リンデロン vg 軟膏 市販。 リンデロンVG軟膏の効果まとめ!同じ効能の市販薬はある?

リンデロンvg軟膏は市販されているの?副作用に注意!

リンデロン vg 軟膏 市販

こんにちは。 現役ママ薬剤師の安美です。 今回は、 リンデロンVG軟膏が顔に使用できるかについて、リンデロン軟膏の種類や市販薬も含めてお話します。 リンデロンVG軟膏は、ステロイドの塗り薬です。 虫刺されや掻き傷ができた湿疹など、幅広く使われています。 そして、 その成分によって、ステロイドの強さのランクも違うんです!! なので、 リンデロン軟膏を顔に使えるかどうかは、種類によって違ってきます。 市販薬があるかどうかも種類によって違います。 それでは、現役薬剤師の私が詳しくお話していきますね! 目次• リンデロンVG軟膏は顔に塗っても大丈夫? リンデロンVG軟膏、リンデロンV軟膏、リンデロンDP軟膏、リンデロンA軟膏のステロイド強さランク一覧表 医療用(病院で処方される)リンデロン軟膏には、4種類あります。 全て、ステロイド軟膏ですが、強さランクが違います。 似ているようで、全く違うので注意が必要です! 手持ちのリンデロン軟膏の名前につくアルファベットが、 「DP」「V」「VG」「A」のどれかを確認してみてくださいね。 ステロイド薬は、塗る体の場所によって、吸収されやすさが違います。 皮膚が薄い顔や首は吸収されやすく、よく効きます。 なので、 強さランクの低いステロイドを使用したほうが安全です。 また、幼児や高齢者は<強い、Strong>以下の強さのステロイドを使うことが一般的です。 ステロイド軟膏の使い方のコツについては、 に詳しく書いています。 参考にしてくださいね! 眼耳科用リンデロンA軟膏は顔の使用可能なステロイド軟膏だけど、市販薬はない 眼耳科用リンデロンA軟膏には、弱いステロイド成分と抗生物質のフラジオマイシンが配合されています。 リンデロンA軟膏は顔の使用が可能です。 眼(まぶた)や耳、鼻などに使われます。 軟膏以外にも、液体(点眼・点鼻用リンデロンA液)があります。 ただし、 リンデロンA軟膏の市販薬はありません。 市販薬もあるリンデロンVG軟膏、顔の使用は要注意! リンデロンVG軟膏には、リンデロンVのステロイド成分に加えて、抗生物質のゲンタマイシンが配合されています。 リンデロンVG軟膏のステロイドの強さランクは、強い(Strong)。 基本的には、 顔のような吸収のよい部位には使わず、手足や体に使うステロイドです。 (お医者さんの判断のもとに、短期間、顔に使用する場合もあります) リンデロンVG軟膏は、市販薬のベトネベートN軟膏ASで代用できます。 配合されている抗生物質は違います(フラジオマイシン)が、 ステロイド成分は同じです。 なので、リンデロンVGとほぼ同じように使用することができます。 虫刺されや傷ができた湿疹などに重宝します。 リンデロンVG軟膏には市販薬がありますが、 ステロイドの強さランクから考えると、一般的には顔には使いません。 リンデロンVG軟膏を顔に塗る場合は、お医者さんの指導に従うようにしましょう。 顔に使えるステロイド軟膏の市販薬については、こちらのブログ記事も参考にしてください。 まとめ というわけで、 リンデロンVG軟膏が顔に使用できるかについて、リンデロン軟膏の種類や市販薬も含めてお話してきました。 医療用のリンデロン軟膏には、成分の違いによって、リンデロンVG、V、DP、Aの4種類あります。 その中で、顔に使える強さのステロイドは、リンデロンA軟膏です。 ですが、眼耳科用リンデロンA軟膏には、市販薬がありません。 リンデロンVG軟膏には市販薬がありますが、 ステロイドの強さランクから考えると、顔の使用は一般的ではありません。 顔に使う場合には、お医者さんの指導に従うことが大切です。 リンデロン軟膏と一言でいっても、種類によって違います。 特に、市販薬を使う場合は、注意してくださいね。

