いしかわかすみ。 石川佳純の所属先、スポンサーは?年収は?!使用ラケットやラバーは?

石川佳純(卓球)の彼氏や母!私服や年齢と身長/体重や胸/カップ画像は?

いしかわかすみ

2017の石川佳純 基本情報 いしかわ かすみ 表記 ISHIKAWA Kasumi かすみん 生年月日 1993-02-23 (27歳) 生誕地 157cm 49kg 、、 選手情報 最高3位 現在3位 9段 左 シェークハンド ビスカリア-FL キョウヒョウNEO3ブルースポンジ テナジー・64 両面 サイト 経歴• シングルス 2010,2013-2015• 女子ダブルス 2008,2013,2014• 混合ダブルス 2009,2014• 2010,2013,2017 受賞歴• 特別功労賞 2010,2012• 特別賞 2014• 2010,2012,2014-2017 獲得メダル 銀 女子団体 銅 女子団体 銅 女子団体 銅 女子団体 銀 女子団体 銀 混合ダブルス 銀 女子団体 金 混合ダブルス 銀 女子団体 銀 混合ダブルス 銅 女子シングルス 銀 女子シングルス 銀 女子ダブルス 金 女子シングルス 銅 女子シングルス 銅 女子ダブルス 銅 混合ダブルス 銀 女子団体 銅 () 女子団体 銅 () 女子団体 銅 女子ダブルス 銀 女子団体 銅 女子シングルス 銅 女子シングルス 銅 女子シングルス 銅 女子シングルス 石川 佳純(いしかわ かすみ、(5年) - )は、の女子選手。 愛称は かすみん。 157cm。 49kg。 最高位は3位。 は9段。 、(共に及び)。 来歴 「愛ちゃん」2世 、山口県山口市に生まれる。 両親は共に元卓球選手で、卓球部の同期。 卒業後、父は、母は福岡で結婚まで選手として活動していたが、父の転勤で山口県に移住、父は同地のクラブに移籍、母も出産後活動を再開し、の山口県代表となった。 の1年の時に近所で行われていた白石卓球クラブの練習に連れて行かれたのがきっかけに遊び半分で卓球を始め、7歳の誕生日に両親からをプレゼントされ本格的に卓球を始めた。 元選手の母・久美の指導を受け、練習3ヶ月で(小学2年以下)山口県予選を2位通過し、本選でもベスト64に入った。 才能を確信した両親は、山口市の自宅に卓球場を造った。 母が指導する「山口ジュニアクラブ」で腕を磨き、土日は毎週のように各地で開かれる大会に参加し、大人相手に実戦経験を積んだ。 小学校6年で出場した1月の・女子シングルスでは高校生と大学生を破り3回戦に進出し、「2世」として話題になった。 2005年4月から大阪のに進学、またがかつて在籍したJSC卓球部に所属し、チームメイトと寮生活をするようになる。 の全日本選手権では5回戦まで進出。 同年春に日本代表候補入りを果たした。 1のためを愛用してきたが、2006年からに替えた。 国内選手権の制覇 中学2年で出場した1月のでは6回戦で高校生のを4-0で破り、以来となる中学生でのベスト8進出。 13歳11ヶ月での8強入りは福原の13歳1ヶ月に次ぐ史上2位の年少記録だった。 さらに準々決勝で社会人の樋浦令子を4-3で破り、史上最年少でのベスト4入りを果たした。 また、全日本選手権ベスト4により招待されたでは予選リーグ初戦で、全日本選手権ジュニアの部決勝で勝利したの藤井優子に敗れたものの、2戦目でのにストレート勝ちし、ゲームポイント計算で決勝トーナメントに進んだ。 準決勝の対戦相手は同門の先輩であり、2007年の全日本選手権優勝者ので、先に2ゲームを先取するものの、その後4ゲーム連取され逆転負けとなり、ベスト4となった。 2007年2月26日、同年5月からの世界選手権代表(・)のダブルスに史上最年少で抜擢された。 1月、全日本選手権シングルスで2年連続ベスト4入り。 同年2月の世界選手権団体メンバー(5人)にも選ばれた。 同年4月、四天王寺高校に進学。 1年生のときの卓球シングルスでは、決勝で同じ高校の先輩の藤井優子を4-0で破り、1年生チャンピオンとなった。 1年生のインターハイ優勝は女子では57年ぶりである。 2008~09年の高校1年在籍中の1年間でインターハイ、国体、選抜、全日本ジュニアと高校生レベルの国内4大会を高校1年生にして完全制覇という大偉業を達成した。 1月、全日本選手権シングルスで初優勝した。 