鼻水 透明 さらさら。 鼻水が透明でサラサラ?原因がわかれば対策もバッチリ!

さらさらの鼻水が止まらない! その原因と鼻水を止める方法

鼻水 透明 さらさら

スポンサーリンク 鼻水が透明な時の症状は 鼻水と言えば鼻をかんだ時にティッシュ についていますが、ネバネバしていたり 少し色がついていたりすることが多いですよね。 しかしそんな鼻水とは違って鼻をかみたい なって思った時には既に鼻から出てきて しまっている透明でサラサラな鼻水 うわーヤバイ! 鼻水が垂れてきたって思う瞬間ですが どうして透明でサラサラな鼻水が突然 出てきてしまうのか 何か病気のサインなのではって思います。 そんな透明でサラサラな鼻水が出てきて しまう症状の時に注意してほしいのが ・ 風邪の初期症状 ・ アレルギーによって この2つが原因の時が多いです。 風邪の初期症状の場合 まずは風邪の初期症状のサインですが 原因となっているのは 鼻の粘膜に 風邪のウイルスがくっついてしまって いるのが原因です。 風邪のウイルスが体内に入ってきて しまうと風邪をひいてしまいますが まだ風邪を本格的にひいてしまう 前の段階、初期症状の状態です。 ではなぜ透明な鼻水が出てきてしまう のかというとその粘膜にくっついて いる 風邪のウイルスを排除しようと 頑張ってくれているのです。 完全に風邪をひいてしまうと 今度は風邪のウイルスをやっつける 為に白血球などが戦ってくれて その戦ってくれた白血球などが 鼻水から出てくると黄色い鼻水が 出てきます。 なので鼻水が透明でサラサラの場合は まだ風邪のウイルスが完全に体内に 入ってきていない これから 風邪をひいてしまうかも しれないっていうサインなのです。 アレルギーの場合 次はアレルギーですが これはアレルギーの元となる アレルゲンが鼻の粘膜にくっついて しまっています。 スポンサーリンク アレルゲンは人によって違いますが 多くの場合は、ダニやホコリ 花粉などが多いです。 アレルギーの種類はいくつかあり ・ アレルギー性鼻炎 ・ 花粉症 ・ 寒冷アレルギー などがあります。 アレルギー性鼻炎の症状や原因に ついてはコチラの記事に書いてあります。 そして 寒冷アレルギーなのですがこれは 少し特殊なアレルギーでアレルゲンの 原因となっている物質はなくて 温度差によって気温の急激な変化に 体が体温がついていけなくなって 透明な鼻水が出てきてしまいます。 寒い時期に急に外に出たりすると 今までなんともなかったのに 急に鼻水が出てきてしまう時ですね。 治し方や対処法はどうするのか 風邪の症状とアレルギーの症状では 治し方は違ってきますが 風邪の初期症状の場合はとにかく 体調管理をしっかりとすることです。 まだ完全に風邪のウイルスが侵入して きていない状態なので お風呂にゆっくり入って体を温めて ぐっすりと寝ること 体を回復させるために栄養のある 食べ物を食べたりして 体を少しでも元気にさせる 弱らせない事が大事になってきます。 ここが風邪との勝負どころなので 負けるな!っていう鼻からのサインですね。 アレルギーの場合はとにかくアレルゲン を自分の体の中や周りに近づけない事です。 マスクなどをして花粉やアレルゲンの元 を防ぐことが大事ですし 鼻からアレルゲンを効果的に排除する 方法として 鼻うがいが有効だと僕は 思っています。 鼻うがいのやり方や注意する点に ついてはコチラの記事に書いて あります。 鼻がムズムズしたり鼻づまりもイヤ ですが、気を抜くと鼻水が垂れ落ちて きてしまう透明なサラサラの鼻水は もっとイヤです。 常に気を張りながらティッシュを持って いなくてはいけないですからね。 そんな透明でサラサラな鼻水が 出てきてしまう症状の原因は 風邪の初期症状か アレルギーなのです。 鼻が厄介な物が侵入してきたよ っていうサインを出しているのです。 風邪とアレルギー性鼻炎の症状の 違いについてはコチラの記事に書いて あります。

