ラジエーションハウス 最終回 ネタバレ。 『ラジエーションハウス』8巻65話のネタバレ&最新話!若井夫妻

「ラジエーションハウス」最終回(第11話)ネタバレ感想~続編はなくても良い。

ラジエーションハウス 最終回 ネタバレ

【ラジエーションハウスのキャスト・登場人物】 五十嵐唯織(窪田正孝) 甘春杏 (本田翼) 広瀬裕乃(広瀬アリス) 小野寺俊夫(遠藤憲一) 黒羽たまき(山口紗弥加) 鏑木安富(浅野和之) 大森渚(和久井映見) 唯織のカミングアウト 唯織 窪田正孝 は、杏 本田翼 の父で、甘春総合病院の前院長・正一 佐戸井けん太 の症状の原因は、うつ病ではなく別のことだと考えていた。 髄液圧を調べる検査により、正一の病気は低髄液圧症であることがわかる。 うつ病ではなく、手術で治ることがわかるり、杏は満面の笑みで唯織にお礼を言う。 これに唯織が照れて変な空気になる。 麗洋医大病院の専門医も手配し、手術の日程も決まった矢先、正一の容体が急変する。 硬膜血腫で早急にブラッドパッチという処置をする必要があるが、専門医はすぐにはこれない。 杏が自分がやると名乗りをあげる。 唯織がサポートに入り処置が始まる。 順調に処置を進めていた杏だが、手がとまってしまう。 意識レベルが低下し、いよいよ一刻を争う事態となったとき、唯織が自分がやると言い、杏と選手交代する。 医師法違反だと整形外科医・辻村 鈴木伸之 がとめる。 唯織は医師免許を持っていることをカミングアウトする。 辻村とラジエーションハウスの面々はその意味を理解できなかったが、事情を知る技師長・小野寺 遠藤憲一 のサポートで、処置は無事終わる。 このとき、駆け付けた麗洋医大病院の医師が技師であるはずの唯織が行う処置を見ていた。 正一の意識も回復し、ひと段落したが、ラジエーションハウスの空気は重かった。 たまき 山口紗弥加 「医師免許を持っているとはどういうことだ?」 軒下 浜野謙太 「技師として一緒にがんばっていこうって言っていたのは嘘かよ」 威能 丸山智己 「どうりで病気に詳しいわけだ」 悠木 矢野聖人 「心の中でばかにしていたのだろう」 何も言えない唯織。 杏は正一の処置が無事終わったことを喜ぶ半面、「心のどこかで唯織が助けてくれると思っていた」と自分の力の無さを痛感していた。 翌日、唯織を避ける面々。 重い空気を変えようと小野寺がつとめて明るく皆に言う。 「医師とか技師とかどうでもよくないか?」 裕乃 広瀬アリス 「でも嘘をついていた。 医師免許があればもっと多くの患者を助けることができるのに、それを使わないのは自分には理解できない」 たまき「医師なら自慢できるし、給料だって技師よりもずっといい。 唯織が興味あるのは患者のことだけ。 誰よりも患者のことを思っている唯織が、技師にこだわる理由はなんだろう。 」 唯織の医療行為の露見 唯織がブラッドパッチを行う様子を見ていた麗洋医大病院の医師が、あれは明らかな医師法違反だと辻村に詰め寄る。 そのやりとりをたまたま居合わせた新聞記者に聞かれてしまう。 翌日、マスコミが押し寄せる。 この騒動に、麗洋医大病院は怒り、甘春総合病院への医師の派遣を見合わせる方針をとる。 甘春総合病院の医師の多くは、麗洋医大病院からの派遣であり、その医師達がいないと病院として成り立たないのである。 麗洋病院に説明を求められた渚。 渚「唯織は医師免許を有しており、今回の件は何の問題もない。 」 父村「技師として働く者が、ときに医師として振る舞い、輪を乱すことが問題であり、ルール違反だ。 」 渚「唯織がやらなければ患者は救えなかった。 彼は正しいことをした。 」 唯織の決意 麗洋医大病院が甘春総合病院への医師の派遣を見合わせること、マスコミによる報道で来院患者の減少。 さらに杏自身も自分のせいで困らせていると感じた唯織は、以前から技師としての誘いがあった放射線科医の権威・Dr. ピレスの元に行くことを決める。 渚、小野寺に病院を辞めることを伝える。 ラジエーションハウスの面々は「なぜ医師ではなく技師として働くのか教えてほしい」と尋ねる。 唯織「昔、幼馴染である杏と約束したからだ。 世界一の技師になること。 その為には病気のことを知る必要があると考え、気が付いたら医学部にはいっていた。 でも、杏は覚えていなかった。 」 唯織の純粋すぎる理由を聞き、一同ぽかん。 小野寺「おまえみたいな変わり者を歓迎するのはうちくらいだ。 また戻ってこいよ。 」 そう言って送り出す。 翌日、「今日から唯織いないんだよな」というラジエーションハウスの面々の会話で、杏は唯織の去就を知る。 これから唯織が旅立つことを聞くと、辻村は杏を連れて唯織を追う。 バスターミナルで唯織を見つける杏。 杏「どうして教えてくれなかった、このまま会えなくなってもいいの?」 唯織「それは違う。 約束を守るために杏に会いにきた。 22年間。。。 そえれがまた少し伸びるだけだ。 」 杏「絶対に負けない。 