黒 歴史 クリーナー。 Twitter上の呪われし発言を一括削除できるサービス「黒歴史クリーナー」

過去のツイートを全部消す!黒歴史クリーナーとTwitoolsの選び方

黒 歴史 クリーナー

黒歴史クリーナーの使い方の基本 過去のツイートを見返して恥ずかしくなってしまったときは、パソコンやスマホからを使って昔のツイートを完全削除しましょう。 まずは消去したいツイートがあるアカウントでTwitterにログインしたまま黒歴史クリーナーを起動して【ツイッターでログイン】をタップします。 【タイムライン】または【全ツイート履歴】のいずれかを選んで削除に進みますが、累計ツイートが3200件以上なら【全ツイート履歴】を選んでください。 また、削除の際にはオプションを活用することも可能です。 返信を消したくないときには【リプライを保護】を、登録されたお気に入りを消してほしくない場合には【ふぁぼられを保護】をオンにしましょう。 特定の時期に行ったツイートだけを削除したいならば、【日付を指定】と書かれた項目からツイ消ししたい期間を指定してください。 仮に2015年のつぶやきを全部消したいときは、from欄を2015年1月1日に、to欄を2015年12月31日と入力してから削除に進みます。 こうすればそれ以外の期間のツイートは消さずに守れるので、例えば別れた恋人と過ごした機関のツイートを一斉に消したいときなどに役立ちます。 最後に、【削除を開始する】を一度クリックすると黒歴史クリーナーが起動し、自動的にツイートを消してくれます。 削除が終わると【完了!】という文字が浮かび上がりますから、Twitterを起動して、実際に削除されているかどうかを確かめてください。 全てのツイートが削除されなかったら 一部のツイートが消えずにそのまま残っているときには、削除方法を間違っていなかったか見直してみてください。 先にお伝えした通り、黒歴史クリーナーでは【タイムライン】【全ツイート履歴】という二種類の中から、削除するツイートの数を選ぶことができます。 間違って【タイムライン】を選んでいると、最新の3200ツイートまでしか消えないので、それ以前のつぶやきは消去できずに残ってしまいます。 また、ツイートの数が多ければ多いほど全削除までにかかる時間も延びてしまいます。 削除の途中でキャンセルしたり、黒歴史クリーナーを止めてしまったりすると削除が終わらないので、必ず【完了!】と表示されるまで待ちましょう。 黒歴史クリーナーは何度でも使える 黒歴史クリーナーが使えるのは一度限りではなく、消したくなったときに何度でもツイートの全削除ができます。 使い方に関しては一度目と全く同じなので、使ったことのある方であれば、スムーズに黒歴史クリーナーを使いこなせるはずです。 しかし【全ツイート履歴】の削除は、一度利用した直後は利用できない仕様になっているので、数週間程度の間隔を取ってから削除を行いましょう。 そして2回目のツイート削除には一度目以上の時間がかかるとの報告もありますから、時間に余裕を持って削除に挑むように心がけてください。

次の

【Twitter】複数のツイートを一括削除(全消し)する方法まとめ

黒 歴史 クリーナー

その下では削除対象の日付も設定出来ます。 通知設定 黒歴史クリーナーを使うと、上の画像の様にメッセージが自動でツイートされます。 このメッセージは自由に編集できるので、変える様にしましょう。 このままの内容をツイートされると、黒歴史クリーナーを使った事がバレバレです。 最後に、「削除を開始する」をクリックすれば、黒歴史クリーナーが作動し対象のツイートが削除されます。 ツイート取得中、となり・・・。 完了しました。 ツイートが多いほど、完了までの時間は長くかかります。 黒歴史クリーナーは一旦作動してしまえば勝手に動いてくれますので、パソコンを閉じても大丈夫です。 黒歴史クリーナーの使い方(ツイート数が3200より多い) 次は「ツイート数3200以上」の場合の黒歴史クリーナーの使い方について見て行きます。 3200以上の時と3200以下の時の違いはたった1つです。 なのでそれ以外のところは上記の「3200以内」の方法を参照して下さい。 たった1つ違うのは、ツイートの取得方法です。

次の

黒歴史クリーナーの使い方!安全にツイートを全消し!2回目や消えない時は?