次の

サラサラで透明の鼻水が止まらない時の原因と止める方法

鼻水 透明 さらさら

Sponsored Link インフルエンザで出る鼻水がサラサラの場合は? どうして鼻水が出る? インフルエンザに感染すると発熱や咳・くしゃみに鼻水と辛い症状が多くて、 流行シーズンの冬場はうんざりしてしまいますね。 先に予防接種でインフルエンザワクチンを打っていても、発症してしまうときは 発症してしまうインフルエンザは、いつ症状が落ち着くのか、いつ治るのかが気になります。 そんなインフルエンザの中でも、とめどなく出てくる鼻水は子供だけでなく大人も辛いものですね。 なぜインフルエンザにかかると、たくさんの鼻水が出てしまうのでしょうか。 鼻水はインフルエンザなどの病気のときだけでなく、健康なときでも常に少しづつ出ていて、 鼻の中を乾燥や病気の原因になるウィルスや細菌から守っているのです。 常に出ている鼻水ですが、インフルエンザや風邪が流行すると鼻から入ろうとする 病原体のウィルスや細菌が増えますが、サラサラで水っぽい鼻水で 入ろうとする病原体を押し出して感染を防ぎます。 サラサラは殆ど治っているサイン 普段から出ているようなサラサラの鼻水がインフルエンザのときに出るとしたら、 感染した直後かほぼ治っているような状態のときが挙げられます。 インフルエンザであれ風邪であれ、体の中に病原体のウィルスや細菌が増殖して 症状が出ているときは、体内の免疫システムである白血球や免疫細胞が たくさん闘うことによって、黄色や緑色の粘りのある鼻水に変化していきます。 普通は透明の鼻水色が付くのには、 病原体と闘って死んでしまった白血球や 免疫細胞の死骸が膿となり、透明な鼻水と一緒に体外に排出されるためで、 体内でのウィルスとの戦いが激しければ激しいほど色が黄色から緑に近付きます。 Sponsored Link 治りかけの場合、鼻水はどんな状態になるの? 治りかけは黄色い鼻水 鼻水の色などの状態によって、免疫がどのくらい働いているかが予想できますが、 治りかけのときにはどのような鼻水が出るのでしょうか。 インフルエンザの治りかけに多い鼻水としては、薄く黄色で粘り気のあるものか、 透明に近く粘り気のあるもののどちらかが多いかと思われます。 黄色い膿がついているときは、体内の免疫がそれなりにウィルスと闘っていることを 指しますが、濃い黄色ではなく薄い黄色になっていると免疫側の 損害が少ない状態を指すため、優勢であると予想が立てられます。 更に免疫の損害が少ないと膿がなくなることで鼻水に色が付かなくなり、 最後に残ったウィルスを排出しようと粘り気が多少残った鼻水になるのです。 緑色のときは症状のピーク 反対に症状が一番重いときやウィルスとの戦いがピークになっているときの多くは、 濃い黄色や緑色の膿が目立つ鼻水が大量に出てきます。 中でも黄色系の色よりも緑色が勝っているときは、白血球や免疫細胞、ひいては 血液のたんぱく質が少なくなって体が疲弊している証拠ですので、 ウィルス相手に免疫が劣勢に陥っていると言えるでしょう。 たまに鼻水が黄色でも緑でもなく、赤茶色や茶色のものが出てくることがありますが、 これは鼻やのどに傷が出来て血液が混ざったために赤茶色や茶色になってしまったことが原因です。 インフルエンザは新型や変異型などの種類があっても、殆どが急に症状が出てすぐに 悪化する特徴を持っていますので、突然の高熱や激しい咳き込み・頻繁に鼻をかんだことが 原因で鼻の中や奥、のど、まれに口の中が傷付いてしまいます。 赤茶色や茶色の鼻水が出ても、多くの場合は1回や2回でおさまりますので、インフルエンザが 治った後でも頻繁に血液の混ざった鼻水が出るようであれば耳鼻咽喉科を受診しましょう。 鼻水を止める方法はある? 鼻水は止めないで出す 鼻水の種類が何であれ、ずっと出ていると頭も ボーっとしてきますし息苦しくてたまらなくなりますね。 いっそのこと止める方法があれば…と思うことも しばしばですが、鼻水を止める方法はあるのでしょうか。 結論から言いますと、鼻水を止める方法はありません。 鼻から入る病原体を押し流したり体内でウィルスと闘って出た膿を出したりと、 体の害になるものを出す役割を持つ鼻水を止めては体に害になるものを 留めることになり、別の病気の原因になってしまいます。 反対に鼻水を出せるだけ出して、止めるのではなく 止まるようにすることのほうが完治に近付くのではないでしょうか。 温めとツボで鼻水を出しやすく 鼻水を出すといっても、闇雲に鼻をかんでは鼻の中に傷を 作ってしまいますので、まずは鼻水が出やすい環境を作ることが大事です。 インフルエンザや風邪のときは特に顕著ですが、鼻が冷えていると血管と共に 鼻の穴も収縮して鼻水が溜まりやすく、ちょこっと出てはまた溜まるという悪循環が起きています。 そこで、よく温めた蒸しタオルを鼻全体を覆うようにすると 鼻も暖まる上に湿気で鼻水の通りが良くなります。 蒸しタオルが苦手な人は、お湯や温かい飲み物の 湯気でも代用できますので、試して見てください。 または鼻の通りを良くするツボの「迎香」と「上迎香」の二つを 押してから鼻をかめば、鼻水の出も良くなるでしょう。 出典:yomeishu. このツボはインフルエンザなどの病気のときだけでなく、 花粉症やアレルギー性鼻炎のときにもおすすめです。 まとめ インフルエンザにかかっていてサラサラの鼻水が出るときは、殆ど治っているときが多いです。 治りかけの鼻水は、薄い黄色で粘り気があるものか、透明で粘り気のあるもののどちらかでしょう。 無理に鼻水を止めると悪影響があるかもしれないため、出来れば出し切るようにしましょう。 Sponsored Link•

