マネー グラム 株価。 送金サービスの米ウェスタンユニオン、同業大手マネーグラムに買収提案

マネーグラム

マネー グラム 株価

国際送金事業などを手掛ける米決済サービス大手マネーグラムは1月11日、サンフランシスコのスタートアップ企業リップル社によって作成されたリップル(XRP)を決済ネットワークで利用する実証実験を行うことに合意した。 同社の広報担当者によると、実証実験は内部プロセスに限定されており、顧客の金銭には影響しないという。 発表によって同社の株価は一時約15%高となった。 リップル社は銀行などの金融機関向けに迅速かつ安価な送金・決済ネットワークの構築し、こうした費用をなくすことを目的としてXRPを開発してきた。 現在ではUBSグループやスペインのサンタンデール銀行をはじめとする約100の銀行に加え、今回提携したマネーグラムのような送金会社も顧客として抱えている。 同社の最高経営責任者(CEO)のブラッド・ガーリングハウス氏は「今年中には世界で5本指に入る送金会社のうち3社がXRPの使用を開始するだろう」と述べており、今後も送金会社などとの提携を進めていく姿勢が窺える。 昨年末から年始にかけてリップルは大幅な上昇を見せていた。 しかし、取引の半数近くを占める韓国市場では、仮想通貨取引の規制強化の動きが出たことや、米大手取引所コインベースへの上場の噂が否定されたことなどが嫌気され、一旦調整に入っている。 今後の仮想通貨ビジネス関連の提携の動きを引き続き注視していきたいところだ。 《DM》 提供:フィスコ.