黒 歴史 クリーナー

タイトルのままです。 私は鍵を開けて愚痴垢を名乗るTwitterアカウントが嫌いだ。 愚痴という名目で、誹謗中傷をするアカウントが大嫌いだ。 別に鍵をかけて愚痴る分には問題ない。 検索して目に入るのが嫌なのだ。 検索避けもせず、有害情報を進んで発信したり第三者を攻撃したりするアカウントは嫌いだ。 見かけ次第ブロックしているのだが、フォローして速攻外して存在を知らせたり、引用リプライで色々言われたり、お題箱で「こいつウザいけどどう思う?」とURLで投げてるせいで返信してる側のツイートが通知に流れてきていた。 それなのにブロックすればエゴサ乙と煽られる。 エゴサというのは自分の名前や特定情報を進んで検索であり別に見たくもないのに勝手に目に入ってくる愚痴垢にエゴサもなにもないだろうと、心の底から嫌になっていた。 そして過去ツイートを漁られ、湾曲した暴言を吐かれてうんざりしていた。 対して俳優も語らない、お金も落としてない二次創作のキモオタがなんでイキがってるのと煽られ、腹が立った。 好きな俳優に関しては表アカウントでは全員ブロックし、俳優の名を出さないよう、私のアカウントはできる限り俳優たちには気づかれないようにとそれなりに配慮しているつもりでいたので、その一面だけで批難されることに腹がたった。 腹が立ちながらも「私には有害だが私の推しに金を落としてくれるという意味では益獣だなこいつ」と思い直し、怒りを自分の中で消化し、ブロックしたりした。 やはり、結局行き着く先はブロックなのである。 とりあえず、私は愚痴アカウントが嫌いなのだ。 そういうのは5ちゃんねるのほうでやっていただきたい。 見たくないものが目に入るのも疲れたが、ツイートを探られることに嫌気がさしてしまった。 本来ならあまりよろしいことではないというのは承知でが、ツイートを全削除しようと思った。 そんなにブロックして見られたくないのなら鍵をかけろと煽られたが、鍵をかければかけたで色々言われるのはわかっていた。 スクショをとって晒す愚痴垢とかもいるのは承知の上で、私がなにをしても悪く言われるのであるのならもう自分のやりたいようにしようと思った。 そして黒歴史クリーナーへログインしたのであった。 黒歴史クリーナーで一括削除ができなくなっていた話 【】ってなに?という方のために簡単に説明。 Twitterタイムライン上のツイートを一括で削除できる便利なツールである。 さてさて、削除しようとログインしたところ上記の画面が現れた。 以前まではツイートの取得方法 に一括削除という全てのつぶやきが削除できる選択肢があったのだが、なくなっているのだ。 ひとまず削除してみたところ、3200ツイート削除された。 そのとき、私のTwitterでは5. 1万ツイートと表示されているので実行前は5. 4万ツイートほどあったということだ。 ひとまず日付を指定し、2018年のつぶやきを全部消してみようとしたのだがなぜか削除数0で削除ができなくなっていた。 いつの間にか削除できる最大数(3200個)のツイートを消した場合、それ以前のツイートは削除できない仕様に変わっていたのだ。 だがTwitterで期間指定して検索をしたところ、私のアホなつぶやきはドッと出てくる、これは一体どういうことなのか? Google先生に「3200件以上 一括削除」などキーワードを入れて調べていった結果、3200件以上前のツイートや何年も前のツイートの場合はTwitterのAPI上、全て削除できない仕様に変更されているという情報がいくつも見受けられた。 なんでも乗っ取りとかでツイートを全て削除されるの防止とか、スパムがどうたらとか、よくわからんが色々悪いやつらのせいで今はできないということだけはぼんやりとわかった。 3200件以上前のツイートの数に途方に暮れた とりあえず、「APIってなぁに?」とか「やはり悪人、特に転売屋に慈悲をかけてはいけない」とか色々思いめぐらせていた。 そして調べていくうちに【】というツールの有料版を使えば消せると知った。 かくなる上は身銭を切るか、そう思い有料価格を見た。 