モンスト シャーロックホームズ イラスト。 シャーロック・ホームズ(モンスト) (しゃーろっくほーむず)とは【ピクシブ百科事典】

【モンスト】シャーロックホームズは引くべき?

モンスト シャーロックホームズ イラスト

事件は既に解決している…今からそれを証明しよう… 概要 の2019年6月に行われたイベント 「モンスト・サスペンス」の解決編にて初登場となった、プレミアムガチャイベント 『超獣神祭』に登場する闇属性の女性キャラクター。 モデルは言わずと知れたの代名詞、。 CVはが務める。 進化版はゲージショットに同じ敵を攻撃し続けることで、最大でキラー系の倍率にまで攻撃力が上昇していく 連撃キラー、近年登場クエストを増やしつつある減速壁に対応する アンチ減速壁が初搭載される。 マインスイーパーMと超ダメージウォールも所持しており、仮に条件が整えば、直殴りの火力は最大5. 2倍と驚異的な威力となりうる。 友情コンボは「超強全方位ショットガン」。 SSは自強化となっている。 神化版は友情コンボ重視。 全ての敵に攻撃可能な「跳弾」と、ラウドラで実装された壁を伝う貫通弾「ウォールムービングバレット」が強力。 進化・神化比較• 推理力や洞察力は勿論のこと、瞬間記憶や空間認識など、様々なスキルに長けており、どんな事件でも瞬く間に解決する。 一方で飽き性かつだらしがなく、好奇心をそそられるもの以外には一切の関心を示さない。 生活能力は皆無に等しく、家事や身の回りのことはすべて相棒の頼みである。 ホームズと行動を共にしているのは、の アイリーン・アドラー。 で、ため、ホームズと契約を交わして彼女の捜査に協力している。 進化後は難事件の真相を明らかにされながら、尚も悪あがきをしようとする犯人に対して、「過去再現能力」によるビジョンを展開する場面。 使い魔のアイリーンは本来の姿である魔導書に変化、探偵手帳としてホームズに力を貸している。 ビジョンに事件の一部始終が映し出され、言い逃れ出来ない決定的な証拠を突き付けられたことで、犯人の精神に潜む悪徳は打ち砕かれ、。 神化後は魔術によってドレスルームとなったアイリーンの力を使い、美しきへと変装するシーン。 魔術によって生成された衣装は、とことができる。 ホームズは身に着けた能力を操りながら潜入捜査を続け、どんな名探偵にも解き明かすことのできない難事件の影に潜む真実に迫る。 関連リンク SPECIAL MOVIE 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

シャーロック・ホームズ(モンスト) (しゃーろっくほーむず)とは【ピクシブ百科事典】

モンスト シャーロックホームズ イラスト

推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。 とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。 SF分野では『失われた世界』、『毒ガス帯(英語版)』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『ホワイト・カンパニー(英語版)』やジェラール准将(英語版)シリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た[注釈。 () 「ホームズシャーロック」「ホームズモンスト」「ホームズトレンド」という言葉が話題です。 ホームズ進化のステータス、下3桁が887なのって1887年から小説で登場したから?ステータス相変わらず凝ってるなー — とんぬん。 来週のラキモン、ヴリトラだけは抵抗ある〜?? あとオーブ41個あざます?? どらそん? — 小鳥遊六花あやち結婚おめでとう! Rikka016 ホームズの口コミ.

次の

シャーロック・ホームズ(モンスト) (しゃーろっくほーむず)とは【ピクシブ百科事典】

モンスト シャーロックホームズ イラスト

シャーロックホームズの評価点 神化と進化の評価点 キャラクター名 評価点 美しき私立探偵 シャーロック・ホームズ 神化 9. 0点 異彩の名探偵 シャーロック・ホームズ 進化 9. 加えて神化は砲撃型の広範囲友情を持ち、進化はキラーの乗る自強化SSが強力です。 どちらも用途が全く異なるため、行くクエストに応じて使い分けましょう。 シャーロックホームズにおすすめのわくわくの実 神化のわくわくの実 Sランク 同族の絆・加撃 「地雷」を所持した時の直殴り火力を強化でき、直殴り倍率が上がっているクエストを中心にアタッカーとして活躍可能です。 熱き友撃の力 2つの友情威力を底上げできるため、ザコ処理能力がさらに上がります。 Aランク 同族の絆・加命撃 同族の絆・加撃速 速必殺の力 進化のわくわくの実 Sランク 同族の絆・加撃 ギミック展開時とキラーでの直殴りを強化し、クエスト全体でダメージソースとなるアタッカーとして活躍できます。 撃種の絆・加撃 同じアビリティセットのキャラは反射タイプが多いため、パーティ全体の総火力を強化できます。 主要ギミックの「地雷」と「ワープ」に対応できるため汎用性が高く、味方に触れながら戦うことでメテオSSを使いやすくなります。 【神化】使いやすく高火力のメテオSS SSは、壁すりぬけチェインメテオです。 壁に触れると反対方向から出てくるため、軌道を読むことができれば全ての敵に当てることもでき、触れた敵の数が多い程メテオの威力が上がるので、敵にたくさん触れることで最大火力を発揮します。 また自強化倍率が 2. 5倍入るため、単体の敵に対してはメテオ自体でダメージを稼げませんが、自強化として使ってダメージを稼ぐことも可能です。 「ウォールムービンバレット」は、壁際を沿う属性弾が近くの敵を確実に攻撃するものとなっており、配置次第では複数の敵を同時に攻撃できますが、弱点に狙ってヒットさせるのが難しくなっております。 「跳弾」は、画面上の全ての敵を攻撃できザコ処理に優秀です。 またボスの周りに「シールド」や「ビットン」があれば、ダメージ判定を複数拾うことができ大ダメージを与えることができます。 「地雷」と「ダメージウォール」が展開されることで自身の攻撃力を上げることができ、加えて同じ敵に複数ヒット時はキラーで更に高火力を出すことができます。 ヒット数に応じて倍率が上がっていき、11ヒットすることで最大の 2倍火力を叩き出すことが可能です。 また、「スピードダウンウォール」が多いクエストでは無視して動けるため、クエストのコンセプトを崩壊させられるキャラになります。 【進化】扱いやすい自強化SS SSは自強化です。 キラーと相性が良く、単体の敵をSSを使って壁カンすることで「連撃キラー」と 1. 5倍の自強化が相まって、大ダメージを与えることができます。 また20ターンで使えるため、クエストを通して複数回使えるのも魅力です。

次の