ニコ動 解約。 【ニコニコ動画(niconico)】ニコ動の退会方法!無料会員の退会方法から有料会員(プレミアム会員)・有料チャンネルの解約方法まで!

メンタリストDaigoのコンテンツは飽きるが止められないのはなぜか?止めるタイミングと解約方法とは? :: 株式会社モデリング・プロジェクト

ニコ動 解約

ニコニコ動画プレミアム会員の退会(解約)方法の仕方についてまとめた記事です。 ニコニコ動画のプレミアム会員に登録をして退会できない、退会方法がわからない人が多いようですので画像付きで解約方法の仕方を載せましたので参考にされてください。 また、ポイントサイト経由でニコニコ動画に登録をされる方もいらっしゃると思いますので、事前に解約の手順を理解しておくと退会をスムーズに行うことができます。 ニコニコ動画の退会方法の手順(簡易説明版)• マイメニュー解約• アンケートに答えずに進む• お支払い方法に進む• 解約手続き• 退会完了 ニコニコ動画プレミアム会員の簡易説明版の退会方法の仕方になります。 上記の手順でわからない人は、下記の画像付きの退会の仕方を参考にして解除を行ってください。 2.アンケートに答えずに進む マイメニュー解約を選択するとアンケートへのご協力画面へと移動します。 3.お支払い方法に進む アンケートに答えずに進むを選択後、プレミアム会員解約の画面が表示されます。 ニコニコ動画プレミアム会員を解約すると、ニコニコプレミアム向けの全機能が利用できなくなりますのでご注意ください。 登録された携帯会社(ドコモ・AU・ソフトバンク)のボタンが表示されているはずです。 4.解約手続き お支払い方法を選択すると再度同じ画面が表示されますので下までスクロールします。 これでニコニコ動画プレミアム会員の退会が完了します。 6.退会完了 ニコニコ動画プレミアム会員の解約が無事に完了しました。 尚、ニコニコ動画プレミアム会員を解約しても、 ニコニコ動画自体の退会は完了しませんのでお間違えのないように。 プレミアム会員を解約することで、一般会員となり月額費用はかかりませんのでそのままでも特に問題はないと思います。 例えば、ポイントサイトでは不定期にニコニコ動画の再登録OKの案件が掲載されることもありますので、 そういった際に一般会員のままであれば無駄な手間を省きプレミアム会員になれるのでニコニコ動画一般会員は退会しない方が無難かと思います。 今回は、スマホ(ドコモ)からのニコニコ動画プレミアム会員の解約の仕方をご紹介しましたが、iPhoneやAU、ソフトバンクからでは多少解約の手順に違いがあるかもしれませんのでご了承ください。

次の

【ニコニコ動画】プレミアム会員の解約方法!スマホで退会したいけど、できない?

ニコ動 解約

スマートフォン iPhoneまたはAndroid の場合• スマートフォンでにアクセスし、解約したいアカウントでログインする• トップページ下部にある「プレミアム会員を解約」をタップする• アンケートに回答し「送信」を押すか、「アンケートに答えずに進む」をタップする• プレミアム会員解約ページ内のお支払い方法内の「次へ進む」ボタンをタップする パスワード入力画面が表示された場合、niconicoのパスワードを入力してください。 プレミアム会員解約ページ内の中央にある「解約をやめる」ボタンの下部にある「解約手続き」のリンクを選択する• 案内に沿って解約手続きをおこなう [注意事項] Apple IDでのお支払い(月額または年額課金)の場合は、App Storeで解約手続きをおこなっていただく必要があります。 詳しくはをご覧ください。 携帯電話 ガラケー の場合• 携帯電話でニコニコ動画モバイル アクセスする• 未ログインの場合は、解約したいアカウントでニコニコ動画モバイルにログインする• ニコニコ動画モバイル トップページ下部にあるプレミアム会員解約リンクより、案内に沿って解約手続きをおこなう [注意事項]• docomoの携帯電話からスマートフォンへ機種変更され、マイメニュー引継ぎをご利用された方は数日中に「マイメニュー登録」から「spモード決済」に自動で引継がれます。 spモード決済に引継がれた後はスマートフォンでの利用・解約ができるようになります。 あらかじめご了承ください。 「ID連携」を解除すると、ニコニコプレミアムも解約となります。 [解約手順]• に接続してログインをおこなう• 解除に関してご不明点がございましたら、auへご確認ください。 auIDの連携解除は、 登録中の「ニコニコプレミアム」と「ニコニコチャンネル」がすべて解約されますので、ご注意ください。