2015年1月の全日本卓球選手権で女子シングルス、ダブルス、混合ダブルスの三冠達成は1960年の以来54年ぶり2人目である。 世界舞台への挑戦 2009年、99位で出場した世界卓球選手権(個人)横浜大会では、2回戦で世界ランキング10位の(香港)にゲームカウント0-3、第4ゲームも3-9と劣勢の中から大逆転勝ちした。 その後も3回戦で、4回戦でユ・モンユ(シンガポール)にも勝ちベスト8入りした。 準々決勝では世界ランク1位の(中国)と対戦し、1-4とゲームを取る善戦をした。 なお、日本人女子選手が世界選手権でベスト8入りしたのは2003年パリ大会の福原愛以来である。 同年 09年 のでは、シングルス全試合で1ゲームも落とすことなく優勝し、連覇を果たした。 2010年1月、全日本選手権ジュニア女子の部で優勝し、史上初の4連覇を達成。 とのペアで優勝した混合ダブルスと合わせて、2冠を果たした。 5月の世界選手権(団体)で4勝(2敗)を挙げ、日本女子の5大会連続銅メダルに貢献。 メダルをかけた準々決勝の韓国戦は3番手として出場し、世界ランク16位のをゲームカウント0-2から3ゲームを奪って大逆転した。 7月のITTFプロツアー・モロッコオープンではでシングルス初優勝。 8月のでは女子シングルスを制し、女子で史上初の3連覇を成し遂げた。 同年12月の第8回の女子団体では中国の8連覇を阻止し初優勝をした、シングルスダブルスでも準優勝し活躍。 ジュニア大会ではあるが、世界タイトルイベントでの日本女子団体種目優勝は世界卓球選手権(名古屋大会)女子団体優勝以来、39年ぶり。 2011年1月22日、17歳10か月にして全日本卓球選手権大会女子シングルスで初優勝。 高校生での全日本女王は1988年の以来4人目。 終了後の5月16日付世界ランキングでロンドンオリンピックのシングルス出場が決定。 2012年6月には世界ランキング5位に浮上した。 2011の石川佳純 左 ロンドン五輪以降 のシングルスでは、第4シードとして3回戦から登場し、カンビン・リ()を4-2で下すと、4回戦はチェン・リー()を4-1で、準々決勝は(シンガポール)を4-1で破って、オリンピックのシングルスで日本勢男女通じて初めての準決勝進出を達成。 メダルを賭けた準決勝は第2シードの李暁霞(中国)に1-4で、3位決定戦は(シンガポール)に0-4で敗れて獲得はならなかったが、日本勢史上最高の4位入賞。 続く、とともに出場した団体では準決勝でシンガポールを破り、決勝で中国に敗れたものの2位となり卓球界初のオリンピックメダルとなる銀メダルを獲得した。 帰国後の8月17日には生まれ故郷・で石川佳純本人による人力車によるパレードが行われた。 山口市の市長は「世界を舞台に活躍した石川選手は社会に明るい希望と活力を与えた」とたたえ、「市民栄誉賞」の第一号を贈った。 2016年の世界選手権 2013年度から2015年度の全日本卓球選手権女子シングルスを3連覇。 2015年1月に世界ランキングで自己最高の4位に浮上した。 同年9月発表の世界ランキングで日本人最高の5位となり、2016年女子シングルス、および団体戦代表に選出された。 シングルスでは第4シードとして3回戦から登場。 (北朝鮮)との初戦、最終セットに右脹脛の痙攣を起こすもその後4ポイント連取するなど粘りを見せたが、フルセットの末敗れ初戦敗退となった(キムは最終的に銅メダルを獲得)。 試合後のコメントでは「(右足の異常は)そんなにプレーにも影響しなかったので大丈夫」と痙攣は直接的な敗因ではないことを説明している。 団体戦では全試合シングルスのみに出場し、1回戦から3位決定戦まで全勝しエースとして日本代表を牽引する活躍を見せ、2大会連続でメダルを獲得した。 2016年度の全日本卓球選手権シングルスは決勝まで勝ち進んだがに敗れ4連覇を逃した。 2017年2月に世界ランキングで自己最高の3位に浮上した。 2017年よりに参戦予定であったが 、リーグ開幕直前に外国人選手の出場ができない方針となった。 同年の全日本卓球選手権シングルスは準決勝でに敗れ、2011年から続く連続決勝進出記録が7で止まった。 2018年5月のでは と最終セットまで死闘を繰り広げたが、3-2で勝利し銀メダル獲得。 2018年10月に国内で始まったTリーグで、のチーム「」に所属。 2019年のでは吉村真晴との混合ダブルスで銀メダルを獲得し、3大会連続のメダルとなった。 