パソコン 腱鞘炎。 キーボードやマウスで腱鞘炎になる原因と手首が疲れない予防対策を解説|とにかく、すきなことだけ

指や手首に痛みと違和感を感じる…パソコンやスマホが原因で腱鞘炎になるの一体なぜ!?

パソコン 腱鞘炎

こんにちは。 タイピングは遅くもなければそんなに速くもない、ライターの諸藤です。 ウェブ制作では勿論のこと、近年多くの職業でパソコンでの作業が必須となったいま、急増している現代の新しい病気「パソコン腱鞘炎」を知っていますか? 書いて字のごとく「パソコン腱鞘炎」とは、つまりパソコン作業が原因となった腱鞘炎のことです。 「マウス症候群」とも呼ばれているそうで、こちらはマウスを操作することで起きる腱鞘炎ですね。 腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。 症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。 腱自体の炎症である腱炎(tendinitis)を合併することが多い。 ー出典:Wikipedia 恥ずかしながら、私自身「パソコン腱鞘炎」経験者です。 この腱鞘炎は、日ごろ気をつけることで発症を防いだり、炎症を最小限に抑えたりすることができるので、なってしまう前にぜひ対策をして欲しいと思います。 パソコン腱鞘炎は本気で恐ろしい 作業の多い日が続くなぁ。 少なくとも、私はこのパターンでした。 想像してみてください。 納期前や詰めに詰めたスケジュールの中、パソコン腱鞘炎になったら。 ・・・どう考えても辛いです。 そしてピンチです。 実際なってみると作業効率は確実に落ちます。 だって、すごく痛いから。。 そして、パソコン腱鞘炎を対策・予防することも仕事の一部なんだと痛感します。 パソコン腱鞘炎の原因 簡単に言うと、手の使いすぎで起る炎症が腱鞘炎です。 パソコン作業で手を使う、といえばマウスのクリックとキーボードのタイピングですが、特に力を使う作業ではないですよね。 しかしその作業を長時間、悪い姿勢、固定された状態で行うことで確実に手に負担をかけていき、腱鞘炎を引き起こします。 一度痛くなってしてしまうと、治るまで時間がかかるのが腱鞘炎の特徴です。 悪化すると作業していない時間もひどい痛みに悩まされることになります。 痛みを感じ始めたら放置は絶対によくないですよ! パソコン腱鞘炎になったら行うべきことまとめ6 では、パソコン腱鞘炎になったら行うべきことを見ていきましょう。 姿勢を正そう 予防の要はこれ! 正しい姿勢で作業をすること! 他の何よりも、これが一番効果的な対策法だと思います。 図のように背筋を伸ばし、肘の位置が下がったり肩が上がったりしないよう心がけてください。 猫背は手首への負担の原因です。 しかも肩こりも引き起こしやすく、猫背に良いこと一切無し。 背筋を伸ばした状態を保つのが難しい、つらいのであれば、もしかしたら筋力不足かも。 ちなみに肘をついてモニターを見るのは肩こりの原因になります。 こちらも要注意。 休憩を取ろう 日々忙しく仕事をしている人であれば難しいかもしれませんが、安静にすることはとても効果的です。 可能であれば、数時間毎にパソコンから離れ休息をとりましょう。 お湯などで手を温めてあげるのも効果的と言われています。 ただし、痛みが強くなった直後などは逆効果のようです。 痛みの具合を確認しつつ温めましょう。 マッサージをしよう 疲れてきたと感じたら、軽く手を揉み解しましょう。 人差し指の骨の付け根近くにある「合谷」というツボは目の疲れにも効くのでおすすめです。 また、腕の力を抜いてブラブラと腕全体を揺らすのも強張りが取れて手がほぐれますよ。 リストレストを使おう キーボードやマウスを使うときに手首の角度が急になってしまう人は、リストレストを使ってみましょう。 手首がくる場所に置くことで、キーボード・マウスとの高低差が少なくなり、無理なく操作することが可能になります。 アマゾンなどで1000円以内から購入可能です。 マウスパッド、マウス本体をまめに掃除しよう 見落としがちな部分ですが、マウスとマウスパッドの摩擦が強くなると、それだけ手への負担がかかります。 マウスを動かした際に違和感を感じるのであれば、なるべくスムーズにマウスが動くよう、掃除または買い替えをおすすめします。 テーピングをしよう 手首に軽く固定用テープを巻くことも効果的です。 きつくしすぎたり、巻きすぎないように注意してください。 腱鞘炎専用の着脱が簡単なサポーターもありますよ。 まとめ PC作業の最大の敵、なんて書いてしまいましたがよくよく考えてみればパソコンの故障こそが最大の敵なのでは?と思ったり。 しかし「パソコン腱鞘炎」が作業に大きく影響のあるものには変わりはないはず。 作業中の姿勢や、休憩の取り方などに少し気を使って、快適なPCライフを送って下さいね。 健康第一、納期厳守で今日も一日頑張りましょう。 実践結果は個人によって差がある可能性が高いです。 ご了承ください。

