玉ねぎスープ 人気。 【玉ねぎを使った料理】人気で美味しいレシピのみ20選まとめ:いろんな料理が楽しめる!

キャンプにおすすめのスープレシピ11選!BBQにもう一品をプラス!

玉ねぎスープ 人気

【材料】• 新玉ねぎ 2個• ベーコン 2枚• とろけるチーズ 2枚• 牛乳 200ml• バター 20g• Aコショウ 少々• A水 200ml• 黒コショウ 少々• 刻みパセリ 少々 【作り方】• 新玉ねぎは根元に十字の切り込みを入れておきます。 ベーコンは1cm幅に切りましょう。 鍋にバターを入れて火にかけ、ベーコンを入れて中火で炒めます。 フライパンに Aの材料を加えてよく混ぜます。 新玉ねぎを加えて煮立たせ、ふたをして弱火で20〜30分煮込みましょう。 牛乳を加えて沸騰直前まで煮込み、とろけるチーズを加えます。 チーズが溶けるまで混ぜながら煮込みましょう。 スープ器に入れて、黒コショウ、刻みパセリをちらして完成です。 【材料】• 新玉ねぎ 3個• バター 20g• 水 500ml• 顆粒コンソメ 大さじ1• 塩コショウ 少々• ピザ用チーズ お好みで• 乾燥パセリ 適量 【作り方】• 新玉ねぎのうち、1個を薄くスライスしておきます。 スライスした玉ねぎは耐熱皿に入れてレンジで3~4分加熱します。 残りの新玉ねぎには切れ込みを入れて、グラタン皿に入れます。 グラタン皿にラップをして、レンジで5分ほど加熱します。 フライパンにバターを入れ火にかけます。 フライパンにレンジで温めたスライス玉ねぎを入れて炒めます。 玉ねぎがあめ色になったら、水とを加えて煮込みましょう。 スープにコンソメとウスターソースと塩コショウを加えて味をととのえます。 グラタン皿にスープを盛り付け、ピザ用チーズをまぶします。 トースターで5分ほど加熱し、仕上げにパセリを振ったら完成です。 【材料】• 新玉ねぎ 1個• コンソメ 小さじ2• 水 200ml• アーモンドプードル 大さじ1• 牛乳 100ml• 塩 少々• コショウ 少々• カシューナッツ 適量• オリーブオイル 適量• 黒コショウ 適量 【作り方】• カシューナッツは細かく刻みます。 玉ねぎを薄くスライスします。 鍋に水、コンソメと一緒に玉ねぎ入れて火にかけます。 鍋をひと煮立ちさせてアクを除き、蓋をして弱火で15~20分煮ましょう。 アーモンドプードルを加えて、ブレンダーでなめらかになるまで撹拌します。 牛乳を加え沸騰直前まで温め、塩、コショウで味をととのえます。 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。 器に盛りつけたら完成です。 お好みで砕いたカシューナッツ、オリーブオイル、黒コショウをトッピングします。 【材料】• 新玉ねぎ 30g• 人参 30g• 大根 30g• 卵 1個• 水 8カップ• コショウ 適量• 日本酒 大さじ2• しょう油 大さじ2. 水溶き片栗粉 大さじ2• 酢 大さじ1. 5 【作り方】• 食材はすべて1cm大にカットしておきましょう。 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰直前に鶏モモ肉を加えます。 人参、大根を加え、日本酒を加えて煮込みながらアクを取ります。 具材に火が通ったら、ピーマンと豆腐、新玉ねぎを加えます。 鶏ガラスープの素、塩、コショウ、しょう油を加えてよく混ぜます。 さらに水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 火を止めて、溶き卵を回し入れ、ゆっくりと混ぜ合わせます。 仕上げに酢を加えて味をととのえて、器に盛り付け完成です。