その後、平野と東京五輪シングルス代表選考基準をめぐり、世界ランキングを争った。 最終戦となったワールドツアー・グランドファイナルで共に1回戦敗退となり、2020年1月の世界ランキングで日本人2位以内が確実となった ことから、東京五輪シングルス代表選考基準を満たした。 そして、2020年1月6日に東京五輪シングルス・団体の代表に内定したことが発表された。 プレースタイル 左・型。 ラバーは裏裏で、 ()、を得意とする。 ()はこれまで課題だったが、2007年1月の全日本ではバックでもかなり実力が上がっている事を証明した。 予測能力も高く、状況に柔軟に対応できる。 デビュー時に「愛ちゃん2世」とで取り沙汰されたが、そのプレースタイルは異なる。 尊敬する選手は、目標とする選手はで、どちらも左利きの中国人。 近藤欽司(当時日本代表監督)は、前には「オリンピック代表候補の選考に入る一人」と語っていた。 また、(元日本代表監督)は、「福原と同じく日本の宝」とその才能を賞賛している。 人物 芸能人では・・のファン。 特に伊藤については『』のうちわをロンドン五輪の際に持っていったほど。 また倖田とは、かつては一ファンとしてライブを見に行っていたが、現在は友達付き合いする仲で 、2014年2月に発売された倖田のアルバム『』には石川への応援曲「U KNOW」 が収録された。 松本はドラマ『』を見てファンになり、憧れの好きな男性芸能人として挙げるほど。 5学年下の妹のも左利きの卓球選手である。 、、は遠縁の親戚。 また、元石川武男はにあたる。 2005年 3月 立平川小学校 卒業• 2005年 4月 入学 (入学を機に、ミキハウスJSCに所属)• 2007年 のさわやか行政サービスのポスターに起用される。 2007年10月 就任• 2008年 3月 四天王寺羽曳丘中学校卒業• 2008年 4月 入学• 2011年 3月 四天王寺高等学校卒業(ミキハウスJSC脱退)• 2011年10月 で男子空手の井渕智とともに炬火最終走者を務めた。 2012年5月 日本卓球リーグ所属の女子卓球部に、リーグゴールド選手として登録。 2013年 4月 のアドバイザリースタッフに就任 主な戦績 2004年• 全日本卓球選手権大会():優勝 2005年• :シングルス ベスト32、団体優勝(四天羽中2年連続3度目)• 全日本卓球選手権大会(カデットの部):13歳以下シングルス優勝• 全日本卓球選手権大会(カデットの部):ダブルス優勝(酒井春香ペア) 2006年• 1月 :ジュニアの部ベスト8• 8月 全国中学校卓球大会:シングルス優勝、団体優勝(四天羽中3年連続4度目)• 9月 ・ジャパンオープン:出場(一般代表初出場)• 全日本卓球選手権大会(カデットの部):14歳以下シングルス優勝• 全日本卓球選手権大会(カデットの部):ダブルス 2位(俵美幸ペア)• 12月 世界ジュニア選手権大会:シングルス ベスト16 2007年• 1月 全日本卓球選手権大会:シングルス ベスト4 、ジュニア優勝• 2月 :3位• 5月 (クロアチア・ザグレブ大会):(ミキハウス)とダブルス,(青森山田高)と混合ダブルス出場• 8月 全国中学校卓球大会:シングルス優勝(2連覇)、団体優勝(四天羽中4年連続5度目)• 11月 2007アシアカップ():3位(同予選リーグで世界ランキング8位の()を下す) 2008年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス ベスト4入り(2年連続)、ジュニア優勝(2連覇)• 2月 ジャパントップ12卓球大会:3位(2年連続)• 3月 (広州大会):3位• 8月 :学校対抗優勝、シングルス優勝、ダブルス3位(藤井優子ペア)• 10月 第63回(大分):少年女子優勝(大阪少年女子2連覇)(藤井優子、酒井春香、石川佳純) 2009年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子ダブルス初優勝(平野早矢香ペア)、女子ジュニア優勝(3連覇)、女子シングルス ベスト8• 3月 第36回 全国高等学校選抜卓球大会:女子学校対抗 優勝(四天王寺高校)• 5月 (横浜大会):シングルス ベスト8• 7月 ITTFプロツアー・モロッコオープン:ダブルス優勝 (福原愛ペア)• 8月 :学校対抗準優勝、シングルス優勝(2連覇)、ダブルス優勝(酒井春香ペア)• 9月 第64回 新潟 :少年女子優勝(大阪少年女子3連覇)(酒井春香、石川佳純、高橋真梨子)• 12月 第5回:ダブルス優勝(福原愛ペア)、団体3位,混合ダブルス3位(ペア)• 12月 世界卓球選手権団体戦(モスクワ大会)国内選考会:1位 2010年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子ジュニア優勝(4連覇)、混合ダブルス優勝(ペア)、女子シングルス ベスト8• 2月 ジャパントップ12卓球大会:優勝• 2月 ITTFプロツアー・カタールオープン:U21優勝• 3月 ITTFプロツアー・ドイツオープン:ダブルス優勝(福原愛ペア)• 3月 第37回 全国高等学校選抜卓球大会:女子学校対抗 優勝(四天王寺高校)• 5月 (モスクワ大会):3位• 7月 ITTFプロツアー・モロッコオープン:シングルス優勝、ダブルス優勝(樋浦令子ペア)• 8月 インターハイ:シングルス優勝(3連覇)• 10月 ITTFプロツアー・ハンガリーオープン:ダブルス優勝 (福原愛ペア)• 11月 ITTFジュニアサーキットファイナル:女子シングルス優勝• 11月 (広州):女子ダブルス3位(福原愛ペア)、混合ダブルス3位(松平健太ペア)• 12月 第8回世界ジュニア選手権大会:女子団体初優勝(石川、森薗、谷岡、前田)、シングルス準優勝、ダブルス準優勝(ペア) 2011年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス初優勝、混合ダブルス準優勝(松平健太ペア)• 1月 ITTFプロツアー・イングランドオープン:U-21優勝• 4月 ITTFプロツアー・スペインオープン:U-21優勝• 4月 第20回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント(石川大会):準優勝• 5月 (ロッテルダム大会):シングルス ベスト16• 8月 ITTFプロツアー・チリオープン:シングルス優勝,ダブルス優勝(平野早矢香ペア)• 10月 ITTFプロツアー・スウェーデンオープン:U-21優勝• 11月 LIEBHERR2011ワールドチームカップ:準優勝(石川、福原、平野)• 11月 第9回世界ジュニア選手権大会:女子団体準優勝(石川、谷岡、前田、丹羽)• 11月 ITTFプロツアーグランドファイナル:ダブルス準優勝(福原愛ペア)、U-21優勝 2012年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス準優勝• 1月 ITTFワールドツアー・スロベニアオープン:U-21優勝• 2月 ITTFワールドツアー・カタールオープン:U-21優勝• 2月 女子団体 3位• 4月 ITTFワールドツアー・スペインオープン:U-21優勝• 4月 ITTFワールドツアー・チリオープン:U-21優勝• 5月 ITTFワールドツアー・韓国オープン:U-21優勝• 6月 ITTFワールドツアー・ジャパンオープン:U-21優勝• 8月 :シングルス4位、女子団体2位(石川、福原、平野)• 12月 平成24年度日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4〔内閣総理大臣杯〕:優勝(日立化成ゴールド選手として参戦)• 12月 ITTFワールドツアーグランドファイナル:U-21優勝 2013年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス準優勝• 1月 ITTFワールドツアー・オーストリアオープン:女子ダブルス準優勝(森園美咲ペア)• 2月 ジャパントップ12卓球大会:優勝• 2月 ITTFワールドツアー・クウェートオープン:女子ダブルス準優勝(森園美咲ペア)• 3月 ワールドチームカップ(中国・広州):女子団体準優勝• 4月 ITTFワールドツアー・韓国オープン:女子シングルス準優勝• 4月 アジアカップ:3位• 7月 女子団体 3位 2014年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス優勝、ダブルス優勝(平野早矢香ペア)• 5月 (東京大会):準優勝• 