増税 後 定期 代。 通勤定期代の変更…随時改定に注意

来月から消費税10%に。鉄道の新運賃が発表されてる。定期代はJR三ノ宮~大阪で1000円以上あがる模様

増税 後 定期 代

こんにちは。 については御社の規定による部分でしょう。 規定が、1か月分のを支給する、とあるのであれば、10月におけるは、増税後の金額でしょうから増税後の1か月のを支給になると思います。 それとも、「いつ」購入するのかを指定してるのでしょうか。 また、どうしても9月中の購入金額で支払うのであれば、に対して十分に周知して、納得が得られた状態で支給するのであれば、ご質問にある対応を行うこともできるとは思います。 私見ですが… 経験則でに関わらず公共交通の金額変更はあり得ます。 支給月に該当する金額を支給しています。 書かれている10月の金額変更において9月中に支給する場合は事前に変更前に購入するように説明し変更前の旧額で支給しています。 今までも同様の支給をしていますが特にトラブルになったことはありません。 おそらく今後も同様の支給になろうかと思われます。 とりあえず。

次の

迫る消費税増税!給与担当者は「通勤手当」に注意するべし!

増税 後 定期 代

通勤定期代が変更となると会社の給与計算担当者の仕事が増えます。 各社員の通勤手当の金額を変更していく作業ありますが、他にも随時改定というものに4か月後対象になる社員が出るかチェックしなければなりません。 では、随時改定が何なのかについて説明します。 健康保険や厚生年金の保険料や保険給付額は、標準報酬月額という毎月の給与等の報酬額をいくつかに区分された等級に当てはめた仮の報酬に基づいて算出されます。 例えば、月額の報酬が23万5000円だとすると、健康保険と厚生年金の標準報酬月額は24万円となります。 ちなみに、標準報酬月額は上限があり、健康保険は139万円、厚生年金は62万円が最大となります。 では、随時改定とは何なのか 通常、上記の標準報酬月額は、毎年1回7月に標準報酬月額を決定し、9月から翌年の8月まで額が使われますが、昇給などによって報酬の額に著しい変動があった場合に、標準報酬月額を改定することが随時改定となります。 その随時改定を行うために提出する届出が「月額変更届」になります。 ちなみに、この「月額変更届」から随時改定のことを「月変」とも呼ばれます。 正社員随時改定になる要件は以下3つすべて該当したときです。 固定的賃金が変動又は賃金体系が変更• 変動月以降の継続した3ヶ月の支払基礎日数が全て17日以上• 変動月以降の継続した3ヶ月の報酬の平均額に基づく標準報酬月額と、現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたとき 1. の固定的賃金の変動は重要な要件で、3ヶ月間の非固定的賃金の残業代だけいくら増えても対象になりませんが、固定的賃金である通勤手当や住宅手当がわずかでも変動し、毎月17日以上出勤した上で残業代が増えて2等級以上報酬が変動すると対象になります。 冒頭で記した通勤手当の変動は、随時改定になる一つの要件なのです。 これ以外に、随時改定には、「上がり・上がり・下がり・下がりの原則」があります。 固定的賃金が下がったにも関わらず、非固定的賃金が上がって2等級以上の差が生じた場合、またその逆も随時改定は行われません。 例えば、基本給が下がって、残業代が著しく増えてトータルの賃金が上記要件に該当しても随時改定は行われません。 また、3ヶ月平均額と年平均額の間に2等級以上の差が生じるときは、申立書と本人の同意書を添付して届出すれば随時改定の対象から除外できます。 例えば、特定の3ヶ月間だけ非常に忙しくて残業代がたくさん支給された場合です。 新しい標準報酬月額への改定時期と適用期間は以下の通りです。 <改定時期> 固定的賃金が変動した月から起算して4か月目に新しい標準報酬月額に改定 (新しい標準報酬月額に基づく保険料控除は、原則の翌月控除の場合、新しい標準報酬月額に変更された月の翌月から控除となります。 ) <適用期間> 改定が1~6月の場合 その年の8月まで 改定が7~12月の場合 翌年の8月まで 最後に。 通勤定期代が改定された10、11、12月の給与で著しい変動はないか。 12月は要チェックですね。 関連記事.

