ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52。 ハニーレモンソーダ番外編 ネタバレ感想 りぼん2月号掲載

ハニーレモンソーダ 53話(14巻収録予定)ネタバレ感想

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

「ハニーレモンソーダsparkle35」あらすじネタバレ (三浦君を独り占めしたい・・・なんて) そんな事を考えながら1人寂しく帰宅中の羽花。 しかし、三浦は走って羽花を追いかけて来てくれていたのでした (三浦くんは私の所有物じゃないのに) (・・・今 まだ 奈乃ちゃんと一緒かな・・・) と思いながらさみしく歩いていると 三浦から着信があり、携帯が鳴った。 羽花「もっ もしもし」 三浦「石森 おまえ今どこ」 電話の向こうの声で、走っている事に気付いた しかし、 今あったら余計な事を言ってしまいそうで 嘘をついて電話を切ってしまった。 羽花「もう家に着きます」 三浦「・・・嘘つくなよ」 三浦「どうせ独りで帰ってんだろ?」 羽花「足も背中も もう痛くないです ・・・じゃあ」 羽花「着いたから家に入りますね」 三浦「石」 羽花「三浦くんも お気をつけて じゃあ」 ツー ツー ツー 三浦を独り占めした自分の気持ちを必死に押し殺すのでした 言えない・・・知られたくない・・・ 翌朝学校で 翌朝登校する羽花に友達が寄ってきて 昨日の保健室でのことを忠告して来た 「あの奈乃ちゃんて子 おかしいよ!」 「え?」 「三浦くん とろうとしてんだと思う?」 「保健室入ってくるタイミング狙いすぎ」 「部活 新しいこと始めたいって 羽花ちんとまんま同じこと言ってたから」 と奈乃が怪しいと忠告をしてくれた しかし、信じられない羽花は、そんな奈乃をかばってしまう。 「・・・そ そんなわけないよ・・・!」 とそこへ、奈乃が登校してきた。 昨日の事を謝ってきた タイミングが悪かった事や、空気が読めなかった事 そして、三浦を頼って一緒について来てもらってしまった事 目に涙を浮かべて謝る奈乃に周りも「勘違いだった?」と思うのでした。 「ごっ ごめん! これじゃあ みんなが悪者みたいに見えちゃうね! 羽花ちゃん ごめんね」 しかし、あのあと羽花を追いかけていった三浦に 大切にされている事をうらやましがる奈乃。 「・・・いいな うらやましい 羽花ちゃんと替われたらいいのに」 一瞬凍りつく羽花だったが 思い過ごしだと自分に言い聞かせた。 三浦の教室で 授業で資料集を忘れた奈乃は三浦に見せて欲しいと頼んできた。 その時、羽花が好きすぎて、真似をしてしまったことを謝る奈乃。 しかし三浦は、謝りながら 机をくっつけようとした奈乃を止めて距離を置いた。 「オレ寝るから」 「・・・すぐ終わらせて、すぐ返すね」 と言う奈乃に自分の資料じゃないと伝え 「オレのだったら貸さねぇよ」 と言った後、羽花を真似している事について はっきりと断言した 「ーーー観測不足だな 確かにあいつ すぐに泣くけど 自分の保身のために 泣いたりしねぇから」 奈乃の本性 羽花が三浦の教室に会いにきた。 ドキドキして覗き込んでいると 羽花に気付いた仲間が三浦を探してくれた。 しかし、秒で消える三浦はそこにはいなかった。 なんとなく教室を見渡すと三浦の机が目に入った しかし、隣の席に奈乃のカバンも目に入ってきた・・・ (席 隣なんだ・・・)と複雑な気持ちになる羽花 いつもなら三浦の近くに どんな女の子がいたってなんとも思わないはずなのに 少し動揺して教室を後にした。 