首 から 肩 が 痛い。 首が痛いときの治し方

首の右側の痛みと肩の痛み、頭痛を解消したい!どうしたら良いか分からない時にこそ知って欲しいこと。

首 から 肩 が 痛い

Contents• 今回は、よく起こり得る首が痛いときの治し方をご紹介します。 首は繊細な部分ですので、頸椎のヘルニアや骨折などによる整形外科での処置が必要な場合を除きます。 ご紹介するのはソフトに(?)首が痛いときに役立つ自分で出来るセルフケアです。 首を寝違えてしまって翌日、首が動かない、首を動かすと痛いとき、肩こりからくる首の痛み、昨日少し無理をしてしまって首にキテいる方、首のコリをなんとかしたい方、首すじの緊張や疲労をお感じの方にお役に立てる「首が痛いときの治し方」です。 借金で首が回らない…、頸椎ヘルニアがある…、頸椎を骨折してしまった方、などには向かない治し方ですのでご注意ください。 ど~も、の内山です。 恵比寿整体院でも首の痛みや頸部の症状のご相談はよく頂きます。 首は神経や血管が集中している大事なところで、人体の急所であります。 武道でも打撃系ならこの辺を狙って打つし、寝技系ならここを〆ます。 一撃KOになりやすいところなんですね、首って。 ついでに、首っ丈(くびったけ)とは何かに強く支配されるということ、リストラされた方には申し訳ないが、首が飛ぶ、それこそクビ、やはり首って生命線なんですね。 話がずれますけど、体の部分の造語とかツボの名前とかね、意外と面白いんです。 日常に密着している言葉も多いですしユーモアもあったりする、ここでは書けませんが性に関する言葉も面白いんですね。 で、大事な首なんですけど、頭や脳って重いので日常でも交通事故のむち打ちのように首スジを痛めてしまうことはよくあります、しかも自分の知らないうちに。 そのようなスジの痛み、首スジが痛いとき、首が緊張しているとき、首こりのときには、ツボが即効性もあり効果的です。 ストレッチは首が痛いときには控えたほうがいいかな。 ということで今回は、首の痛みをとるツボをメインに、ストレッチは首の痛みの予防法として、肩が痛いときの治し方をお伝えしたいと思います。 首が痛いときの治し方の前に・注意点 首は急所なんですけど、実は体中のツボも急所です。 ツボは攻撃のポイントにもなるし癒しのポイントにもなります。 今回は人に施すやり方ではなく、自分で自分のツボを圧すやり方のご紹介なので自分にダメージを与えるほどのことはありませんが、力任せにツボを圧しても逆効果ですのでご注意ください。 また首を柔らかくするストレッチもご紹介しますが、かなり深く首を曲げていく形ですのでストレッチの最中に横を向いたりしないでください。 首を痛めてしまう原因にもなりかねません。 ツボもストレッチも自分の感覚、感じていること、「ここが伸びて気持ちいいなぁ」とか「このツボは効くなぁ」とか気持ちよさを感じて行うくらいが効果的です。 何事も頑張りすぎる人はリラックスしてツボ圧しやストレッチを行いましょう。 首が痛いときのツボ・厳選2点 首が痛いとき、スジのコリ、首コリには即効性のあるツボを2点ご紹介します。 自分でも探しやすく圧しやすいツボです。 写真と解説を頼りにツボを探し親指を当てます。 5,6秒ツボを持続圧して3,4回圧してください。 あくまで首の痛みの予防法、首を柔らかくする方法としてご紹介いたします。 ストレッチのコツ 深く首を曲げていきますので、ストレッチの最中は絶対に首を横に向けないでください。 目線はおへそを見るようにします。 決して無理をせずに、自分の身体の柔らかさに合わせて深さを調整してください。 なおストレッチは、腹式呼吸を行わないとあまり効果はありません。 腹式呼吸ができない方は、をご参照ください。

