しばし お待ち を。 「しばしお待ちを〜!」

「お待ちください」は正しい敬語なのか?意味と使い方、例文、類語を徹底解説

しばし お待ち を

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の

おもてなしの言葉8「しばしお待ちください」

しばし お待ち を

遊星?何ソレ?な日々を送っております。 みなさまにおきましては、ご機嫌いかがお過ごしでしょうか?BubbleBraveです。 最近更新が滞っていますね、自分のことながらなんとも遺憾なことです。 しかし、しかです! これは決してバブルが怠惰だからではないのです!悠長だからではないのです! むしろ勤勉だと言いたい!むしろ言われたい!(おい とある用件が非常に忙しくて正直ここの記事など二の次どころか百の次なのですよ。 だって、マリホリすらしばらく見てないんだぜ!?このバブルともあろう人が!(なんのこっちゃ 正直、例大祭とかどうだったのか気になってしょうがないですよ!どうだったんですか!?(何故怒り口調 なにかとせわしない世の中、激しい時代の渦に飲み込まれ、右往左往するどころか、むしろ東奔西走な日々なわけです。 口調も思わずどこか丁寧になってしまうわけです。 もう最近親とかに対しても敬語とか使っちゃう日々ですもの。 慣れないことをし続けるとすると人格にまで影響を及ぼすという、習慣の恐ろしさを味わう今日このごろ。 遊星デッキのことは今の用件に一区切りつけてから、また考察していこうと思います。 で、暇がないのに何でこんなところに書き込みしてるかって? ・・・・・・ ・・・・・・いや、今度のスターター発売日に買えない悔しさを、ね?(「ね?」じゃねぇよ.

次の

しばしお待ちを

しばし お待ち を

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の