アスペルガー と adhd。 アスペルガー持ちとADHD持ちの発達障害夫婦の結婚生活

アスペルガーやADHDなどの発達障害と登校拒否・不登校の関係は?

アスペルガー と adhd

私はアスペルガーと診断されたのですが、夫はADHDではないか?と疑っています。 決して病院には行きたくない! と言っているので無理強いは出来ないのですが・・・ 自閉症スペクトラムの人は 自分の好きな事ばかりをずっと話し続けてしまう傾向があります。 当然 相手もその話しを聞きたいだろう!! と勝手な思い込みで話し続けてしまうのですが、定型発達の人にとっては 全く楽しくない会話の場合が少なくありません。 多動性注意欠陥障害の人は案外 人の話しを聞かない事が多く、一人で空想の世界に入ってしまうからか、自閉症スペクトラムのつまらない話でも頷きながら聞いてくれるのです。 楽しくない話しを続けられると普通は苦痛を感じるのですが、そうならない部分が上手く行くポイントの一つなのでしょう。 似通った要素を持つ発達障害だと上手く行きやすい ASDの目から見ると• 部屋が汚くても気にならない• 嫌いな物じゃなければ食べ物が気にならない• 相手が何をしていても気にならない 全てではありませんが、何となく似てるところがあるのです。 だから普通なら喧嘩になりそうな事でも 何気なくスルーするので喧嘩にすらならない・・・ ただ、細かな部分を言い出すとキリがないのですが全く合わない部分がない訳でもありません。 これはどのような夫婦でも同じなのですが、生まれ育った環境が違えば違いはあります。 誰にでもあるそんな違いは当たり前ですがあります。 が、定型発達の人が理解出来ないような変な部分が 理解し合えるからか、案外夫婦として上手くやっていけるのかもしれません。 発達障害同士は理解し合える事が多い 考え方も生まれも育ちも全く異なる私と夫ですが、私が自閉症スペクトラムだと知るまではそのような性格だと思っていた夫。 しかしそのキツイ性格が障害だと知ってから、 そんな物だから仕方ない と割り切るようになったのだそう。 順応性があるからなのか多動性の傾向があるからなのか分かりませんが 、あまり気にならない事を考えるとADHDの傾向があるからなのだと考えています。 私は以前、定型発達の人と一度結婚をし離婚をした経験があるのですが、今から考えると 根本的な部分が大きく異なる事に気付きました。 相手を理解しようとしていても、お互いがすれ違ってしまう・・・ 何が?と聞かれると難しいのですが、明らかに 今の夫の理解力とは異なるのは障害が影響しているからなのかもしれません。 アスペルガーを持っている人とADHDを持っている人、どちらもが発達障害の夫婦だと思っている以上に結婚生活は難しくないと言えるのでは?と考えています。 スポンサードリンク 当サイトおすすめ 関連ページ 発達障害で主婦だと結婚生活でも出来ないと感じる事が沢山あります。 家事や育児もそうですが、仕事や人間関係など様々な部分に問題がありそれを克服するのが難しいのです。 障害があるから仕方がない部分も沢山あるのですが、出来ない事を理解する事の方が大切。 乗り越える問題は山積みです。 発達障害の人が主婦になると、家事や育児がある事は理解しているはずですが、理解しているのに苦手で苦痛でたまらないという事があります。 そしてこれが出来ず悩んでしまいうつ病などの精神疾患と呼ばれる二次的障害を引き起こしてしまう場合は少なくないようで、私もその一人なのです。 私はアスペルガー症候群と呼ばれる発達障害を持つ主婦なのですが、その結婚生活は少し変わってるらしいのです。 アスペは自分を客観視しにくく指摘されても分からない事が多いのですが、私が今までおかしいと言われてきた数々の事について自分なりの考え方で答えてみたいと思います。 発達障害だと知らず結婚生活を過ごしている間に、家事や育児など出来ない事が増え精神的に辛くなり心療内科に行くと発達障害が原因だったと知る人がいます。 ストレスを必要以上に抱え込みやすい発達障害ですが、思っていた以上の苦痛を結婚生活に感じてしまう場合は少なくありません。 発達障害と診断される事は決して嬉しい事ではありません。 が、自分に障害があると知り納得出来た事が沢山ありました。 結婚してから気付くよりもっと若い間に知りたかったと思わないでもないですが、それでも自分の感じていた生き辛さと向き合えるようになったのは良かった事だったのです。 発達障害の人は結婚生活をしてもどうしても趣味や仕事が中心になってしまいがち。 苦手な家事や育児が殆どできず、気付けば自分の好きな事ばかりしているというパターンは多いはず。 苦手な事が結婚生活にはかなり多いのですが上手く折り合いをつけながら続けていく事が大切なのです。 対人関係が円滑に出来ない発達障害の人が結婚をすると生じる問題の一つにご近所付き合いがあります。 新しい環境を受け入れ難い発達障害の人にとって、新しいご近所さんとのお付き合いはかなり辛いもの。 しかし最低限でもお付き合いをしなければならず、大きな苦痛を感じてしまうのです。 発達障害との結婚生活は思い描いていたものとは大きく異なるのではないでしょうか。 結婚当初から疑問や不安そして悩みが多く、理解出来ない言動に傷ついてしまう人は少なくないよう。 発達障害の人は結婚生活という日常をどのように考えているかを自分を振り返り考えてみたいと思います。 冷たいと言われる発達障害の人はもしかすると結婚生活には向いていないと思われるのかもしれませんが、当事者は結婚生活が大切だと思っている場合が少なくありません。 コミュニケーションが難しい発達障害の人ですが、結婚をどのように考えているかを再度思い起こしてみたいと思います。 結婚後に相手が発達障害だと知った時、だから苦し明らかに発達障害っぽいのに、それを言っても認めないアスペルガー症候群やADHDの人って案外多いんですよね。 いきなり障害と言われても受け入れられないのは仕方がありませんが、受け入れてしまうと楽になる部分も多いのですが。 ただ受け入れない家族を持っている場合は大きな問題が付きまとってしまいます。 発達障害の彼女とは結婚しない方が良いのかも?と悩んでいるかもしれませんが、相手を理解し受け入れる事が出来るならそんな事はありません。 発達障害は治る障害ではないのですが、特徴を上手くつかめば良い結婚生活を送る事が出来るのです。 問題は遺伝の方かもしれません。 発達障害の夫との結婚生活に愛想をつかしている奥さんってかなり多いのですが、夫の方は案外気づいていないもの。 奥さんの悩みは軽い物から真剣に離婚を考え始めているものまでさまざま。 結婚生活を続ける方法を考えてみたいと思います。 一人が好きな発達障害の人がいざ結婚をすると、どうやって一緒に過ごしているかはきっと疑問ですよね?アスペルガーの私は恋愛を経て結婚をしたのですが、夫との会話や一緒にいる時間をどのように二人で過ごしているかを我が家を振り返り書いてみたいと思います。 発達障害とは知らずに結婚し、何かがおかしい!とは思っていたけど、まさか夫が自閉症スペクトラムやADHDだったなんて!!しかし理解しあえない事が苦しく妻の方がうつ病などの精神疾患を患いカサンドラ症候群になっている方が増えています。 そんな夫婦の改善策や回避策を考えてみたいと思います。 発達障害の家族が入院すると結婚生活や家庭はどのようになるのか?常にアスペルガーといる事で疲れている妻や夫、ADHDなどの子供が理解出来ず家庭が円滑に回らないなど、発達障害の家族が1人いるだけで家庭内には色々な問題があります。 しかしいざアスペな家族が入院すると家庭内はどのようになるのか?先日当事者の私が入院した結果をご紹介したいと思います。