次の

【解決】ニコニコ動画プレミアムの解約ができないトラブル解決法!退会手順【画像解説】

ニコ動 解約

プレミアム会員とは? プレミアム会員はニコニコ動画の有料サービス。 月額 540円で下記のサービスを受けられる。 (メジャーなもの抜粋)• 動画を 高画質で見れる• 動画の 読み込みが早くなる• 生放送の視聴が優先される• ニコ割(時報、アンケート等)で動画が一時停止しない• 生放送を配信可能• マイリスト等の登録数が増える• 動画をフルスクリーン再生可能• 動画再生開始時に広告が表示されない• 動画投稿数無制限• etc ニコニコで動画や生放送を見る際に ストレス無く楽しめることが大きな魅力だろう。 また、 生放送の配信を行う場合も登録が必須となる。 会員数の推移 そんなニコニコ動画の「プレミアム会員」だが今年の2月にサービス以来初めて会員数が 減少したことが発表された。 上記グラフは「ニコニコ大百科」の「」の情報を元に作成したプレミアム会員数の推移グラフ。 2015年頃までは順調に増加していたが停滞し、 急落し始めている様子が良く分かる。 プレミアム会員数の減少とニコニコ新バージョンの開発費用負担も相まり、2017年8月発表のWebサービス事業の営業損失は 7200万円の赤字(カドカワの連結決算も 2300万円の赤字)となっている。 オワコン化の理由 YouTube ぶっちゃけ収益化だけを考えるのであればYoutubeの方が評価してくれてます。 ただニコニコのコミュニティ自体は好きだし収益化だけが目的でもないので今のところしくじり企業は両方の投稿を継続しようと考えてます。 — 係長 cakari14 プレミアム会員減少の最大の理由は YouTube等の動画配信サービスの台頭だろう。 YouTubeでは動画が再生されるごとに 広告収入が発生する。 ニコニコにも「クリエイター奨励プログラム」という再生数に応じて報酬が発生する制度はあるものの、「著作権を侵害しているものはNG」(=原則的にゲーム実況は不可)だったり利用者数の関係でYouTubeよりも再生数を稼ぎづらい。 再生単価では「ニコニコ」が上回るが、 収益化のしやすさはYouTubeが上回っている。 動画配信サービス競争 同時に理由として考えられるのは各種動画配信サービスの 競争激化だろう。 「Netflix」「Hulu」「dTV」「Amazonプライム」などの 見放題サービスが勢いを伸ばし、暇な時間を費やす選択肢の一つだった「niconico」の相対的な価値が下がっている。 いまのニコニコはオタク文化真っ盛り動画サイトって所だけが最大の売りで、昔のユーザーも積極的にコンテンツを製作してた頃と比べるとつまらなくなったしわざわざ行くところでもなくなった — アコギター Marumari060 もちろん1つ目の理由に基づくコンテンツの低品質化も大きな理由である。 明らかに 昔のニコニコほど面白い動画が無くなっており、実際問題としてコンテンツのレベルは下がっている。 コンテンツの質が上がり量も増える一方の他のVODサービスとは真逆の流れを突き進んでいる。 低品質な視聴環境 ニコ動プレミアム退会して初めて動画見てたんですが「一般会員ってこんなに不便なのか!」って思い知ったし、その怒りから「こんなクソ仕様をごく普通のサービスにするためのプレミアムだったのか」「2度と入るまい」と思う深夜だった。 — 六代目 6daime 低品質化はコンテンツの話だけに留まらない。 昔から言われているが「niconico」の視聴環境は快適さの 欠片も無い。 動画プレイヤーはFlashからHTML5への切り替えがようやく行われたが、サーバーの重さは相変わらず。 実況は度々落ちるし、何年経っても改善が 全く見られない。 インフラ面での不便さには目をつぶるとして「 プレミアム会員」の特典が利用時のストレスの軽減でしか無いのも現代のサービスとして酷すぎるポイント。 筆者はプレミアムになれば生放送し放題だと勘違いしていたが、放送の延長は 有料と知って驚愕した(現在は無料)。 ライバルであるYouTubeに明らかに劣っているサービス部分をそのまま放置しているのも競争意識が無さ過ぎる。 契約・解約した理由 筆者がプレミアム会員を契約した理由は2つあり、「 torne」での録画番組視聴時のコメント表示と生放送の配信が目的だった。 torneのコメント機能の魅力については下記記事を参照。 スポンサーリンク 解約するべき理由 YouTube Live等で代替可能 あなたが「niconico」 でしか楽しめないコンテンツ(好きな投稿者・実況者)が居る場合は「プレミアム会員」を続けても良いと思う。 しかし単に「 暇つぶし」としてゲーム実況等を楽しんでいるならばYouTube LiveやTwitchなどの実況配信サービスを利用したほうが良いだろう。 ニコニコ生放送じゃなくてもYoutubeLiveとかTwitchとかあるし、手軽にやりたいならTwiCasがあるよね — GreenRyder a. a みどり ryder472 あなたが放送主としてコンテンツ提供する側だとしてもそれは同様である。 YouTubeとニコニコでは収益化のしやすさと今後の 展望が大きく違う。 