コロナ ベトナム 少ない。 コロナ対策優等生の台湾やベトナムが日本と大きく違った点

ベトナムがコロナ収束に成功した対策とは?SNSで話題となった助け合い活動も

コロナ ベトナム 少ない

こんにちは! クリスク・ベトナムのリエンです。 世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、ベトナムでは外国からの渡航者による感染発覚が主で、国内での感染死亡者はゼロ。 一旦の収束が見えてきたと考えられています。 引用元: 今回の記事では、ベトナムのコロナ封じ込め対策や、SNSで話題となった活動を実際に現地での実感を交えてご紹介いたします。 ベトナムのコロナ対策概要 今回の新型コロナウイルスの発生源である中国と国境を接しているベトナムでは、政府によってさまざまな感染拡大対策が行われました。 まず、国内で初めての感染者が確認された1月23日以降、政府がコロナを国民が戦うべき「敵」として扱いました。 そして2月上旬には、情報公開と自己申告で感染の疑いのある場所を絞り込み、少しでも感染の疑いのある者や濃厚接触者を直ちに隔離。 過去14日間に中国の滞在歴のある外国人の入国も禁止しました。 2月27日には、米国疾病予防管理センターポリティコはベトナムを「市中感染のリスクがある目的地」のリストから除外。 しかし、3月には外国からの帰国者を中心に感染が広がりはじめたことを受け、入国者全員に隔離を実施しました。 隔離の対象となった住民や外国人は、延べで100万人近くに上るということです。 その後、小さな感染者集団が発生したことから、3月31日にはベトナム全土に15日間の社会隔離を実施。 早い時期からさまざまな厳格な対策をとってきた結果、4月17日からベトナム・ローカルの感染者が確認されなくなり、5月5日からベトナム全国の休校措置も終了しました。 その結果、人口約9550万人であるベトナムの新型コロナ感染者は、外国人を含めて328人(2020年6月3日時点更新、うち9割以上が回復済み)。 そして死者数は現在もゼロ人をキープしています。 この数は、ほかのアジア国々と比べて極めて少ない数字です。 こうした一連の対策や、感染者・死亡者数の実績を受けて、米国の政治専門誌ポリティコが発表した「新型コロナ対策を効果的に行っている国ランキング」ではベトナムが世界一に位置づけられています。 引用元: コロナ禍のベトナム SNSで流行っていた話題 ニュースでは、政府の対策や感染者数、海外渡航者の状況などが主に報じられていたと筆者は感じました。 ここではローカルの間で一体どのようなことが話題となっていたのかを紹介したいと思います。 これは元々「嫉妬 Ghen 」というヒット曲の替えでアニメーション仕立てにした動画です。 引用元:LastWeekTonight Quang Dang(クアン・ダン)というベトナム人ダンサーが、このキャッチーな歌と踊りで表現した動画をTiktokに投稿して話題になりました。 その後、各SNSで200万回試聴されたこの手洗いダンス動画をきっかけに、TikTokでは「 GhenCoVyChallenge」および「#VuDieuRuaTay(手洗いダンス)」のハッシュタグ付き動画は 2. 37億再生され、 20万人を超えるユーザーが手洗いチャレンジに参加。 また、多くのベトナム芸能人達もこのチャレンジを楽しみました。 他にも、Quang Dangさんのダンス動画がUNICEFのFacebookページでシェアされ、わずか13時間には2万再生、1万件のインタラクション、3300回のシェアを獲得しました。 この動画がきっかけで、正しい手洗いのやり方をダンスで伝える他の動画も登場しました。 