ソフトバンク 解約手数料。 ソフトバンク|契約期間中の解約料金・違約金はいくらかかる?iPhone Xで試算

ソフトバンクが新料金プランを発表 期間拘束と解約金なし

ソフトバンク 解約手数料

・運転免許証 ・日本国パスポート ・マイナンバーカード ・身体障がい者手帳 ・療育手帳 ・精神障がい者手帳 ・健康保険証+補助書類 補助書類として利用可能なものは住民票記載事項証明書、公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物、ソフトバンク発行の請求書や領収書です。 本人確認書類はコピー不可のため、必ず原本をお持ちください。 また、 解約する機種の本体とUSIMカードも必要です。 紛失・盗難などでUSIMカードが手元にない場合、窓口にてその旨をお伝えください。 都合により本人が出向けない場合には、 家族などの代理人が手続きをすることも可能です。 その際には委任状と、代理人の本人確認書類、契約者との関係が確認できる書類などが必要です。 委任状のフォーマットはからダウンロード可能です。 なお、 代理人が手続きに訪れる場合にも機種の本体とUSIMカードが必要なので、忘れないようにご注意ください。 またプランによっては契約更新月以外に解約する場合、契約解除料(違約金)が発生するので注意しましょう。 違約金が発生する場合の料金はいくら? 違約金はプランや契約タイプごとに異なります。 プランごとの料金をまとめていますのでまずは下表をご確認ください。 プラン名 契約タイプ 違約金 基本プラン(新) — 0円 通話基本プラン(旧) 2年契約 9,500円 2年契約 (フリープラン) 9,500円 2年契約なし 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 スマ放題/スマ放題ライト 専用2年契約 9,500円 専用2年契約 (フリープラン) 9,500円 2年契約なし 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 ホワイトプラン — 9,500円 標準プラン — 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 データバリューパック 2年割引 10,000円 年間割引 4,000円 スマート一括 2年契約 1ヶ月目 ~ 3ヶ月目に解約:24,500円 4ヶ月目 ~ 23ヶ月目に解約:9,500円 このように違約金は一律というわけではなく、契約プランや解約のタイミングによっても異なります。 まずはご自身の契約をご確認ください。 契約はMy SoftBankからご確認可能です。 なお、発生した違約金はその場で支払うのではなく、 最終の利用料金と合わせて請求されますのでご注意ください。 ソフトバンクを解約する際の注意点 続いては、ソフトバンクを解約する際に注意しておきたい4つのポイントについて解説します。 思わぬ出費が発生しないようにしっかりとご確認したうえで解約をご検討ください。 端末の残債は残る まず注意したいのが、端末の残債です。 スマホ本体の価格は毎月の利用料金と共に分割で請求されています。 解約のタイミングで端末本体料金の支払いが終わっていない場合、その端末の代金が残債として請求されます。 ソフトバンクを解約したからといって、端末代金の支払いがなくなるわけではありません。 残債の支払いは、分割と一括のどちらも選択可能となっています。 残債の有無はMy SoftBankから確認可能で、手順は以下の通りです。 タブレット・iPad単体での契約の場合、 データシェア活用時よりも利用料金が割高になってしまいます。 スマホとタブレット・iPadの両方を契約している場合には、スマホ単体を解約するのではなく、スマホとタブレット・iPadの両方を解約することをおすすめします。 有料コンテンツは自動解約されるとは限らない スマホで有料コンテンツを利用している場合は、スマホを解約しても有料コンテンツの契約が解除されないケースがあります。 この場合、まったく利用していないにも関わらず利用料金が発生することになってしまいます。 有料コンテンツを利用していて、今後は利用しないという場合には、スマホの解約前に、個別に解約手続きを済ませるようにしてください。 万が一解約を忘れていた場合には、それぞれのサービスに対し電話などで解約手続きをする必要が出てきます。 アカウントの情報などが手元になくなるため、大変な作業になりがちなので、スマホの解約前に済ませておきましょう。 なお、ソフトバンクオフィシャルのオプションとして発生している有料サービスに関しては、契約解除と共に自動解約されますのでご安心ください。 解約時の月額利用料金は基本的に日割り計算されない 解約月の月額料金ですが、「ホワイトプラン」や「パケットし放題 for 4GLTEプラン」など、一部のプランを除き、日割り計算は適用されません。 