お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した。 Remote

【簡単解決】「お使いの資格情報は機能しませんでした」と表示される

お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

1、Windows10でリモートデスクトップ接続ができない場合 まず操作される側(ホスト)ですが、Windowsのhomeエディションではホストにはなれません。 この場合は他のソフトを使う必要があります。 そして操作する側とされる側が、同じネットワークに繋がっていることが条件となります。 ここで言う同じネットワークとは家庭内LANや企業LANのことで、仮に自宅と会社であってもネットワークの経路が作ってあれば、自宅から会社のPCを操作することも可能です。 これにはネットワークとセキュリティの知識が必要になりますので、管理者の方に相談しましょう。 今回はご自宅の中で、あるPCから別のPCにアクセスする場合と仮定します。 1 受け入れホスト側の設定を確認する ルーターが一つで同じルーターに繋がっているのであれば、同じネットワークという前提は満たしています。 接続が失敗する際、一番多いのは上記のメッセージではないかと思われます。 まずはホスト側の設定を確認しましょう。 コントロールパネル-システムから、リモートの設定をクリック。 下のような画面が開きます。 このコンピューターへのリモート接続を許可するを選択します。 その下の認証についての項目ですが、チェックが入っている方がセキュリティは強固になります。 この設定をした上でリモートデスクトップ接続先のコンピューター名かIPアドレスを入力すると、ユーザー名とパスワードを要求されるので、こちらを正しく入力し終わって、初めて接続が可能になります。 2 ファイアウォールを解放する 設定には問題が無い場合、ファイアウォールにてブロックしている可能性があります。 Microsoft以外の統合セキュリティソフトをお使いの場合も、そのソフトのファイアウォールを開放します。 こちらではWindows標準のファイアウォールについて説明します。 まずコントロールパネルのシステムのセキュリティをクリック Windowsファイアウォールをクリック 接続済みになっているネットワークを確認します。 上の画面の場合はプライベートネットワークです。 続けてWindowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可をクリック。 名前がリモートデスクトップの行にて、プライベートにチェックが入っているか確認します。 入ってなければ右上の設定の変更をクリック後、チェックを入れてOKを押します。 2、ユーザー名とパスワードを入れたが認証されない場合 ユーザー名とパスワードを入れた際に、お使いの資格情報は機能しませんでした。 などのメッセージで接続ができない場合があります。 そういう場合まずは、ホスト側のコントロールパネルからユーザーアカウントをクリック もう一度ユーザーアカウントをクリック 現在ログオンしているユーザー名が確認できます。 上の例のように、メールアドレスが入っている場合ですとMicrosoftアカウントを使用しています。 この際はリモートデスクトップ接続の認証時に、ユーザー名はUSER123456@microsoft. com を使います。 パスワードはホスト側で使っているものと同一です。 メールアドレスではなく、ローカルアカウントと表示されている場合があります。 Microsoftアカウントを使っていない場合、コンピュータ名の入力を忘れがちですので確認してみてください。 3、Windows10があまり快適でない場合は 2016年7月29日、ついにWindows10への無償アップデート期間が終了してしまいましたが、正直Windows7の方が全然使いやすかったという人も実際かなりいるようです。 やはり長年使い慣れてきたOSが同じMicrosoftのものとは言え、ガラッと変わってしまうのはあまりユーザービリティー的に良くありません。 もし仮にWindows7に戻りたいと思うのであれば、一層のこと戻してみてはいかがでしょうか? そこまで難しい操作は必要ないですし、やはりパソコンを仕事などで使う上で作業効率、生産性は命なので、慣れているものを使った方が効率は良いです。 Windows10に変えて1ヶ月以上経ってしまった場合でもWindows7に変えることは全然可能なので、もし検討するのであれば下記記事をご参考頂けますと幸いです。 最近の投稿• 2018年3月21日• 2018年3月20日• 2018年1月20日• 2018年1月20日• 2018年1月18日• 最近のコメント• に mac-lib より• に 名無しさん@ゲーマー より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

