声優になるには。 声優になるには! 中学・高校・大学時代に何をするべき?

【声優になれる確率】あなたの夢をかなえる方法を教えます

声優になるには

テレビ番組やCMのナレーションを担当することもあります。 声優の仕事は「そのキャラクターに命を吹き込むこと」と言われます。 アニメ、ゲームだけではなく、洋画の吹き替えにおいてもそれは同じです。 その俳優らしい、それぞれの場面にふさわしい声でなければ視聴者を失望させてしまうでしょう。 視聴者を納得させる優れた声の演技ができる人、それが声優なのです。 テレビ番組やCMのナレーションの仕事はオファーを受けて行うこと または依頼の内容に応じて事務所側で選抜 が多いのですが、アニメの場合はオーディションで仕事を取ることが一般的。 ベテラン声優になってもそれは同じです。 声優になったからといって、自然にどんどん仕事が来るというようなことはほとんどありません。 仕事を得るために努力が必要なのは、他の職種と同じです。 実際の仕事は、録音スタジオに出掛け、音響監督などスタッフと打ち合わせをしてキャラクターを演じ、本番テークのOKが出れば終了です。 録音が長時間になることもありますので、それに耐えて演じ続けることのできる気力・体力は必要になります。

次の

声優になるための情報を網羅的に伝えるメディアサイト

声優になるには

自宅で出来る基本的なスキルを身につけるための練習法を紹介 ストレッチと腹筋 どちらを優先するべきか 声優にとって大切なのは、大きな声が出るか、長く声を出していられるか、です。 声を出す時に欠かせないのが呼吸であり、肺の中にどれだけの空気が入るかが重要になってきます。 横隔膜が下がれば肺の中にたくさん空気が入ります。 この横隔膜を動かしているのが腹筋なので、 まずは腹筋を優先します。 一方、ストレッチは体を柔らかくするためと、温めるために行います。 体だけでなく喉を温め、リラックスした状態にすれば、喉を傷めないようにしながらのびやかな声が出せるようになります。 なお、発声前には必ずストレッチを行いましょう。 体幹トレーニング 体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えると、姿勢が良くなり、 腹式呼吸で安定した声を出すことが可能になります。 さらに、声の伸びもよくなります。 声の筋トレ 表情筋 顔の筋肉である表情筋を鍛えるのも、声を出しやすく、滑舌をよくするために必要です。 口から舌を出して大きく右回りや左回りに回す、唇をすぼめる、ゆるめるを繰り返すなどがあります。 また、よく噛んで食べることも顔の筋肉を鍛えられます。 腹式呼吸 首や肩に余計な力を加えず、喉を傷めずに声を出したり、また長いセリフを息つぎの必要なく出したりするため必要です。 初心者は 仰向けに寝て、息を完全に吐ききったら鼻から一気に息を吸い、お腹を膨らませます。 次に、ゆっくりと10秒くらいかけて息を吐きます。 これを繰り返し行いましょう。 自宅で出来る実践的な練習法を紹介 セリフの練習 1つのセリフを、様々な感情で言い分けてみる練習をします。 例えば、「さようなら」のセリフを、楽しそうに、悲しそうに、突き放すように、等です。 少し長いセリフなら、人物の性格を変えて言います。 