コメのATMが登場 コロナの影響により経済活動が厳しく制限されていたベトナムでは、収入が絶たれた貧困世帯に向け、4月6日に無料コメATMがホーチミン市に設置されたことがネットで拡散されました。 このお米を無料で配る機械は、ペダルを1回踏むと3キロのお米が出てくるという仕組みで、新型コロナ禍で困っている貧しい人々にとって大きな助けとなっていました。 1台の製造する費用はおよそ11万6000円~14万円で、設置も運営も完全に私財を投じて行われました。 山の奥でもコメは無料配布されており、社会的隔離政策が緩和されるまで運営が続けられていました。 この博愛精神を発揮した活動はベトナム国内外に高く評価され、他の国にも適用されたそうです。 0ベトナムドン(無料)の幸福スーパー コメのATM以外にも、他の必需品を貧しい人々へ贈るための支援運動も広がり、ソーシャルメディアで注目を浴びました。 それは厳しい生活が強いられている人々に任意で選択した5商品を無料で提供するスーパーマーケットです。 スーパーにあるのは、インスタント麺、卵、肉、調味料、ティッシュペーパー、歯ブラシ、歯磨き粉がなどの飲食物や生活必需品です。 3月の上旬に登場したこのスーパーの取り組みは、次々とベトナム国内各地に広がっていきました。 陳列棚の商品は全て無料で、1ヶ月間運営するための仕入れや運営費は、完全に民間が負担したと言います。 この活動によって、多くの収入が激減・無収入となった人が食品を気楽に手に入れることができました。 他にも、お年寄りの方や身体が不自由な方にも優しいスペースもできたそうです。 まとめ ベトナムでも上記のような良い活動だけではなく、日本や他の多くの国で起きてしまったように、海外から帰国して隔離された人や感染の疑いのある人に対する差別が起きました。 また、「少ない感染者数や死者数ゼロという政府が発表した情報は、本当に信じてもよいのか?」といった不安なニュースも広がりました。 また、ここで紹介した話題や活動についても、ネガティブな意見がないわけではありません。 しかし、このような活動や思いやりの支援を通してベトナム人の助け合い精神と優しさが見えるようになったことには違いないでしょう。 引用元: 保健省の6月5日の発表によると、ベトナム国内における新型コロナウイルスの市中感染は50日間連続でゼロ人となりました。 これまでの累計感染者は328人、うち死者はゼロ人で治療中の患者は残り26人となっているようです。 ベトナムは、新型コロナウイルスに対する成果を積極的にアピールし、海外からの投資や旅行者を回復することで国内経済の立て直しが加速できるのではないでしょうか。 また、ベトナム保健省が感染防止のために、ベトナム発のSNS・チャットアプリZaloを利用してコロナ情報を発信しているという事実からも、SNSが多くの国民への情報発信ツールとして無視できない存在になった証明だと言えるでしょう。 ベトナム保健省によるZaloタイムラインへの投稿 (編集:きたざわあいこ)• クリスクでは東南アジアを対象に、ソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。 お気軽にご相談ください。 CLISKでは一緒に働いていただけるメンバーを募集中です! この記事を書いたのは クリスクベトナム スタッフ Vu Thi Phuong Lien/ヴ ティ フオン リエン プロフィール: <PR> タイオフィス : 日本オフィス(東京) : クリスクベトナム FBページ : 東南アジアマーケティング情報発信中 : クリスクでは東南アジアを対象にソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。 お気軽にご相談ください。

