しゃっくり 止める 言葉。 「しゃっくり」を一瞬で止める方法は何種類ある?

しゃっくりが止まる方法!ほぼ確実にしゃっくりを止める手順を解説

しゃっくり 止める 言葉

「しゃっくり」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 たいへん驚きました。 ギネスブックによると、世界最長記録保持者はアメリカのチャールズ・オズボーンさんで、1922年に始まり、亡くなる一年前の1990年まで68年間続いたのだそうです。 そのペースは多いときには毎分40回というから呼吸のスピードとそれほど変わりません。 それでも普通の生活を送っていたというから世界は広いのだと改めて感心させられます。 さて何の話でしょうか? 今日のテーマは「しゃっくり」。 しゃっくり(噦り、吃逆、嗝)とは、横隔膜の強直性痙攣や、声帯が閉じて「ひっく」という音が発生すること。 これが一定間隔で繰り返される現象のことを言います。 飲食物や会話などの刺激がきっかけでおきることが多いですが、明確な原因がなくても起こることもあるそうです。 これは気をつけなければなりませんね。 試験の前、プレゼンの前、会議の前、デートの前、そんな緊張も伴うような場面で「ひっく」なんてやってしまったら10分の1くらいの可能性でその場が和む場合もあるかもしれませんが大方のケースでは苦笑いを伴い、後々に悪い印象が残ってしまうことでしょう。 ただ、これも生理現象の一つと考えられ、我慢のしようもないから困ってしまいますよね。 「しゃっくり」にまつわる話を一つ思い出しました。 それは運転免許の更新に訪れた警察署の講習室。 優良講習でもビデオを見せられるのですが、その担当の女性が説明に来るや早々に「ひっく」ばつが悪そうにビデオの電源を入れて「ひっく」ビデオが始まり退出して廊下を歩きながら「ひっく」20分ほどの終わりごろに登場するやいなやまたまた、まだまだ「ひっく」とうとう最後までそのしゃっくりは終わることがありませんでした。 その時のビデオの内容も、訂正箇所の説明も、教本の内容もほとんど覚えていませんが、彼女の顔としゃっくりの音だけはいつまでも頭の奥底でリピートされ続けます。 そんな「しゃっくり」ですが、まれに横隔膜の炎症や腎臓病、脳腫瘍といった疾患からきているケースもみられるそうです。 あまりにも止まらないときには早期受診をおすすめいたしたします。 音便化とは、発音の便宜によって語中・語末で起こった連音変化のことをいう しゃくりは、くりぬく意味の「さくり」が変化した言葉でなので「しゃっくり」「しゃくり」「さくり」は同じ意味で使われることもあるようです。 くりぬく意味の言葉が「しゃっくり」や「しゃくり」に由来するのは、腹がくりぬかれたような感じがするためと考えられます。 実際にくり抜かれることはありませんが、長く続くと呼吸が苦しくなったり胸が痛くなったり「くり抜かれる」という表現も遠からず近からずほどよい加減かもしれませんね。 英語では、「ヒカップ」(hiccup またはhiccough)というそうで、これはしゃっくりが発生した時に出る、「ヒック」という音から連想されたようです。 鶏の鳴き声同様に各国で聞こえ方は若干違うようですが。 ドイツ語では「シュルックアウフ」、スペイン語では「イポ」、フランス語では「オケ」。 ロシア語では「イコータ」、フィンランド語やノルウェー語では「ヒッカ」「ヒッケ」といった具合で、最後の二国については以外にも日本語の発音に近いようですね。 しゃっくりの多くは数分で止まるのご通常ですが、先ほど述べたように疾患が原因の場合もあるので気をつけたいものです。 さて、どうしても困った場合を想定し、いくつかの民間療法を紹介すると12対ある脳神経の一つであり、第X脳神経とも呼ばれる迷走神経を刺激する方法が効果的なようです。 迷走神経は頸部と胸部内臓、一部は腹部内臓に分布するとのことなので確かに的をえているます。 その方法は一般的に言われている水を飲む行為のほかに、舌を引っ張る、目をこするといったこと。 舌や目については私も初耳です。 他にもお腹のストレッチ、甘いものを口に含む、深呼吸といった方法も効果的のようですね。 忘れた頃にやってきて、忘れた頃に終わっているのが「しゃっくり」。 それでも来るときのタイミングくらいは空気を読んで欲しいものですよね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