次の

パソコン腱鞘炎の手首の痛み対策!予防ストレッチ方法や治し方を徹底解説!

パソコン 腱鞘炎

パソコンを長時間使う人は姿勢に注意! 作業中は、無理な姿勢・悪い姿勢を無意識のうちにしていることがありますが、これを続けていると体が歪み、肩こり・腰痛・頭痛を招いたり、マウス腱鞘炎を慢性化させる原因になったりします。 反対に、正しい姿勢を続けていると、肩こり・腰痛・頭痛から解放され、長時間のPC作業をしても疲れにくくなります。 正しい姿勢を続けるには、お腹やお尻にキュッと力を入れて座る必要があるため、座ったままでシェイプアップ効果も期待できますね。 正しい姿勢をとるためのポイント6つ 椅子に深く座る 椅子に浅く座っていると、姿勢が悪くなりやすく、猫背になりやすいです。 そして、猫背でパソコンをのぞき込むような癖がある人は、首や肩が凝りやすくなります。 足裏がしっかり床につくように座る 足の裏全体が床につくように座ることで、お尻だけでなく両足で体重を支えることができるため、姿勢が安定しやすくなります。 机や椅子の高さ調節ができない場合は、足の下に台を置くなど工夫しましょう。 肘の角度は90~110度 肘が浮いている状態や、高すぎる机に肘を置いた状態でキーボードやマウスを使っていると、腕や肩に負担がかかります。 肘は、机や椅子の肘置きに90~110度の高さで乗せて、腕全体の力を逃がすように置きましょう。 体の正面にモニターを置く モニターを斜め前に置いて使うと、体や首をねじった状態で作業することになるため疲れやすくなります。 モニターは、体の正面に置くのがベストです。 モニターの上のラインが目線と平行になるように モニターの上枠と目線が平行になるように座り、モニターの画面を下向きで見るようにします。 目線が上向きになると、通常よりも目を開いた状態で画面を見なければならないため、目が乾燥しやすくドライアイや眼精疲労の原因になります。 モニターと目の距離は最低40cm以上離す ノートパソコンの場合は40~50cm、デスクトップパソコンの場合は60cm以上の距離を確保しましょう。 手が小さい人向け! マウス腱鞘炎に優しい入力装置ランキング.