次の

アスペルガー/ADHD 違いがわかる比較表

アスペルガー と adhd

ADHD(注意欠如・多動性障害)とアスペルガー症候群はどちらも「発達障害」ですが、それぞれ主症状が異なり、それによってニーズや支援方法も異なります。 発達障害は大きく「広汎性発達障害」・「ADHD」・「LD 学習障害 」の3つに区分されています。 発達障害の分類は下の図を見ていただくとわかりやすいです。 一方、アメリカ精神医学会のDSM-5では「広汎性発達障害(PDD)」のことを「自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害(ASD)」と言うカテゴリーに分類されます。 日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。 ADHDには「多動性」「不注意」「衝動性」の3つの症状があり、原因はまだ明確にはなっていないですが、脳の前側にある前葉前野付近の働きの障害が関係していると考えられています。 アスペルガー症候群には「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つの症状があり、自閉症と同じ自閉スペクトラム障害 ASD の一種とされています。 脳の前頭葉の下前頭回などの社会的な活動をするための脳の部位に機能異常があるといわれています。 では、ADHDとアスペルガー症候群の具体的な違いは何なのでしょうか?各障害の症状を詳しく説明し、違いを紹介していきます。 ADHDとアスペルガー症候群の症状の比較 アスペルガー症候群の主な症状は「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つです。 それぞれを説明していきます。 明確な言葉がないと言葉をそのままの意味で鵜呑みにしてしまう傾向があるため、人の言葉を勘違いしやすく、傷つきやすい面があります。 他人と適度な距離感でコミュニケーションをとることが苦手です。 そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を平気で無視をしたような言動になりがちで、対人関係を上手に築くことが難しいです。 法則性や規則性のあるものを好み、異常なほどのこだわりを見せることがあります。 その法則や規則が崩れることを極端に嫌う傾向があります。 一方、この特性は逆に強みとして活かすこともできます。 ADHDとアスペルガー症候群の症状の違いを理解していただいたでしょうか?以下では行動や場面別に二つの障害の違いを紹介します。 ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い.