しゃっくりの仕組みや原因、その場で簡単に止める方法 » マコシャークブログ

しゃっくり 止める 言葉

肺の下にある「横隔膜(おうかくまく)」が何らかの原因によって痙攣(けいれん)すると、声を出すための器官である声帯の筋肉も収縮し、息を通る道が狭くなるため「ヒック」という音が出ます。 しゃっくりの多くは誰にでも起こるものです。 続くと辛いですが、数時間でおさまれば身体に悪影響を与えるものではありません。 しかし、あまりにも長く続く場合は、睡眠不足になる、食事が摂りづらいなど、日常生活に不具合が生じてしまいます。 しゃっくりの種類と原因 しゃっくりは、持続する時間によって3つに分類されます。 吃逆発作(きつぎゃくほっさ) 48時間以内におさまるもの。 原因の多くは、多くは食事や炭酸飲料水・アルコールといった飲み物による刺激、入浴などによる変化、ストレス、喫煙などです。 持続性吃逆(ぞぞくせいきつぎゃく) 48時間以上〜1ヶ月以内におさまるもの。 難治性吃逆(なんちせいきつぎゃく) 1ヶ月以上続くもの。 2の持続性吃逆や、3の難治性吃逆は原因不明のこともありますが、病気が隠れている可能性も高くなります。 このとき考えられる原因としては、胃潰瘍や胃がんなど胃腸の病気、また頭のケガや脳腫瘍によって中枢神経が刺激されている場合、アルコール中毒や薬の副作用、といったものがあります。 さらに、過度のストレスや人格障害など、精神的な原因が関わっている場合もあり、しゃっくりがあまりにも長く続く場合は、病院で診察を受ける必要があります。 しゃっくりを止めるには? では、ここでは一時的なしゃっくりである「吃逆発作」の止め方を検証してみましょう。 巷では、ある言葉を繰り返す、驚かせる、水を飲む、舌をひっぱる、といったさまざまな「しゃっくりの止めかた」が民間療法として広まっています。 なかには、自分独自の方法を持っている方もいるかもしれません。 しゃっくりを止めるためには横隔膜の痙攣を止めることが必要なため、どれも間違いではなく、自分に合った方法で身体に刺激を与えてみるとよいでしょう。 また横隔膜は呼吸によって動くため、次の呼吸法は効果が得やすいといわれています。 肺が空っぽになるまで息を吐き出す 2. 肺をパンパンにするイメージで息を吸う 3. しばらく息を止める そのほか、東洋医学の観点では、しゃっくりを止めるツボとして、左右の鎖骨の間にある「天突(てんとつ)」や、おへその真上にある「巨闕(こけつ)」を押すという方法もあります。 すべての人が一瞬でしゃっくりを止められる方法、というものは確立されていませんが、しゃっくりが続くときは、いろいろな止めかたを試し、自分に合う方法を見つけてみましょう。 ただし、人目を気にしすぎると精神的な気がかりも加わって逆効果になる場合があります。 誰にでも起こる生理的な反応ですから、必要以上に気に留めない、ということも意外と大切です。 執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ <執筆者プロフィール> 井上 愛子(いのうえ・あいこ) 保健師・助産師・看護師・保育士。 株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン <監修者プロフィール> 株式会社 とらうべ 医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供.