次の

首、肩、腕の痛みとしびれが起きた時の対処法

首 から 肩 が 痛い

20代後半女性です。 3日前から首から肩にかけて(右側のみ)ひどい痛みがあります。 首といったらいいのか肩といったらいいのか微妙な位置で、後頭部というか耳の後ろにも痛みを感じることがあります。 寝違えたのかな?と思い、湿布で様子を見ましたがよくなりません。 痛みがひどくズキンズキンといった痛みで激痛に近いものがあります。 腕を上げている状態の方が楽なような気がします。 連休で病院もあいてないので今は湿布と鎮痛剤で様子を見ていますが、涙が出るほどの痛みが走ることもあります。 鎮痛剤を飲んで2時間ほどすると痛みは少しだけ治まりますが6時間もすればまた激しい痛みが襲ってきます。 なにか原因として考えられる病気ってありますか? 軽減される方法などがあればアドバイスお願いします。 脳腫瘍からの痛みもあるし、単なる、運動不足とか寝違えとかもあります。 様子を見るしかないでしょう。 普通は病院でもそうして状態を把握します。 こういうあらゆる疾病の症状となるものだけから、一見さんで原因をつかむのは相当難しいです。 この主訴で脳関係まで検査することはあまり無いですしね。 で、連休明けても症状が続くなら、最悪を考えて、病院で精密検査を受けることです。 それから対症療法から根治療法を行うことです。 >軽減される方法などがあればアドバイスお願いします。 温めるか、冷やすかは微妙な段階ですが、どちらでも気持ちがよい方を行いましょう。 ご回答ありがとうございます。 まず整形外科へ行き、レントゲンを取ったところ姿勢が悪いために背骨や首・鎖骨が曲がったまま成長しており今にいたるようです。 現代人に多く、こういうタイプは肩こりになりやすい体質だそうです。 病院ではストレッチを教わったのと、原因はストレスからも来ることがあること、パソコンは極力使わないようにすることとの事でした。 こりをほぐす薬と痛み止めと胃薬と冷シップ5日分処方されました。 薬を飲んでも症状が変わらなかったので、次の日に整骨院に行きました。 整骨院では肩に吸盤のようなものをつけて電気を流す、肩を中心にマッサージをしてもらい、最後に首と肩にかけてほぐした筋肉がまた戻ってしまわないようにする(?)テープを貼られました。 マッサージに慣れていない人は翌日以降に揉み返しで痛みがあることがあるのと、今まで流れずに溜まっていた悪いものが流れていく際に肩のあたりにだるい感じがあることがあるとの話でした。 次の日以降も痛みは治まりませんでしたが、しばらく様子を見ました。 でもゴールデンウィーク中のような激痛はなくなりました。 処方された薬もなくなって、湿布は貼りすぎて皮膚がかぶれたので、今更ながらとピップエレキバンを貼って5日くらいおいたところ少しずつよくなりました。 エレキバンが効いたのか時間が解決してくれたのかは分かりませんが、3週間ほど苦しみました~。 アドバイスいただいたみなさん、ありがとうございました! Q 初めての投稿です。 どうぞよろしくお願いします。 30才台の男です 2.3週間前から左側の肩周辺(首に近い部分、首の左下も)が痛みます。 最初はなんとなく痛いかな?くらいでした。 筋を違えただけだと思い、安静にしておけば直ると思っていましたが鈍痛がほぼ一日中続いています。 昨日カイロプラクティックの治療院に行き脊柱(首のあたりだけ)の治療を受けましたが全く痛みが引きません。 仕事はパソコンを使う仕事で一日中椅子に座っています。 