1ヶ月分が丸ごと請求されることになります。 解約タイミングによっては、スマホをほとんど使っていないにも関わらず月額料金を払うことになってしまいますので、タイミングを見計らって解約手続きを行いましょう。 なお、オプションの利用料金に関しては日割り計算が適用されるものもあります。 ソフトバンクを解約する前にやっておくべきこと 続いては ソフトバンクの解約前に済ませておきたい3つのポイントをご紹介します。 新しいキャリアで困ることのないように、事前に対処しておきましょう。 キャリアメールを別のメールアドレスへ変更する キャリアメール(~ i. softbank. jp)を使って友人や職場などに連絡をしていた人は、メールアドレスが変更になることを伝えておきましょう。 また、各種サービスのアカウントをキャリアメールのアドレスで登録している場合、解約前に設定の変更を済ませておく必要があります。 変更を忘れてしまうと、お知らせを受け取れなくなり、場合によっては利用できなくなることもあります。 LINEやアプリの引き継ぎ設定をする LINEやゲームアプリなどを利用している場合、データの引き継ぎ設定を済ませておきましょう。 引き継ぎがうまく行えなかった場合、今まで蓄積していたデータが消える可能性があります。 なお、LINEの引き継ぎ方法は以下の通りです。 以上で、引き継ぎ設定が可能となります。 なお、解約に伴い機種のOSを変更する場合には注意が必要です。 異なるOS間では以下が引き継げません。 ・トーク履歴 ・トークの背景 ・通知音 ・コイン残高とLINEポイント キャリアと共に機種のOSの変更も検討する場合、上記を理解したうえでご検討ください。 トークの履歴をどうしてもとっておきたいという場合は、テキストファイルでバックアップすると、テキストとして保存が可能です。 ゲームに関しては、アプリによって引き継ぎ方法が異なりますが、一般的には機種変更コードを発行し、新しい機種からそれを入力するという方法や、メールアドレスとの紐付けで情報を引き継ぐことが可能です。 詳細は各アプリのマニュアルをご確認ください。 LINEやアプリなど、大切なデータをしっかりと引き継げるよう、準備をしておくことが重要です。 ソフトバンクを解約すべきではないケース 続いては、ソフトバンクの解約をオススメできないケースについて解説します。 該当する場合にはポイントを踏まえて再度検討してみてください。 料金プランの見直しをしていない場合 ソフトバンクの解約を検討している理由が料金プランにある場合は、解約する前に料金プランの見直しを行ってみてください。 「ミニモンスター」プランは、データも通話も使用した分だけ料金が発生する仕組みになっています。 ほとんど利用しない人であれば、最安で1,980円~という格安スマホ並みの料金に抑えることが可能です。 そのほかにも、利用するスタイルに応じたプランが用意されています。 自分に適切なプランがわからないという人は、ソフトバンクショップに行けば、現在の利用状況を確認しながら相談にものってもらえます。 ソフトバンク独自のサービスを多く利用している場合 ソフトバンクは、 PayPayボーナスや 毎週金曜日のクーポン発行(スーパーフライデー)など、独自のサービスが充実しています。 これらのサービスを頻繁に利用している場合、ソフトバンクの利用を続けた方がトータル的にお得になるケースも多いです。 また、Yahoo! ショッピングを頻繁に利用している場合も、解約はあまりおすすめできません。 キャリア間でスマホの利用料金を比較することはもちろん大切なのですが、ライフスタイル全体を通したトータルの出費で考えることも重要です。 新しい機種を利用したい場合 新しい機種を使いたいという理由で解約を検討しているのであれば、ソフトバンクを続けた方がお得になるケースがあります。 機種変更では違約金は発生しませんし、下取りプログラムを利用すれば24ヶ月分の利用料金から最大で総額6万円が割引されますので、お得に最新機種を利用できますよ。 まとめ ソフトバンクの解約の手順から解約に必要なもの、解約のタイミングや、違約金などについてご紹介してきました。 ソフトバンクを解約するのであれば、違約金が発生しないよう、更新月のタイミングに合わせることが大きなポイントになります。 また、注意点としてご紹介したとおり、機種代金の残債がある場合など、解約後も支払いが続くケースがあります。 解約を検討する前に、残債の金額などを確認しておきましょう。 また、解約して他社に乗り換えたからといって必ずお得になるとは限りません。 契約内容の見直しを含めて、解約前にしっかりと比較・検討することがオススメです。 最新機種を使いたい場合も、下取りプログラムなどを上手に活用して、賢くお得に利用してください。