次の

リンデロン−VG軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リンデロン vg 軟膏 市販

リンデロンVGは、幅広い皮膚トラブルに使用される処方薬です。 特に化膿している状態の皮膚に処方されることが多く、使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 リンデロンVGには、軟膏・クリーム・ローションの3タイプがあり、患部の位置や症状によって使いわけられます。 12%/リンデロン-VGクリーム0. 12%の添付文書 リンデロンはさまざまな皮膚疾患に処方されますが、以下のような症状によく処方されます。 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 【ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)】 ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの消炎鎮痛剤で、炎症を鎮める効果があります。 【ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)】 ゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質です。 免疫機能が下がった患部が感染症になるのを防ぎます。 また、細菌の増殖を防ぎ、感染が広がり症状の悪化をおさえます。 ただし、抗生物質は長期使用すると細菌に耐性ができ効果が出づらくなることがあります。 ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 ・Strongest(ストロンゲスト):もっとも強い ・VeryStrong(ベリーストロング):非常に強い ・Strong(ストロング):強い ・Medium(ミディアム):おだやか ・Weak(ウィーク):弱い リンデロンVGの体内吸収度の強さは、5段階の真ん中3番目の「Strong(ストロング)」です。 ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。 ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示通りに使用してください。 指定された患部以外に使用したり、全体に塗り広げたりしないように注意しましょう。 リンデロンVGを購入する場合は医師の処方箋が必要であり、処方箋なしに薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 また、リンデロンVGと全く同じ薬は現在市販されていません。 しかし、リンデロンVGと似たような成分配合であり、同じような効果が期待できる薬は市販されています。 なお、リンデロンVGと同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」を配合している市販薬は現在2つのみ販売されています。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンと同じステロイド+抗生物質の薬です。 【ベトネベートN軟膏ASの成分】 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) ベタメタゾン吉草酸エステルはリンデロンVGのステロイドと同じ成分であり濃度も同じです。 リンデロンVGと異なる点は、配合された抗生物質の成分です。 ベトネベートN軟膏ASに含まれている抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩は、リンデロンVGに含まれているゲンタマイシン硫酸塩と同じように細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 そのため、ベトネベートN軟膏ASは、リンデロンVGとほとんど同じ効果を期待できるといえます。 ベトネベートN軟膏ASとベトネベートクリームSは、配合されている成分が異なるため、効能・効果が若干異なります。 自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。 判断がつかない場合は、薬局などで薬剤師や登録販売者に相談することをおすすめします。 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。 必ず使用上の注意を読んで用法用量を守って使い、使用中に異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の

【リンデロンVGは市販で買える!?】かゆみ止めで最強の市販薬

リンデロン vg 軟膏 市販

リンデロンVG軟膏とは リンデロン系には、ステロイド配合薬の1つで、3種類存在します。 抗生物質を配合していない リンデロンV軟膏と リンデロンDP軟膏、そして、抗生物質を配合している リンデロンVG軟膏です。 このリンデロンVG軟膏には、吉草酸ベタメタゾンエステルというステロイド成分と、ゲンタマイシン硫酸塩という成分の抗生物質が配合されていて、互いを補いあって効果を発揮します。 ステロイドと抗生物質が配合されているので、炎症が原因の赤みや腫れ、痒みなどを抑えて、改善してくれます。 また、ニキビや蕁麻疹、虫刺され、軽い火傷にも効果があります。 効果が強力な反面、使用頻度や使用量によっては、 皮膚にダメージを与えてしまうこともありますので、できるだけ医師・薬剤師の指導のもとで使うことが大切です。 市販されているのか? 一般的にステロイド配合分が低い医薬品は、薬局などで購入可能です。 しかし、リンデロンVG軟膏は、ステロイド配合分が高めなので、薬局などでは市販されていません。 少し前までは、ほぼ同成分から作られているコルデールG軟膏という医薬品が薬局で売られていたのですが、現在では販売中止となっています。 なので、 リンデロンVG軟膏を病院に行かずに入手するのは難しいのが現状です。 ですが、絶対に手に入らないというわけではありません。 記事の後半では、その方法を解説していきたいと思います。 スポンサードリンク ネット通販で購入可能! どうしてもリンデロンVG軟膏が欲しいけど、病院に行く暇はない。 そんなときにオススメなのが、「 個人輸入する」という方法です。 簡単に説明すると、輸入代行業者に依頼して、海外で売られている医薬品を輸入してもらうというものになります。 個人輸入という言葉から密輸入をイメージするかたもいるかと思いますが、個人輸入は厚生労働省にも認可された完全に合法な医薬品の購入法です。 ただし、良心的な輸入代行業者だけでなく、悪質な輸入代行業者も存在しますので、あくまでも自己責任で購入しましょう。 また、参考までに、「」を載せておきます。 市販の代替薬 リンデロンVG軟膏の代用薬として知られている薬に、第一三共ヘルスケアから販売されている ベトネベートN軟膏ASという薬があります。 主成分は、リンデロンVG軟膏と同じ、ステロイド成分のベタメタゾン吉草酸エステルで、濃度も同じなので、同様の効果を期待できます。 2つの違いは、含まれている抗生物質にあります。 リンデロンVG軟膏にはゲンタマイシン硫酸塩が、ベトネベートN軟膏ASにはフラジオマイシン硫酸塩が含まれています。 フラジオマイシン硫酸塩は、皮膚感染の原因菌の多くに有効とされている抗生物質で、掻きむしって傷ついてしまった皮膚が化膿して細菌増殖するのを防いでくれます。 メーカー小売り希望価格は、 1,050円となっていますが、画像のサイトから 698円での購入が可能ですので、気になった方はチェックしてみてください。 まとめ リンデロンVG軟膏を手に入れたいけど、難しいときには、• 個人輸入する• ベトネベートN軟膏ASで代用する という2つの方法が考えられます。 どちらか自分に合った方法で入手してください。

次の