次会うときには、唯織が手がでないくらいの優秀な放射線科医になってるから必ず戻って来きてほしい。 約束だよ。 」 杏への想いは打ち明けずに別れることになったが、新たにできた約束を守る為に唯織は旅立つ。 ラジエーションハウス関連記事 ドラマ「ラジエーションハウス」最終回11話を見た視聴者の感想 ラジエーションハウス最終回11話を見た視聴者の方のネタバレ感想をご紹介します。 唯織達が働く病院の前医長で杏のお父さん、前回は画像を見た唯織がもしかしたら別の病気かもしれないと思いもう一度画像を撮らせて欲しいと杏に頼みました。 このところは再検査を依頼する唯織の姿が必死で杏のお父さんを治せば小さい記憶が少しずつ思い出すのかなと思いました。 そして検査当日、ラジエ-ションハウスメンバー全員一段となってMRI検査、髄液漏れの検査を行い唯織は画像を見て結果がわかり低髄液圧症と診断されて杏のお父さんは発症前に自転車で転倒し硬膜に穴が空き、その後飛行機に乗っているときの気圧の変化と乱気流の振動によって発症し、立つ時に頭痛めまいが起きてしまう症状も病気を発症した原因だとわかりました。 このところはドラマの一部でも杏のお父さんがうつ病かもしれないと調べていて杏も結果を見てうつ病じゃあなくほっとした表情でした。 ところが杏のお父さんが容態が急変し意識障害を起こしてしまい、辻村は杏のお父さんの治療をできる人がいなくてどうすればいいかと考えた時に、杏は自分でやると言い出しそれを見た唯織も杏のフォローに入ります。 このところは治療中お父さんを救いたい気持ちの杏は緊張している姿を見た唯織は、技師として医師として杏をフォローする姿は必死だと思いました。 そして技師として治療した唯織は、小野寺以外みんなが医者として知らされて、みんなはショックを受けた様子で唯織もがっかりしていて切ない感じでした。 何にも悪いことをしていないし、むしろ命を救ったのに、技師法違反というレッテルを貼られてしまったおかげで病院に医者や患者が寄り付かなくなってしまうなんて、じゃあ五十嵐はあのときどうすればよかったのだろうかと腹立たしかったです。 五十嵐は病院を去ることを決めたけど、最後の日にみんなが五十嵐のことをまた戻ってこいと励ましたのがとても感動でした。 特に、杏がバス乗り場まで五十嵐に会いにいったシーンは良かったです。 両思いになるとかそんな甘い結末ではなかったけど、また絶対に戻ってくると約束して去っていく五十嵐の後ろ姿を杏がスマホで撮影するという終わり方が素敵でした。 最終回は元院長の再検査により、うつ病ではなく別の病名が判明するようです。 娘である杏先生はとても喜んでいましたが、その矢先に元院長が意識障害を起こしてしまい、娘である杏先生が執刀する決意をしますが、唯織さんがフォローに回ることになります。 ただ、唯織さんは技師として勤務している以上、どこまでフォローに回れるのかというところが気になるところです。 院長など、医師であることを知っているメンバーもいらっしゃいますので、大きなおとがめはないと思いますが…。 素敵なチームワークで、無事手術成功を願いたいです。 全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。 ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことだった。 小野寺(遠藤憲一)らの協力を得て唯織が行ったのは、MRI検査と、髄液漏れの検査だった。 その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。 正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられた。 髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。 正一の病気が手術で治る可能性があると知り、喜ぶ杏。 ところがその矢先、正一が突然意識障害を起こす。 辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいなかった。 すると杏は、自分がやると言い出し……。 そして、その杏を見つめる唯織はある決断をする……。 FODで人気の見放題作品• ストロベリーナイト・サーガ• パーフェクトワールド• ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜• ミラー・ツインズ Season 1• トレース科捜研の男• スキャンダル専門弁護士QUEEN• 後妻業• 絶対正義• 黄昏流星群• モンテ・クリスト伯• コンフィデンスマンJP• 好きな人がいること• 絶対零度• パパ活• 彼氏をローンで買いました• 不倫食堂• テラスハウス• 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ラジエーションハウス関連記事 フジテレビ関連記事.