とそんな時、廊下を歩いていると三浦からラインが入った 「いつものとこ」 三浦からのメッセージは2人だけの場所で集合のメッセージだった。 (三浦くんを ひとりじめしたい) 羽花はうれしくて走りながらその場所へ向かった。 しかし、そこには奈乃が立っていた 「あれ 羽花ちゃん」 なぜここに奈乃がいるの?と呆然としてしまった。 「休みたいときは、ここを使ってるって 三浦くんが教えてくれたの」 と衝撃的な言葉を言った後 「・・・なんてね 嘘だよ 前に2人がここに上がってくの見たんだ 私も入っちゃった 立入禁止なのに いいよね 羽花ちゃんも入ってるんだもん」 しかし、真面目な顔でこう言った 「ねぇ 三浦くんにはどうやって取り入ったの? 教えてよ」 奈乃の本性を知った羽花ははっきりと答えた 「教えない!」 そこへ三浦がやって来て奈乃の肩を引っ張った 「おまえ何してんの?」 立ち去ろうとする奈乃を呼び止める三浦だったが 羽花が袖を引いて止めた。 そして、三浦をひとりじめしたい気持ちを 抑えることが出来なくなった羽花は本音が溢れ出てしまった。 (もう 無理) 「不安と 嫉妬で 変になりそう」 「三浦くんは 私のだもん」 と大粒の涙を流してしまった 羽花の本音を知った三浦はそっと抱きしめて 「羽花 ーーーそうだよ そうだよ オレはおまえの 大丈夫だから」 嬉しくて泣き続ける羽花だった。 そして心の中で 「奈乃ちゃんと 話をしなければ」 と思う羽花でした。 おわり 「ハニーレモンソーダsparkle35」は U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。 週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、 待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい! 「ハニーレモンソーダsparkle35」を無料で読む方法!【U-NEXT版】 以上「ハニーレモンソーダsparkle35」のあらすじネタバレを紹介しましたが いかがだったでしょうか? 「原作を読みたくなった!」 「文字だけだからよく分からない」 「もう一度、絵付きで 読みたい!」 と思った方に耳寄りなで情報です! なんとU-NEXTでは、初回登録特典として 31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。 そして、そのポイントを使うことで「ハニーレモンソーダsparkle35」を無料で読むことが出来ます。 興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。 「ハニーレモンソーダsparkle35」の感想まとめ ようやく恋人同士になった2人。 しかし、新たに強敵が登場。 でも果たして奈乃のような子が現れたら 気持ちが移ってしまうのでしょうか? でも三浦はそんな性悪な奈乃を見抜いていたんですね! いつもクールで攻撃的なだけに ここまでハッキリといい捨てるところは たまらなくカッコイイですね! こんな事を言ってくれた事を知っていたら 羽花もここまで不安な気持ちにならかったかもしれません。 でもいつも思うのですが 良くも悪くもハッキリとストレートに意見を言うな〜って思います。 私なら、ショックで怖くてひたすら落ち込んでしますかもしれません。 そう言う意味では、羽花ちゃんは本当に 強くなって来てるんだな〜って思います。 でも奈乃はこのまま引き下がるのでしょうか? いやいや、絶対に何か起こりますよね。 今後も目が離せない作品です!.