次の

アスペルガー/ADHD 違いがわかる比較表

アスペルガー と adhd

大人の発達障害で多いのが、このADHDです。 大人の発達障害の中では、注意欠如多動性障害ADHDは非常に多い障害です。 知的な遅れがないADHDの場合、子供の頃の発見が難しいためです。 特に内気な女性は、学校生活で周囲に迷惑をかけないので、大人になるまで気がつかないことが多いです。 注意欠如多動性障害 ADHD の主な特徴は、不注意、多動性、衝動性です。 それと人間関係の問題があります。 注意欠如多動性障害ADHDは、改善できる。 ADHDは短所のサポートを受け、長所を伸ばせば、障害が改善され社会生活が可能です。 特徴を確認し、状態を正しく把握することで、適切なサポートを受けられるようにしましょう。 こだわりが強く、人付き合いが苦手。 大人のアスペルガー症候群の特徴です。 人づきあいが苦手。 大人のアスペルガー 友達がいないし、友人が欲しいと思わない。 人づきあいが面倒で苦手。 対人関係が不器用で、相手の気持ちがわからないし、相手の気持ちには興味がない。 自己中心的で周囲の人との協調性に乏しい。 人とすぐにトラブルになってしまう。 空気が読めない。 大人のアスペルガー そもそも他人への関心がなく、空気が読めない。 場の雰囲気が読めない。 人の顔色が読めない。 周囲の人の気持ちを考える気がなく、場面や状況に応じた対応ができません。 いわゆるKY。 集団行動ができない。 大人のアスペルガー みんなで一緒に集団行動することができない。 人と違ったことをして、協調性がなく、マナーが悪い。 こだわりが強くマニアック。 大人のアスペルガー アスペルガー症候群の特徴は、自分が気に入った特定のことにだけに、強くこだわること。 好きな物だけは、異常なほどマニアック。 電車や時刻表や数字を覚えるのが好き。 アニメやゲームなどに極端に熱中する。 いわゆるオタクと呼ばれるタイプです。 人との会話が苦手。 大人のアスペルガー 会話の時に、視線をあわせない。 アスペルガー症候群の特徴です。 表情を変えて表現ができない。 身振り手振りの表現ができない。 相手のことを考えずに、自分の言いたいこと興味があることだけを一方的に早口で喋ってしまい、会話のキャッチボールができない。 目上の人にタメ口で話す。 敬語が使えない、変な敬語を使う。 話し方が失礼と言われる。 相手の話を全く聞いていない。 同じ言葉を繰り返し言う。 細かいことにこだわって話す。 会話があちこち飛んで、話が繋がっていない。 あれ、それ、たぶん、いつか、なるべく、といった、曖昧な言葉が理解できない。 例えや比喩の言葉の意味を文字通りにとらえてしまう。 全く冗談が通じない。 ユーモアを理解できない。 皮肉が理解できない。 融通がきかない。 大人のアスペルガー ルールに忠実すぎて融通が利かない、アスペルガー症候群の特徴です。 決められたルールにはこだわるが、暗黙のルールがわからない。 決められた規則を守ることだけ考えて、相手の気持ちを考えられない。 完全主義者で他人のことを攻撃的に指摘する。 頑固で正義感が強く、臨機応変なことができない。 感覚が偏っている。 大人のアスペルガー 味覚、聴覚、触覚などが過敏。 または、極端に感覚が鈍感。 いろんな感覚が偏っている。 人から触られるのが苦手。 大きな音が苦手で、小さい物音も気にする。 偏食で食べ物の好き嫌いが激しい。 極端に不器用、運動が苦手。 大人のアスペルガー 道具がうまく使えずに、極端に手先が不器用。 道具を使った運動が苦手。 字が汚い。 絵が下手。 箸を使うのが苦手。 ヒモを結ぶのが苦手。 ボール投げが苦手。 キャッチボールができない。 縄跳びが苦手。 鉄棒の逆上がりができない。 テニスなどのラケットを使う運動が全くできない。 変化が嫌い。 大人のアスペルガー いつもと違うことが嫌い。 同じことを繰り返すのを好んで、変化を極端に嫌う。 変更や予期せぬことに弱い。 物が普段と違うところにあると、イライラする。 予定がキャンセルになると、不安になる。 いつものやり方と変わると、不安になってしまう。 うっかりミスが多く、計画性がない。 大人のADHDの特徴です。 忘れ物が多く、物を失くす。 大人のADHD 小さい頃からずっと忘れ物、失くし物で困ってきた。 気をつけていても忘れてしまう。 メモをしても忘れてしまう。 大切な物でも失くしてしまう。 物を忘れる、物を亡くす。 ADHDの人には、こんな特徴があります。 