次の

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ラジエーションハウス 最終回 ネタバレ

【ラジエーションハウスのキャスト・登場人物】 五十嵐唯織(窪田正孝) 甘春杏 (本田翼) 広瀬裕乃(広瀬アリス) 小野寺俊夫(遠藤憲一) 黒羽たまき(山口紗弥加) 鏑木安富(浅野和之) 大森渚(和久井映見) 唯織のカミングアウト 唯織 窪田正孝 は、杏 本田翼 の父で、甘春総合病院の前院長・正一 佐戸井けん太 の症状の原因は、うつ病ではなく別のことだと考えていた。 髄液圧を調べる検査により、正一の病気は低髄液圧症であることがわかる。 うつ病ではなく、手術で治ることがわかるり、杏は満面の笑みで唯織にお礼を言う。 これに唯織が照れて変な空気になる。 麗洋医大病院の専門医も手配し、手術の日程も決まった矢先、正一の容体が急変する。 硬膜血腫で早急にブラッドパッチという処置をする必要があるが、専門医はすぐにはこれない。 杏が自分がやると名乗りをあげる。 唯織がサポートに入り処置が始まる。 順調に処置を進めていた杏だが、手がとまってしまう。 意識レベルが低下し、いよいよ一刻を争う事態となったとき、唯織が自分がやると言い、杏と選手交代する。 医師法違反だと整形外科医・辻村 鈴木伸之 がとめる。 唯織は医師免許を持っていることをカミングアウトする。 辻村とラジエーションハウスの面々はその意味を理解できなかったが、事情を知る技師長・小野寺 遠藤憲一 のサポートで、処置は無事終わる。 このとき、駆け付けた麗洋医大病院の医師が技師であるはずの唯織が行う処置を見ていた。 正一の意識も回復し、ひと段落したが、ラジエーションハウスの空気は重かった。 たまき 山口紗弥加 「医師免許を持っているとはどういうことだ?」 軒下 浜野謙太 「技師として一緒にがんばっていこうって言っていたのは嘘かよ」 威能 丸山智己 「どうりで病気に詳しいわけだ」 悠木 矢野聖人 「心の中でばかにしていたのだろう」 何も言えない唯織。 杏は正一の処置が無事終わったことを喜ぶ半面、「心のどこかで唯織が助けてくれると思っていた」と自分の力の無さを痛感していた。 翌日、唯織を避ける面々。 重い空気を変えようと小野寺がつとめて明るく皆に言う。 「医師とか技師とかどうでもよくないか?」 裕乃 広瀬アリス 「でも嘘をついていた。 医師免許があればもっと多くの患者を助けることができるのに、それを使わないのは自分には理解できない」 たまき「医師なら自慢できるし、給料だって技師よりもずっといい。 唯織が興味あるのは患者のことだけ。 誰よりも患者のことを思っている唯織が、技師にこだわる理由はなんだろう。 」 唯織の医療行為の露見 唯織がブラッドパッチを行う様子を見ていた麗洋医大病院の医師が、あれは明らかな医師法違反だと辻村に詰め寄る。 そのやりとりをたまたま居合わせた新聞記者に聞かれてしまう。 翌日、マスコミが押し寄せる。 この騒動に、麗洋医大病院は怒り、甘春総合病院への医師の派遣を見合わせる方針をとる。 甘春総合病院の医師の多くは、麗洋医大病院からの派遣であり、その医師達がいないと病院として成り立たないのである。 麗洋病院に説明を求められた渚。 渚「唯織は医師免許を有しており、今回の件は何の問題もない。 」 父村「技師として働く者が、ときに医師として振る舞い、輪を乱すことが問題であり、ルール違反だ。 」 渚「唯織がやらなければ患者は救えなかった。 彼は正しいことをした。 」 唯織の決意 麗洋医大病院が甘春総合病院への医師の派遣を見合わせること、マスコミによる報道で来院患者の減少。 さらに杏自身も自分のせいで困らせていると感じた唯織は、以前から技師としての誘いがあった放射線科医の権威・Dr. ピレスの元に行くことを決める。 渚、小野寺に病院を辞めることを伝える。 ラジエーションハウスの面々は「なぜ医師ではなく技師として働くのか教えてほしい」と尋ねる。 唯織「昔、幼馴染である杏と約束したからだ。 世界一の技師になること。 その為には病気のことを知る必要があると考え、気が付いたら医学部にはいっていた。 でも、杏は覚えていなかった。 」 唯織の純粋すぎる理由を聞き、一同ぽかん。 小野寺「おまえみたいな変わり者を歓迎するのはうちくらいだ。 また戻ってこいよ。 」 そう言って送り出す。 翌日、「今日から唯織いないんだよな」というラジエーションハウスの面々の会話で、杏は唯織の去就を知る。 これから唯織が旅立つことを聞くと、辻村は杏を連れて唯織を追う。 バスターミナルで唯織を見つける杏。 杏「どうして教えてくれなかった、このまま会えなくなってもいいの?」 唯織「それは違う。 約束を守るために杏に会いにきた。 22年間。。。 そえれがまた少し伸びるだけだ。 」 杏「絶対に負けない。 次会うときには、唯織が手がでないくらいの優秀な放射線科医になってるから必ず戻って来きてほしい。 