楽天 リンク iphone。 実は楽天モバイルはiPhoneが使える?楽天モバイルUN

楽天モバイルMNOでiPhone11が使えた!設定手順を全解説

楽天 リンク iphone

楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusは使える? でもiPhone 8やiPhone 8 Plusは使えます。 ただしモデルによってはSIMロック解除が必要だったりするので、乗り換え前に確認しておかないと「使えると思ってたのに、iPhone 8が使えない!」なんてことにもなりかねません。 ですので、申し込み前に、自分の持っている機種、もしくはこれから購入予定の機種が本当に使えるのかどうか、確かめておく必要があります。 では実際に「 どのiPhone 8/8 Plusが使えるか?」という部分は、以下の3点を確認しておくと分かりやすいです。 「動作確認済み端末」をチェック• 「docomo版」「SIMフリー版」はそのまま楽天モバイルで使える• 「au版」「SotBank版」はSIMロック解除が必要 Rakuten UN-LIMITでiPhoneは利用可能? においては、iPhone(iOS)は動作保証対象外となっています。 そのため、公式からは「ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)でご利用されていたiPhoneも同様です。 」とのアナウンスが出ていますが、SNSなどをチェックするとRakuten UN-LIMITをiPhoneで利用している方も居るようです。 契約を検討している方は公式からのサポートはない点のみ注意しましょう。 「docomo(ドコモ)版」と「SIMフリー版」はそのまま使える 楽天モバイルはdocomo回線を利用した格安SIMなので、 docomo版のiPhone 8/8 PlusはSIMロック解除なしでそのまま使えます。 Apple Store(アップルストア)で購入できる SIMフリー版のiPhone 8/8 PlusはもともとSIMロックがかかっていないので、楽天モバイルでそのまま使うことができます。 OSの仕様変更により使えなくなる場合があります。 公式サイト: au版とSoftBank(ソフトバンク)版は「SIMロック解除」が必要 au版とSoftBank版のiPhone 8/8 PlusはSIMロックによるdocomo回線利用への制限があるので、そのままではdocomo回線を利用した楽天モバイルでは使えません。 ただし 「SIMロック解除」の手続きを行えば、楽天モバイルでも使えます。 公式ページでも「対応」を記載しているので、安心です。 出典: OSの仕様変更により使えなくなる場合があります。 公式サイト: 「SIMロック」と「SIMロック解除」ってなに? SIMロック 他社回線のSIMカードで使えないように、制限をかけるロックのこと SIMロック解除 SIMロックを解除すること 「SIMロック」とは、他社回線を利用したSIMカードで通信・通話を制限するロックのことです。 例えばau版やSoftBank版のiPhone 8/8 PlusはSIMロックによって他社回線への制限がかけられているので、docomo回線を利用した楽天モバイルのSIMカードではそのまま使うことができません。 これを使える状態にするのが「SIMロック解除」。 SIMロックを解除することで制限がなくなるので、au版やSoftBank版のiPhoneも楽天モバイルで使えるようになる、というわけです。 楽天モバイルでiPhone 8/8 Plusを使いたい SIMロック解除は必要?不要? SIMフリー版 不要 docomo版 不要 au版 必要 SoftBank版 必要 SIMロック解除は条件を満たしていれば、各社公式ページやショップから申し込み可能です。 SIMロック解除が必要かどうかは簡単に上記表にまとめておいたので、乗り換え前に確認しておきましょう。 中古で買う場合の「ネットワーク利用制限」について 「中古でiPhone 8/8 Plusを安く買って楽天モバイルで使いたい」という場合には、いくつか注意点があります。 まずは使えるモデル。 すでに説明したようにdocomo版やSIMフリー版ならそのまま使えますが、au版やSoftBank版のiPhone 8はSIMロック解除済みの端末を選ぶ必要があります。 以前はau版なら中古購入した後でも自分でSIMロック解除手続きが可能でしたが、現在は「契約者本人の購入履歴があること」が条件になっています。 ですので、中古で買って楽天モバイルで使いたい場合には、au版もSoftBank版も購入時点ですでにSIMロック解除済みの端末を選ぶ必要があります。 次に注意しておきたいのが「 ネットワーク利用制限」。 ネットワーク利用制限は不正利用や代金滞納した端末に利用制限をかけるもので、購入した後に使えなくなる可能性もあるので必ず確認しておきましょう。 (ネットワーク利用制限を確認するページ)• 中古端末は安く購入できるのが最大のメリットですが、製品の状態やネットワーク利用制限は買う前に確認しておきましょう。 iPhone 8/8 Plusを楽天モバイルで安く使うには• 安い:今持っているiPhoneを、そのまま格安SIMで使う(SIMロック解除が必要な場合もある)• ぜひご一読ください。 楽天モバイルから直接iPhone 8/8 Plusは購入できる? 2018年3月時点で、 楽天モバイルでiPhone 8やiPhone 8 Plusを購入することはできません。 ただし、旧モデルが少し安く購入できることがあります。 楽天モバイルでは少し前のモデルのiPhoneを取り扱い開始しており、これらは格安SIMと同時に購入して使うことができるので紹介しておきます。 