次の

【朗報】マネーグラム株価、リップルと提携してから仮想通貨のような上昇をしてしまうwwwwwwww【XRP】

マネー グラム 株価

リップルとマネーグラムの提携内容 リップルとマネーグラムが提携した内容についても取り急ぎ紹介しておこう。 マネーグラムとの提携が発表されたリップルのオフィシャルホームページに掲載されている英語文章をわかりやすく日本語に訳したものを下記に掲載しておく。 グローバル送金市場は大きなビジネスです。 2016年に、送金者は、自国に住む家族の支援やビジネスパートナーとの取引を支援するため、約6,000億ドルの国境を越えた支払いを送付しました。 送金会社は国境を越えた支払いを送ることができます。 残念なことに、現在のモデルでは、送金会社は世界中の前払い口座を使用してこれらの支払いの流動性を確保する必要があります。 このプロセスにより、費用がかかり、遅くなり、企業とその顧客の両方にとって頭痛を引き起こす。 彼らの顧客が国境を越えた支払いを迅速かつ安価に送金することを可能にするために、世界最大の送金会社の1つであるMoneyGramは、支払いフローにXRPを使用します。 XRPを使用することで、ほとんどの金融機関が直面している古くからの流動性問題をMoneyGramが解決し、時間とコストを節約できます。 さらに、顧客は透明性と確実性を持って、リアルタイムで資金を送金する能力を備えています。 XRP、xRapidヘルプソースオンデマンド流動性 MoneyGramは、Rippleのオンデマンド流動性商品であるxRapidを通じて、XRP元帳のネイティブデジタル資産であるXRPにアクセスして使用します。 xRapidは、XRPを通じてリアルタイムの外国為替(FX)決済を可能にします。 これにより、金融機関は流動性のロックを解除し、複数の廊下にアクセスすることができます。 さらに、金融機関はオンデマンド支払いを行い、FX費用と手数料を削減することができ、顧客は支払い状況をリアルタイムで把握することができます。 「リップルはブロックチェーン技術の最前線にあり、xRapidのパイロットを楽しみにしています」と、プレスグリリースでMoneyGramのCEO、Alex Holmesは述べています。 「MoneyGramの顧客に効率を高め、サービスを向上させることを期待している」 リップルは国境を越えた支払いを改善するために努力しています リップルは、国境を越えた支払いにある非効率性や問題を、銀行、法人、または他の金融機関からの支払いにかかわらず、修正することに重点を置いています。 「支払い問題は銀行だけに影響するだけでなく、MoneyGramなどの企業にも影響を及ぼし、人々が気になる人にお金を稼ぐのに役立ちます」とRippleのCEO、Brad Garlinghouseは述べています。 「3秒以内に解決するXRPのようなデジタル資産を使用することで、顧客は情報と同じくらい速く資金を移動することができます」 マネーグラム提携によるリップルの価格変動 リップル社による提携発表がされる前は210円~220円で値動き推移をしていたリップルは、マネーグラム社との提携ニュースが発表された瞬間に一気に270円台まで価格を急上昇させた。 仮想通貨は株と似ている部分があるとしたら、それは材料発表による価格変動だろう。 今回のマネーグラム社との提携のニュースは、まさしくリップルにとっての材料であり、その材料がリップルの価格を急上昇させた。 リップルとマネーグラムの提携の影響 リップルとマネーグラムが提携したことにより、リップルの価格に対してどのような影響が生じるか考察しよう。 リップルの価格上昇にとって、マネーグラムとの提携は好材料であり、リップルがSBIレミットやエンレミットを始めとした企業による送金サービスに実質利用されていくことで、リップルは利用価値がある仮想通貨としてさらに評価を高めていくことになるだろう。 また、リップルとマネーグラムとの提携による続報の発表もこれからまだ控えていると思われるので、さらなる材料が次々と発表されていくことで、ファンダメンタルズ的にも好まれるリップルを買う投資家は増えていき、リップルの価格は長期的に上昇していくのではないだろうか。 マネーグラム提携によるTWITTERの反応 BIGな材料ニュースとして発表されたリップルとマネーグラムの提携に対して、TWITTERでも早くも話題沸騰といった様子。 リップルの大量保有者としてリップルホルダー達からリスペクトを得ている与沢翼氏も瞬時にTWITTERにてリップルとマネーグラムの提携について発信を行なっていた。 また、リップルのCEOであるBrad Garlinghouse氏もTWITTERで発言した内容に、しっかりとXRPと明記されている。 TWITTERは仮想通貨のリアルタイムな情報が早く、アンテナが高く最先端を進み、未来を歩んでいる先見性の高い投資家達が様々な情報を発信しているので、仮想通貨初心者の方はTWITTERで情報収集を行っていくと良いだろう。 マネーグラムとは リップルが提携した「マネーグラム Money Gram」とは(本社: 米国テキサス州ダラス市、ニューヨーク証券取引所上場 とは、アメリカ最大手の国際送金サービスを行う巨大企業。 全世界200国以上に送金を行っており、その高いセキュリティや安全性・信頼性は各方面から高い評価を得ている。 SBIとも既に提携を行なっている国際送金企業であり、SBIの公式ホームページにも「マネーグラム Money Gram」に関する情報が以前から公開されていた。 全世界への国際送金を目的としたリップルとの親和性は非常に高く、リップルが掲げる全世界送金の実現のために、今回発表されたリップルとマネーグラムの提携は仮想通貨市場に非常に大きなインパウトを与える特大ニュースだ。 jp だ。 マネーグラムのサービスを全て日本語で利用することができ、世界中に送金を行うことができる。 リップルとマネーグラムが提携したことで、マネーグラムジャパンのサービスにもリップル XRP が利用されていく見込み。 EnRemit エンレミット マネーグラム リップルと強力な提携により仮想通貨送金にも関連するマネーグラムは、enRemit エンレミット とも提携を行なっており、enRemitんWEBサイトから送金手続きのお申し込みをすると世界各国にあるマネーグラム取扱店で受け取ることができるサービスを展開している。 このenRemit エンレミット にも、マネーグラムとの提携によりリップル XRP がサービスに導入されていく見込みだ。 SBIレミットとリップル SBIの北尾社長が公の場で「リップル!XRP!」と連呼していたように、今回発表されたリップルとマネーグラムの提携により、リップルの価値はさらに高まるだろう。 また、マネーグラムとリップルの提携は事実上のSBIレミットにリップル XRP が実装されることを意味することになるだろう。 SBIレミットとは、SBIによる国際送金サービスを行なっている企業であり、世界各国と32万以上の拠点から国際送金や受取が可能となるサービスだ。 2010年に設立されてから8年目となるが、リップルとマネーグラムの提携により、XRPのポテンシャルを発揮したSBIレミットのサービスも本格始動することになるだろう。 リップルがSBIレミットに利用されることで、今まで送金にかかっていたコストや時間が一気に短縮され、およそ2秒程度で送金が完了してしまうという革命的なサービスが誕生するだろう。 リップルがファミリーマートで利用か マネーグラムとリップルの提携に関連するサービスや企業について連想をしていくと、SBIレミットのサービス対応がコンビニエンスストアのファミリーマートでも行われているというソースも発見。 日本全国各地にあるファミリーマートは我々の日常生活にとっても馴染みのあるコンビニだが、ファミリーマートがSBIレミットのサービスに対応しているということは、つまりはファミリーマートにマネーグラムのサービスが利用でき、ファミリーマートでリップルが実際に利用されていくという連想にもなる。 ファミリーマートから知人や友人にリップル XRP を送金するということは、リップルにとって非常に大きな好材料ということになるのではないだろうか。 名前:株王獅子丸 よみ:かぶおうししまる 性別:オス 称号:フィスコソーシャルレポーター 職業:個人投資家 特技:株式投資 仮想通貨 LINE ID: sisimaru 『FISCOソーシャルレポーターの株王獅子丸だ。 急騰銘柄など株式投資情報や仮想通貨について語っていくぞ。 5G関連銘柄、VR関連銘柄など注目のテーマ株からビットコイン・リップル・イーサリアムなどの仮想通貨情報も徹底解析! 取材依頼、コラム執筆依頼のお問い合わせはLINEでメッセージを。 Yahooファイナンスに記事連載中!! FISCOにコラム執筆中!! NTTドコモ公式サイトに記事連載中!! 富裕層メディアに記事連載中!! 週間SPAにインタビュー掲載!!

