アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー。 SDBD:R エクスヴァルキランダー レビュー

【ガンプラ】SDBD:R アヴァランチレックスバスター レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

イラスト無しキット作例写真のみの仕様で、いつものカスタムパーツ箱。 説明書。 他カスタムパーツと同様のフォーマットなので、メカ設定や武器名などが一切書かれていないのが少し残念(武器名は代わりに箱側面に記載)。 ランナー。 赤はKPSです。 シール。 パーツ一覧。 本体と、カスタムパーツが2種類付属。 左右2門の GNレックスバスターと中央のキャノンを合わせることでアヴァランチレックスバスター形態になる... のか? GNレックスバスター部分がドラゴンの頭のようになっているのが面白いです。 ヴァルキランダーのときも一部ありましたが、むき出しのボールジョイントが少し残念。 元ネタはガンドランダーの鬼龍破砕砲(レックスバスター)。 こんな感じで撃ちます。 GNレックスバスターはパクパクできます。 そうするとバスターとして使えないだろ!というツッコミはご愛敬。 余剰パーツになるかと思いきや、しっかり考えられており下腹部に収納可能です。 余剰パーツなしに対する意識。 恐れ入りました。 GNレックスバスターの後部に3ミリ穴があるので、そこにジョイントを接続。 バスター部分を取り外して、武装だ! ボールジョイント大小一つずつ付いてくるので、LGBBキット、HGキットの手首に片側ずつ接続できます。 GNアームガンクローだ! 2個買えば、両手に装備できるぞ!ドラゴンファイヤー! 後部のグリップは、取り外して巨大な剣に。 これが、 GNジャマダハル。 持ち手の形状から、SDは持てないんだろうなあと思っていましたが、やっぱりそんな感じです。 脚部アーマーは前後の挟み込みで装着。 ガッチリはまります。 ヴァルキランダー時は膝が可動しましたが、アーマーを付けることで膝は固定されます。 武装パーツ GNレッグガンクローは、差し替えで位置を変更できます。 腕部アーマーは肘のピンに接続。 レックスバスター本体部分は差し替えでアーマー位置を変更し、まるごと肩アーマーへ。 ヴァルキランダー肩のツノに気を付けながら、装着します。 アヴァランチヴァルキランダー。 全体的なボリュームが増え、めちゃくちゃかっこいいです。 プロポーションもばっちり。 モチーフはアヴァランチアストレアタイプ-Fダッシュ。 アーマーが干渉するので、脚部がさらに外れやすくなっています。 また、踵から伸びたGNレッグガンクローもポロポロ取れます。 そこは残念。 取り外しておいてもいいかも。 干渉しまくりですが、GNジャマダハルは腕部アーマーのピンに接続する形で装備。 脚部を展開し、高速移動形態的な。 クローも展開できます。 ? アーマーを全て装着し終えても余っているパーツがありますが... ? これは!ヴァルキランダーの余ったパーツが集まって、ぷちガンドラゴン(仮)になったではないか! ということで、ここもしっかりパーツを余らせない制作陣の気合に感服。 ヴァルキランダーもドラゴンフュージョン時はパーツが余らない仕様でしたが、ヴァルキランダー単体時に余ってしまうのが唯一の残念ポイントでした。 しっかり改善していくスタイル。 我ら、余剰パーツなし兄弟。 義によって助太刀いたす。 シールありだと、レックスバスターのドラゴン頭部っぽさがより分かりやすいですね。 僕も撃ちたいよう!前が邪魔で見えないです。 干渉しまくって動きませんが、立ってるだけでかっこいい。 凛々しいお姿。 まだまだ広がる遊びの幅。 後編へ続く(編集中...

