アルロ 攻略。 【ポケモンGO】ロケット団リーダー対策!クリフ・シエラ・アルロのバトル攻略ポケモンと戦い方まとめ|ポケらく

グラクロ攻略サイト

アルロ 攻略

クチート• カメックス• 上記以外 技によっては苦戦するクチート 1体目に出てくる 「クチート」はノーマルアタックが4種類あり、キバ系と「かみつく」が高威力でこちらのHPがどんどん削られていきます。 スペシャルアタックを短間隔で撃つポケモンでガンガン攻めるか、タイプ耐性を持つポケモンでダメージを抑えながら戦いましょう。 こちらは1体で勝つことが難しいことも考えられるため、 2体目に持ち込んでのバトルも視野に入れます。 攻撃・耐久の両面強いカメックス 「カメックス」は2重弱点がなく耐久力もそこそこあり、かつ撃ってくるノーマルアタックの「かみつく」「みずでっぽう」が強力です。 バトルが長引くと不利な状況になってしまうため、素早くスペシャルアタックを撃つことができる優秀な技構成持ちのポケモンで一気に攻めましょう。 「クチート」の 「ほのおのキバ・こおりのキバ・かみつく」の3つにタイプ耐性があり、攻撃でも優秀な「ほのお」タイプ技で弱点を突くことができる 「バシャーモ」がおすすめです。 「ゴウカザル」も「バシャーモ」と同じタイプ耐性を持ち、特別限定技の「ブラストバーン」を覚えていれば活躍できます。 「クチート」の技が「かみつく」の場合はかなり厳しいバトルになりますが、 「ほのおのキバ・こおりのキバ」の場合は耐久力のある「エンテイ」・「ほのおのパンチ」をガンガン撃ち込める「ブーバーン」もおすすめです。 ただし、「クチート」の攻撃力は技が「おどろかす」だった場合を除いてかなり高く、 1体での勝利は難しい場合もあります。 その場合は2体目にも「ほのお」タイプポケモンを用意したり、優秀技の「ラグラージ」を置いて勝利後にそのまま敵の2体目に挑めるようなパーティ編成がおすすめです。 対策ポケモン — 2体目 リザードン対策 ー 「ハガネール」は非常に耐久力が高いため、確実に弱点を突いて攻撃したいところです。 弱点を突くポケモンの中では、 「ハガネール」の強力なノーマルアタック「かみなりのキバ」に耐性のある 「じめん」タイプのポケモンがおすすめです。 「じめん」タイプ最強の「グラードン」、覚える技構成が優秀な「ラグラージ」が非常におすすめです。 「ガブリアス」は「ハガネール」のノーマルアタックが「ドラゴンテール」だった場合に弱点となりますが、それ以外の技の場合は非常に有利にバトルができます。 お手軽に入手できるところでは、 「 」から進化入手できる「ドリュウズ」、「 」から進化入手できる「ガマゲロゲ」もおすすめです! 弱点や対策のポイントは「カイリュー」と同じなため、説明は割愛します。 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず 諦めて別の場所のロケット団リーダーを選んでバトルをしましょう。 同じロケット団リーダーでも場所が変われば、2体目・3体目に出してくるポケモンは変わります。 (偶然同じになる場合もあり) まずは自分の勝ちパターンを把握して勝利をしつつ、ポケモンを育成して勝ちパターンを増やしていきましょう! 同じGOロケット団のしたっぱ、リーダーである「クリフ」と「シエラ」、そしてボスである「サカキ」対策は以下にまとめています。