また職場は暑い時期ですのでエアコンを使うのですが 暑がりな人がいるので設定温度が低く非常に寒いです。 そして私の左側に設置されているので一日中左半身を冷やされています。 (寒いのでいつも上着を着てます) 先程思い出したのですが 2年前の夏に後頭部の少し下あたりがズキズキ痛み、すぐ 脳神経外科を受診したのですが検査の後エアコンの 当たりすぎで血行不良による神経痛と診断され「肩こり解消の体操方法」というプリントを手渡され、その後体操の効果かすぐにその痛みは収まり、再発していません。 (その時と今も同じ職場です) 今回の痛みもその時と時期も同じですし神経痛なのかな? とも思い始めました。 私の場合どんな病院等に行けばいいのか、動かした方がいいのか、安静にしていた方がいいのか わかりません。 どなたかご教授いただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。 本文が長くなり申し訳ありません 初めての投稿です。 どうぞよろしくお願いします。 30才台の男です 2.3週間前から左側の肩周辺(首に近い部分、首の左下も)が痛みます。 最初はなんとなく痛いかな?くらいでした。 筋を違えただけだと思い、安静にしておけば直ると思っていましたが鈍痛がほぼ一日中続いています。 昨日カイロプラクティックの治療院に行き脊柱(首のあたりだけ)の治療を受けましたが全く痛みが引きません。 仕事はパソコンを使う仕事で一日中椅子に座っています。 また職場は暑い時期ですのでエアコンを使うので... A ベストアンサー 腕、肩、首等の筋肉障害だと思います。 パソコン等事務系の方には、多い症状です。 簡単に言えば、肩こりの酷い症状と考えてください。 酷くなると、鈍痛や痺れを起こします。 また、お宅様の様に冷風にあたり続けると、肩の熱が奪われ、筋肉が一層、堅くなり、血行が悪く成ります。 骨格の問題では無く、筋肉の血行障害からおこるものです。 眼精疲労も肩こりに大きく影響して来ます。 カイロではなく、筋肉を良く解してくださる、治療院へ行って見てください。 鍼灸でも良いです。 マッサージ系の治療でも良いです。 病院で有れば、整形外科でしょう。 でも、診察は出来ても、治療方法は、今一効果は、少ないのではないかと思います。 電気治療が主ですから。 不安が、有れば、整形に行かれ、診断して貰い。 それから、上記の治療院等へ行かれたら良いと思います。 Q 最近、右首のななめ後ろ付近が痛みます。 どこかにぶつけたとか、そういうことは全くないです。 (耳の後ろ側、首から肩までのなだらかな場所です。 ) 最近始めたことといえば、長時間デスクにすわり、パソコンに1日向かっています。 医学の知識はないので確定はできませんが、場所は、たぶん「延髄」というところになるのかもしれません。 現在は、接骨院に1度通って、その付近を揉んでもらって、湿布を貼って冷やしているのですが、一向によくなりません。 このまま、この状態を継続したらよいですか? それとも何かの病気の疑いありますか?単なる疲れなのか?ストレスなのか? ほっといても大丈夫なのでしょうか? あるいは病院に行く必要ありますか? もし病院に行くならば、何科を受診したらよいのでしょうか? ご存知の方、ご返答の程、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 後頭神経痛か、偏頭痛です。 実際は同じものでしょう。 昨晩回答したばかりなので、下記のURLをご覧ください。 html 原因は、目から来る自律神経の緊張と、パソコン作業等の首コリです。 