「お使いの資格情報は機能しませんでした。(コンピュータ名 あるいは ip アドレス) への接続に使用された資格情報は機能しませんでした。新しい資格情報を入力してください。」というエラーが表示されてリモートデスクトップの接続に失敗する

お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

リモートデスクトップを有効にする オフィス側の設定 リモートデスクトップは初期設定で無効になっています。 設定で有効にしましょう。 まず、スタートメニューから設定を開きましょう。 Windows の設定からシステムを開きます。 左メニューからリモートデスクトップを選択し「リモートデスクトップを有効にする」のスイッチをオンにします。 リモートデスクトップを有効にしますか?と確認が出るので、確認ボタンを押します。 リモートデスクトップが有効になりました。 赤い矢印で示したパソコン名は、後で遠隔地で接続する時に使いますので控えておいてください。 遠隔地側からの操作 遠隔地側からはリモートデスクトップ接続のアプリを使います。 タスクバーの検索窓、もしくは虫眼鏡アイコンから検索してみてください。 リモートデスクトップのアプリが起動しました。 コンピューターの欄には、先程確認したオフィス側のパソコン名を入力します。 そして接続ボタンを押しましょう。 資格情報を入力する画面が表示されます。 ここは接続するオフィスのパソコンのパスワードを入力します。 セキュリティ証明書に関する画面が表示されます。 はいを押すと接続を続行します。 リモート接続に成功しました。 これでオフィスのパソコンの遠隔操作が可能です。 (便宜上画面を縮小していますが、全画面にできます。 エラー「お使いの資格情報は機能しませんでした」 リモートデスクトップ接続する時に「お使いの資格情報は機能しませんでした」というエラーが出る事があります。 ここでリモートデスクトップを諦めてしまう人も多いと思います。 それはパスワードを入力する画面で最初から入力されているユーザー名が違うという事が主な原因です。 ユーザー名は接続するオフィスのパソコンのユーザー名である必要があります。 その場合はパスワードを入力する画面で「その他」を選択します。 「別のアカウントを使用する」を選択すると、ユーザー名も入力できるようになります。 接続するオフィスのパソコンのユーザー名とパスワードを入力してください。 関連記事 Zoom でビデオ会議する方法です。

次の

RDP接続でエラー「お使いの資格情報は機能しませんでした」と言うときの対処方法

お 使い の 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

Windows 7 から Windows Server 2008 へリモートデスクトップ接続を設定。 資格情報を保存し、都度入力しなくていいように構成したつもりが接続時にエラーメッセージが表示される。 168. 1 へのログオンの保存された資格情報の使用はシステム管理者により許可されていません。 資格情報を入力してください。 前回の接続時には資格情報を入力して「保存する」にチェックを入れて接続。 その接続には成功しているので保存された資格情報が間違っていることはない。 その際のメッセージ画面 クリックで拡大 【設定方法】• キーボードの「Windows」ロゴ キーと「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。 「gpedit. msc」と入力して「OK」をクリックします。 ローカルグループポリシーエディターが起動します。 [コンピューターの管理]-[管理用テンプレート]-[システム]-[資格情報の委任]と展開し、「HTLMのみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する」をダブルクリックで開きます。 「有効」をチェックし、「サーバーを一覧に追加」の「表示」ボタンをクリックします。 「表示するコンテンツ」ダイアログが起動します。 サーバーの登録が完了したら「OK」ボタンでダイアログを閉じます。 「適用」をクリックし、「OK」ボタンでダイアログを閉じます• 今設定した項目が「有効」と表示されていることを確認し、ローカルグループポリシーエディターを閉じます。 ローカルグループポリシーを即時適用します。 スタートメニューから[アクセサリ]を展開し「コマンドプロンプト」で右クリックをして「管理者として実行」で起動します。 しばらく待ち、「正常に終了しました」と表示されたら画面を閉じます。 これでリモートデスクトップ接続時にエラーが表示されなくなるはずです。 再度リモートデスクトップクライアントを起動し確認してください。 【参考情報】.

次の