次の

【簡単】玉ねぎ人気おすすめレシピ15選!大量消費にも【レンジ蒸し・マリネなど】

玉ねぎスープ 人気

玉ねぎスープダイエットとは? 玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日摂取するダイエット方法になります。 玉ねぎスープと言えば、レストランのスープバーでは必ず見かけるスープの代表的な存在と言えますし、食事のセットでも必ずといっていいほど玉ねぎスープがついてきます。 もちろん、 作り方がとても簡単なので自宅での食事の際にも登場頻度の高いスープだと思います。 このように、私達にとって、とても身近な玉ねぎスープをダイエットに活用しているため、初めて聞く名前だったり、近くのスーパーではあまり売っていないような珍しい食材を使うダイエットとは異なり、気軽な気持ちでダイエットを始めることができるのではないかと思います。 玉ねぎスープダイエットの効果 玉ねぎスープダイエットの効果は、材料となる玉ねぎに様々な有効成分が含まれていることが関係しています。 それでは、具体的に玉ねぎにはどのような効果が期待できるのでしょうか。 血液サラサラとは、 血中の悪玉コレステロールや脂質の排出が促されることで、血液がドロドロの状態からスムーズに流れることを表現したもの。 血液の流れがよくなると、 体の隅々の細胞に酸素や栄養が届けられるため、代謝がアップして痩せやすくなります。 デトックス作用を持つ食材は数多くありますが、その中でも玉ねぎは 特に強いデトックス作用があると言われています。 そして、この硫化アリルには、 脂質の吸収を抑える働きがあると言われています。 参照サイト:あらゆる病気に効果絶大!タマネギの優秀な効能を知ろう! ダイエットにおすすめの玉ねぎスープの作り方 玉ねぎスープの作り方は様々にありますが、ダイエットで摂ることを考えたら、余分にカロリーを摂るのは避けたいところ。 そこでここでは、シンプルに玉ねぎの味を楽しめる玉ねぎスープの作り方をご紹介します。 材料 ・玉ねぎ ・コンソメ ・水 ・塩、こしょう ・油 作り方 鍋に油を少量入れ、みじん切りにした玉ねぎを入れて炒めます。 この時、飴色になるまでしっかり炒めると、玉ねぎの甘味が増して美味しく仕上がります。 玉ねぎを十分に炒めたら、水、コンソメを入れて煮込みます。 最後に塩、こしょうで味を調えて完成です。 玉ねぎスープダイエットのやり方 玉ねぎスープダイエットのやり方は、次の3通りがあります。 食事に玉ねぎスープを取り入れるだけでOKなので、食事制限を行う必要はありません。 玉ねぎスープを摂る分、お腹が溜まりやすくなるので、他の高カロリーの食物の摂取を自然に減らすことができるのが狙いです。 そのため、食事の途中で食べるよりも、 食事の最初に玉ねぎスープを飲んである程度お腹を満たした方が、ダイエットの効果が出やすくなります。 基本的な材料が玉ねぎのみなので、カロリーを抑えながらもしっかりとお腹を満たすことができます。 置き換えのタイミングに特に決まりはありませんが、 夕食の置き換えにするとダイエット効果がアップします。 ただし、行う期間は2~3日とし、それ以上は長く行わないで下さい。 栄養不足になり、体調不良の原因となります。 また、ダイエット終了後はいきなり通常の食事に戻さず、1食は玉ねぎスープを続け、他の2食で徐々に食事を戻していくとリバウンドを回避することができます。 フライパンに水とコンソメを入れて煮立ったら、半分に切ってほぐしたエノキを入れます。 エノキに火が通ったら塩で味を調えます。 最後に、溶き卵を流し入れて火を止めます。 器に盛ってお好みでパセリを散らしたら完成です。 玉ねぎだけでは少し物足りないという場合は、たんぱく質豊富な卵をプラスすると食べ応えがアップします。 また、エノキは低カロリーで食物繊維が多いので、ダイエット効果を高めてくれます。 玉ねぎが飴色になったらトマトジュース、コンソメスープの素を加えます。 5分ほど煮たら、皮を剥いて角切りにしたトマトと塩こしょうを入れて完成です。 トマトには脂肪の吸収を抑える効果があると言われており、玉ねぎと一緒に食べることでダイエットの効果をアップさせることができます。 また、トマトは生よりも加工品の方が抗酸化作用に優れたリコピンを摂ることができ、こちらも代謝アップに効果が期待できます。 そこに、すりおろした玉ねぎ、大根、生姜を入れて、味を見て塩を足して完成です。 3食置き換え玉ねぎスープダイエット終了後の回復期にお勧めのレシピです。 参考サイト: 玉ねぎスープダイエットのやり方!人気レシピはコレ!のまとめ 玉ねぎスープダイエットは、基本的には食事に玉ねぎスープを取り入れるだけの簡単ダイエット方法となりますが、場合に応じで1食置き換えや3食置き換えにすることで、短期間でのダイエット効果が狙えます。 ただし、3食置き換えは長くても3日間とし、それ以上はやらないようにして下さい。 また、玉ねぎだけでは飽きてしまうという方は、他の野菜を足して食べ応えをアップしたり、コンソメ以外のスープの素を使ってみるのもよいでしょう。

