クロ あいのりアンチ。 あいのり・桃に嫌いの声多数!原因は新彼氏?ブログもたびたび炎上!

あいのりクロ旦那弟&年齢や職業!子供名前や年収&したらば炎上理由?

クロ あいのりアンチ

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)出身のブロガー・タレントの桃さん(本名=遠山桃子 34歳)が、自身のブログ上で鼻の美容整形を公表し反響を呼んでいます。 あいのり桃さんは2年前の2017年8月、二重まぶたにするために埋没法という特殊な糸をまぶたに通して二重にする整形を行い、ビフォー・アフターをブログなどで公開していたのですが、それから2年が経って今度は鼻先のリフトアップ整形にチャレンジしたことを明かし、ブログではビフォー・アフターを公開しています。 ちなみに、同じくあいのり出身で親友のクロさんも今年7月に、埋没法による二重整形手術を受けたことを公表しています。 笑 自分で気にして無かったことでも、ディスられると気になってくるものなのね。 笑」とも綴り、ある時に友人が糸を使用した鼻のリフトアップ整形を行い、オススメされたことで気になっていたそうです。 鼻の整形手術というと大掛かりで、整形後のダウンタイム(施術してから腫れなどが引くまでの期間)も長いというイメージがあったものの、教えてもらった鼻先の整形は切開はせずに糸を使うことから、 施術時間も短く、ダウンタイムもほとんど無いほか、もし希望通りの形にならなかったとしても、 埋没法と同様に1~2年ぐらいかけて徐々に元の状態に戻っていくという話だったため、今回鼻先のリフトアップ整形にチャレンジしたそうです。 そして、11日更新のブログでは整形前後のビフォー・アフター写真を公開し、整形から2日目の状態については、 「ダウンタイムほとんどない感じです。 若干鼻筋が腫れてて触ると痛いくらい!!化粧もふつうに出来るよー!」とし、「小鼻が糸で上に引っ張られてる分、鼻の穴が細長くなって、小鼻がすっきりした感じ!!!」と鼻の整形に満足している様子です。 (アメブロ)• やっぱりだよね…目だけでは終わらない気がしてたけど。 この年で痛い人だな。 リアルかまってちゃん。 マッチングアプリで今の彼氏と知り合う前に整形しておけばよかったのに。 彼女の顔が変わるのが平気な彼氏なんですね。 周りに言われるから整形するのか。 切りないよね。 変えるなら骨格とアゴも変えたら良いのに。 目ももう一回くらい出来そうだけど。 綺麗になりたい可愛くなりたいって気持ちで整形するなら共感したり応援する気になる。 アンチに言われるからって…そんな気持ちで整形するってよく言える。 自分の浅はかな考え方を晒しているだけ。 もっと賢い方かと思ってただけに残念。 もう整形依存に片足突っ込んでるよね。 人のせいにしてるけど、いじりたくて仕方ないんだと思う。 承認欲求の権化。 アイデンティティが外にしかないから永遠に満たされることはないでしょ• ファンがすごいだの尊敬するだの言うからいけないんじゃないの? 整形にはまってしまってオバケのようになってしまったらどうするの? 大体、有名芸能人でもないのにブログにちょっとあげる写真のために整形とか気がしれない。 などと厳しいコメントが多く寄せられています。 年齢を重ねても美しさを保ちたい、もっとキレイになりたいといった思いは多くの女性が持っているでしょうし、メスを使わずに短時間で終わる整形によって、少しでも自分の顔に自信が持てるようになるのであれば、自己責任で施術を受けることは別に問題ないかと思います。 あいのり桃さんの場合は、2年前に埋没法による二重まぶた整形をしてブログなどで公表し、それによって美容整形することへのハードルもかなり下がっているのでしょうね。 そして、二重まぶた整形に続いて鼻先の整形も今回公表し、ブログで公表することで良くも悪くも話題になり、ブログのアクセスもかなり稼げるので、鼻整形をブログで公表したこと自体には特に驚きはないですが、相変わらず痛々しいなと正直思います。 そんなあいのり桃さんは昨年7月に離婚し、今年2月には10歳年下の一般男性と交際に発展するもわずか2ヶ月で破局、それから半年足らずでマッチングアプリで出会った6歳年下の一般男性との交際をスタートさせ、再婚も視野に入れているようですが、顔だけでなく交際相手もコロコロと変えているので、今後もこれが続いていきそうな気がしてならないですね。