次の

【『ハニーレモンソーダ』5巻ネタバレ感想】芹奈ちゃんと三浦くん進展・・・

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

奈乃ちゃんの本心 奈乃ちゃんは石森ちゃんと同じで昔一人ぼっちだったみたいです。 石森ちゃんの真似をしてみて、思いのほかうまくいったから、このまま石森ちゃんになりたいと思ったよう。 自分のことが嫌いな奈乃ちゃんに対して、石森ちゃんは 「そのままの奈乃ちゃんをもっと教えて 私が奈乃ちゃんを大好きになるから」 と、奈乃ちゃんの心を開きました。 奈乃ちゃんも今までのことを謝り、解決しました!よかった! そしてその後奈乃ちゃんは髪をばっさり切って、性格もありのままのアナ雪になって、いい感じに変わっていきました。 前に「三浦くんがいなくても平気」と言った石森ちゃんの言葉に対する三浦くんの気持ちが聞けました。 「それ以上 強くなるな オレに守らせろ」 ぬぬぬぬぬぬぬ;;;;; オレに守らせろとかやばい;;; 三浦くんもけっこう葛藤ありそうな言葉だよねこれ。 石森ちゃんが強くなっていくのは悪いことじゃないし、だけどもうそれ以上強くなるなと。 自分を必要としてくれと。 うへ(アホ面 石森ちゃんもまあ強がりで言っただけで三浦くんが必要なので、この言葉に安心します。 そして私の好きな三浦くんのシーンがこちら。 C 2019 村田真優「ハニーレモンソーダ10巻」より この『 ほら「うん」は?』めちゃ好き;;;; ずるいぞ三浦くん;;; 「うん」でしかない。 三浦くんSっぽさあるけど、Sというよりクールなのだよね。 基本こういうSっぽい言動がナチュラルというか。 S系男子っていじわるなこと言うとき、もっとこう... 含み笑いとかするじゃないですか??w 三浦くん無表情なのがいいんだよね。 別にからかってるのを楽しんでるとかじゃなくて、自然と出てきてる言葉って感じで。 それが受け取り側には良いいじわるに見えるだけで。 私は何を言っているんだ。 遊園地デート 三浦くんが石森ちゃんをゲーセンに行くと見せかけて、遊園地に連れていきました。 遊園地に驚く石森ちゃんの反応に、三浦くん愛しく笑っております(私も微笑んでおります) ここでも好きが止まらなくなるエピソードたくさんあって、石森ちゃんから抱きついたり、三浦くんが飴を口渡ししたりと、何かもうありがとうな回でした。 林間学校 高校で初めての泊まりイベントです。 ふと石森ちゃん自分に女子力がないことに悩み始めますw 三浦くんとペアを組んでウォークラリーというゲームのようなものが始まりました。 そこでお互いのことどれだけ分かるのかなクイズがでます。 プロフィールはお互い正解していって最後 「お互いの好きな所は?」という質問。 石森ちゃん 「いじめられっこ」、三浦くん 「金髪」と書きます。 石森ちゃんが自分のいじめられっこの部分を三浦くんが好きだと思っているってことね!(説明下手w それを見た三浦くん 最高の表情をしてくれました。 C 2019 村田真優「ハニーレモンソーダ10巻」より 怒っておるwww いじめられっこの部分が好きとか心外だよねww 他にもっと好きなところあるんだけどってことだよね。 それで怒るの可愛すぎるw 初めて三浦くんを可愛いと思ってしまったw 場面は代わって、石森ちゃんが女子力ないTシャツしかないことに恥ずかしくて部屋に籠っていました。 部屋に来た三浦くんちょっと壊れ気味にブチ切れますw 「オレ おまえの顔も身体も普通に好みだからな!」とかみんなの前で言っちゃいますw そのまま部屋の中に入って二人きり。 石森ちゃんが自分のTシャツを恥ずかしがってるから、三浦くんのをTシャツを渡そうと脱ぎます。 「三浦くんが好きだという思いだけで この7か月間やってきました」 こういうところ!! こういうところが三浦くんは好きなのです!!! 解決!!!よし!!!!!(雑 肝試し 恒例の肝試しです!! 石森ちゃんと三浦くんはもちろんペア! しかし、石森ちゃんが落ち込んでいる友達(あゆみちゃん)のことが心配で、一度三浦くんとのペアはやめてあゆみちゃんと一緒に組むことにしました。 あゆみちゃんは瀬戸くんという幼馴染のことが好きで、瀬戸くんのその気がなさそうな態度に落ち込んでいます。 しかし三浦くんのおかげで瀬戸くんもあゆみちゃんのことが好きと自覚し、二人は結ばれました!よかった!! この時の瀬戸君と三浦君の会話もso goodでしたよ!! そんなこんなで二人の幸せを見届けた石森ちゃんは、三浦くんを探しにいきます。 神社かな?お寺かな?の石段に座っている三浦くんを発見。 ここで石森ちゃん好きの感情が溢れたのか衝撃の行動を。 自分から三浦くんにキスしました!! C 2019 村田真優「ハニーレモンソーダ10巻」より ふぉおおおおおおおおおおおおお!!!!!!! 三浦くんやられたな!!!!!! ぎゃーーーー!!! 三浦くん顔色変わらなかったけど、心臓がドキドキしてることを石森ちゃんの手を自分の胸に当てさせて知らせました。 うふふ。 クールよのぅ。 いや、意外とシャイなのか? そしてここから 最強の三浦くんのターンです。 石森ちゃんに煽られた三浦くんはやばいです。 「あーーお前が悪いからな」 と言い、三浦くんが石森ちゃんにキス。 石森ちゃんに抱きつかれたら三浦くんはキスをし、石森ちゃんにキスされたら三浦くんは口開けろと... 口開けろて... やばーーーーーーーーーーーーい!! ドゥフドゥフドゥフドゥフ(壊 o.... open the mouth だなんて.... e ro i... そもそも石森ちゃんさすがにそんなこと言わないw言っちゃだめw 次の巻もめちゃくちゃ期待です!.