次の

マネーグラム

マネー グラム 株価

このページの目次• 0004 ドルの送金手数料 の3つが特に優れています。 36秒 — Ripple Ripple 取引手数料は0. 0004 ドル undisputed — Ripple Ripple これらの性能に期待をしてマネーグラム社も提携に踏み込んだのでしょう。 リップル社はフォーブスが選ぶ「フィンテック50社」のうちの1社 XRP有するリップル社は「株式会社」です。 他の仮想通貨がコミュニティの意向によって開発が進むのとは違います。 つまり営利目的の企業で、株主からお金の援助(資金調達)を受けて事業を大きくする団体ですね。 リップル社は「国際送金にある遅さや高い料金といった不便を減らす」と言っています。 こういった問題の解決はやはり「事業化」することが解決の早道です。 だから会社なのです。 そして、XRPを開発するリップル社は、 世界的経済紙フォーブスの2018年注目のフィンテック50社のうちのひとつになっています。 () その国際的な送金を担う業者の一つとしてマネーグラムという企業があります。 マネーグラムの特徴は【10分送金】です。 米国の国際送金サービス大手で、世界200の国と地域に約35万拠点の取扱店ネットワークを構築しています。 - — ただ取扱店の営業時間により数日かかる場合もあります。 このあたりは実際マネーグラム社が価格を決定していくので詳細はサービス開始以降にわかるはずです。 マネーグラム社がリップルXRPを使うことにより、 「格段のコスト削減を実現する」ということが何より重要です。 提携を受けてマネーグラム社の株価が急進 マネーグラム社の株価が上がっています。 反応が早いですね。 注目されている証拠です。 もちろんXRPが活用されことは価値を高めることになるので「XRP価格上昇」も見込めるでしょう。 Twitterの情報が一番速く、盛り上がっていた 夜中の発表だったので残念なことに僕は寝ていました…。 一緒に盛り上がりたかった!! 起きてから速攻でツイートしましたよ! 【マネーグラムと協業発表!】 夜中発表で盛り上がってたんですね!MoneyGramとRippieがより速い送金のためにXRPを使用すると正式発表です! すでに世界中ネットワークを持っている企業との提携なので加速度的にXRPのユースケースが広がります。 ぜひフォローお願い致します!() リップラーたちの歓喜のツイート!! 【マネーグラム提携】 やっぱ。 きたろ?わらう。 リップルしかないから。 おめでとうや。 わしらが最終最強無敵の勝ち組や。 いくで。 やるで。 リップル買い増しや。 《絆》 — 100億円PLAYER《絆》 100OKUENPLAYER またテレビが凄いことになりますよ。 みんな「せーの!」で発表した感ある。 笑 — take uchitakey 3社の内1社の発表なので残るは2社!! これで提携が決まっている3社のうち1社の発表がありました。 残りはどのような会社なのでしょうか。

次の