6月 ITTFワールドツアー・ジャパンオープン:女子シングルス準優勝• 9月 卓球 女子団体:準優勝(・・・)• 10月 2014女子シングルス:3位• 11月 ITTFワールドツアー・ロシアオープン:女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝(平野早矢香ペア)• 12月 平成26年度日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4〔内閣総理大臣杯〕:優勝(日立化成ゴールド選手として参戦) 映像外部リンク 戦(2014年12月14日、国際卓球連盟による動画)• 12月 ITTFワールドツアーグランドファイナル:女子シングルス優勝 2015年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス優勝、ダブルス優勝(平野早矢香ペア)、混合ダブルス優勝(ペア)• 5月 (蘇州大会):混合ダブルス準優勝(吉村真晴ペア)• 5月 ITTFワールドツアー・フィリピンオープン:女子シングルス優勝• 8月 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン:女子シングルス優勝• 11月 2015卓球ワールドカップ女子シングルス:準優勝(銀メダルは日本人初 ) 2016年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス優勝• 1月 ITTFワールドツアー・ドイツ:女子シングルス準優勝• 3月 (クアラルンプール大会):準優勝• 8月 :シングルス3回戦、女子団体3位(石川、福原、伊藤)• 11月 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン:女子シングルス優勝• 12月 :女子シングルス3位 2017年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス準優勝、混合ダブルス準優勝(吉村真晴ペア)• 4月 ITTFワールドツアー・韓国オープン:女子シングルス準優勝• 8月 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン:女子シングルス優勝、ダブルス優勝(伊藤美誠ペア)• 8月 ITTFワールドツアー・チェコオープン:女子シングルス準優勝• 9月 アジアカップ:3位 2018年• 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス ベスト4• 3月 団体 銀メダル• 3月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン:女子シングルス優勝• 4月 アジアカップ:3位• 5月 (ハルムスタッド大会):準優勝 2019年• 4月 (ブダペスト大会):混合ダブルス準優勝(吉村真晴ペア• 9月 アジア選手権(ジョクジャカルタ大会):団体準優勝、女子ダブルス銅メダル(平野美宇ペア)• 11月 団体 銀メダル 2020年• 1月 全日本選手権:女子シングルス 準優勝• 2月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン:ダブルス準優勝(平野美宇ペア)• 2月 ITTFチャレンジシリーズ・ポルトガルオープン:女子シングルス優勝• 2月 ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン:ダブルス優勝(平野美宇ペア) 成績 この節のが望まれています。 4位(2012)• ベスト8(2009、2017)• 銀メダル(2015)• 優勝(2014) ダブルス• ベスト16(2011)• 銀メダル(2012)• 銀メダル(2014、2016、2018)• 銀メダル(2011, 2013, 2018) 対戦成績 公式戦における主要選手とのシングルス対戦成績。 太字は最高世界ランク1位の選手 対戦数の多い選手• 12-9• 8-12• 0-16• 13-3• 13-3• 14-1• 8-7• 2-13• 11-3• 3-9• 0-12• 0-10• 10-0 その他の主要な選手• 1-7• 0-2• 1-0• 0-3• 1-5• 0-2• 5-1• 4-1• 5-3• 6-1• 2010年度特別功労賞を受賞 … 女子日本代表 、、石川佳純、、 が「世界選手権5大会連続のメダル獲得」を選考理由として受賞。 