次の

ソフトバンクが新料金プランを発表 期間拘束と解約金なし

ソフトバンク 解約手数料

もくじ• ソフトバンク2年縛りが廃止に ソフトバンクが2年縛りを廃止すると発表がありました! これっていつ解約しても0円ってこと? 今日現在ではまだはっきりしていませんがその可能性が高いですよね。 しかしまだどのようなプランなら縛りがないなどの詳細は出ていません。 2019年9月13日からとの報道がありますので発表を待ちたいと思います。 ラインモバイルも解約手数料変更 ラインモバイルは今まで音声通信シムを契約すると1年たたないと解約手数料が約1万円かかっていました。 しかし2019年10月からなんと「1000円」だけになると発表されたのです。 これはすごいです! 私はそれ以前に契約しているので前のままですが、10月以降に契約した人ならいつ解約しても1000円しかかからないんですよ!これってすごくないですか! 使ってみたいけど解約手数料が・・・と思っていた人にはすごくありがたいですよね。 ただこの発表からわかるように今現在契約している人は前の解約手数料の契約のままということになります。 ソフトバンクなどの大手もやはり同じ流れになると予想されます。 1000円になれば乗り換えようと思っていた人にとってはやはり自分の切り替え時期じゃないと前のまま解約手数料がかかるのではないかと想像できます。 今後の情報に注目ですがうれしい方向に変わってくれることを期待したいですね。 解約手数料1000円のデメリット 解約手数料が1000円になるデメリットはありません! ただ気を付けてほしいことは何点かあります。 それは、 スポンサーリンク 1.乗り換えるには手数料がかかる 解約手数料は確かに1000円だけですが、もし電話番号をそのまま他社へ乗り換える場合、 「ラインモバイル」を例にするとこうなります。 ラインモバイルから転出する・・・MNP転出手数料:3,000円(税抜) 乗り換え先(例:ラインモバイル)・・・契約事務手数料3,000円(税抜)+SIM発行手数料400円(税抜) 少なくみても7,400円(税抜)が発生するということです。 これはいろいろなキャンペーンを利用すれば減らすことも可能ですが頻繁に繰り返すのと意外と無駄なお金が流れるかもしれません。 格安シムにした意味がなくなってしまわないように注意が必要です。 2.キャンペーンの悪化 実は気になったのがこれです。 今回ラインモバイルも解約手数料を1000円にするという発表と同時に今までやっていたキャンペーンが改悪されました。 もちろんこれはタイミングもありますので今よりもっと良いキャンペーンが今後出てくる可能性はあります。 いや秋から年末に向けてもっと良いキャンペーンが出てくる可能性はかなり高いです。 しかしやはりどこかで値下げがあるとほかでカバーされるのは想像できますよね。 すべてはタイミングがすべてです。 解約手数料1000円を発表している会社はどこ? 現在解約手数料1000円(0円)にすると発表した会社はどこでしょう。 ラインモバイル・・・2019年10月から1000円に• au…2019年9月13日から1000円に• ソフトバンク・・・2019年9月13日から0円に?! 解約手数料1000円になったよ!をまとめると 解約手数料がネックで携帯会社を変えることができないと迷っていた人にとってすごくうれしい改定がこの「解約手数料1000円」ではないでしょうか。 ただ各社の発表をよく確認してくださいね。 2年縛りがなくなるかわりに価格設定がかわってくるはずです。 本当にお得なのはどっちなのか、きちんと確認しないと縛りはないけど月々高くなった~なんてことあり得ます。 そして今契約中の方、たぶんこの2年縛り廃止には該当しないと思われます。 しかしその解約手数料を払ってもすぐ取り返せるのが格安シムです。 私はラインモバイルにして2か月目、今月の請求額なんと380円でしたから! ぜひシミュレーションしてみてください! 驚くこと間違いなしです。