約束だよ。 」 杏への想いは打ち明けずに別れることになったが、新たにできた約束を守る為に唯織は旅立つ。 ラジエーションハウス関連記事 ドラマ「ラジエーションハウス」最終回11話を見た視聴者の感想 ラジエーションハウス最終回11話を見た視聴者の方のネタバレ感想をご紹介します。 唯織達が働く病院の前医長で杏のお父さん、前回は画像を見た唯織がもしかしたら別の病気かもしれないと思いもう一度画像を撮らせて欲しいと杏に頼みました。 このところは再検査を依頼する唯織の姿が必死で杏のお父さんを治せば小さい記憶が少しずつ思い出すのかなと思いました。 そして検査当日、ラジエ-ションハウスメンバー全員一段となってMRI検査、髄液漏れの検査を行い唯織は画像を見て結果がわかり低髄液圧症と診断されて杏のお父さんは発症前に自転車で転倒し硬膜に穴が空き、その後飛行機に乗っているときの気圧の変化と乱気流の振動によって発症し、立つ時に頭痛めまいが起きてしまう症状も病気を発症した原因だとわかりました。 このところはドラマの一部でも杏のお父さんがうつ病かもしれないと調べていて杏も結果を見てうつ病じゃあなくほっとした表情でした。 ところが杏のお父さんが容態が急変し意識障害を起こしてしまい、辻村は杏のお父さんの治療をできる人がいなくてどうすればいいかと考えた時に、杏は自分でやると言い出しそれを見た唯織も杏のフォローに入ります。 このところは治療中お父さんを救いたい気持ちの杏は緊張している姿を見た唯織は、技師として医師として杏をフォローする姿は必死だと思いました。 そして技師として治療した唯織は、小野寺以外みんなが医者として知らされて、みんなはショックを受けた様子で唯織もがっかりしていて切ない感じでした。 何にも悪いことをしていないし、むしろ命を救ったのに、技師法違反というレッテルを貼られてしまったおかげで病院に医者や患者が寄り付かなくなってしまうなんて、じゃあ五十嵐はあのときどうすればよかったのだろうかと腹立たしかったです。 五十嵐は病院を去ることを決めたけど、最後の日にみんなが五十嵐のことをまた戻ってこいと励ましたのがとても感動でした。 特に、杏がバス乗り場まで五十嵐に会いにいったシーンは良かったです。 両思いになるとかそんな甘い結末ではなかったけど、また絶対に戻ってくると約束して去っていく五十嵐の後ろ姿を杏がスマホで撮影するという終わり方が素敵でした。 最終回は元院長の再検査により、うつ病ではなく別の病名が判明するようです。 娘である杏先生はとても喜んでいましたが、その矢先に元院長が意識障害を起こしてしまい、娘である杏先生が執刀する決意をしますが、唯織さんがフォローに回ることになります。 ただ、唯織さんは技師として勤務している以上、どこまでフォローに回れるのかというところが気になるところです。 院長など、医師であることを知っているメンバーもいらっしゃいますので、大きなおとがめはないと思いますが…。 素敵なチームワークで、無事手術成功を願いたいです。 全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。 ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことだった。 小野寺(遠藤憲一)らの協力を得て唯織が行ったのは、MRI検査と、髄液漏れの検査だった。 その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。 正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられた。 髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。 正一の病気が手術で治る可能性があると知り、喜ぶ杏。 ところがその矢先、正一が突然意識障害を起こす。 辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいなかった。 すると杏は、自分がやると言い出し……。 そして、その杏を見つめる唯織はある決断をする……。 FODで人気の見放題作品• ストロベリーナイト・サーガ• パーフェクトワールド• ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜• ミラー・ツインズ Season 1• トレース科捜研の男• スキャンダル専門弁護士QUEEN• 後妻業• 絶対正義• 黄昏流星群• モンテ・クリスト伯• コンフィデンスマンJP• 好きな人がいること• 絶対零度• パパ活• 彼氏をローンで買いました• 不倫食堂• テラスハウス• 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ラジエーションハウス関連記事 フジテレビ関連記事.