市民栄誉賞:2012年、2014年、2016年• 特別賞:2014年• 主な出演 テレビ番組• - 2011年5月16日放送分• - 2014年10月5日放送分• - 2018年1月15日放送分 CM・広告• (・・) - イメージキャラクター• 長州産業株式会社• ママの公式スポンサー(2015年 - ) - アンバサダー 映画• スポンサー• 脚注 []• 朝日新聞. 朝日新聞社 2009年8月4日. 2018年6月12日閲覧。 ニッタクニュース. 日本卓球 2011年7月. 2018年6月12日閲覧。 スポーツニッポン 2011年1月22日閲覧• スポーツニッポン2011年5月16日• 「卓球『銀』」佳純ちゃんがパレード、リオに意欲」(『読売新聞』2012年8月18日付)• - 日刊スポーツ、2017年10月5日閲覧• - 日刊スポーツ、2017年10月5日閲覧• 朝日新聞デジタル. 2018年5月5日. 2018年5月5日閲覧。 世界卓球2018• - スポーツ報知、2019年4月26日閲覧• - スポニチ、2019年4月26日閲覧• SANSPO. COM(サンスポ) 2019年12月12日. 2020年1月6日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2020年1月6日閲覧。 - サイゾーウーマン・2012年9月2日• - TV LIFE・2014年1月2日• に石川の地元であるのローカル特別番組『TOKYO2020へ!石川佳純 絶対応援宣言!!』()内において、倖田がVTR出演の際に明かしている。 この放送直前までは「どの曲が応援曲かは石川本人にだけ教える」として一般には非公表となっていた。 - サンケイスポーツ・2014年2月24日• 2011年10月2日. 2012年8月22日閲覧。 日本語 HTML プレスリリース , 日立化成工業株式会社, 2012年5月8日 , 2016年10月5日閲覧。 日本卓球協会• 日本卓球協会• 2015-011-01. 報知新聞社. 2017年6月3日. 2017年6月4日閲覧。 ITTF. 2019年11月10日閲覧。 PDF プレスリリース , 山口フィナンシャルグループ, 2013年3月1日 , 2013年4月13日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月25日. 2015年11月25日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 kasumi. - (中国語)• - 卓球ナビ•

次の

石川佳純の現在の彼氏は誰?妹の石川梨良もかわいい!すっぴん画像あり?

いしかわかすみ

左利きでフォアハンド、サーブを得意とする。 両親が元卓球選手で7歳で卓球を始める。 2005年の全日本選手権では、小学6年生ながら高校生と大学生を破って3回戦に進出、「愛ちゃん2世」として注目される。 中学進学後に福原愛もかつて在籍したミキハウスJSCに所属。 2007年の世界選手権(世界卓球)で福原の記録(14歳6カ月)を超える14歳3カ月と史上最年少での日本代表入りを果たした。 2008年全国高校総体卓球シングルスで優勝し、1年生チャンピオンとなった。 2009年の世界卓球では日本人トップのシングルスベスト8進出。 2010年1月、全日本選手権ジュニア女子の部で優勝し、史上初の4連覇を達成。 2011年の全日本選手権シングルスで高校生ながらついに初優勝を果たした。 2012年ロンドンオリンピックのシングルスでは、オリンピックのシングルスで日本勢男女通じて初めての準決勝進出を達成。 団体戦では福原愛、平野早矢香とともに出場し卓球界初のオリンピックメダルとなる銀メダルを獲得した。 2016年リオデジャネイロオリンピック女子シングルス、および団体戦代表に選出され団体戦では2大会連続メダル獲得となる銅メダルを獲得した。 2017年2月に世界ランキングで自己最高の3位に浮上した。

次の

石川佳純の妹もかわいい!父・母・妹も卓球一家でサラブレット!