次の

消費税10%への増税前に「定期券」は、買い換えるとオトク? [家計簿・家計管理] All About

増税 後 定期 代

【インデックス・JR各社】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【インデックス・大手私鉄16社】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ JR各社の運賃は、初乗りでおおむね10円引き上げ JR各社では、初乗り普通旅客運賃(きっぷ)は多くの場合、現行運賃から10円引き上げられる(JR北海道は30円引き上げ)。 また、改定は消費税率引き上げ分を運賃・料金に公平に転嫁されるように調整。 鉄道事業全体として改定率は「1. 850~1. 852%」となっている(JR北海道を除く)。 それではJR各社の普通旅客運賃を見てみよう。 JR東日本の運賃改定 JR東日本の運賃改定後の初乗り運賃は上表の通り。 切符利用は140円で据え置かれる予定。 幹線・地方交通線のICカード利用で147円(現144円)。 切符では、150円(現140円)に引き上げられる予定。 上図において緑色で囲まれたエリアのことを電車特定区間エリアという。 また、JR東日本によると改定後は幹線・地方交通線では走行距離によってICカード利用の場合に運賃が高くなる場合があるという。 上表の幹線11~15kmの運賃を見てみよう。 現行運賃では、ICカード利用時は237円。 きっぷ利用時では240円ときっぷ利用時の方が高かった。 しかし、改定後はICカード利用時は242円。 きっぷ利用時では240円ときっぷ利用時の方が安くなっていることがわかる。 交通関連のおすすめ記事 : JR東海の運賃改定 JR東海の普通運賃は上表の通り。 幹線・地方交通線ともに初乗り運賃は、150円(現140円)へと10円引き上げられる予定。 JR西日本の運賃改定 JR西日本の普通運賃は上表の通り。 幹線・地方交通線ともに初乗り運賃は、150円(現140円)へと10円引き上げられる予定。 JR四国の運賃改定 JR四国の普通運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、170円(現160円)へと10円引き上げられる予定。 JR九州の運賃改定 JR四国の普通運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、170円(現160円)へと10円引き上げられる予定。 JR北海道の運賃改定 JR北海道の普通運賃は上表の通り。 幹線・地方交通線ともに初乗り運賃は、200円(現170円)へと30円引き上げられる予定。 また、同社では消費増税と経営改善のための運賃改定を同時に実施。 現行の運賃から平均15. 7%の値上げとなる予定。 私鉄大手16社の運賃改定 首都圏を中心とする私鉄各社は、ICカード利用では1円単位で増税分を運賃に上乗せ。 切符では、10円単位で引き上げる場合と据え置かれる場合がある。 また、改定は消費税率引き上げ分を運賃・料金に公平に転嫁されるように調整。 鉄道事業全体として改定率は「1. 851~1. 852%」となっている。 私鉄大手16社の普通旅客運賃を見てみよう。 東京メトロの運賃改定 東京メトロの普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は168円(現165円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は170円で据え置かれる予定。 東京急行電鉄の運賃改定 東京急行電鉄の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は126円(現124円)で2円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は130円で据え置かれる予定(こどもの国線と世田谷線を除く)。 こどもの国線と世田谷線では、ICカード利用時で3円引き上げ。 きっぷ利用時は据え置く予定。 東武鉄道の運賃改定 東武鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は147円(現144円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は150円で据え置かれる予定。 小田急電鉄の運賃改定 小田急電鉄の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は126円(現124円)で2円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は130円で据え置かれる予定。 京王電鉄の運賃改定 京王電鉄の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は126円(現124円)で2円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は130円で据え置かれる予定。 西武鉄道の運賃改定 西武鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は147円(現144円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は150円で据え置かれる予定。 京浜急行電鉄の運賃改定 京浜急行電鉄の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は136円(現133円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は140円で据え置かれる予定。 また、品川駅~横浜駅間の一部区間の特定運賃および加算運賃については、別途、本申請の認可後に改定の届出を行う予定だという。 京成電鉄の運賃改定 京成電鉄の普通旅客運賃は路線によって違う。 京成本線、東成田線、押上線、金町線、千葉線の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は136円(現133円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は140円で据え置かれる予定。 成田空港線(成田スカイアクセス)の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は210円(現206円)で4円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は210円で据え置かれる予定。 千原線の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は189円(現185円)で4円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は190円で据え置かれる予定。 相模鉄道の運賃改定 相模鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 ICカード利用時の初乗り運賃は147円(現144円)で3円引き上げられる予定。 きっぷ利用時の初乗り運賃は150円で据え置かれる予定。 名古屋鉄道の運賃改定 名古屋鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は170円で据え置かれる予定。 運賃計算キロを見ると、13~16キロから運賃が10円引き上げられることが分かる。 近畿日本鉄道の運賃改定 近畿日本鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、160円(現150円)へと10円引き上げられる予定。 南海電気鉄道の運賃改定 南海電気鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、160円(現150円)へと10円引き上げられる予定。 京阪電気鉄道の運賃改定 京阪電気鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 京阪線の初乗り運賃は、160円(現150円)へと10円引き上げられる予定。 大津線の運賃は据え置かれる予定。 阪神電気鉄道の運賃改定 阪神電気鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、150円(現140円)へと10円引き上げられる予定。 阪急電鉄の運賃改定 阪急電鉄の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、160円(現150円)へと10円引き上げられる予定。 西日本鉄道の運賃改定 西日本鉄道の普通旅客運賃は上表の通り。 初乗り運賃は、160円(現150円)へと10円引き上げられる予定。 このように消費税率10%への引き上げに伴い、鉄道各社は運賃の値上げを申請中。 国交相の認可が下りれば正式に実施される。 鉄道運賃の値上げは、消費税率が8%に引き上げられた2014年4月以来の5年半ぶりである。

次の