次の

【コロナ:世界の動きまとめ】台湾、韓国など。アジアの国も続々と次のフェーズへと動き出す

コロナ ベトナム 少ない

こんにちは! クリスク・ベトナムのリエンです。 世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、ベトナムでは外国からの渡航者による感染発覚が主で、国内での感染死亡者はゼロ。 一旦の収束が見えてきたと考えられています。 引用元: 今回の記事では、ベトナムのコロナ封じ込め対策や、SNSで話題となった活動を実際に現地での実感を交えてご紹介いたします。 ベトナムのコロナ対策概要 今回の新型コロナウイルスの発生源である中国と国境を接しているベトナムでは、政府によってさまざまな感染拡大対策が行われました。 まず、国内で初めての感染者が確認された1月23日以降、政府がコロナを国民が戦うべき「敵」として扱いました。 そして2月上旬には、情報公開と自己申告で感染の疑いのある場所を絞り込み、少しでも感染の疑いのある者や濃厚接触者を直ちに隔離。 過去14日間に中国の滞在歴のある外国人の入国も禁止しました。 2月27日には、米国疾病予防管理センターポリティコはベトナムを「市中感染のリスクがある目的地」のリストから除外。 しかし、3月には外国からの帰国者を中心に感染が広がりはじめたことを受け、入国者全員に隔離を実施しました。 隔離の対象となった住民や外国人は、延べで100万人近くに上るということです。 その後、小さな感染者集団が発生したことから、3月31日にはベトナム全土に15日間の社会隔離を実施。 早い時期からさまざまな厳格な対策をとってきた結果、4月17日からベトナム・ローカルの感染者が確認されなくなり、5月5日からベトナム全国の休校措置も終了しました。 その結果、人口約9550万人であるベトナムの新型コロナ感染者は、外国人を含めて328人(2020年6月3日時点更新、うち9割以上が回復済み)。 そして死者数は現在もゼロ人をキープしています。 この数は、ほかのアジア国々と比べて極めて少ない数字です。 こうした一連の対策や、感染者・死亡者数の実績を受けて、米国の政治専門誌ポリティコが発表した「新型コロナ対策を効果的に行っている国ランキング」ではベトナムが世界一に位置づけられています。 引用元: コロナ禍のベトナム SNSで流行っていた話題 ニュースでは、政府の対策や感染者数、海外渡航者の状況などが主に報じられていたと筆者は感じました。 ここではローカルの間で一体どのようなことが話題となっていたのかを紹介したいと思います。 これは元々「嫉妬 Ghen 」というヒット曲の替えでアニメーション仕立てにした動画です。 引用元:LastWeekTonight Quang Dang(クアン・ダン)というベトナム人ダンサーが、このキャッチーな歌と踊りで表現した動画をTiktokに投稿して話題になりました。 その後、各SNSで200万回試聴されたこの手洗いダンス動画をきっかけに、TikTokでは「 GhenCoVyChallenge」および「#VuDieuRuaTay(手洗いダンス)」のハッシュタグ付き動画は 2. 37億再生され、 20万人を超えるユーザーが手洗いチャレンジに参加。 また、多くのベトナム芸能人達もこのチャレンジを楽しみました。 他にも、Quang Dangさんのダンス動画がUNICEFのFacebookページでシェアされ、わずか13時間には2万再生、1万件のインタラクション、3300回のシェアを獲得しました。 この動画がきっかけで、正しい手洗いのやり方をダンスで伝える他の動画も登場しました。 