コンを詰めて仕事するが、自分に無頓着な人の、職業病です。 自分のワーキングスタイルに原因があるので、それを何とかしないと、医者もマッサージも効果は今ひとつです、玄関を出れば元通りのコリコリになります。 私は、救急車のお世話になるところまでいきました。 お大事に。 Q 30代後半女性です。 子供二人いる専業主婦です。 昨日から突然、首から肩甲骨にかけて肩周り全体がひどく痛み出しました。 お風呂に長めにつかりましたが効果もなく、就寝中はは一センチでも動くと痛いため、 寝返りさえ打つことが出来ず、夜中、夫を起こして寝返りを手伝ってもらうなど、動けず困っています。 今もほとんど動くことが出来ず、下の子はまだ小さいため、ママーと飛びついてくるのですが その振動に大きな悲鳴を上げしまいます。 (悲鳴と言っても声を出すのがつらいので、絞り出すような声ですが。 ) 血行を良くする為に、朝から肩まわりに、貼るホッカイロを6個貼っています。 少し気持ちよいです。 質問です。 ・この痛みは安静にしていてどのくらい続くのか。 (今のままだと痛みが引くとは思えず、不安です。 ) ・足腰はどうも無いので、車までは行けるのですが、運転は大丈夫でしょうか。 ・明日どうしても行かねばならない大事な用事があるのですが、この痛みを我慢できる方法はないか。 (痛み止めのバファリンは夜中飲みましたが、痛みはなくなりません。 ) 小さい子がいるため、病院にはなるべく行きたくありません。 (もう少し動けたらいくのですが…。 走り回る子を制御できないので。 ) また、近くに頼れる親戚などおらず、主人も仕事が忙しいため、頼れません。 経験のある方、こうするととりあえず痛みが取れるよ、とか、こんな市販の薬は即効性があるよ、等 ありましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。 30代後半女性です。 子供二人いる専業主婦です。 昨日から突然、首から肩甲骨にかけて肩周り全体がひどく痛み出しました。 お風呂に長めにつかりましたが効果もなく、就寝中はは一センチでも動くと痛いため、 寝返りさえ打つことが出来ず、夜中、夫を起こして寝返りを手伝ってもらうなど、動けず困っています。 今もほとんど動くことが出来ず、下の子はまだ小さいため、ママーと飛びついてくるのですが その振動に大きな悲鳴を上げしまいます。 (悲鳴と言っても声を出すのがつらいので、絞り出すような声で... A ベストアンサー 頭を下げる(下をみる)のと、頭を上げる(上を見上げる)のとどちらがより痛いとかありますか? 頭を上げるほうが痛ければ、頚椎症(または頚椎捻挫やヘルニア)の可能性もあるかもしれません。 以前似たような(質問者様ほど酷くはありませんでしたが)感じで、首・背中・左腕が痛くだるくどうしようもない状態でした。 整形外科に行ったところ、軽度の頚椎症と診断され、飲み薬とリハビリを1,2ヶ月続け症状が治まりました。 (痛みの酷いのは最初の数回で引きました) ホッカイロで暖めているとのことですが、頚椎捻挫などの場合あっためるのは炎症を酷くして逆効果の可能性もあります。 少し気持ちがいいだけで改善しないようでしたら、市販のものでもいいので湿布薬を貼ってみてはいかがでしょうか。 頚椎症でしたら、下手に自己治療するのが逆効果にもなりますので、難しいかもしれませんが病院(整形外科・神経内科・ペインクリニック等)で受診されることをお勧めします。 お大事になさってください。