次の

ドラマ「ラジエーションハウス」のフル動画見逃し配信を無料で見る:1話~最終回まで見れる動画配信サービス・あらすじやネタバレも紹介

ラジエーションハウス 最終回 ネタバレ

Contents• 今後の気になる展開のポイントは? 杏ちゃんは唯織のことを思い出してくれるのか? 唯織は初恋を実らせることができるのか? 唯織が医師免許を持っているということは病院全体にバレてしまうのか? みんなに医師免許を持っていることが知られたら放射線技師としてではなく、放射線科医として働くという院長との約束… 果たして最後まで医師免許を持っていることを隠し通せるのか!?(既に技師長と杏ちゃんにはバレています) 最終回の展開が気になりますよね! 最終回について詳しく調べてみたよ~!!! 最終回の放送はいつ?全何話? 月間テレビナビによると、全11話で(終)の文字が記載されており、『ラジエーションハウス~放射線科医の診断レポート~』は全11話完結ということがわかりました。 そしてその第11話、 最終回は6月17日(月)21:00~放送です! 最終回について記載されているのを見ると本当に終わってしまうんだ…と、最終回が楽しみな反面、放送後のラジハロスを思うと…ちょっと悲しくなります。 笑 窪田正孝さん演じる唯織は本当に空気が読めないヤツだけど、撮影や読影を始めると真剣な眼差しで。 笑うと可愛すぎる顔で、だけど男らしい一面もあり…と本当にギャップが凄く、毎週月曜日の放送が楽しみでした。 そんな癒しの『ラジエーションハウス~放射線科医の診断レポート~』が終わる日が近いなんて…。 杏ちゃんとの今後の展開ももちろん気になりますが、最終回が放送される日が楽しみなような、そうじゃないような…難しい感情です。 笑 視聴者の予想は? 杏ちゃんの頭痛の原因を治療するために唯織が技師から医者となる結末を予想 — ねむ nezuo 医者であることを隠している唯織が最後は放射線技師から医者に!? ラジエーションハウス漫画で読んだから結末分かるんだけど、やっぱり少し変えてるね。 もちろん漫画読者をも楽しめる展開になることは間違いないでしょう! 『ラジエーションハウス』第9話。 技師より医師。 民間病院より大学病院。 それらに優劣はない。 何をするかが重要。 窪田正孝の姿に自信をつける鈴木伸之。 イケメン医師が謙虚さも身につけた。 晴れて窪田正孝に宣戦布告。 恋愛でも負けない。 広瀬アリスが蚊帳の外で可哀想。 四角関係の結末が気になる。 — nakamori akira AkiraAkiraNaka 最終回に向けて結末が気になっている方もSNSでは多く見受けられますが、その予想はいかに? 最後まで目が話せませんね! スポンサーリンク 医師免許がバレる!?唯織の恋は叶う!?ラジエーションハウス ラジハ の最終回の結末はどうなる!? なぜなら医師免許があるにも関わらず放射線技師としての道を選ぶ理由がわからなかったからです。 医師と放射線技師なら普通は医師になることを望むんじゃないの?と理解できないから… でも唯織やラジエーションハウスの技師たちと接していく中で医師が上とか技師が下とか、大学病院が上とか民間病院が下とかはないのではないかと気付かされます。 そんな杏ちゃんの心境の変化が最終回までにどんな展開になるのか今から楽しみですね! 医師免許を持っていることがバレる!? 実はこのドラマの原作漫画は連載中(現在「グランドジャンプ」 集英社 で連載中の横幕智裕さん原作、モリタイシさん漫画/現在コミック7巻3月19日発売中!)で、まだ完結していません。 なので、最終回はドラマ独自のオリジナルストーリーで展開することが予想されます。 一体どんな結末が待ち受けているのか!? 唯織は医師免許を持っていることを隠して放射線技師として働いていますが、既に第7話で技師長(遠藤憲一)に、第8話で杏ちゃんには医師免許を持っていることがバレています。 