次の

「しゃっくり」 の由来と語源

しゃっくり 止める 言葉

「しゃっくり」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 たいへん驚きました。 ギネスブックによると、世界最長記録保持者はアメリカのチャールズ・オズボーンさんで、1922年に始まり、亡くなる一年前の1990年まで68年間続いたのだそうです。 そのペースは多いときには毎分40回というから呼吸のスピードとそれほど変わりません。 それでも普通の生活を送っていたというから世界は広いのだと改めて感心させられます。 さて何の話でしょうか? 今日のテーマは「しゃっくり」。 しゃっくり(噦り、吃逆、嗝)とは、横隔膜の強直性痙攣や、声帯が閉じて「ひっく」という音が発生すること。 これが一定間隔で繰り返される現象のことを言います。 飲食物や会話などの刺激がきっかけでおきることが多いですが、明確な原因がなくても起こることもあるそうです。 これは気をつけなければなりませんね。 試験の前、プレゼンの前、会議の前、デートの前、そんな緊張も伴うような場面で「ひっく」なんてやってしまったら10分の1くらいの可能性でその場が和む場合もあるかもしれませんが大方のケースでは苦笑いを伴い、後々に悪い印象が残ってしまうことでしょう。 ただ、これも生理現象の一つと考えられ、我慢のしようもないから困ってしまいますよね。 「しゃっくり」にまつわる話を一つ思い出しました。 それは運転免許の更新に訪れた警察署の講習室。 優良講習でもビデオを見せられるのですが、その担当の女性が説明に来るや早々に「ひっく」ばつが悪そうにビデオの電源を入れて「ひっく」ビデオが始まり退出して廊下を歩きながら「ひっく」20分ほどの終わりごろに登場するやいなやまたまた、まだまだ「ひっく」とうとう最後までそのしゃっくりは終わることがありませんでした。 その時のビデオの内容も、訂正箇所の説明も、教本の内容もほとんど覚えていませんが、彼女の顔としゃっくりの音だけはいつまでも頭の奥底でリピートされ続けます。 そんな「しゃっくり」ですが、まれに横隔膜の炎症や腎臓病、脳腫瘍といった疾患からきているケースもみられるそうです。 あまりにも止まらないときには早期受診をおすすめいたしたします。 音便化とは、発音の便宜によって語中・語末で起こった連音変化のことをいう しゃくりは、くりぬく意味の「さくり」が変化した言葉でなので「しゃっくり」「しゃくり」「さくり」は同じ意味で使われることもあるようです。 くりぬく意味の言葉が「しゃっくり」や「しゃくり」に由来するのは、腹がくりぬかれたような感じがするためと考えられます。 実際にくり抜かれることはありませんが、長く続くと呼吸が苦しくなったり胸が痛くなったり「くり抜かれる」という表現も遠からず近からずほどよい加減かもしれませんね。 英語では、「ヒカップ」(hiccup またはhiccough)というそうで、これはしゃっくりが発生した時に出る、「ヒック」という音から連想されたようです。 鶏の鳴き声同様に各国で聞こえ方は若干違うようですが。 ドイツ語では「シュルックアウフ」、スペイン語では「イポ」、フランス語では「オケ」。 ロシア語では「イコータ」、フィンランド語やノルウェー語では「ヒッカ」「ヒッケ」といった具合で、最後の二国については以外にも日本語の発音に近いようですね。 しゃっくりの多くは数分で止まるのご通常ですが、先ほど述べたように疾患が原因の場合もあるので気をつけたいものです。 さて、どうしても困った場合を想定し、いくつかの民間療法を紹介すると12対ある脳神経の一つであり、第X脳神経とも呼ばれる迷走神経を刺激する方法が効果的なようです。 迷走神経は頸部と胸部内臓、一部は腹部内臓に分布するとのことなので確かに的をえているます。 その方法は一般的に言われている水を飲む行為のほかに、舌を引っ張る、目をこするといったこと。 舌や目については私も初耳です。 他にもお腹のストレッチ、甘いものを口に含む、深呼吸といった方法も効果的のようですね。 忘れた頃にやってきて、忘れた頃に終わっているのが「しゃっくり」。 それでも来るときのタイミングくらいは空気を読んで欲しいものですよね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の