いしかわかすみ

リオ五輪卓球競技の概要 まずは簡単に卓球女子のチーム編成をご紹介します。 オリンピックの女子卓球競技は2種目のみ。 団体とシングルスです。 日本代表の出場選手枠は団体戦3選手、シングルス2選手となっています。 ただし、シングルスに出場する2選手は必ず団体戦にも出場しなければなりません。 となると、シングルスの2選手プラス団体戦枠で残り1選手という事になります。 つまり、団体戦の3選手プラスシングルス2選手の5選手が派遣できるという事ではなく、1ヶ国当たりの選手が3選手しか選べないのです。 中国に次いで選手層の厚い日本卓球界にとってはなんとも悩ましい選手枠の少なさですが、同時に日本以上の圧倒的な層の厚さを誇る中国勢以外にもチャンスが増えるという事にもなります。 日本にとっては痛しかゆしと言った感じですが、中国選手の数が制限されるメリットの方が日本にとっては大きいと思います。 それでは、リオ五輪卓球女子団体、女子シングルスの代表となった石川佳純選手をご紹介します。 石川佳純 団体戦・個人戦 シングルス 出場 生年月日 :1993年2月23日生まれの23歳 出 身 地:山口県山口市 血 液 型:O型 効 き 腕:左 出 身 校:四天王寺高校 所属チーム:全農 グリップ :シェークハンド タ イ プ:ドライブ型 世界ランク:6位 2016年7月時点 五輪ランク:4位 同上 日本女子卓球界の新エース・石川佳純選手。 オリンピックは前回ロンドンオリンピックに続いてリオで2度目となります。 ロンドンでは初出場ながら団体戦でフル回転の活躍を見せ、銀メダル獲得に大きく貢献。 シングルスでは惜しくも3位決定戦で敗れ4位に終わりましたが、19歳という年齢を考えれば脅威の活躍と言えるでしょう。 そんな石川選手が周囲の期待通りに成長を続け、再びオリンピックの舞台に挑もうとしているのです。 石川佳純選手のプレースタイル、特徴、得意なタイプ、苦手なタイプ 石川佳純選手は左利きのシェークハンドのドライブ攻撃タイプ。 同じ日本チームの福原選手、伊藤選手と比べると少し打点を下げて強烈なフォア、バック両ハンドドライブで相手を粉砕するのが特徴です。 ラバーは裏表とも裏ソフト。 世界でも非常にオーソドックスなスタイルと言えるでしょう。 両面裏ソフトでドライブタイプといえば、ヨーロッパの選手に多いですが、石川選手のプレイスタイルはヨーロッパ選手のそれとは少し違います。 台から少し下がってかなり打点を下げて打つ選手が多いヨーロッパの選手ですが、石川選手はそれほど台から離れません。 基本的には台から近い位置で早いドライブを打っていきます。 分かりやすく言えば、福原、伊藤選手とヨーロッパのドライブタイプの選手の中間といったところでしょうか。 台から離れた卓球も勿論出来ますし、台の近くでの卓球も得意です。 非常に天性の卓球センスを感じさせるプレイヤーですね。 そこが天才と言われる所以なのです。 そんな石川選手のもう一つの特徴が、特に苦手なタイプがいない事。 どんな卓球も出来る石川選手は極端に苦手なスタイルの選手がいないというのも安定した成績を残している理由です。 少し前まではカットマンを多少苦手とする部分もあったのですが、最近では逆にカモにしています。 世界卓球では現在世界最強のカットマンとの呼び声も高い北朝鮮のエース、リ・ミョンスン選手を寄せ付けずに2連勝してしまいました。 相手の変化をつけたカットに対してほとんどミスらしいミスはなく、しっかりドライブで返しながら少しでも甘い球が来たらきっちり仕留めるという、正にカットマン攻略のお手本のような試合でしたね。 シングルストーナメントや団体戦でカットマンが相手であればラッキーかもしれません。 それくらいカットマンに対しては安定した戦い方が出来る選手です。 スポンサーリンク 【団体戦】左利きの石川は団体戦のカギを握るダブルス起用か? 