次の

解約金は1万円だけじゃない!?ソフトバンク解約にかかるお金を解説します。

ソフトバンク 解約手数料

この記事の目次• 1Softbank Airの特徴 Softbank Airは、Airターミナルという通信機器をコンセントに繋ぐだけで無線で、インターネット通信が出来る便利なサービスです。 他に無線でネット通信が出来るサービスには、ポケットWi-Fiが有名ですが、ポケットWi-Fiとの違いは、月にどれだけ使用しても通信制限がかからないという点と、契約した住所のみでの使用となるため持ち運びが出来ないという点です。 2 Softbank Airの基本料金 Softbank Airは、端末のAirターミナルを購入とレンタルから選ぶことができ、それによって毎月の支払いが変わります。 1解約違約金はいくら? Softbank Airは、24ヶ月ごとに自動で契約が更新される為、解約できるタイミングは、契約が満了する月です。 契約満了月以外に解約する場合は、違約金として9,500円がかかります。 2端末撤去料 通常の固定光回線を始める際は、家の外から光回線を宅内に引き込み、その線をコンセント化させて、LANケーブルでつなぐ必要があるので、固定ネット回線の解約時に、もし引き込んだ回線やコンセントを外したいという場合は、撤去費用が掛かります。 (そのまま回線を残すことも可能) しかし、 Softbank Airはこういった工事が無く、Airターミナルという機器をコンセントに繋げて設置するだけなので、撤去も簡単で自分で機器を外すだけとなります。 Softbank airの利用に必要な機器の「Airターミナル」は、購入したものであれば自分で処分すれば大丈夫ですが、レンタルしたものであれば、返却の必要がありますので、ダンボールに入れて宅配便で返却先住所へ送ります。 【Softbank Airターミナル返却先】 〒277-0804 千葉県柏市新十余二3-1 GLP柏物流センター1階 SoftBank モデム係 宛 電話番号 0800-1111-820 電源アダプタやLANケーブルなど、最初に梱包されていたものはすべて返却します。 宅配業者に指定はなく、送料はお客様負担です。 返却期限は解約手続きの翌月20日です、未返却時や故障していた場合には違約金や修理費が発生します。 3端末分割払いの残債 Airターミナルをレンタルしている方には関係ありませんが、購入した場合は36カ月の分割払いにしているはずです。 しかし、 途中で解約してしまうと割引も終了し、端末の分割残債分は支払う必要が出てきます。 たとえば、24ヶ月で解約した場合、残り12ヶ月間分の割引きがなくなるので、Airターミナル2/3の場合、19,440円の残債は自腹になってしまうとう訳です。 4おうち割光セットなどの割引の解約料 Softbank Airとソフトバンクのスマホで「おうち割光セット」の割引きを受けている方も多いですよね。 Softbank Airを解約すると「おうち割光セット」の割引きは終了になりますが、こちらに関しての解約料は特に発生しませんので安心してください。 また、ソフトバンクでんきとSoftbank Airでセット割を組んでいる方も、Softbank Air解約と同時に「おうち割でんきセット」の割引きが終了となります。 Softbank Airだけ解約するのであれば、単純にセット割が終了になるだけなのですが、ソフトバンクでんきも解約する場合は、解約事務手数料がかかるのでその点は覚えておいてください。 ソフトバンクでんき解約に伴い発生する料金 プラン 自動更新/解約事務手数料 スタンダード 1年/540円 バリュー 2年/2,500円 プレミアム 2年/5,000円 Softbank Airで光固定電話を利用するサービスの「おうちのでんわ」は、Softbank Airの解約と同時に使えなくなります。 解約後の電話番号の扱い方によって、発生する費用が変わります。 1契約満了月に解約する 課金開始日を1カ月目として、24か月目が契約満了月となり、24か月目に解約すれば9,500円の違約金はかかりません。 24か月目に解約しない場合は、契約が自動で更新され48カ月目が次回の契約満了月になります。 たとえば、2018年1月に課金が開始されたら、2019年12月が契約満了月で解約しても違約金が発生しない月です。 2解約金負担がある他社回線に乗り換える Softbank Airの解約後もインターネットは必要ですよね、ネット回線を乗り換える時は、乗り換え先でSoftbank Airの違約金(9,500円)を負担してくれるところにすると負担がぐっと減ります。 他社ネット回線の解約違約金を負担してくれるキャンペーンを行っているネット回線の一つに、auひかりがあります。 auひかりは、他社の解約違約金を最大3万円まで負担してくれるので、Softbank Airの解約金を全額カバーする事ができます。 さらに、Airターミナルを購入している方は、分割払いの残債が残っている場合、こちらも負担してくれます。 