弘前 市 10 万 円 給付。 定額給付金の支給完了 西目屋村|NHK 青森県のニュース

休日返上、書類確認に苦労/10万円支給 青森県内市町村(東奥日報)

弘前 市 10 万 円 給付

国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」支給に関する東奥日報の聞き取り調査では、一日でも早い給付を目指そうと、多くの市町村職員が休日返上で作業に当たり、申請が殺到する中で書類の確認に追われる姿が浮かび上がった。 早期の支給手段だったはずのオンライン申請は「確認作業が煩雑」など不評の声が目立ち、申請受付日や支給開始日の設定が市町村任せだったために「自治体間の競争のようになり、職員の心理的な負担になった」と、国への不満も漏れた。 東奥日報のまとめでは、少なくとも27市町村で職員が休日返上で作業し、時間外勤務で対応したところも多かった。 特に、国が申請方法や申請書のひな型を通知したのが4月下旬だったため、ゴールデンウイークも使って書類の印刷や発送作業を行った市町村もあった。 申請を巡っては「申請書が届いた初日は約700世帯のうち約150世帯に書類の不備があった」(深浦町)、「本人確認書類や通帳の写しを添付し忘れるケースが数百件あり、個別の対応に手間がかかった」(黒石市)など、各自治体とも確認に苦労した。 申請は基本は郵送だが、中泊町では窓口への来庁者が200人以上に上り、「3密」回避策として整理券を配布した。 総務省作成の申請書のひな型は「受給を希望しない」の欄があり、間違ってチェックを入れるトラブルも。 三沢市は「多くの方が誤ってチェックを入れ、その都度本人に確認しなければならず、事務が煩雑になった」という。 中には「裏面への記載漏れを防ぐため、A3判にして裏面をなくし、誤記入しないよう辞退チェック欄を『希望』『不要』の2択とした」(おいらせ町)など、申請書を独自に工夫した自治体もあった。 オンライン申請では、全国で記入ミスが続出し、二重給付する問題が相次いだ。 青森県内では現時点で二重給付の報告はないが、オンラインを巡って「複数回申請があったりし、二重給付を防ぐのに神経を使う」(弘前市)、「オンラインに不慣れな市民が二重、三重に申請したこともあり、確認作業が増えた。 利用者が400件程度で済んだので対応できたが、もっと多ければ大変だった」(十和田市)などの声があった。 「マイナンバーが現状では使い物になっていないことなど、今後の課題が浮き彫りになった」など厳しい意見もあった。 国に対しては、準備期間不足を訴える声が多く、五所川原市は「市民に早期振り込みするため、スピード感を求められるプレッシャーはあった」。 「申請受け付け、支給について自治体間で競争になった。 申請開始日を全国で統一してほしかった」(新郷村)との指摘もあった。

次の

休日返上、書類確認に苦労/10万円支給 青森県内市町村(東奥日報)

弘前 市 10 万 円 給付

ただ、多くの市区町村では、緊急事態宣言(ひとまずは5月6日まで)が明けた「5月7日(木)」からオンライン申請又は郵送による申請のいずれかの受付が始まるのではと考えられています。 市区町村によっては、オンライン申請の整備が間に合わないところもあるようですので、郵送申請を原則で考えておいた方が良いでしょう。 確定次第、また本ブログでご案内しますので、気になる方は毎日ご確認ください。 特別定額給付金(10万円給付)の施策の目的について、では、以下の通り説明されています。 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への経緯と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、 簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。 今回 、 特別定額給付金(10万円給付)の閣議決定(令和2年4月20日)に至るまでに、「(条件ありの)1世帯30万円給付」という話がありましたが、制限を設けることで迅速な給付が出来ないなどの批判が相次いでいましたので、 特別定額給付金(10万円給付)は迅速な給付が期待できます。 支給されるためには、所得制限も年収減少要件も納税要件もございません。 【!!ご注意ください!!】 なお、以下に特別定額給付金(10万円給付)を受給するためのよくある質問等をまとめていますが、4月20日以降、変更となる場合があります。 ご理解いただいたうえでご参照下さい。 特別定額給付金(10万円給付)について、実際に、だれがどのように申請するかが問題となります。 この点、「給付対象者」と紛らわしいですが、「受給権者は、その者の属する世帯の世帯主」とされていますので、 実際の特別定額給付金(10万円給付)の申請手続きは、世帯主が代表して同一世帯の給付対象者分をまとめて申請する =まとめて受給する こととなります。 地方公共団体から給付対象者への銀行の振込手数料や事務手続きの簡素化を考えれば、やむを得ない措置でしょう。 なお、住民票上は同一世帯になっているけど、家庭内暴力(DV)等の諸事情で事実上別居している世帯も少なくありません。 このような場合に、どのような特例措置を認めてくれるのかについて、以下のブログ記事にまとめましたので、ご参考にどうぞ。 特別定額給付金(10万円給付)は、 資金使途の定めのない自由に使える「 現金」となります。 一時は、商店街等でしか利用できない商品券にしようとか、「お肉券」「お魚券」などが議論されたようですが、世論の強い反対があり、最終的には「現金給付」となりました。 そのため、目先の支払いに充てる人、貯蓄に回す人、株式投資に回す人、趣味のお金や遊興費に使う人、大切な人へプレゼントを買う人、医療従事者へ寄付したいと考える人、いろんな使い方が可能です。 いずれにせよ、新型コロナウイルス感染症の影響は1年以上続くともいわれていますので、「かしこく」使用したいものですね。 なお、「特別定額給付金」を狙った投資詐欺も多く発生すると思うので、本当に気を付けてください。 「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!• 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。 現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることは、絶対にありません。 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

次の

青森県弘前市で児童手当を受けるには

弘前 市 10 万 円 給付

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、国が一律10万円を支給する特別給付金について弘前市は、緊急的状況の市民を優先した独自方式(緊急申請)とオンライン申請を中心とした約1万件の処理を終え、本格的に郵送申請の対応に移行しつつある。 市は郵送申請に関し「書類が届き次第、2週間程度をめどに給付したい」としている。 市によると、市内の給付対象世帯は8万395世帯。 5日現在の申請件数は、1日から受け付けを開始した郵送申請を含めて5万3288件。 給付に向けた手続きを終えた処理件数は、緊急申請6483件、オンライン申請1889件、郵送申請1089件の計9461件となっており、処理率は約11%。 郵送申請に先行し、マイナンバーカードを持つ市民を対象としたオンライン申請は受け付け当初、マイナンバーを忘れたりマイナンバーを記した通知書を紛失したりといった市民からの問い合わせが市役所に相次いだが、現在は既に落ち着いているという。 市は4月24日付で新型コロナウイルス感染症対策室を立ち上げ、各種対策のほか定額給付金に関する業務に着手。 5月29日から書類が発送される郵送申請を待つ余裕がない市民への対応を急ぐ必要があるとして、独自の緊急申請受け付けを同9日から実施した。 緊急申請については申請が必要以上に殺到し、最も優先すべき市民への対応が遅れる可能性を懸念する声もあったが、実際は郵送申請の受け付け前に大半を終えられる形となった。 同対策室は「多くの市民が市の取り組みを理解し、協力してくれたと受け止めている」と感謝する。 今後は郵送申請の受け付けと手続きが本格化することになるが、同対策室は「郵送申請まで待ってくれた市民であっても、困っているケースはあると思われるので一日も早く給付できるようにしたい」とし、当面は職員が休日返上で給付作業に当たる方針。

次の