うっかりミスが多い。 大人のADHD わかっているけど、間違ってしまう。 いつも失敗ばかり。 何をやってもミスが多い。 大事な事をうっかり忘れてしまう。 遅刻が多い。 大人のADHD ADHDの人は、遅刻が多い特徴があります。 約束を忘れて遅刻しちゃう。 迷子になって遅刻、寝坊して遅刻。 理由はいろいろですが遅刻が多い特徴があります。 片付け整理整頓ができない。 大人のADHD なんでもやりっぱなしで、片付けられない。 家事が全然できない。 どんな物を捨てられない。 部屋がいらない物でいっぱい、ゴミだらけ。 片付けたいのに、片付けられない。 どうやって整理整頓をしたらいいのかわからない。 とにかく身の回りを整理できないのが、ADHDの特徴です。 計画性がない。 大人のADHD やるべきことを先延ばしにして、機嫌が守れない。 約束が守れない。 行き当たりばったりで、先のことを考えずに行動してしまう。 見通しが甘く、中途半端で、できもしない複数のことを同時進行する。 集中力がない。 大人のADHD 気が散りやすく、注意力が散漫になる。 何に対しても集中力が続かない。 誰かと話していても、他のことが気になってしまう。 周りの雑音が気になってしまい、勉強や仕事に集中できない。 落ち着きがない。 大人のADHD ADHDの特徴は、落ち着きがないことです。 意味もなく動き回ったり、キョロキョロして、じっとするのが苦手。 座っていても、足を組み直したり、姿勢を変えたり、貧乏ゆすりをしたり、指で何かをコツコツ叩いて音を立てたりします。 アルコール、性欲、異性関係への依存。 大人のADHD いつもお酒を飲み過ぎてしまう。 お酒に依存してしまう。 異性関係に依存してしまう。 性欲がおさえられない。 ADHDの人は、自分をコントロールできずに、アルコールや異性関係に依存しやすい特徴があります。 お金の管理ができない。 大人のADHD 思いつきで、よく衝動買いをする。 計画的に、貯金ができない。 先のことを考えずに、借金をする。 期限までにお金を払うことができない。 お金の管理がずさん。 ADHDの人には、管理が苦手、衝動が抑えられない特徴があるので、お金のトラブルが多くなります。 キレやすい。 大人のADHD ちょっとしたことで、すぐにカッとなって、キレやすい。 感情の起伏が激しく、暴力的になる。 気分がコロコロ変わって、他人にすぐにキレる。 すぐに落ち込む。 大人のADHD ちょっとしたことで、すぐに落ち込む。 わけもなく突然落ち込む。 劣等感が強く自虐的になり落ち込む。 気分がコロコロ変わりやすい。 過食症、拒食症。 大人のADHD ADHDの人には、過食症や拒食症になりやすい特徴があります。 極端に食べ過ぎてしまう。 一旦、食べだしたら止まらなくなる。 その逆で、食事が食べられなくて身体を壊す。 食事が喉を通らないことがよくある。 食べる、食べない、どちらにも極端なのが特徴です。 人との会話が苦手。 大人のADHD 思ったことを何でも言ってしまう。 自分の言いたいことを一方的に話すだけで、相手の話を最後まで聞かない。 悪気はないのですが、相手が傷つくようなことも、平気でなんでも言ってしまう特徴があります。 人づきあいが苦手。 大人のADHD なぜか人を怒らせてしまう。 人付き合いが苦手で、人とよくトラブルになる。 相手が嫌がることを、衝動的にやってしまう特徴があります。 空気が読めない。 大人のADHD 周囲の人の気持ちがわからず、空気が読めない。 雰囲気や、人の顔色を読むのが苦手で、場面や状況に応じた臨機応変な対応ができません。 大人の高機能自閉症の主な特徴は次の3つです。 対人関係の形成が難しい「社会性の障害」 人に対する興味や関心が少ない。 友人がいないか、友人が少ないけど、そのことを寂しいと思っていない。 特定の人と親密に付き合うことが苦手。 人づきあいが苦手で、なぜか礼儀しらずと言われることがある。 マナーが悪いと言われることがある。 会話が苦手な「言語コミュニケーションの障害」 人に気持ちを伝えるのが苦手。 相手が自分の言ったことを理解してくれないことが多い。 会話が一方的て、相手と会話のキャッチボールができない。 冗談、お世辞、皮肉、比喩、たとえ話が理解できない。 曖昧な言葉が理解できない。 想像力や柔軟性が乏しく、変化を嫌う「想像力の障害」 いつもと違うことに臨機応変に対応できない。 同じ生活パターンにこだわりがある。 変化が起きると不安になる。 融通がきかないと言われてしまう。

次の