積極的、消極的、真面目、いろいろな人物を想定してやってみましょう。 この時、必ず自分の声を録音します。 自分がやったものがイメージ通りに聞こえるか、録音した音声を客観的に聞いて、違うと感じたら何度でもやり直しすることが大切です。 演技の練習 主な演技練習として• 自分の好きな漫画の セリフを言ってみる• 好きな 本を朗読してみる• テレビドラマの セリフを真似る、• 動きをつけてより具体的なイメージを持ちながらセリフを言う というのがあります。 録音して自分の声を聞きながら繰り返し行うのがコツです。 滑舌の練習 練習教材として 外郎売りが有名ですが、暗記してどこででも練習できるようにしておきましょう。 そして、時間があれば 1日に何度でも練習します。 また、 早口言葉も、言いにくいものは最初はゆっくり、はっきりとを意識し、慣れたら徐々にスピードをつけていくといいでしょう。 声を枯らさないためのテクニック 声を守るために、いきなり大声を出したり、喉に力を入れたりするような発声はしないようにしましょう。 そのため、体の力を抜いて声を出せるよう、 腹式呼吸をマスターするのが良いです。 また、調子が悪い時は無理に声を出さずにいることが大切です。 さらに、普段からマスクをつけたり、喉をいつでも潤せるよう常温の白湯と飴玉等を常備しておいたりしましょう。 声を枯らさないためには、とにかく喉を乾かさないように心がけます。 養成所特有の自宅練習との差 声優養成所の特徴 養成所はプロの声優のために必要な知識や技術を身に着ける場です。 基礎ができていると判断されている人が入所するため、より実践的なレッスン内容が行われます。 メリット プロダクションが運営している養成所が多いため、所属している現役声優からレッスンを受けられます。 また、外部には出ないオーディションに応募することも可能です。 デメリット 専門学校のように誰でも入れるわけではなく、 オーディションで適正があると判断された人だけが入所できます。 また、毎日レッスンがあるとは限らず、週に数回、1回のレッスン時間も短時間で終了するのがほとんどです。 審査項目 自分がアニメや映画の仕事がしたいのか、ナレーションがやりたいのかをはっきりさせましょう。 そして、希望する仕事に強い養成所を受けるのが良いです。 養成所のオーディションの場合は、 書類やボイスサンプルの審査、面接、実技審査(朗読やナレーション等)が行われます。 まず書類やボイスサンプルに合格した人が二次審査に進み、三次審査を通過すると合格、というパターンが多いです。 履歴書や面接で自分をどれだけアピールできるか、 実技で滑舌や表現力をどれだけ出せるかが審査基準に関わってきます。 また、自宅で十分な準備と練習を続けて来たか否かの差がここで出てくる可能性も十分にあります。 まとめ 本気で声優になるには、自宅での地道なトレーニングの重要です。 基本的なトレーニングはプロほど毎日欠かさず行っています。 そして、トレーニングを怠るとすぐ声に出てしまいます。 同じく声優を目指す人たちに勝つには、よい多くの時間を練習に使うか、質の高い練習を行うしかありません。 プロの声優を目指すためだけでなく、プロになってからもいつでも仕事に対応できるように、日々のトレーニングを地道に続けることが大切なのです。