次の

さらさらの鼻水が止まらない! その原因と鼻水を止める方法

鼻水 透明 さらさら

もくじ• サラサラ・黄色や緑の鼻水は何のサイン? サラサラの鼻水 細菌やウイルスなどの 異物の侵入を防ごうとして出てくるのは、サラサラの鼻水です。 他にも花粉やゴミ、チリといったものを吸い込まないように鼻水が出て洗い流しているのです。 黄色や緑の鼻水 細菌やウイルスが、体内に侵入してしまうと、次に体は細菌・ウイルスと闘うために白血球を大量に投入します。 白血球の死骸は、膿となり鼻水や痰に混ざり排出されます。 白血球の死骸が混ざっているので、黄色や緑色で、どろっとした鼻水となるのです。 黄色や緑の鼻水は、慢性的な鼻炎の場合も 副鼻腔炎、蓄膿症といった慢性的な鼻炎により、黄色や緑色の鼻水が出ることもあります。 副鼻腔の部分が炎症を起こし、鼻水や鼻づまりを引き起こします。 風邪をひいているわけでもないのに慢性的に鼻がつまり、黄色や緑色の鼻水が出る人は一度、耳鼻咽喉科で診察を受けてみましょう。 血が混ざった鼻水は病気? 風邪で鼻の粘膜が傷ついて、血が混ざったり、同様にアレルギー性鼻炎で鼻血が出やすくなる場合もあります。 また、血が混ざった鼻水は、鼻の中に 腫瘍ができている可能性もあります。 腫瘍は、良性のものと悪性のものがありますので、何度も血が混じったり、鼻血の方が鼻水より多かったり、 明らかな鼻血が15分以上続く場合は病院へ行きましょう。 長引く鼻水を早く治したいときは 体を温め、よく休み、栄養のある食事をとりましょう。 鼻水をすするのはNG? 鼻水は、風邪の細菌やウイルスを含んでいるので、 すすらずに出てきた分はそのままティッシュなどにくるみ捨てましょう。 市販薬の使用と選びかた ウイルス感染による感染症はウイルスをやっつける 根本的な治療をすることはできないので、一般的に症状を抑える対症療法で治療が行われます。 市販薬でも鼻水や鼻づまりに対して症状を緩和する成分が配合されたものも多く販売されています。 薬剤師に相談してみましょう。 その際、 「総合感冒薬」よりも、「鼻水・鼻づまりによく効く」などの記載のあるものを選んだ方が、特化した成分が多く含まれている場合が多いので、より望ましいでしょう。 鼻水が止まらないときはアレルギーも疑ってみて サラサラの鼻水が止まらないのは、アレルギーが原因のこともあります。 花粉やハウスダストなどのアレルゲンがなくならない限り、鼻水の症状は続きます。 この場合は、アレルゲンが進入しないように マスクを着用したり、アレルギー反応を抑える 薬を服用する必要があります。 アレルギーかどうかは、耳鼻咽喉科や内科で検査可能です。

次の