次の

肩の痛みを取る自分で押せるツボ3点

首 から 肩 が 痛い

あなたもそんな経験をしていないでしょうか? 実は、ここ1年ほどで、多く診られる現象が、肩から首の痛みや腕の痛みそして痺れに苦しんでいて、病院で検査を受けると、多くの人が、異常なしや原因不明とされています。 病院では、肩から首の痛みやしびれがあるということから、何らかの薬を処方されます。 そして、数週間様子を見る。 けれど、何も症状が変わらない。 それどころか、むしろ肩から首にかけての痛みが悪化している。 そのため、また首や肩の検査をするが、異常なし。 ここまで来ると医師の頭の中では、 「この人単なる痛がりなだけなのでは?」 「であれば、心療内科で、精神的に処置してもらった方がいいのではないだろうか?」 ということから、心療内科を紹介され、安定剤を飲み始めることに。 しかし、根本は変わらず、症状がつらいというと、いつの間にか、 うつ病と診断されてしまい、 抗うつ剤を処方されてしまう。 そして、精神疾患へと転落。 原因不明と言われる肩から首の痛み そして腕のしびれを出す原因となるベスト3 そこで、今回は、これら検査では、見つかりにくい首から肩・腕の痛み、そして、腕のしびれを出す原因、になりやすい3つの原因を上げたいと思います。 まず、 第3位 ヨガ、及びストレッチ ヨガやストレッチを、健康になるために、行っている人は非常に多くなっていて、良いことなのですが、悪いこともあるんです。 ヨガやストレッチは、筋肉を伸ばし、柔軟性を高めるものとして、有名です。 そして、身体が固いとか、こりが強いと思っている人は、一生懸命に、筋肉を伸ばそうとしてしまう。 ここが、怖いんです。 あなたは、まさかこのようなストレッチをしていませんよね? 筋肉は、必要以上に伸ばされると、筋肉が切れてしまう危険性があります。 また、関節の可動域以上に、筋肉を伸ばされてしまうと脱臼してしまう可能性が出てきます。 そのため、筋肉は本能の働きとして、無理やり筋肉を伸ばされたときに、その動きに反発するような力が働くようになっています。 要は、伸ばそうとしている方向から逃れようと、筋肉が勝手に縮む方向へ力が入るということです。 この、反発運動を繰り返していると、伸ばそうとしていた筋肉はどんどん硬くなってしまいます。 その硬くなった筋肉が神経を圧迫することで、神経症状である痛みやしびれを出すようになるんですね。 このような筋肉の動き知っていましたか? 知らないって怖いんですよね。 何事にも一生懸命行ってしまうことが美徳の日本人には、意外とヨガやストレッチは、苦手な運動になります。 覚えておいて損はないうんちくでした。 次に 第2位 胃炎によるもの ストレス社会に突入して、胃が痛くなるケースが多くなっています。 会社で上司から説教• 上司と部下に挟まれ常に胃が• 経営不振により心配が尽きない• 家に帰ったら親や奥さんからガミガミ• コーヒーやアルコール、たばこなどで胃に負担 などなど、たくさんのケースで胃を傷めることがあります。 通常は胃薬で何とかしようと思うところ。 しかし、経験はありませんか? 胃の痛みと肩の痛み。 同時に進行することって、実はよくあることなんです。 なぜ、このようなことが起きるか?というと、これは、中医学の経絡を知らなければ分からないところです。 経絡とは、ツボの流れ道。 要は、線路のようなものです。 一つ一つの線路には、駅も行き先もありますよね。 その駅が、ツボです。 そして、一つ一つの経絡の行き先は、ひとつの臓器。 内臓一つにつき、一つの経絡があるわけです。 従って、ある臓器に異常があると、その臓器と関連のある経絡に異常が現れるということになるんですね。 胃の異常。 この時に、反応が出るのが胃の経絡です。 胃の経絡の途中には、ちょうど肩を通る場所につぼがあります。 このツボが異常反応を示し、この周辺の筋肉を硬直させてしまうんです。 その結果、この筋肉の下を通る、首から腕に向かう神経を圧迫し、痛みやしびれを出すことになるんですね。 そして、 第1位 デスクワーク これが、最近、本当に多いんです。 デスクワーク、特にPCを使われている方は、要注意です。 画面に向かって、頭が前に突っ込んだ状態で、作業を長時間続けていると、後頭部から首の後ろ、そして肩にかけて痛みや重さを感じませんか? 頭は、スイカ一個分の重さがあります。 それを、長時間、首の後ろ側の筋肉だけで、支えなければならない状態を作ってしまうと、さすがに筋肉は疲れます。 疲れた筋肉には、むくみが現れます。 このむくみのおかげで、筋肉の負担が減るのですが、その代り重さを感じるようになります。 しかし、この状態でも、さらに作業を続けていると、むくみだけではカバーしきれず、次第に筋肉が傷ついていきます。 この段階で、首の痛みが発生するのですが、この痛みを我慢しつつ、PCを使い続けていると、やがて痛みは治まります。 痛みが治まった筋肉は、傷の修復された部分が太くなります。 そして、この太くなった部分の柔軟性を出すためには、動かすことが必要となります。 しかし、PCを行っている以上、首をほとんど動かしません。 これを繰り返すことで、筋肉は太く固くなってしまいます。 そして、この固さが、また神経を圧迫し、痛みやしびれを作りだすんです。 さらに、固まった筋肉は血液を流しにくく、血行障害を招きます。 その結果、徐々に筋肉に栄養が満たされなくなり、疲労が蓄積されていきます。 その後首の太く固かった筋肉は、やがて、細く固い筋肉として、委縮していってしまうのです。 この場合も、筋肉の固さが腕に向かう神経を圧迫することとなり、痛みやしびれを誘発してしまうわけなんです。 PCを長く使っていればいるほど、このリスクは高くなるので、注意が必要ですね。

次の