早いうちに移行を済ませチャンネル登録者数を上げておいたほうが良い。 他の月額サービスの方が魅力的 「暇つぶし」としてニコニコを利用しているなら他の 魅力的な月額制サービスの利用を是非検討して欲しい。 各月 3本以上はゲームが提供されるのでゲーム好きには超お得なサービスとなっている。 2017年10月はメタルギアソリッドシリーズ最新作「 MGSV:TPP」が提供されるなど内容も非常に豪華。 お急ぎ便など配送特典も豊富であり、 ビデオが見放題の「プライム・ビデオ」、 音楽聴き放題の「Prime Music」やKindle 本が読み放題の「Prime Reading」など特典内容と種類がとにかく豊富。 それでも月額はたったの 400円。 年間なら3,900円の破格である。 ニコニコプレミアムとAmazonプライムどちらか一方なら問答無用でAmazonプライムだろう。 Netflix 98年に公開されたポケモン映画の記念すべき第1作。 ポケモンマスターを目指して修行の旅を続けるサトシの前に、自らを生み出した人間への逆襲を計画するポケモン「ミュウツー」が立ちはだかる…。 『劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲』ほか、 映画多数配信中! — Netflix Japan NetflixJP VODサービスとして一押しなのは「Netflix」である。 個人的には コンテンツの質が最も良いと思う。 対抗馬の「Hulu」などは「日本のドラマ」が好きならアリかも程度。 「Netflix」は他のVODサービスと一線を画すのは「 オススメ機能」である。 圧倒的な視聴者数と独自の統計技術を駆使し、ユーザーに最適な番組をお勧めするアプローチの精度が他のVODサービスと決定的に異なる。 極端な話「Netflix」では自ら検索して番組を探しに行く必要がない。 回線も非常に安定しており、プランによっては4K画質でのブロードバンド視聴にも対応。 料金は画質と台数によって異なり、月額650円~1,450円となっている。 ベターなのはフルHDで動画を楽しめるスタンダード( 月額950円)だろう。 いつでも再開可能 この前ニコニコ動画のプレミアム退会したんだけど 一般会員って不便すぎるな… 前回の再生位置から再開できないしシークも出来ない。 なんだこれ — もふどん mfudn 「プラミアム会員」を続けている人の中には「 なんとなく」そのまま続けている人も多いと思う。 その場合は「まず解約」してみるがオススメ。 困った場合はもう一度契約すれば良いだけの話なので「なんとなく」 惰性で続けているのが一番勿体無いと思う。 感想 現状のニコニコ動画というサービスは「 信者」のためのものになりつつある。 昔からのユーザーが「居場所」としてそこに残り続けている印象が強く、コンテンツ自体の魅力に対して課金している人はごく少数だろう。 「Amazonプライム」のような魅力的な月額サービスや「YouTube Live」の機能強化・改善が目立つほどニコニコ動画のサービスの 質の低さ、対応の遅さも際立っている。 ニコニコもプレミアムをとうとう解約した。 bb時代から使ってるから思い入れもあったが、一つの時代が終わった感じ。 超会議とかばかりせずにその金で動画の画質をもっと早くに改善すれば、離れる事は無かっただろうに… — 閉鎖 wlw1234567 「超会議」のようなコンテンツに資金を費やすのではなく、サービスそのもの 改善に取り組んでいれば今の事態には陥っていないと思う。 機能制限などユーザーにストレスを与える形での課金誘導は現在のニコニコのコンテンツ水準で有効な手段ではない。 サービスとしての 抜本的な改革が必要だと思う。 Flashのように「過去の産物」とならないように頑張って欲しい。 私もかなり昔からニコニコやってた口ですが ニコニコのプレミア会員離れの原因って 動画を見る為のコンテンツだったはずなのに バージョンが上がるたびに 営利目的を優先し過ぎて、根本の動画視聴が、見辛い環境になった事 他のライバルコンテンツと住み分けができず中途半端なコンテンツとして進化(寧ろ退化)した事 こんな事が理由になっているかと思っております。 ニコニコ動画とは、コンテンツ作成側が仕掛けて盛り上げたコンテンツでは無く 名も無き動画投稿者達が好き勝手やって、その様が 見ている側からすると、面白そうだから後続投稿者が続いて盛り上がった、 視聴者は動画を観てコメントを入れて楽しむ事が利点のコンテンツであったと、私は思っております。 その盛り上がった状況をコンテンツ作成側が勘違いして、 コンテンツ外の超会議に投資したり ライバルに勝てる訳がないであろうアニメ視聴有効化してみたり 維持費がかかる生放送コンテンツを作ってみたり 間接的な営利目的での業界のプロによる投稿に乗っかってみて、名も無き投稿者の投稿する意欲をなくならせてみたり 求めてもない公式チャンネルや公式放送でお金を投資してみたりと コンテンツ利用者が求めてもいないものを作り続けた結果だと今にあると思っております。 ニコニコが無くても、他が用意しているコンテンツでも十分に換えが効く様になっている現状ですと、ニコニコ衰退の加速化はもう誰も止める事は出来ないでしょう。

次の