次の

声優になるには年齢は何歳から何歳まで?声優デビューと年齢について

声優になるには

声優事務所に併設されている、 声優養成所に通う• オーディションに合格する• 親や知人に、 声優事務所を紹介してもらい所属する という感じです。 では、ひとつずつ説明してきますね。 声優事務所に併設されている、「声優養成所」に通う ほとんどの声優事務所には、声優を目指す人を育てる 「声優養成所」 という、 塾のようなものがあります。 で、声優事務所に所属するためには ここで、 演技や歌、ダンスなどを学ぶことで実力をつけて 事務所に所属して、 さまざまなオーディションに参加する、というのが一般的な流れになります。 ただ、声優養成所の授業料は、場所によりますが そのほとんどが、中学生や高校生では用意できない金額です。 そのため、最初は 「親を説得して、費用を出してもらう」 という事が必要になりますね。 まあ、声優を目指す人のほとんどが 親に反対されても、諦めないで何度も説得している ので、親の説得は、 声優になるための第一歩、みたいなものです。 新しい習い事を始めるくらいの感覚で 気軽に通う、ということはなかなか難しいですが 声優になるとしたら、このパターンが最も一般的ですね。 ちなみに、 「じゃあ、声優養成所は、どこに行けばいいの?」 という事が気になる場合、 下記の記事も、是非チェックしてみてください。 オーディションというものには、 雑誌やネットなどで、参加者を募集するものもありますが アニメ声優のオーディションは、そこまで多くありません。 アニメのオーディションの場合は 劇団や、声優事務所がオーディションの連絡を受けて そこから紹介されて、オーディションに行く というのが、一般的な流れになります。 また、あなたに演技経験がない場合は 周りのほとんどが、劇団で演技力を磨いている役者になるので 不利にはなりますね。 ただ、近年の声優は、 アイドル化なども進んでいるので オーディションで 演技力ではなく、歌とダンスだけで審査するものが増えています。 そのため、演技経験がなくとも、 歌唱力や ダンス、 見た目が良い、 あるいは、 ただ年齢が若いだけで、合格することも十分あり得たりします。 そのため、先ほどは「ハードルが高い」などと言いましたが 中学生・高校生の頃から声優を目指すことは、 実は、かなり賢い選択かもしれませんね。 親や知人に、声優事務所を紹介してもらい所属する これは、親や知人が 「声優」「アニメ監督」「事務所の社長や重役」 といった、 声優業界にコネクションがある人専用のパターンです。 あまり良い印象はないかもしれませんが、 こういう人も、中にはいます。 ただ、声優としてちゃんと活動するのは 「親が声優や俳優、スポーツ選手などの一流のプロで、 そのプロフェッショナルとしての姿勢を、間近で毎日見てきた」 という人だけです。 そして、プロの背中を見て育った人は、 たまたま声優になっただけで 声優の世界じゃなくっても、しっかり活躍できる人だったりします。 あなたが、コネクションのない普通の人だった場合は うらやましいかもしれませんが、 あまり気にせずに、自分の事をしっかりやった方がいいでしょう。 (猫って、声優養成所に入れるかな……?) スポンサードリンク どう行動するのが、声優になる近道なの? 最後は、 演技経験のない人が 効率よく実力をつけて、声優になるにはどうしたらいいか? ということですね。 と言っても、 声優事務所の社長さんと、フェイスブックで友達になって メッセンジャーでやり取りを続けて、そのまま強引に所属させてもらう! とか 人気インスタグラマーになって、 フォロワーから声優事務所の社長を探して、そのまま強引に所属させてもらう! みたいな、普通じゃできないようなことではありません。 まあ、インスタグラマーから所属するルートは 冗談ではなく、それなりに可能性がありそうですけど。 で、中学生や高校生が、 声優を目指す場合の、個人的なおすすめとしては 「 声優養成所に通って、 演技の勉強をしながら 自分でオーディションを探して、合格するまで受けまくる!」 っていうのが、一番効率が良いですね。 これだと、かなりの労力が必要にはなりますが 時間も無駄にならないし 実力もつけつつ、チャンスも逃さないのでおすすめではあります。 で、一つだけ注意したいのは 「学校が、芸能活動を禁止していることがある」 ということですね。 この場合は、声優養成所に通っていること自体は 「習い事」として、ごまかすことができますが オーディションで合格しても、声優の活動は難しいでしょう。 うまく隠すことができるのなら、問題ないでしょうが 仕事の都合で学校を休む時に、 風邪や体調不良と、さまざまな嘘をついているうちに 隠しきれず発覚します。 そのため、 中学生なら、芸能活動ができる高校に進学する という選択肢があるので、 高校を選ぶ条件に、考えてみるのも良いでしょう。 そして、学校に活動を禁止されている高校生の場合は、 オーディションは我慢して、声優養成所に通って卒業まで実力をつける というのが無難、ということになりますね。 停学処分や、退学処分になる可能性もあるし もしも、高校を中退したとなると、社会的にかなり不利になります。 そうなると当然、 声優として活動していくのも、より大変なものになりますね。 なので、こればっかりは仕方ないと割り切り 実力をつけることに専念するのが、おすすめです。 監修・ライター 名前:中原ヒロ 年齢:アラサー 現在ナレーター活動も行っており、声の仕事のプロとして活動中。 自分も学生時代は業界の事などわからない事が多かったので、学校選びや、声優の技術・業界の事などわからなくて困っている人の為に、このサイトで解説・監修を担当。 サイト内では、声優になりたい2人(1人と1匹)の学生に、わかりやすく教える先生役で登場。 進路として声優の養成所に進みたいが、どこの養成所が良いか迷い中。 明るく活発で、意外としっかりもしており、声優になる夢を真剣に叶えようと決心している。 ただ基本的に少しぬけているので、たまに暴走して周りを振り回す。 好きな漫画・アニメは、「坂本ですが?」。 漫画やアニメが大好きで、声優になる事を目標にしており、本当に自分は声優になれると心底信じている。 猫だけど。 皆を和ませるキャラクターで、漫画やアニメと同じくらいマタタビが好き。 しかし、アゴ・のどをなでられると、ゴロゴロ言って眠ってしまうという弱点がある。

次の