次の

ハニーレモンソーダ【第55話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

海にて芹奈ちゃんの恋、終結へ・・・ みんなで海にやってきました。 芹奈ちゃんを守ろうとする石森ちゃんに三浦くんが言った言葉。 「余計なことするな オレがついてるから 石森は関係ない」 いやこれグサッってなるけど、実はこれ 芹奈ちゃんの為じゃなくて石森ちゃんを想っての言動だったのね。 石森ちゃんの世話を焼いて、芹奈ちゃんも守ろうとしてたように見えたけど、その答えは三浦くんの友人の言葉がしっくりきました。 「一貫してずっと 1人しか守ってない」 そう、石森ちゃんが芹奈ちゃんを守ることによって、 石森ちゃんに被害が及ばないようにする為だったんですね。 ふお~~芹奈ちゃん的には辛い現実;; 海で石森ちゃんが前にイジメられた人たちとバッタリ逢いました。 ここでは、強くなった石森ちゃんの様子がしっかりわかります。 一方、三浦くんに呼び出された芹奈ちゃん。 芹奈ちゃんは何を言われるか悟り、先に三浦くんに告白をします。 芹奈ちゃんも三浦くんが一貫して石森ちゃんを守っていることに気づいていたようです。 切ねえ・・・ そしてここめっちゃ切ない。 そして、 今気持ちがあるのは芹奈ちゃんだけなのが切ない。 残った三浦くんの この表情辛い。 (正確には石森ちゃんを見かけて三浦くんが入った) カフェでお茶をすることに。 去り際勇気を出して 三浦くんに連絡先を聞きます。 その時の三浦くんの反応素晴らしい。 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ5巻」より 「やっと聞いた」 って待ってたんですか!!!! しかもこの 落ち着いた表情もたまらん。 ちょっとSっぽいと見せかけて、この後の 「あーよかった 聞きたいと思ってんオレだけじゃなかったわ」が最高に素直でよろし!!! 最高に素直でよろし!!!(二回目) そして石森ちゃんの携帯に三浦くんが自分の番号を入れようとすると、フライング登録で三浦くんの名前が入っています。 引かれると思いきやこの表情。 そして過保護な父親であることを悟った三浦くんのこのセリフ。 「帰ってライン入れていいかパパに聞いとけ」って;;; 優しすぎる;;;察しがよすぎる;;; 石森ちゃんと父親 石森ちゃんはどうやら 超過保護な父親に全て人生を決めてきてもらったようです。 父親の引いたレールの上を歩き続けてきた石森ちゃん。 石森ちゃんが大事すぎるが故に過保護になってしまってるってところが反発しようがないですよね。 けっこう闇深いです。 ある日石森ちゃんが三浦くんたちとカラオケにいきます。 初めてのカラオケに大興奮する石森ちゃん、しかし一方でどこかモヤっとした感情も。 それを三浦くんに打ち明けます。 石森ちゃん 「私は今 お父さんを裏切ってる?」 一人で歩けることを知ってしまった石森ちゃん。 父親の望まない場所で望まないことをしている。 何かわかるこの感じ。 かなりリアルでよくあるパティーンじゃないかね?? そして、石森ちゃんがカラオケにいるところを父親が見かけてしまいました。 チャラそうな連中とチャラい場所にいることにショックを受けた父親に、石森ちゃん むりやり編入させられそうになります。 編入したくないと訴える石森ちゃんに ものすごく切なそうな顔をする父親。 いやこれ現代風に言うと、毒親ですよね。 毒親って何パターンかあると思うけど、これは表面的には大事にしてるように見える 隠れ毒親ですよね。 しかもこのパターン根本にあるのが"愛情"ってところが非常にしんどい。 嫌いになれないやつ。 携帯を取り上げられ、学校を休んだ石森ちゃん。 夜、石森ちゃんの部屋のベランダに三浦くんが現れます。 三浦くんのこの言葉に私も救われました。 「娘を想う父親がいる 友達を想うクラスメイトがいる 誰も悪くない だったら どっちも守るしかない そうだろ?」 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ5巻」より 名言すぎる。 超救われた。 三浦くん光ですわ。 しかもこんな素晴らしい言いこといいながら、世話を焼いてる自分に笑ってしまう三浦くんスーパー可愛いかった。 ここで5巻は終了です。 芹奈ちゃんの恋も終わってしまい、石森ちゃんとの距離もどんどん近づいてきましたね。 そして、新たな石森ちゃんの親子関係の問題。 何かいい方向に行ってくれる気がします! もうそれが解決と同時に二人は付き合えばいいんじゃない?(願望) 次巻も楽しみです!!.

次の