次の

玉ねぎだけレシピ20選【人気1位はつくれぽ1000越え】丸ごと!煮物やスープなどの料理!レンジで簡単おかずや弁当にも!

玉ねぎスープ 人気

【材料】• 玉ねぎ 2個• ツナ缶 1缶(70g)• ピザ用チーズ 50g• 塩こしょう 少々• パセリ 少々 【作り方】• スプーンで中身を半分の深さまでくり抜きます。 ふちの部分は少し残しましょう。 2でくり抜いた中身を、みじん切りにします。 3に、汁を切ったツナ缶と、ピザ用チーズ、塩コショウを加えて混ぜます。 2の玉ねぎの器に4を入れて、フタになる頭の部分と一緒に耐熱皿に入れます。 5を600Wの電子レンジで6分加熱します。 6をさらにトースターで5分程、焼き色が付くまで加熱します。 玉ねぎが柔らかくなっていたら、器に盛り付けてパセリを散らして完成です。 玉ねぎの皮だけでなく、人参やカボチャ、大根などの皮やヘタなど 野菜の食べない部分を全て使ったスープのことをベジブロスといいます。 他にも、トマトや青ネギ、トウモロコシなどの普段は捨ててしまう皮や芯、種、葉の部分は全て利用することができます。 チキンやカツオでなくても、野菜だけで美味しいスープを作ることができ、ベジタリアンやヴィーガンの料理に使うこともできます。 一度の料理で、野菜くずがあまり出ない時は、冷蔵や冷凍などでストックしておくと良いでしょう。 5種類以上の野菜があれば、深みのあるスープに仕上がります。 出来上がったスープは、カレーや味噌汁、煮物などに使うことができます。 なるべく3日以内に使い切るようにしてください。 または、冷凍庫で1か月くらいは保存できます。 玉ねぎの皮に含まれる栄養を煮出してお茶にします。 そのまま飲んだり、カレーや味噌汁のスープなど、幅広く料理に使えるのでおすすめです。 沸騰させないようにすると苦みが抑えられます。 飲みきれなかった分は、カレーや味噌汁の出汁として使うこともできます。 普段から玉ねぎの皮を捨てずに、とっておくと良いでしょう。 また、玉ねぎの剥き方のコツは、玉ねぎの上下を切り落とす時に少しだけ皮を残したままにし、頭や根の部分と一緒に皮を剥きます。 残った皮は角の部分から剥くと、ツルンときれいに手早く剥くことができます。 どこまで剥けば良いか疑問に思う方も多いですが、外側の茶色い皮だけ剥けば良いです。 緑の部分は食べられますので安心してください。

次の