99を支払えば全てを削除できるというのをわかった。 いや、ドルとか提示されてもいくらなんだよ! ブチギレながら調べたところ1630円だった。 安いのか高いのかいまひとつ判断がつかない。 ひとまず、他に似たようなアプリかツールがないか調べたのだが私には見つけられなかった。 2019年11月現在、3200件以上ツイートをしていると一括削除したければお金を払わなければいけないらしい。 たしかに、なんの知識もない人間からして、どうしてもツイートを全部削除しなくてはいけないとなれば1630円程度ならポンって払うでしょう。 別にめちゃくちゃ痛いってほどの金額ではない。 だが1600円でなにができる?400円のガチャだと4回まわせるんやぞ? そんな、みみっちい声を私の中のなにかが囁いた。 お金を払わず対応できないか模索した こういうのを人間、ケチというのかもしれない。 正直、直近の3200件削除できたらもう残りの5万ツイートどうでもよくないかという心境にもなっていた。 だが調べると方法があるようだった。 Pythonで一括削除できるスクリプトを作成したというページが複数ヒットした。 Pythonってなんぞ?読み方なに?ピーゾーン? 調べると読み方は「パイソン」であり汎用のプログラミング言語ということがわかった。 つまり、ヒットしたページはツイートを一括削除するプログラムというのはなんとなく薄っすらとわかりはじめた。 元々、嫌気がさしてツイートを全削除したかった私はこのときふと思った。 誰かの悪意を一身に受け止めるのは嫌なことであり、割り切ろう、無視しようと思ってもきっといつまでもモヤモヤは引きずってしまう。 逆の発想でこの嫌な気持ちを自身の独学の糧にし、有益な状況に持っていけないか。 どのようなきっかけであれ、自身にとって有益になれば少なくても引きずることはなくなるだろう。 そして決めた、Pythonとかいうプログラムを学んでみて自分で黒歴史クリーナーを作ってやろうと。 そのとき私が読んでいたページはこちらであった。 ・基本的に全て英語で説明しなくてはいけない ・2019年8月次点で厳格化されてだいぶ厳しくなっている ・Twitter内で検索してもちらほらと諦めた声がある ・一回申請を却下されるとそのアカウントではもうAPIの取得ができない いや、大丈夫なのかこれ。 我、初心者ぞ。 初心者どころかなにも知らない女ぞ? だが逆にこれで成功できたらだいぶ気持ちがスッキリするのではないだろうかと、Twitter公式に申請を出したのだった。 それでも基本的に変な部分で初心者なので最初に以下の文章をつけた。 I am Japanese and not good at English. Sorry if the text is wrong. (私は日本人で、英語が苦手です。 文章が間違っている場合は申し訳ありません。 ) まぁ、これで多少は文章がおかしくてもどうにかなるだろうと信じて。 時には英文を打ち、時にはGoogle翻訳を使用しながら言葉を打っていった。 申請した文章については割愛、こういうのは出回っちゃいけないやつなので。 ただ、独学でPythonを勉強したいのと一括削除を試したいのでAPIとやらをおくれと英語で訴えた。 申請を受け付けた旨のメールが届く。 だいたい2周間~3週間で申請が通るという記事が多いのでその間にPythonを勉強しようと思ってから3時間後であった。 えっ、そこは日本語なの……? 短時間で送られてきた審査結果メールがまさかの日本語。 他のサイトでも英語で返ってきてどういう意味なのかと翻訳とかも見ていたのでまさかの日本語ですごく脱力。 すると3分くらいで以下の内容が戻ってきた。 返信受付終えたのかなと思ってよく読むと Your Twitter developer account application has been approved! (Twitter開発者アカウントの申請が承認されました!) なんか通っちゃったんだけど!! かくして、API申請から約5時間でTwitterAPIを入手してしまったのであった。

次の