コメのATMが登場 コロナの影響により経済活動が厳しく制限されていたベトナムでは、収入が絶たれた貧困世帯に向け、4月6日に無料コメATMがホーチミン市に設置されたことがネットで拡散されました。 このお米を無料で配る機械は、ペダルを1回踏むと3キロのお米が出てくるという仕組みで、新型コロナ禍で困っている貧しい人々にとって大きな助けとなっていました。 1台の製造する費用はおよそ11万6000円~14万円で、設置も運営も完全に私財を投じて行われました。 山の奥でもコメは無料配布されており、社会的隔離政策が緩和されるまで運営が続けられていました。 この博愛精神を発揮した活動はベトナム国内外に高く評価され、他の国にも適用されたそうです。 0ベトナムドン(無料)の幸福スーパー コメのATM以外にも、他の必需品を貧しい人々へ贈るための支援運動も広がり、ソーシャルメディアで注目を浴びました。 それは厳しい生活が強いられている人々に任意で選択した5商品を無料で提供するスーパーマーケットです。 スーパーにあるのは、インスタント麺、卵、肉、調味料、ティッシュペーパー、歯ブラシ、歯磨き粉がなどの飲食物や生活必需品です。 3月の上旬に登場したこのスーパーの取り組みは、次々とベトナム国内各地に広がっていきました。 陳列棚の商品は全て無料で、1ヶ月間運営するための仕入れや運営費は、完全に民間が負担したと言います。 この活動によって、多くの収入が激減・無収入となった人が食品を気楽に手に入れることができました。 他にも、お年寄りの方や身体が不自由な方にも優しいスペースもできたそうです。 まとめ ベトナムでも上記のような良い活動だけではなく、日本や他の多くの国で起きてしまったように、海外から帰国して隔離された人や感染の疑いのある人に対する差別が起きました。 また、「少ない感染者数や死者数ゼロという政府が発表した情報は、本当に信じてもよいのか?」といった不安なニュースも広がりました。 また、ここで紹介した話題や活動についても、ネガティブな意見がないわけではありません。 しかし、このような活動や思いやりの支援を通してベトナム人の助け合い精神と優しさが見えるようになったことには違いないでしょう。 引用元: 保健省の6月5日の発表によると、ベトナム国内における新型コロナウイルスの市中感染は50日間連続でゼロ人となりました。 これまでの累計感染者は328人、うち死者はゼロ人で治療中の患者は残り26人となっているようです。 ベトナムは、新型コロナウイルスに対する成果を積極的にアピールし、海外からの投資や旅行者を回復することで国内経済の立て直しが加速できるのではないでしょうか。 また、ベトナム保健省が感染防止のために、ベトナム発のSNS・チャットアプリZaloを利用してコロナ情報を発信しているという事実からも、SNSが多くの国民への情報発信ツールとして無視できない存在になった証明だと言えるでしょう。 ベトナム保健省によるZaloタイムラインへの投稿 (編集:きたざわあいこ)• クリスクでは東南アジアを対象に、ソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。 お気軽にご相談ください。 CLISKでは一緒に働いていただけるメンバーを募集中です! この記事を書いたのは クリスクベトナム スタッフ Vu Thi Phuong Lien/ヴ ティ フオン リエン プロフィール: <PR> タイオフィス : 日本オフィス(東京) : クリスクベトナム FBページ : 東南アジアマーケティング情報発信中 : クリスクでは東南アジアを対象にソーシャルメディアマーケティングを軸としたWEBソリューションを提供しております。 お気軽にご相談ください。