このキャンペーンを、auひかりスタートサポートといいます。 スタートサポートには適用条件があり、「光電話」と「電話オプションパック」の契約が必須です。 戸建てのプランに関しては、3年契約である「ずっとギガ得」に入ることも条件になっています。 3 auひかりの最もお得な申込み方法 auひかりは公式のキャンペーンで他社回線の解約違約金を負担してくれるので、Softbank Airの乗換え先におすすめです。 auひかりを代理店経由で申し込むと、さらに代理店独自の特典も受けられるため、大変お得です。 こちらで、紹介している代理店の「NNコミュニケーションズ」では、ネットの申込みだけで、43,000円ものキャッシュバックが貰えます。 また、auひかりについてもっと詳しく内容を確かめて契約をしたい方は、以下の記事も参考になります。 1クーリングオフで解約する方法 Airターミナルを受け取ってから8日以内であれば、クーリングオフに似た「初期契約解除制度の確認措置」という制度でキャンセルができます。 この制度を利用すれば、回線契約のキャンセルはもちろん、高額なAirターミナルの購入もキャンセルできます。 ただし、「電波状況が悪い」「十分な説明がされなかった」などの理由が必要になります。 キャンセルの連絡は電話で行うので、下記番号へおかけください。 Softbank Air キャンセル連絡先 0800-111-820 受付時間:10時~19時 4. 2一般的な解約の手順、注意点 Softbank Airの解約は電話のみで行っています。 解約の連絡をする前に、MySoftBankで「契約満了月・端末分割払い残債など」、ご自身の契約状況を確認すると良いでしょう。 最初の更新月の「24か月目」に解約すると、端末購入代金の分割金額が12カ月分残ってしまう計算になりますので、両方がゼロになるのは、2回目の更新月の「48カ月目」となります。 3オプション等の解約 Softbank airのオプションだけを解約したい場合は、電話でオプションを解約する事も可能ですが、MySoftBankからオンラインで行う方が便利です。 MySoftBankであれば、電話のように待たされることなく、しっかりと自分の目で確認できるので安心感も高いでしょう。 My SoftBankへは、契約時に送られてくる書面にかかれているS-IDが必要になりますので、ご用意の上ログインをしてください。 4解約時の連絡先 Softbank Airのキャンセル・解約・オプションの解除などの連絡先は以下の番号におかけください。 そこで、解約後のAirターミナルの使用について解説します。 1購入したAirターミナルは解約後利用価値なし 結論からいうと、Softbank Airを解約してしまったら、購入したAirターミナルに使い道はありません。 たとえば、光回線を新たに引いて、Wi-Fiルーターとして使おうと思っても利用できません 物理的にWANポートがありません。 一度解約し、また本人がSoftbank Airを再契約するのであれば、購入したAirターミナルを使えますが、ヤフオクなどで他人のAirターミナルを購入しても全く使い道がありませんので絶対に買わないようにしましょう。 2 古いAirターミナルと割引き 以前使っていたAirターミナルを利用する為に、Softbank airを再契約する場合は、「はじめようSoftBank Air割」は適用されず、ずっと通常料金となり結構高額です。 この割引を再度利用したい場合は、家族の別名義で契約するなど、新規でSoftbank Airを契約するしかありません。 一度解約したAirターミナルは契約した本人しか使えない縛りがあり、別の家族名義では使えませんので、古いAirターミナルの使用は諦めるしかありません。 別の家族名義で、新規として契約したほうが、始めようSoftbank Air割が受けられ、また代理店のキャッシュバックも貰えるので断然お得です。 そうなると、一度解約した購入済みのAirターミナルは利用する方法が無いため、自治体のゴミ処分方法に従い捨てるしかないでしょう。 最初の更新月となる24カ月目で解約すれば、違約金は発生しませんが、購入した端末の残債が12ヵ月分かかります。 Softbank Airを全く負担なく解約するのは難しい事なので、違約金と端末残債を負担してくれるネット回線へ乗り換えるのが一番良い方法でしょう。 その際は、先ほど紹介したauひかりがおすすめです。 auひかりは、他社回線の解約違約金を負担してくれるほか、代理店からの申し込みで高額のキャッシュバックが受けられるからです。 auひかりの正規代理店NNコミュニケーションズのキャッシュバックの詳しい内容は、以下のキャンペーンサイトでご確認くださいね。 また、auひかりが一部利用できない地域もありますので、そのような場合は、以下の記事で簡単な質問答えるとあなたにピッタリの回線の診断を受ける事が出来るので、ぜひお試しください。

次の