ただ杏ちゃんはたまたま院長(和久井映見)と技師長の会話を聞いてしまい、唯織が医師免許を持っていることを知ってしまいました。 そのため、唯織は杏ちゃんが【唯織が医師免許を持っていることを知っている】ことには気づいていません。 唯織が甘春総合病院で放射線技師として働くには医師免許を持っていることがバレないこと、もし医師免許を持っていることがバレたら医師として働くという院長との約束があります。 今のところ技師長と杏ちゃんにはバレてしまっていますが、技師長はそのことは黙っていると約束してくれました。 そして放射線技師として働いているあいだは俺の部下です、と院長に言ってくれていました。 杏ちゃんにもバレていますが、そのことは唯織は知らないので…セーフ? 最終回までに唯織が医師免許を持っていることが病院全体にばれてしまうのでしょうか? バレて医師として働くのか、バレずに放射線技師としてこれからも働いていけるのか気になりますね! 確かに唯織は隠してる感じがあまりしないよね!隠し通せるのかな? 杏ちゃんと唯織の今後は?広瀬はどうなる!? 杏ちゃんが唯織への信頼とともになぜ医師免許を持っていることを隠してまで放射線技師として働くのか理解できずにいます。 幼いころに唯織と会っていたことすら覚えていなかったため、もちろん唯織に病気を撮る世界一のカメラマンになって欲しいと言った約束も覚えていませんでした。 だけど最終回までには唯織からの説明なのか、記憶が戻ってきて幼いころに約束したのが唯織だったことに気づくと予想します。 幼いころの自分との約束をちゃんと果たしてくれているとわかった杏ちゃんは気になる存在だった唯織のことを好きだと自覚します。 ただコミュ障の唯織がそう簡単にうまく伝えられるのか、とも思うので… お互い好き合っていることがわかったとしても、付き合うまで発展できるのかは微妙です。 そしてドラマ後半からちょいちょい登場していた広瀬の唯織へのモヤモヤした気持ち。 広瀬は唯織への憧れからなのか唯織が気になって仕方ありません。 だけどそれが恋心から来るものなのかわからずにいます。 広瀬は最終回までに唯織への気持ちが恋だと自覚するのか? 最終回までの広瀬の動きも気になりますよね! ただやはり杏ちゃんと唯織がうまくいけば残念ながら広瀬は…失恋でしょう。 なので医師免許を持っているということが病院全体に広まるのも時間の問題だと思います。 そうなってしまったときに唯織はどうしていくのか?というところですが、幼いころの杏ちゃんとの約束は守りたいから放射線技師としての仕事からは離れたくないと思います。 なので放射線技師として働きながら、杏ちゃんの読影のお手伝いをする、技師の仕事+読影をするスタイルになるのではないかと思います。 日々読影する写真はたくさんあり、手が回らないのも事実なので、医師として患者の前に出ることはなくとも撮影+読影をする。 そして杏ちゃんは読影+診断をする、など分担していくのではないかと予想します! そうして杏ちゃんと唯織のラジエーションハウスを作って行くというのではないかと思います。 五十嵐唯織を演じる窪田正孝さんの腕の筋肉や筋、血管でも話題となりましたが、いよいよ6月17日に最終回を迎えます。 そんなラジはの最終回の結末で、何より気になるのは五十嵐唯織(窪田正孝さん)と甘春杏(本田翼)の今後の恋愛模様ですよね!!!!? 唯織のコミュ障ぶりが凄い、杏ちゃんのプライドも高いので付き合うという展開にまで持っていけるのかは…正直微妙なところです。 笑 最終回ではどんな結末が待ち受けているのかを予想してみましたが、いかがでしたか? 杏ちゃんに幼いころの約束を思い出してもらえるのか? 唯織と杏ちゃんは恋人となれるのか? 医師免許を持っていることを同僚たちに隠し通せるのか? 気になるポイントを予想を交えながらまとめてみました。 でご紹介していますので、ここまで読んで気になった方は是非一緒にご覧ください!.

次の