出典: 取り扱っているのは「海外販売モデル」もしくは「メーカー認定整備済」のiPhone。 SE/6s/6s Plusなどがあります。 2018年3月時点で同時購入できるモデル iPhone SE 16GB (海外販売モデル or メーカー認定整備済) iPhone 6s 16GB (メーカー認定整備済) iPhone 6s Plus 64GB/128GB (メーカー認定整備済) もし「旧モデルのiPhoneでも良いので、安く買って楽天モバイルで使いたい」ということであれば、これらも確認しておくとよさそうです。 iPhone 8を楽天モバイルで運用するおすすめプランは? 出典: 楽天モバイルはMNO化と同時に、料金プランも一新しました。 格安SIM時代にあったスーパーホーダイと組み合わせプランは新規受付を終了し、 新プランである「Rakuten UN-LIMIT」がスタートしています。 Rakuten UN-LIMITは「UN-LIMIT」という名前の通り、データ容量無制限の使い放題プランです。 「毎月〇GBまで」といった制限がなく、使いたいだけインターネットが使えます。 一律2,980円で使い続けることが可能です。 さらに、月額2,980円の中には国内通話かけ放題も入っています。 「Rakuten Linkアプリ」経由で電話をかけると、楽天モバイルユーザー以外への発信・受信も無料になるのです。 大手キャリアの場合かけ放題だけで1,500~1,700円かかるので、 2,980円でギガ使い放題・通話し放題がいかに安いのかがわかります。 楽天モバイルの料金プラン• 楽天回線エリアはデータ使い放題• 国内通話がかけ放題 楽天モバイルはMNO化と同時に、料金プランも一新しました。 格安SIM時代にあったスーパーホーダイと組み合わせプランは新規受付を終了し、 新プランである「Rakuten UN-LIMIT2. 0」がスタートしています。 Rakuten UN-LIMITは「UN-LIMIT」という名前の通り、 データ容量無制限の使い放題プランです。 楽天回線エリアであれば、「毎月〇GBまで」といった制限がなく、使いたいだけインターネットが使えます。 楽天回線エリア外 パートナー回線エリア では、月間5GBまで利用可能です。 さらに、5GBを超えた後は、最大1Mbpsでデータ容量使い放題になります。 最大1Mbpsというのは、YouTubeの標準画質の動画が視聴できる速度です。 動画が視聴できる速度なら、大抵のSNSやネット閲覧も問題ないでしょう。 一律2,980円で使い続けることが可能です。 さらに、月額2,980円の中には 国内通話かけ放題も入っています。 「Rakuten Linkアプリ」経由で電話をかけると、楽天モバイルユーザー以外への発信・受信も無料になるのです。 大手キャリアの場合かけ放題だけで1,500~1,700円かかるので、2,980円でギガ使い放題・通話し放題がいかに安いのかがわかります。 楽天モバイルでiPhone 8を初期設定する手順 楽天モバイルへ乗り換える前に、 SIMカードが届いてからiPhoneで通信や通話を使うまでの設定も最後にチェック。 手順を確認して、乗り換え前の不安を取り除いておきましょう。 SIMカードの装着 楽天モバイルのSIMカードが届いたら、まずはiPhone 8の電源を落として、SIMカードの装着を行います。 iPhone 8/8 Plusに付属しているSIM取り出しツール(SIMピン)を用意。 出典: スリープボタンを長押し後、スライドして電源をオフに。 出典: SIMピンを利用して、SIMカードのトレイを取り出す。 戻すときに表裏の向きを間違えないように注意。 出典: 楽天モバイルのnanoSIMカードをセットして、iPhone本体にトレイを戻す。 出典: iPhoneの電源をオンに。 出典: SIMカードの装着が終わって電源を入れ直したあとは、構成プロファイルのインストールが必要です。 iOS用のAPN構成プロファイルをインストール 楽天モバイルのSIMカードを装着したら、次にインターネットを使えるようにするためにAPN(Access Point Name:アクセスポイント名)の設定を行います。 iPhoneの場合は 構成プロファイルをインストールする方法が簡単なので、こちらを紹介。 まずはiPhone 8を自宅のWiFiなどに接続し、ホーム画面からブラウザアプリ「Safari(サファリ)」を起動します。 次に対象APNの構成プロファイルをダウンロードするページをSafariから開きます。 構成プロファイルのダウンロードページ(Safariから) (申込種別006または007) (申込種別008または009) 楽天モバイルには2種類のAPNとそれらに対応した構成プロファイルがあるので、 SIMカードが添付されていた台紙に記載されている赤文字のAPNに対応した構成プロファイルを選びます。 iPhoneでは、APN構成プロファイルは1種類しか持てません。 通信キャリアを変更する場合には、APN構成プロファイルの削除が必要となります。 「設定」>「一般」>「プロファイルとデバイス管理」より、削除する「APN構成プロファイル」をタップして削除しておきましょう。 出典: (今回はrmobile. coで進んだ場合を紹介します。 ) インストール画面に移動するので、右上の「インストール」を押します。 パスコードを入力します。 右上の「次へ」を押します。 右上の「インストール」を押します。 画面下に「インストール」のボタンが表示されるので、押します。 インストールが終わったら「完了」ボタンをタップします。 あとはWiFi通信をオフにして、楽天モバイルのSIMカードでモバイルデータ通信ができるかどうか確認するだけです。

