイエット中に積極的に摂取すべきタンパク質は豊富であるため、他の食事でカロリーを抑えることができるのであれば、ほっけを食べても問題ありません。 また、ほっけにはタンパク質だけでなく、その他にビタミン・DHA・EPAなどのダイエット効果のある栄養素が豊富に含まれている食材になります。 糖質制限ダイエット中にとってもよいか? ほっけには糖質が少ないため、糖質制限ダイエットには適しています。 ほっけに限らず魚は脂質・タンパク質が豊富に含まれているため、糖質制限ダイエット中は積極的に食べるべき食材になります。 ほっけのカロリーを他食材と比較 体を維持したりエネルギー作りに欠かせないビタミンB群 ビタミンB群にはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB12などがあります。 ビタミンB群は、私たちが生きるためのエネルギーをつくるのに欠かせない栄養素です。 この中でも、ほっけにはビタミンB12が1日必要な量を十分満たすほど含まれています。 ビタミンB12は赤血球中のヘモグロビン生成や神経を正常に保つ役割をもちます。 基本的には動物性食品に含まれています。 そのため肉や魚を食べない人は不足になりがちです。 そのため悪性の貧血を引き起こす場合もあるので摂取するように心がけましょう。 他にも豚肉に多く含まれているビタミンB1、レバーや納豆に多く含まれるB2は皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。 ナイアシンは人間の体内に最も多く存在するビタミンで脂肪や悪玉コレステロール値を低下させる働きがあります。 不足するとペラグラという皮膚病にかかります。 パントテン酸は善玉コレステロールを増やしたりする作用や動脈硬化を予防する効果も期待できます。 骨や歯を丈夫にする効果のあるビタミンD カルシウムやリンの吸収を助け骨や歯を丈夫にする栄養素です。 魚介類やきくらげ、干ししいたけなどに多く含まれているビタミンです。 最近では、免疫力アップ効果も期待されています。 ビタミンDが不足すると小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症や骨粗しょう症になってしまいます。 近年問題になっているうつ病にもかかってしまう恐れがあるのできちんと摂取する必要があります。 食べ物からとるほかに、日光を浴びると私たちの体内でもある程度つくり出せるビタミンでもあるため、適度な日光浴をするのも良いでしょう。 必須脂肪酸と呼ばれるエイコサペンタエン酸 EPA やドコサヘキサエン酸 DHA DHAという言葉なら耳にしたことがあるのでは?魚介類に多く含まれているこれらは必須脂肪酸に分類され、体内では作られないため毎日の摂取が欠かせない栄養素です。 先ほどほっけには脂質が多いのではとありましたが、実はこの必須脂肪酸が多く含まれているからなんです。 中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やしたり、血栓ができるのを防いだりします。 動脈硬化、高血圧症を予防する効果もあります。 この脂肪酸が不足すると皮膚炎、集中力の低下、発育不良などが起こります。 老化を防ぐ効果があるビタミンE ビタミンEは抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。 この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中の悪玉コレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。 アーモンドなどのナッツ類や、植物油にも豊富に含まれています。 いま挙げた栄養素には、ダイエットには欠かせない中性脂肪の低下、悪玉コレステロールの低下に加えて抗酸化作用のあるビタミンまでありました。 脂肪酸と聞いて、あまりいいイメージを持たれなかったかもしれませんが、実は脂肪を減らしてくれる作用があるんです。 まさにダイエットには嬉しい効果ですね。 ビタミンのほかにもカリウム、マグネシウム、リン、亜鉛、銅などのミネラルも多く含まれています。 こちらも体の組織を作る原料となり、体の働きを維持、調節する働きがあるため人にとって必要不可欠な成分です。 ダイエット中におすすめのほっけの調理方法・レシピ ほっけの干物には塩分が含まれてしまうため、食べ過ぎてしまうと塩分の摂りすぎになる恐れがあります。 さらに、しょう油をかけるなどして味を濃くしてしまうと、ご飯が進んでしまう傾向もありダイエットには程遠くなってしまいます。 栄養素の話から、ダイエットに向いてそうに思われたかもしれませんが、干物だとあまりカロリーは低くならないので、カロリーを抑えたいダイエットの場合は不向きでしょう。 しかし、高タンパク質でビタミン類や必須脂肪酸が豊富なほっけは体に良い効果をもたらしてくれるのも事実です。 干物ではなく生のほっけから調理するなど、調理方法を工夫するなどしてダイエットには限らず定期的に食べてみても良い食材ではないでしょうか。 体の悩み解決ならパーソナルトレーニング.