初の五輪となったロンドンの団体戦では王者・中国に敗れたものの見事に銀メダルを獲得した石川選手。 今回は打倒中国で金メダルが最大目標となります。 しかし相手は勿論中国だけではありません。 同じアジアでも香港、シンガポール、韓国などは強豪中の強豪ですし、ヨーロッパでもドイツなどは全く油断のならない相手であり、実際に世界選手権の予選リーグでは敗れているほどの強敵です。 そんな中、団体戦はシングルス4、ダブルス1の計5試合で3勝した方が勝利する方式となります。 この方式でカギとなるのが、第3試合に必ず組み込まれるダブルスゲーム。 ここが最も重要だと言われています。 恐らく日本チームのダブルスは石川選手が出るはずです。 ペアが福原選手になるのか伊藤美誠選手になるのかは試合によって流動的になるでしょうが、石川選手はダブルスメンバーになると思います。 その理由は石川選手が日本女子チーム唯一の左利きだからです。 卓球のダブルスは左利きと右利きの選手のペアが最も有利なのです。 テニスやバドミントンと違って各選手が交互に打たなければならない卓球のダブルスにおいては、右と右、あるいは左と左だと余計な動きが多くなり、打球交代の際にスムーズさを欠くこととなります。 その点、左と右だと余分な動きが少なく済み、両選手がスムースに打てるのです。 団体戦の石川選手に期待されるのは、要となるダブルスともう1試合のシングルスで2勝を挙げる事。 まさに日本女子団体の命運を握る存在であるという事です。 そしてそれを託すに十分なだけの実力と実績を持っているのもまた石川佳純選手なのです。 【個人戦】五輪ランキング4位内に入る意義とは?シンガポールのファンにリベンジを! 石川選手の現在の世界ランキングは6位で、オリンピックのシングルス出場選手内のランキングは4位となっています。 このままオリンピックランキング4位をキープする事が出来れば、石川選手は上位4人に与えられるシード権を確保し、中国の丁寧 ていねい 、李暁霞(りぎょうか)の両選手と少なくとも準決勝まで対戦する心配がなくなります。 このままいけば上位4シードは丁寧、李暁霞、馮天薇 ファン・ティアンウェイ:シンガポール 、石川佳純の四人になります その次の5位が福原愛。 何とかオリンピックまで現在のランキングをキープして中国選手との対戦をギリギリまで回避できるかが大きなポイントになるでしょう。 全てのタイプの選手に対して安定的な戦いを見せる石川選手ですが、やはり卓球王国中国の壁は厚いです。 上位4シードに入ってメダルに王手をかけた状態で挑みたいですね。 中国選手の方が恐らく勝って当然という中国国内のプレッシャーが重圧となって重くのしかかるはずです。 しかし個人的に言わせてもらえば、馮天薇と対戦してほしいです。 馮はロンドンオリンピックの3位決定戦で石川佳純の銅メダル獲得の夢を打ち砕いた選手。 やはりオリンピックの借りはオリンピックで返してほしいですね。 そのうえで石川佳純の歓喜の笑顔が見られれば、ドラマとして最高じゃないですか。 選手として全てにおいてロンドンより成長した石川佳純の活躍に期待 23歳にして、世界にひしめく打倒中国の一番手の選手にまで成長した石川佳純選手。 シングルスでは世界四大大会 オリンピック、世界選手権、ワールドカップ、ITTFワールドツアーグランドファイナル のうち、ツアーファイナルで優勝し、ワールドカップでも銀メダル、銅メダルを獲得しています。 もはや日本のエースというより、世界の石川佳純と言っていいほど石川の存在は世界の卓球界に轟いています。 このリオオリンピックはそんな石川佳純選手が歴史に名を残す選手となるのに相応しい条件がすべて整ったと思いませんか? 初のオリンピックの舞台でありながら日本卓球界初の団体銀メダルをもたらし、シングルスでもメダルまであと1勝と迫った石川選手。 心技体全てに充実して臨むこのブラジル・リオデジャネイロの地で見事に世界の頂点に輝く姿に期待しましょう。

次の