次の

PC作業の最大の敵「パソコン腱鞘炎」に効果的な対処法まとめ

パソコン 腱鞘炎

業務が原因でケガや病気を負うのを、労働災害(労災)と呼びます。 労働者の労災申請が認められると、国から保険金を受け取ることができるのですが、それには労働災害保険に加入しなければいけません。 保険に入るのは会社側なので、労働者が何か手続きをする必要はないのです。 加入は義務なので、例え会社が労災保険に加入していなくても労働者は保険金の申請ができます。 保険金の申請は、あくまでも労働者が自発的にするものなので、会社はしてくれないのを覚えておきましょう。 労災保険の申請を企業側は嫌がる傾向にある 業務が原因で傷病をした時に、労災保険を申請する先は労働基準監督署です。 申請すると、作業の何が原因なのかを突き止めるために労働基準監督署が企業を調査します。 それによって、違反が発覚して行政処分が下ったり、取引先との商売に影響がでたりするのを企業側は恐れるのです。 労災保険という制度があっても、現実は申請を許可してくれずに労災隠しが行われている実例もあります。 仮に保険申請を使わずに労働者の治療費を支給したとしても、労災の報告はしなければならないのですが、理解していない方も多いのです。 腱鞘炎になる人は手を酷使する職業に多く見られる では、どのような職業や業務をする人が腱鞘炎になってしまうのでしょう。 腱鞘炎になった事例は、パソコン業務やファイリングなど、手を酷使する職業で働く人から多く挙がっています。 パソコン以外にも、スマートフォンやタブレットなどの製品を職場で多く利用するようになりました。 このように仕事で手を多用すると、指や手首の腱が炎症をおこして腱鞘炎を発症してしまうのです。 事務作業などが起因する腱鞘炎は上肢障害の労災認定となる 例えば、入社した方が数年間パソコンの事務作業を専門にしていて、ある時急に痛みを感じたので病院に診察へ行ったところ、腱鞘炎と診断されました。 労災といえば、運転中やリフト作業などの肉体労働のイメージが強いですが、事務作業に起因する腱鞘炎も立派な労災扱いになるのです。 このように、腱鞘炎などで申請する労災を「上肢障害の労災認定」と呼びます。 原因が特定しづらいので一定の要件が必要になる パソコンや荷物を運ぶなど、腕や手に負担がかかる作業を反復して繰り返すと、首・肩・腕・手・指に痛みを感じて炎症を起こし、関節や腱に異常をきたす場合があり、これを「上肢障害」といいます。 上肢障害は作業中だけでなく家事やスポーツの日常生活でも起こるので、原因が特定しづらいのが大きな特徴です。 このため、腱鞘炎などの上肢障害での労災認定は一定の要件を必要とします。 では、どのような要件が必要なのか見ていきましょう。 腱鞘炎などの上肢障害の労災認定要件は3つ 腱鞘炎などの上肢障害で、労災と認定されるには3つの要件が必要です。 腱鞘炎などの上肢障害は日常生活でも起こり得るものなので、一概にすぐ認められる事例ではないのを覚えておきましょう。 要件に該当する人は医者や労働基準監督署に相談してみる 上記にある「相当期間従事」は、原則として6ヶ月以上の従事を指します。 「過重な業務」は、同種の労働者よりも10%多い仕事量の日が3ヶ月以上続いた場合です。 仕事量にばらつきがある場合、1ヶ月に通常より20%多い業務が10日程度あり、それが3ヶ月程度続いた場合や、1日の労働時間の3分の1程度の仕事量が通常より20%多い日が3ヶ月程度続いた場合でも認定されます。 過重な業務は、単純な仕事量だけではなく作業環境も加味されるので、作業中の腱鞘炎に心当たりがあるのであれば、1度医者や労働基準監督署に相談してみましょう。 腱鞘炎は上肢障害の労災認定になるので3つの要件に該当する人は申請しよう 腱鞘炎は、上肢障害という扱いで労災認定されます。 但し、日常生活でも腱鞘炎は起こりうる病気なので、業務量が多い証拠を確保し、医師に見せる必要があるのです。 労災認定されるには、業務量と腱鞘炎に因果関係があるのを証明する必要があります。 会社は申請の労災認定を嫌がる傾向にあるので、親切に手続きを促してくれるケースはあまりありません。 腱鞘炎を患う労働者自らが、労災保険の支給申請を進めるようにしましょう。

次の