次の

クロ : あいのりブログ1

クロ あいのりアンチ

私は20代の桃ちゃんのファンだった者です。 以前の私は 彼女のファッション・ふわふわとした雰囲気・明るくあけっぴろげな性格・美容やダイエットに対する努力家な姿勢 が好きでした。 しかし、毎日彼女の日記を読んでいて、 時々不信感のようなものを抱き始めました。 不特定多数の人が見るオフィシャルブログで書くには笑えない嘘だと思います。 これにより誤情報に対する罪悪の意識が薄いこと、責任感のなさなどを感じました。 しかし、コメントに載るのは彼女を褒める的な内容のものしか載らず せっかくのアドバイスや注意も全て掲載されませんでした。 ・買占めの後の謝罪にて 「皆のコメントは載らなくてもちゃんと読んでいます。 」と彼女は書いていました。 それならばなぜすぐに誤った情報を訂正しようとしなかったのか・・・ 彼女は3日間(だったと思います)なんの訂正もせず、買占めを促すような記事をそのままにされていました。 ちなみに、私も2回注意呼びかけのコメントを彼女のブログにさせていただきました。 早く彼女が間違いに気づけるように、誤りを指摘し、正確な情報を掲載してくださるお願いをしました。 時間をかけ、コメント欄に掲載されるよう丁寧な文章で書いたのですが2回ともコメントが載ることはありませんでした。 騙された、本性が見えたと言ったら言い過ぎかもですが 好きだった分、彼女の内面をみてしまい余計にショックが大きかったとも思います。 以上は私の個人的な感情の推移と意見です。 幸せオーラのひがみとありますが、 ひがみというよりは過去の実績からみて「人として嫌い!」とか「もううんざりだ!」 と思っている人の方が多いと思います。 今回の炎上やグルっぽは 今までの実績と 「オフィシャルだけど私は一般人だから…」と言ってうろうろと自身の立ち居地をはっきりしない(これも言ってしまえば責任感がない) 桃に対して「もっとしっかりしてよ!」と呼びかけたけど応えてくれない彼女に対する憤りが爆発したものだと私は思います。

次の

あいのり桃…最近あいのり桃さんが法的手続きに出たことで騒がれ...

クロ あいのりアンチ

com ラブワゴンに乗って世界を恋愛しながら旅するTV番組『あいのり』で、あいのり史上最強のモテ女として人気のあった桃。 梅男とカップルになって日本に帰ってきた後は、半分タレントのような感じで、人気ブロガーとしても活躍しています。 ところが、その活躍ぶりが鼻につくというか、気に入らない桃アンチを生み出しているのです。 アメブロでもものブログが、常に並居るタレントの中でも上位に居続けるのは、もものアンチが多いからとの噂も? なぜ、あいのり桃は、そんなにアンチに嫌われるのか、理由を探ってみました。 スポンサーリンク あいのり桃ってどんな人? あいのり桃プロフィール• 名前:桃(旧姓:遠山桃子)• 生年月日:1985年3月12日• 出身地:東京都出身• 血液型:A型• 身長:157cm• 体重:45kg• 兄弟:4人兄弟の次女で末っ子• 学歴:立命館大学文学部心理学科卒業 あいのり桃は、イギリスで海外生活をしていて帰国子女で、裕福な家庭に育っています。 兄2人と姉1人の4人兄弟の 末っ子なんですね。 わがまま甘え上手なのはこの辺に理由があるのかもしれません。 あいのり桃がアンチに嫌われる理由ベスト5 あいのり桃はなぜアンチに嫌われるのか勝手にまとめてみました。 アメブロでも芸能人部門でトップレベルに居続けています。 タレントでもないのに何で?と思われる方も多いのですが、その人気の一旦は、実は桃アンチが見ているからとのもっぱらの噂です。 人気ブロガーともなれば、毎日ネタを提供し続けなければなりません。 美味しい料理を食べたり、エステに行ったり、エア妊活宣言してみたり、男友達を遊んだり、猫と遊んだり。 それもブロガーとしての仕事のうちでもあるのですが、桃がやると全てが憎らしい。 桃のキャラクターがそうさせるのでしょうね。 タレントでもないのに、何を調子に乗ってるんだよ(怒)といったところです。 末っ子のイメージってどうでしょうか?甘えん坊でわがまま、それでいて世渡り上手。 末っ子の方が読まれていたら失礼ですが、だいたい世間のイメージってこんな感じではないでしょうか? 年上の兄弟が親の家事を手伝ってくれるので、末っ子は手伝わずに済むそうやって育つと結婚生活で苦労をします。 料理も美味しくなさそう。 ブログの様子を見ていると、あまり料理も作らず、家の中も散らかっていたりしています。 桃アンチからしたら、家事やれ、料理つくれ、掃除しろというところでしょうが、桃は家事が苦手なんです。 特にかっこいい男性との2ショット写真があったりして、既婚女性としてはもう少し慎ましやかにして欲しいと思う方も多いですよね。 番組内でも、男性に馴れ馴れしかったり、自然に甘えたりしていました。 桃にとっては当たり前で、天性のものがあるかもしれませんが、桃アンチにとっては旦那ほっといて何やってんだ(怒)となるのも無理はありませんよね。 よくわからないけど、ふんわりしフワフワした感じの桃のフェイスは、男が好きになってしまうけど、女性には嫌われるタイプの顔です。 半顔メイクなんかが更に桃アンチの神経を逆なでしますよね。

次の