次の

SDBD:R エクスヴァルキランダー レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

いつもお世話になっております。 川越駅からすぐにあります精文堂2Fホビー売場(プラモデルコーナー)からのお知らせをお届けいたします。 本日は新作商品の「SDBD:R アヴァランチレックスバスター」の簡単な紹介となっております。 ビルドダイバーズリライズの最終決戦付近でパル君も奥の手のように使っていたのが印象的なのかなと。 令和の今に 鬼龍破砕砲(レックスバスター)を関する物が現るのには驚きでございますよね…!! またこうしてカスタムパーツのキット単体でも武器になるのも地味にうれしいポイントですよね。 このようにかなりしっかりとアヴァランチに!アヴァランチ装備とヴァルキランダーの両方の意匠を活かした姿になるのが嬉しいですよね。 アヴァランチなパーツとして、ガンドランダー系のデザインパーツとして、SD用カスタムパーツとしてと勝手良い仕様に仕上がっているのではないかなと思います。 キットにもなる人気MSV機体アヴァランチエクシアのイメージが強いアヴァランチユニットですが、00Iなどではアストレアに装備しての出撃もありましたので、赤いアストレアがベースなヴァルキランダーの強化案としてはうれしいモチーフですね。 と、このように元の首部や翼のジョイントにポリのボールを付けただけが殆どですね。 長さを補うために脚パーツを噛ませたりもしておりますが、こういった個所はお好みのジョイントパーツなどでもいいかもしれませんよね。 因みに脚もアヴァランチパーツを組み込んでおりますが、 このように結構雑に挟み込んでいるだけになります。 当然強度などがあるわけではないので、自己責任でお願い致します。 こちらのヴァルキランダー等々は店頭に展示しておりますし、キットの方も好評発売中なので宜しくお願いします。 ではでは今後とも川越の精文堂を宜しくお願いします。 8に執筆した物です。 現状販売は通常通りに行っております。 また詳しくはの該当記事をご確認くださいませ。

次の

【プラモデルレビュー】SDBD:R アヴァランチレックスバスター

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

「Re:RISE」から「エクスヴァルキランダー」と「ヴァルキランダー」および「アヴァランチレックスバスター」を素組みしてみました。 まずは「ヴァルキランダー」と「エクスヴァルキランダー」から。 SDキットでありながら素体ベースでは細身の体型と長い髪の毛で女性らしいシルエットが描かれていて印象的です。 ベースとなった「アストレア」のデザインがうまくマッチしていますね。 「エクス」の方はパール系の成形色であるため、ちょっと高級な感じがしますね。 「ヴァルキランダー」と「エクス」では基本的な構造に大きな変化はありませんが、ディテールは少し異なっています。 特に「エクス」の頭部ブレードアンテナは豪華になっていますね。 色分けはややシール頼りになっていますが、価格を考えるとこれは仕方ないかなと思います。 続いては「竜合身モード」での比較です。 大きく異なる点はスリッパとウィング、「ガンドラゴン・モード」での頭部にあたる部分のデザインでしょうか。 ウィングの大きさは「ヴァルキランダー」に分があるものの、天使のようなデザインである点は「エクス」の方がやや美しく感じるでしょうか。 「ガンドラゴン・モード」での比較。 このモードでは翼の大きさがかなり効いてきますね。 迫力に関しては「ヴァルキランダー」の方が優勢だと思います。 あとは前足と翼が独立している「ヴァルキランダー」はドラゴンっぽく、翼に爪がついている「エクス」は的な感じで印象が大きく異なりますね。 また、MS形態の時は髪の毛にあたる部分がこのモードになった時は、機械でありつつ、どこかしら生物的な印象を与えているのも面白いですね。 あと、このモードで印象的なところはベースとなった「アストレア」でも設定のあった頭部のバイザー部分でしょうか。 「ガンドラゴン・モード」では上手くフェイスパーツを隠してくれて、竜の腹部っぽく見せてくれています。 これは面白い使い方ですね。 続いて「アヴァランチレックスバスター」を「ヴァルキランダー」に装備してみたところ。 竜的なデザインを取り入れた追加装備という感じはしますが、この状態だとややおもちゃっぽい感じはしますね。 だけど、この装備品に関してはやはり次の形態が真骨頂な気がします。 ということで「アヴァランチ・ヴァルキランダー」形態です。 追加アーマーを装着した感じは「武者」系のデザインにも近い気もしますが、ゴツくなっていい感じです。 確かに格好良くなるのですが、女性的なシルエットが消えてしまうのは止む無しという感じでしょうか。 また、可動に関してはほぼ死んでしまうので、ポージングが限定されてしまうところもまあ、仕方ないかなという感じですね。 ということで、元の設定からキット化した時のプレイバリューが考えられたデザインであると考えられますし、いろいろな形態が楽しめるので、素組みで作ってガシガシ遊ぶのには最適なキットではないかなと思います。 パーツ点数も少なく、すぐに組み立てて遊べるのもSDキットならではですね。 デザインも可愛いのでオススメのキットです。 Multi.

次の