次の

アルテイルクロニクル攻略wiki

アルロ 攻略

タツベイ戦でアルロにシールドを2回使わせると、2匹目と3匹目が戦いやすくなるため、 スペシャル技の回転率が高いポケモンを1匹目に出してシールドを剥がしましょう。 技の回転率も高いため、シールドを剥がす役割として非常に優秀なポケモンです。 育成している方は是非採用しましょう。 性能も攻撃種族値が高く優秀なため、初心者の方は採用してみましょう。 リザードンは火力が高いため、いわ技で弱点を突き、HPを削られる前に倒しきりましょう。 ほのお技とひこう技に耐性があるいわタイプのポケモンを中心に編成すると、リザードンからの被ダメージを極端に減らせるのでおすすめです。 攻撃性能が高いので、 強化済のバンギラスであれば問題なく倒しきれます。 耐久が高く、アメの入手難易度も低いため、 バンギラスの育成が済んでいない方の選択肢として有能と言えます。 ひこう技が等倍になる点に注意しましょう。 カメックス タイプ 通常わざ スペシャルわざ アルロが2匹目に出してくる「カメックス」は、みずタイプなので でんき、くさ技で弱点を突くことができます。 カメックスの通常技に「かみつく」があるため、あく技に耐性があるポケモンの編成も考慮すると盤石です。 アメの入手難易度も低く、育成しやすいのも魅力と言えます。 カメックスのスペシャル技がれいとうビームの場合は倒されてしまうので、注意しましょう。 被ダメージを気にせずゴリ押せるため、フシギバナとダーテングを強化していない方におすすめできます。 通常技とスペシャル技に各3種類のタイプがあるため、 2匹目に出してくるポケモンの中で最も厄介です。 攻撃と耐久がともに高水準のポケモンなので、こおり技で2重弱点を突き、一気に倒しきりましょう。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 アメの入手難易度も低い点も魅力的です。 ハッサムは耐久が低いため、ほのお技を中心にゴリ押せば安定して倒せるため、編成する時はほのおタイプのポケモンを採用しましょう。 ほのお技で2重弱点を突けるので、問題なく倒しきれます。 伝説ポケモンなので育成コストはかかりますが、育成する価値はあるので、最低でも1匹は育成しておきましょう。 技の回転率が高いですが、耐久が心許ないため、シールドを駆使してカバーすると欠点を補えます。 カイリューと同様にこおり技を持つポケモンを中心に編成することをおすすめします。 ボーマンダは通常技とスペシャル技にほのお技を持っているため、育成が不十分なこおりポケモンを編成すると逆に倒される危険があることに注意が必要です。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 「れいとうビーム」を覚えることができるため、わざ解放することで汎用性がより際立ちます。 育成コストはかかりますが、強化して損はしないポケモンです。 関連記事 ロケット団の関連記事 アルロ対策 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の

【ポケモンGO】ロケットリーダー「アルロ」対策

アルロ 攻略

水技は相性等倍だが専らシールド破壊用に使い、ダメージソースは「マッドショット」と「じしん」が担う。 なお、「だくりゅう」のほうが「ハイドロカノン」よりも早く使用できるが、「ハイドロカノン」を忘れさせてまで覚えさせる必要はない。 2回使わせた後は「げんちのちから」もしくは、「じしん」で一気にダメージを与えよう。 なお、氷技「こおりのキバ」が弱点になるので、被ダメージが大きいと感じたらやり直すのが無難。 どちらも威力が低いが、「すなじごく」は相手の防御を1段階下げる効果があるので、連続で使用していけばダメージが通りやすくなる。 省エネの「ブレイズキック」でシールドを使わせ、ブラストバーンで大ダメージを狙っていきたい。 「ストーンエッジ」は3番手のカイリューやボーマンダ用に。 「ドラゴンクロー」は3番手のカイリューやボーマンダ用に。 ハガネール対策 ラグラージの役割は素早くゲージ技を発動して、アルロにシールドを使わせつつ、 弱点の地面技でクチートを撃破すること。 そのまま2番手のカメックスに突入しても良いですが、入れ替え硬直が終わった後も継戦し続けて、ラグラージが瀕死になるのは勿体ないので、 ジュカインに交代しましょう。 ジュカインに交代でまた硬直が発生するので、ゲージ技の硬直とあわせてカメックスにゲージ技を使用される前に勝利可能(「かみつく」の場合はギリギリ)。 ボーマンダ(またはカイリュー)は氷タイプがW弱点なので、 ゲージ技を1回でも使用できれば勝ちは確実。 育成が足りていない場合はジュカイン瀕死後にラグラージ、ラグラージ瀕死後にマンムーと少しでも相手のHPを削ってから出しましょう。

次の