次の

え?まだ格安SIM使ってるの?1年無料の楽天モバイル(UN

楽天 リンク iphone

楽天モバイルMVNOで使えるiPhone iPhoneの動作確認状況 楽天モバイル(MVNO)では、各iPhoneの動作確認が完了しており、問題なく使用できることが確認されています。 SIMサイズはドコモ回線もau回線もnanoで、テザリングも可能です。 詳細: iPhoneの販売は終了 楽天モバイルでは以前、iPhone SEやiPhone6Sを販売していました。 ただし、現在の販売は終了しています。 今後楽天モバイル(MNO)では発売されるかもしれませんが、詳細は不明です。 個人的にはApple Storeやなどの大手スマホ通販サイトで購入するのがおすすめです。 SIMフリーのiPhoneが使える 比較的新しいiPhoneは、 アップルストアで端末のみが購入できます。 アップルストアで購入できるiPhoneはSIMフリーなので、楽天モバイルのドコモ回線・au回線でも使えます。 ただし、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせ(ドコモ回線/au回線)によっては SIMロック解除が必要な場合があります。 SIMロック解除が不要でそのまま使えるのは、「SIMフリー端末を使う場合」と「ドコモで購入したiPhoneをドコモ回線で使う場合」「auで購入したiPhone8以降の機種をau回線で使う場合」です。 また、ドコモ・au・ソフトバンクで販売されていた端末を流用することもできます。 ただし、 端末と回線の組み合わせによってはSIMロック解除が必要な場合があるので注意してください。 現在の端末からSIMを抜く 次に、現在使用しているスマホ端末からSIMカードを抜きます。 その際、注意が必要です。 iPhoneで使用できるのはドコモ回線もau回線もnanoSIMのみです。 ドコモ回線を契約している方で、現在使用しているSIMカードのサイズが標準・microの場合はSIMカードを交換してもらう必要があります。 マイページ(メンバーズステーション)から交換の手続きをしましょう。 交換には手数料として3,000円がかかります。 抜いたSIMをiPhoneに挿入 iPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。 詳細はこちらに詳しく解説されています。 詳細: APN設定 SIMカードをiPhone本体に挿したあとは、APN設定を行います。 APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。 詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。 iPhone7までの機種(iPhone SE・6S・7)を使う場合はSIMロック解除が必要です。 一方、 iPhone8以降の機種(iPhone X・iPhone XS・XR・11シリーズ)はau回線を選べばSIMロック解除無しでそのまま使えます。 iPhoneでテザリング可 楽天モバイルは ドコモ回線・au回線ともにiPhoneでテザリング可能です。 テザリングは申し込み不要で無料でできます。 以前までau回線ではテザリングができませんでした。 しかし、 現在ではau回線でもテザリング可能です。 iPhoneのSIMサイズはnano ドコモ回線のSIMを契約する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。 ドコモ回線はサイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。 nano・micro(マイクロ)・標準SIMです。 iPhone用のSIMカードのサイズは「nano」です。 ドコモ回線を選ぶ場合、誤って他のサイズのSIMカードを購入しないように気をつけてください。 au回線は自分でサイズを小さくできる「マルチSIM」1種類なので安心してください。