次の

妊婦はホッケを食べちゃダメ?妊娠中のほっけ栄養素や影響と3つの注意点

ホッケ 栄養

焼き魚の皮はパリパリして美味しいですが、食べる人と食べない人は分かれます。 栄養面から見た場合、魚の皮を食べるのは良いことなのでしょうか。 今回は魚の皮の栄養について紹介します。 魚の皮は身よりもビタミン豊富 実は魚の皮には、以下のようなビタミンが多く含まれています。 ビタミンA• ビタミンB1• ビタミンB2 ビタミンA、ビタミンB1は魚の身の部分よりも、皮の方にたくさん含まれているそうです。 肉の部分よりもたくさんのビタミンA、B2が含まれています。 また、黒い皮にはビタミンB2が豊富と言われています。 皮には、粘膜の健康を保つビタミンA、糖質代謝に重要な働きをするB2(特に黒い皮の魚)が豊富なほか、煮こごりを作るゼラチン質も含んでいます。 魚の皮にはコラーゲンが豊富に含まれる 魚の皮には ゼラチン質が( コラーゲン)も含まれています。 魚由来のコラーゲンには主に魚皮由来のものと、ウロコ由来のものがあります。 魚皮、魚鱗由来のいずれも製造時に酵素や, アルカリを添付したものは、粉末にして他の添加物と合わせてジュースや、錠剤、カプセル商品などとして販売されます(表1、参照)。 メディカルサプリメント指導士・食育指導士によれば、鮭の皮は化粧品や医療分野も活用されているほどコラーゲン豊富とのことです。 コラーゲンそのものとさえ仰っています。 鮭の皮自体がコラーゲンそのものなのです。 この皮をグツグツ煮るなどの方法で抽出したものは、マリンコラーゲンやフィッシュコラーゲンなどと呼ばれ、健康食品や化粧品、医療の分野などで活用されています。 牛などを原料とした動物性のコラーゲンより、吸収率が高い、純度が高いなどのデータがあり、多くの支持を得ているコラーゲンです。 コラーゲンを食品として摂取した場合の効果については議論がありますが、とりあえず魚の皮にコラーゲンが含まれているようです。 ちなみに、魚の皮に含まれるコラーゲンは吸収率が高いと言われています。 コラーゲンはそのままでは吸収されることはなく、胃腸で消化酵素により分解されて数個のアミノ酸ペプチドになってはじめて腸管吸収が可能になります。 だから分解能=吸収能となり、7倍分解能がいい魚コラーゲンが豚より7倍吸収能がいいことになります。 魚皮は柔らかいので加熱と酵素でコラーゲンを完全な形で抽出できます。 一方ウロコは固いので加熱や酵素では全く溶けません。 ウロコは塩酸で溶かすのです。 魚の皮は環境によっては注意が必要 栄養面だけを見ると、魚の皮を食べることは健康に良さそうですが、その魚が育った環境によっては 皮に有害物質が蓄積されている可能性があるといいます。 Q: Is it healthy to eat the skin on fish? A: Probably not. Both the skin and fat of fish collect toxins that accumulate in the waters of rivers, streams and oceans. These contaminants can also be found in the flesh of fish but not always at levels as concentrated as they are in the skin and fat. For that reason, eating the skin of the fish is not considered healthy. The U. If you buy a whole fish at a market, it generally comes scaled and gutted. [日本語訳] Q: 魚の皮を食べるのは健康的でしょうか? A: おそらく健康的ではないでしょう。 魚の皮と脂肪には、川や海に溜まった毒素が溜まっています。 これらの有害物質は魚の身からも検出されますが、皮や脂肪ほど問題になる量ではありません。 したがって、魚の皮を食べるのは健康とは考えられません。 EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)は消費者に、自然環境から捕獲された魚の皮や脂肪、内臓は、調理の前に取り除くようにアドバイスしています。 (スーパーで買う場合などは既に取り除かれているでしょう) しかし、EPAは魚全身の細胞から水銀が検出されていると警告しており、皮や脂肪を取り除くだけでは問題解決にはならないかもしれません。 2011年に米国医師が回答されたものです。 日本の場合は、環境が異なるのでこの通りかどうかはわかりません。 (水銀のことなど) ただ、自分で釣った川魚などは注意する必要があるかもしれません。 焼き魚の焦げは避けたほうがいいのか こんがり焼かれた魚は美味しいですが、 焦げた部分には発がん物質である ヘテロサイクリックアミン( HCAs)が微量含まれることが確認されています。 食品由来汚染物質は食品中に含まれる糖類やアミノ酸等が高温で加熱加工される際の副生成物です。 例えば,今世紀初めにはアクリルアミドが話題になりました。 これらの物質の起源となったのは,1970年代に日本の科学者が,魚の焼け焦げ中に発見した発がん性のヘテロサイクリックアミン類 HCAs でした。 とはいえ、そこまで大量に生成されるわけではないため、直ちに影響があるということではなさそうです。 食品中の含有実態については,これまで燻製食品や調理した食品など,含有が予想される食品を中心に,発がん性のある 10 種の HCAs のいくつかについての調査が行われてきました。 それらの中で食品中における HCAs の存在量は,一般に 0. 毎日食べ続けない限りはほとんど問題にはならないと考えられています。 焦げだけを毎日食べ続けないかぎりは、がんが増えることはまずありません。 焦げから抽出した化学物質をネズミに大量に投与した結果、がんが増えたという実験データが大きく報道されたことから生まれた「迷信」です。 焦げを多く食べる人にがんができやすいという疫学データは存在しません。 焼肉の焦げも大丈夫です。 おしまい 魚の皮には、意外と栄養が含まれていることがわかりました。 魚だけではなく、果物なども皮や皮下に栄養が豊富という話も聞きます。 「皮の下」は生物にとって重要な部分ということでしょうか。 釣った魚は寄生虫の心配などがあるので十分な加熱殺菌が必要です。

次の