次の

◆新型コロナ:ベトナムに学べ◆死者ゼロ+感染ゼロ続き4月23日外出禁止部分解除

コロナ ベトナム 少ない

日本ではひとまず収束が見えてきた新型コロナですが、世界全体では4月以降のほぼ毎日8万人前後の新規感染者が増え続けています。 なかなか下降局面に入らず、一進一退の状況が継続しています。 もう17回目になりますが、世界各国の新型コロナ致死率や死亡者の人口比を調べています。 今回の規定打席は 感染者1. 6万人以上の39か国としました(前回は1. 6万人以上が37か国)。 表には、クウェート、エジプト、韓国、バーレーン、アイスランド、香港、サンマリノ、台湾、ベトナムの9か国を加えました。 国・地域 感染者 死亡者 致死率 人口比 全世界 4,822,430 318,857 6. 6 0. 418 アメリカ 1,508,957 90,369 6. 0 2. 746 ロシア 299,941 2,837 0. 9 0. 194 ブラジル 255,368 16,853 6. 6 0. 799 イギリス 247,709 34,876 14. 1 5. 165 スペイン 231,606 27,709 12. 0 5. 929 イタリア 225,886 32,007 14. 2 5. 286 フランス 180,051 28,242 15. 7 4. 336 ドイツ 177,289 8,041 4. 5 0. 963 トルコ 150,593 4,171 2. 8 0. 500 イラン 122,792 7,057 5. 7 0. 851 インド 102,231 3,169 3. 1 0. 023 ペルー 94,933 2,789 2. 9 0. 858 中国 84,063 4,638 5. 5 0. 032 カナダ 79,411 5,960 7. 5 1. 593 サウジアラビア 57,345 320 0. 6 0. 093 ベルギー 55,791 9,108 16. 3 7. 893 メキシコ 51,633 5,332 10. 3 0. 418 チリ 46,059 478 1. 0 0. 252 オランダ 44,449 5,734 12. 9 3. 354 パキスタン 43,966 939 2. 1 0. 043 カタール 33,969 15 0. 0 0. 053 エクアドル 33,582 2,799 8. 3 1. 611 ベラルーシ 31,508 175 0. 6 0. 185 スイス 30,618 1,886 6. 2 2. 195 スウェーデン 30,377 3,743 12. 3 3. 730 ポルトガル 29,209 1,247 4. 3 1. 219 シンガポール 28,794 22 0. 1 0. 038 バングラデシュ 25,121 370 1. 5 0. 023 アラブ首長国連邦 25,063 227 0. 9 0. 232 アイルランド 24,200 1,547 6. 4 3. 169 ポーランド 19,080 941 4. 9 0. 248 ウクライナ 18,876 548 2. 9 0. 125 インドネシア 18,496 1,221 6. 6 0. 033 ルーマニア 17,191 1,126 6. 5 0. 581 イスラエル 16,650 277 1. 7 0. 325 南アフリカ 16,433 286 1. 7 0. 049 オーストリア 16,321 632 3. 9 0. 706 日本 16,305 749 4. 6 0. 059 コロンビア 16,295 592 3. 6 0. 118 クウェート 15,691 121 0. 8 0. 288 エジプト 12,764 645 5. 1 0. 064 韓国 11,078 263 2. 4 0. 051 バーレーン 7,374 12 0. 2 0. 073 アイスランド 1,802 10 0. 6 0. 295 香港 1,055 4 0. 4 0. 005 サンマリノ 654 41 6. 3 12. 059 台湾 440 7 1. 6 0. 003 ベトナム 324 0 0. 0 0. 000 感染者数では前回6位のが3位に浮上しました。 ブラジルは5日間の増加数が6. 5万人です。 今後しばらく表彰台3か国は固定されるものと思われます。 また、インドとペルーが中国を抜いて、中国はとうとう13位に落ちています。 インドは11か国目でアジア初の感染者10万人台です。 死亡者数ではカナダがオランダを抜いて10位に入ってきました。 日本は死亡者数で28位、感染者数では39位です。 日本はけっして死亡者の少ない国ではありません。 致死率はもう4. 6%であり、5. 5%中国や6. 0%アメリカの後ろ姿が見えてきました。 全世界の致死率(死亡者/感染者)は6. 6%で、このところ低下傾向にあります。 致死率1位は相変わらずベルギーですが、ベルギーの致死率は頭打ちで、フランスが徐々に追い上げています。 イギリスは感染者が増えているため致死率は下がっています。 一方で、カタールの致死率は0. 04%です。 シンガポールは0. 08%、規定打席未満のベトナムは0%で、が0. 16%、香港は0. 38%です。 感染者が30万人に迫っているも0. 9%を維持しています。 これほど地域によって致死率が異なるのは、やはり変異が生じているのではないかと思いたくなるわけです。 「人口比」は人口1万人当たりの死亡者数です。 バングラディシュ、インド、中国、インドネシアが低いのは人口が多いからです。 規定打席未満の国では、ベトナム0人、台湾0. 003人、ウズベキスタン0. 004人、香港0. 005人、コンゴ0. 007人、0. 008人です。 全世界の数値としては0. 418人ですが、アジアでこれを上回っている国はありません。 表には加えていませんが、人口1万人当たりの感染者数で「感染率」も求めています。 感染率にしても、49人台のシンガポールを例外として全世界の6. 319人を上回るアジアの国はありません。 日本の死亡者数が少ないと言われるのは、必ずしも真実の的を射ているものではないと私は理解しています。 少ないのは日本ではなくアジアであって、日本はアジアではむしろ多いほうです。 自然免疫なのか獲得免疫なのか、新型コロナにもある程度有効な交差免疫(交叉免疫)をアジア人は持っているのではないかとも思われます。 「回復者/(死亡者+回復者)」の計算式で回復率も求めていますが、回復率99%以上は、規定打席未満の国を含めてベトナム100%、シンガポール99. 8%、カタール99. 7%、バーレーン99. 6%、ウズベキスタン99. 4%、アイスランド99. 4%、ジプチ99. 3%、カザフスタン99. 0%です。 唯一の欧州勢が光ります。

次の