次の

楽天アンリミットの通話料について。家族間は無料?有料?iPhoneで楽天でんわは使える?

楽天 リンク iphone

楽天モバイルMVNOで使えるiPhone iPhoneの動作確認状況 楽天モバイル(MVNO)では、各iPhoneの動作確認が完了しており、問題なく使用できることが確認されています。 SIMサイズはドコモ回線もau回線もnanoで、テザリングも可能です。 詳細: iPhoneの販売は終了 楽天モバイルでは以前、iPhone SEやiPhone6Sを販売していました。 ただし、現在の販売は終了しています。 今後楽天モバイル(MNO)では発売されるかもしれませんが、詳細は不明です。 個人的にはApple Storeやなどの大手スマホ通販サイトで購入するのがおすすめです。 SIMフリーのiPhoneが使える 比較的新しいiPhoneは、 アップルストアで端末のみが購入できます。 アップルストアで購入できるiPhoneはSIMフリーなので、楽天モバイルのドコモ回線・au回線でも使えます。 ただし、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせ(ドコモ回線/au回線)によっては SIMロック解除が必要な場合があります。 SIMロック解除が不要でそのまま使えるのは、「SIMフリー端末を使う場合」と「ドコモで購入したiPhoneをドコモ回線で使う場合」「auで購入したiPhone8以降の機種をau回線で使う場合」です。 また、ドコモ・au・ソフトバンクで販売されていた端末を流用することもできます。 ただし、 端末と回線の組み合わせによってはSIMロック解除が必要な場合があるので注意してください。 現在の端末からSIMを抜く 次に、現在使用しているスマホ端末からSIMカードを抜きます。 その際、注意が必要です。 iPhoneで使用できるのはドコモ回線もau回線もnanoSIMのみです。 ドコモ回線を契約している方で、現在使用しているSIMカードのサイズが標準・microの場合はSIMカードを交換してもらう必要があります。 マイページ(メンバーズステーション)から交換の手続きをしましょう。 交換には手数料として3,000円がかかります。 抜いたSIMをiPhoneに挿入 iPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。 詳細はこちらに詳しく解説されています。 詳細: APN設定 SIMカードをiPhone本体に挿したあとは、APN設定を行います。 APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。 詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。 iPhone7までの機種(iPhone SE・6S・7)を使う場合はSIMロック解除が必要です。 一方、 iPhone8以降の機種(iPhone X・iPhone XS・XR・11シリーズ)はau回線を選べばSIMロック解除無しでそのまま使えます。 iPhoneでテザリング可 楽天モバイルは ドコモ回線・au回線ともにiPhoneでテザリング可能です。 テザリングは申し込み不要で無料でできます。 以前までau回線ではテザリングができませんでした。 しかし、 現在ではau回線でもテザリング可能です。 iPhoneのSIMサイズはnano ドコモ回線のSIMを契約する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。 ドコモ回線はサイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。 nano・micro(マイクロ)・標準SIMです。 iPhone用のSIMカードのサイズは「nano」です。 ドコモ回線を選ぶ場合、誤って他のサイズのSIMカードを購入しないように気をつけてください。 au回線は自分でサイズを小さくできる「マルチSIM」1種類なので安心してください。

次の